2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.05.12 (Sun)

【2013トーナメント】5/12 明治大VS早稲田大(5位決定戦)

早稲田大のファウルトラブルをきっかけに明治大が抜け出し
5位でトーナメントを終了。春としてはまずまずの結果に


130519minagawa.jpg 5位決定戦の顔合わせは明治大早稲田大の対戦になった。1Q、ここまで立ち上がりで出遅れる試合が目立った早稲田大だが、14-15と明治大をわずかに1点上回った。今大会で満足な活躍ができていない#21河上(4年・F)がこのQ7得点したのを始め、#38宮脇(1年・C・洛南)もディフェンスでは明治大の#51皆川(3年・C)を抑えつつ、攻撃にも貢献。一方の明治大は立ち上がりでターンオーバーが頻発、アウトサイドに当たりが来ないが、#51皆川のゴール下で得点していった。2Qに入っても点数は拮抗していた。しばらくは明治大のアウトサイドが落ち続けるが、早稲田大のファウルトラブルをきっかけに流れは明治大に。早稲田大は約2分間の間に6つのファウルで自滅してしまい、じわじわ早稲田大を引き離した明治大は、チームに勢いを与える#2目(4年・F)の3Pが決まって主導権を握る。結局このQで19-7とした明治大が11点のリードを得て33-22で前半を終えた。

 3Qも明治大が掌握した。#2目、#16安藤(3年・G)、#22西川(4年・PF)といったスコアラーが得点。一方の早稲田大は#34池田(2年・G)や#38宮脇、#8玉井(4年・G)が攻撃の中心。交代した#11河合(1年・G・洛南)がスティールを見せるなどいい場面もあるが、得点を詰めることができない。明治大は#2目が終盤に2本の3Pを決め、最後は#16安藤が1on1から得点して51-37と早稲田大をさらに引き離した。

 このまま逃げ切りたい明治大だが、4Qは早稲田大も粘った。#34池田の3P、#16山本(2年・F)のバスケットカウント、3Pが出て、#11河合がターンオーバーしかけたボールをさらに取り返し、#34池田の3Pにつなげると開始5分で6点差に。明治大もここで切らさず、#22西川のミドルシュートや#12中東(3年・SG)のバンクショット、#16安藤から#89土井(3年・C)への鮮やかなパスが渡って得点が続く。早稲田大は#8玉井のミドル、3Pが連続で決まって5点差とするが、ここでインサイドで重要な働きをしていた#38宮脇がファウルアウト。明治大は24秒オーバーでオフェンスを一度フイにするも、#12中東のオフェンスリバウンド、#16安藤のドライブなどで得点。早稲田大は#21河上、#34池田が返したものの、追いつくまでには至らず68-60で試合終了。昨年ベスト16で終わった明治大が5位入賞を果たした。

130519ikedakeijiro.jpg 明治大は準々決勝で青山学院大相手に先行リードする展開を見せ、それ以外の戦いでもここまで磨いてきたディフェンスで相手を苦しめる場面を何度も見せた。西川が安定した活躍でチームを支え、清水もベンチスタートで良い働きを見せた。目や安藤、中東のオフェンス力が噛み合えばまだ上昇していける。主将の森山がケガでDNPだったが、秋の復活を待ちたい。

 早稲田大は今大会ほぼ下級生主体で戦った。主将の河上は大会直前に崩した体調が戻らず、この試合でも出場は23分にとどまった。その代わりにチームを鼓舞したのが果敢にシュートを打ち続けた玉井だ。また、2年目にして堂々と司令塔を務める池田の働きも大きかった。早稲田大にはこの後早慶戦も残されている。2年生の山本が成長を見せ、宮脇、河合といった1年生らは持ち前の能力で己に課された仕事を果たした。早慶戦の舞台でもその力を発揮できるかどうかが見どころになるだろう。

写真上:シュートに行く明治大・皆川とそれを抑えにいく早稲田大・宮脇。皆川はこの大会の後、李相伯盃に参加した。
写真下:司令塔でもある池田は20得点でチームのリーディングスコアラーとしても活躍。

※明治大・安藤選手、早稲田大・河上選手、河合選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「バランス良くやってチームを盛り上げたい」
司令塔として真価の問われる3年目に突入

◆#16安藤誓哉(明治大・3年・G)
130519ando.jpg1年生のときからスタメン出場してきた中東、皆川らとともに主力として3年目。ここまで磨いてきたディフェンスに加え、次第にオフェンス力も試合で発揮できるようになってきた。その中でも安藤の1on1はやはり破壊力がある。今はアシストとのバランスを考えながら、司令塔としてもう一段階の成長を遂げている途中とも言える。
練習量は今どこよりも多いのではないかと言える明治大。今大会では青学大を焦らせたが、たゆまぬ研鑽によって積み上げられたものがようやく開花してきた。今期は外山、知花といったそうそうたるコーチ陣も参加し、さらに高いレベルでのチームづくりが進む。秋にそれをさらに大きく発揮できるか、進化はまだまだ続く。


ー大会を終えていかがですか?
「ぜんぜん満足はしていません。ただ青学に負けてから2勝はしたので、最低限やらなければいけないことはやりました。青学に勝ってベスト4に入ることを目標でした。昨年インカレで大差で負けてしまって、やられた傷跡みたいな不安と、どれだけやれるかという期待がフィフティ・フィフティの状態で臨んでいた試合でした。青学には負けたんですが4ピリオドまで互角に戦えました。最後は自分たちが怯んでしまったんですが、40分間どれだけディフェンスとリバウンドがやれるか浮き彫りになった大会でした。順位決定はモチベーションの問題はありますが、負けるよりは勝った方が次に繋がると思ってやっていて、結果5位になれたので良かったです」

ー今大会はやはり青学戦が重要でしたね。
「モチベーション的にも高かったですね。欲がありました」

ーあれだけ戦えたところを見ると、ようやく明治も持っているものを発揮できるようになってきたと感じたのですが。
「ようやく見えてきたというか、最後の1枚の壁が厚いんですが、これからどれだけ練習するかというところだと思います。でも通用する部分もあって、みんなもそれなりに自信が出てきたと思います。40分間のぶつかり合いをやりあえるようにしていきたいです」

ー個人としてはどうでしたか。
「京王電鉄杯と違って攻めにいった大会でした。攻めることもチームのためになると思っていて、パスを回すときと攻めるときを分けるんじゃなくて、攻めながら回りを見てパスをすることが少しずつできるようになってきました。リーグ戦はそこが大事になると思います。ゲームの入りは攻めてパスしたり、そうしていった方が出だしはいいと思います」

ーここまで春の成績はあまり良くないことが続いたのですが、今回5位になりました。塚本ヘッドコーチも今年は春から全力でと仰っていましたが、それは実感しますか?
「今年は練習からもぜんぜん違いましたね。特に今回は青学と対戦することになっていたし、やらなきゃいけなかったので。力及ばずでしたけど。」

ーまだ試合中に停滞する時間帯がありますが、どの辺が原因だと思いますか?
「みんながつながらなくて点になってしまっていますね。気持ちが離れちゃうというのもあると思います」

ーそこで安藤選手が司令塔としてつなげる役目も担うと思いますが、何を大事にしていますか?
「ナイスプレーがあったら盛り上げることが大事です。声の掛け方は大会前にも言われていました。やっぱり良いプレーをして声を掛けられたらモチベーションも上がると思うし、そういうところですね」

ープレー面で自分の役割としては何が大事だと思いますか?
「ヘッドコーチには得点とアシストどちらも量産できるようにと言われていて、バランスよくやりたいですね。自分がそうすることでみんなが流れに乗れるようになるといいのかな。まあ、自分が(攻めて)行っちゃうことも結構あるんですが、自分が点数を取ることも明治の流れにもなると思っています。作ることに関してはインサイドアウトのバスケットをもっと精度を上げないといけないと思います」

ーこれまでディフェンスチームという印象でしたが、攻める形も見えてきましたね。
「去年はまだ主力の一部も2年生だったので、まずディフェンスから入って、今年はプラスそこからどれだけオフェンスができるか。今年は70点オーバーの試合も増えてきました。ディフェンスのクオリティを落とさないでどれだけオフェンスをやるかです」

ー自分たちの課題も見えていてハードに練習もしてきていると思いますが、今一番クリアしたい部分を挙げると?
「気持ちで変えられるのはリバウンドです。流れが悪いときにどれだけリバウンドが取れるかが勝負なので、そこはすぐに変えていきたいですね。僕もガードですが下をチェックしてこぼれ球を取れればと思います」

ー今年は森山選手が主将ですが、何か変化はありましたか?
「今はケガをしているので外から見ていいことを言ってくれます。刺激になりますね。去年は自分がキャプテンでしたが、やはり下級生だし不思議な空間でしんどかったので(苦笑)、そこは去年よりいいと思います」

ーこの後の予定などは?
「大会のあと少し休んで新人戦の前に韓国遠征に行きます。慶煕大、高麗大、漢陽大と合計4試合。ケガしないように頑張ってきます」

-------------------------------

「下級生が頑張ってくれて、あとは上級生が頑張るだけ」
苦しい状況でもチームで手にした6位から上昇を目指す

◆#21河上宗平(早稲田大・4年・F)
130519kawakami.jpg大会前の体調不良からコンディショニングが間に合わず、今大会は思うようなパフォーマンスができなかった。高いレベルでスポーツをする選手が、体調不良によってどれだけのダメージを受けるかということを目の当たりにする出来事だった。4月末の京王電鉄杯ではまずまず自分が納得いく状態だっただけに、個人的には残念さも見える大会だった。学生代表に選ばれた今年は自分の力を最大限に発揮すべき年。この後に続く早慶戦での復活が問われるところだ。


ー6位という結果でした。
「最初はベスト4を目標にしていたので届かなかったなというのはあります。でも去年ベスト16で終わったことを考えるとそれなりにできた部分もあります。僕がこんなコンディショニングで臨んでしまって、足を引っ張ったというところで申し訳ない気分でいっぱいですけど、それでも下級生を中心にフレッシュに頑張ってくれて6位というのは、チームとしては良かったんじゃないかと思います」

ーコンディショニングの問題はどの程度影響しましたか?
「春先からユニバーシアードの合宿で調子も上がってきていて、この前の京王電鉄杯でも久しぶりの実戦で自分では体もキレていて満足でもないけど、それなりにできる印象だったんです。そこから個人ごとですが、扁桃腺が腫れてしまって3日ほど練習もできず、食事もできなくて4、5キロ体重が落ちてしまいました。試合の前日から熱のある状態で練習に参加して大会に入りました。自分の管理の問題ですが、万全の状態でやりたかったなというのはありますね」

ーかなり苦しい状態だったんですね。今年は早稲田のエースとしてマークも一層厳しくなったように感じました。ちょっと難しいところで攻めている印象もありましたが。
「今年に入ってマークされるのもわかっていたし、それでも僕がボールを持って仕掛けないと早稲田が保たないというのもあります。抜いていくだけの力はあると思っているし、京王電鉄杯まではそれがうまくできていました。ただ、今回は足に力が入らなくて当たられても弱いし、マークされているしでちょっと自信をなくしかけましたね(苦笑)。でも自分の中でコンディショニングを落としたのでしょうがないのかなという部分と、最上級生としてやらなければいけない気持ちの両方があった大会でしたね」

ー確かにペネトレイトしようとして、足元がふらついてターンオーバーになる場面が目立ちましたね。
「正直今回は自分のことでいっぱいいっぱいでした。自分がこんなことではチームが盛り上がらないと思うので、まずは自分の体調を戻して活躍する姿を見せるのがチームとして大事なことだと思います。声を出すのも大事だけど、プレーを買われて出されているのでそこを見せていきたいです」

ー回復を待っています。でもその分今回は下級生がだいぶ頑張ってくれましたね。
「そうですね。僕がこんな状態の中、慶次郎(#34池田)も試合中に『頑張りましょう』と言ってくれたりしました。大塚さん(昨年度主将)が卒業してどうなるかなと思っていたんですが、慶次郎があれだけ自分のキャラクターを出してきてくれて安定感もあるので、あとは僕らがそれに応えてあげるのが役目ですね」

ー数馬コーチが大塚選手が抜けたからこそ、それぞれがやらなければという雰囲気が出てきたと言っていました。
「大塚さんはものすごいプレイヤーだし、大塚さんがボールを持つ時間帯が増えます。僕や玉井はどちらかというとドライブが売りの選手なのに、外でシュートを合わせて打つことが多かった。慶次郎がガードになってからは僕と玉井にボールが回ってくるので、2人がリングにペネトレイトする形が増えてきました」

ー玉井選手もようやくやる気が出てきたようですね。
「そうなんですよ(笑)。これであとは僕がやれていたら今回も違っていたと思います」

ー李相伯盃、早慶戦もありますがまずは河上選手のコンディショニングですね。
「そうですね。まずそこからやり直して頑張りたいと思います」

-------------------------------

「1年生だからこそ怖がらずやろう」
思い切りのいいプレーで良さを発揮

◆#11河合祥樹(早稲田大・1年・G・洛南)
130519kawai.jpgベンチスタートで好ディフェンスを見せたルーキーは、大会を「楽しかった」と表現した。ベスト8以降の数字ではスティールは東海大のバランスキーと並び堂々のトップ。ディフェンスを大事にする早稲田大にあっては貴重な戦力だ。オフェンスではペネトレイトしていって崩される部分はあったが、体を作り、大学に慣れれば十分自分の持ち味を出せるだろうと想像できる。続く早慶戦でも1年生らしく思い切りプレーできるかが見どころだろう。


ー初めての大会になりましたがどういう印象ですか?
「高校とは違う雰囲気で、いい経験ができたというか、振り返ってみれば一言で“楽しい”しかないです」

ー緊張などはありませんでしたか?
「最初はやはり負けている状態から交代から入ったりしていたので、本当は正直怖くてベンチでも“出そう、出そう”と思いながらそわそわしていました。でも試合を重ねていくたびにそれが普通になったというか、自分で切り替えられるようになってハッスルしようと思いました。1年生だからこそ怖がらずやろうと思っていきました」

ースティールなどディフェンス面でいい活躍が見えたと思います。
「六大学リーグや京王電鉄杯でも感じたんですが、オフェンスのフィジカル面や技術に関してはまだ劣るなというのを実感しました。大会中の数日ではこれは伸ばせないので、とにかくディフェンスをもっとよく見てやろうと思ってやっていました」

ー自分の持ち味はどういうプレーなのでしょう?
「ディフェンスが好きなのでそこは頑張りたいと思っているんですが、本当はもっとずらしのシュートとかドライブを強く行ったり、そうしたこともしたいです。まだちょっと大学に慣れてないので…」

ー今日は明治大の高さもあってうまくいきませんでしたね。慣れてくればやれる、という感じはしますか?
「明治大の安藤さんとか青学の畠山さんとか小林さんとか、みんな同じくらいの身長でやっていて、それでもゴール下のレイアップとかに行けるのでそういうところはもっと見て勉強していきたいです」

ー現状の早稲田は下級生がメインとなったチーム状態。ハッスルすると言っていましたが、下級生なりにここを頑張ろう、という部分は?
「先輩がプレッシャーを感じているのかなと思う部分もあるので、コートに出たときには気持ちとか気合とか覇気とか、プレーとして出るか分からないけど気持ちを出せばいいプレーじゃなくてもチームが盛り上がると思います。そこをやっていきたいです」

ー河合選手は応援団からも「河合さん」と呼ばれて既に馴染んでいますね。
「なんでかそういうキャラなんです(笑)」

ー早稲田にはまだ早慶戦もありますね。初めての経験になると思いますが抱負を聞かせてください。
「雰囲気を楽しみたいというところがひとつ。それに慶應にも洛南の選手が揃っています。高校時代は練習でもいつも大元さん(慶應大2年)や良太さん(慶應大3年・伊藤)とも練習でマッチアップしていたので、そういうのが本当の公式戦でできるのが楽しみです」

ー伊藤選手もディフェンスの選手ですしね。
「はい、練習が終わった後もいつも1対1をしていました。対戦できるのを楽しみにしています」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:21  |  2013トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |