2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2012.11.24 (Sat)

【2012インカレ】11/24レポート(順位決定戦)

大東大の猛追を専修大が振り切る
日本大に快勝した筑波大も5位決定戦へ


 昨年は行われなかった順位決定戦、今年は会場の都合で明治学院大学で行われた。前日近畿大に1点差で敗れた筑波大は、気持ちを奮い立たせて日本大に快勝。また大東文化大専修大の対決は、専修大が長く主導権を握るも終盤に大東文化大が追い上げを見せ、タイムアップの瞬間まで分からない白熱したゲームとなった。

 7位決定戦は大東大と日本大の対戦、5位決定戦は筑波大と専修大の対戦となる。モチベーションの難しい順位決定戦は、メンタル面などそれぞれの真の強さの試される試合。大学界の集大成となるインカレ、ここまでベスト8に入れず涙を飲んでコートを去ったチームや、インカレ出場さえ叶わなかったチームは数多い。そんなチームのためにも、ラストを締めくくる熱い戦いを見せて欲しい。

-------------------------------

【序盤で突き放した筑波大が日本大に快勝】
121124sasayama.jpg 順位決定戦の第一試合、筑波大日本大と対戦した。1Q、開始早々にリバウンドシュートで#32武藤(3年・C)がバスケットカウントを獲得し筑波大が流れを掴むと、その後も#6西村(3年・PG)が好守でアンスポーツマンライクファウルを誘い、#14坂東(2年・SG)や#47砂川(4年・PF)も速攻に走る。1Q後半は筑波大も#50梅津(4年・C)にミスが見えるも、日本大もシュートが単発に終わり得点が伸びない。21-8と大きなビハインドを負って1Qを終えた。

 2Q、#11飛田(4年・SG)の3Pで先制し日本大も10点前後でついていくが、筑波大はタイムアウトを挟んで立て直す。#21笹山のスクープショットに続き、#14坂東が走り込んでバックシュートを決め、#32武藤の合わせなども決まって得点を重ねていった。だが2Q後半、日本大は#20舘(1年・C・三本木農)が果敢に勝負を挑んでいき、なかなか決めきれなかったがようやく1本ターンからゴール下が決まってチームを盛り上げると、#15栗原(1年・SG・前橋育英)のバスケットカウント、#72佐野(1年・PG・東山)の3Pが続いた。それでも筑波大は#14坂東が速攻に走って15点差を保って後半へ。

 3Q、これまで離せそうで突き離せなかった筑波大も、ミドルシュートが高確率で決まって点差を20点以上に開いた。このQを24-15として64-40にして最終Qに入ると、最後はベンチメンバーを様々出場させながらリードを保つ。そのまま83-64で勝利した。

 筑波大はディフェンスや速い展開で日本大を圧倒。高さでは不利にあるが、リバウンドもイーブンに持ち込み、インサイド陣を乗らせなかった。依然として外のシュートの確率が上がってこない部分はあったが、昨日の敗戦から切り替え快勝したことは大きい。最終日の5位決定戦はリーグ戦で1勝1敗と星を分け合った専修大との対戦となった。

 日本大は「拓殖戦までは結構良かったけど、そこから昨日・今日とディフェンスが崩れてしまった」と#1坂田。持ち味のディフェンスが機能せずに、あまり良さが出せない試合となった。下級生主体の経験が浅いチームだけに、崩れた時の立て直しに難しさを感じている様子。残り1試合状況を好転させて今後につなげたい。

写真:攻撃の起点となった筑波大・笹山。悔しい敗戦から一夜明け表情にあまり笑顔はなかったが、チームを引っ張るプレーを見せた。

※日本大・坂田選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【専修大が4Qの大東大の怒涛の追い上げから逃げ切る】
121124tashiro.jpg 順位決定戦のもう一試合は、専修大大東文化大が顔を合わせた。試合は3Qで流れを掴んだ専修大が前半得たリードをさらに引き離したものの、大東文化大も最後の意地を見せ4Q終盤まで白熱した試合となった。

 立ち上がりから#11宇都(3年・G)の速攻や#4高橋(4年・G)の3Pに続き、#33館山(4年・G)の3Pなどチームの持ち味が出る専修大に対し、大東文化大は#14岸本(4年・PG)が#4高橋らの堅守に阻まれシュートを打っていけない。それでも#88平得(2年・F)のリバウンドもあり、#14岸本から#43鎌田(4年・C)への好アシスト、#19藤井(4年・SG)も得点に絡み、大東大が追う形。一時離されかけたが41-36と5点差に縮めて試合を折り返した。

 すると3Q、専修大は#24田代(1年・SF・東海大浦安)が1on1や3Pと積極的に点を取りに行き、点差を二桁に乗せた。大東大は24秒オーバータイムになるなどなかなか攻められず、#43鎌田のリバウンドシュートなどでなんとか食らい付く苦しい展開に。3Q後半#41小山がスクープショットやドライブでのバスケットカウントでやや点差を詰めるも、専修大は流れを切らさず#33館山の3Pが決まり、#22樋口もブロックショットや押し込んでゴール下を決めるなど高さを活かして攻守で活躍した。最後に#4高橋がドライブを決め、17点リードに広げて3Qを終えた。

121124fujii.jpg だが大東大もこのまま終わらなかった。4Q、#0有村の3Pで先制しリズムを掴むと、#88平得のバックシュートもチームを盛り上げ、#43鎌田の連続得点で残り6分8点差と一桁にする。するとこの勝負所で#14岸本が、3Pをチェックされて相手にリバウンドを取られるも、それをすぐさまスティールして3Pを決め直すというビッグプレーで5点差に。専修大はターンオーバーや外のシュートに当たりが来ずに、開始6分近く得点を奪えない。しかしようやく#22樋口のインサイドプレーで4Q初得点を上げ、ブロックも決めて専修大が立て直す。大東大も#19藤井がスクープショットを決めて対抗するが、専修大は残り1分30秒、相手の勢いを削ぐような#33館山のフェイダウェイがきれいに決まり、8点のリードと優位に立った。

 するとここからもう一度大東大に流れが来た。残り1分21秒、#14岸本がフリースローを2投揃えて6点差にすると、残り30秒、#99山崎(1年・G・弘前実業)がジャンプシュートを決めて4点差。すると残り8.4秒、#14岸本がフリースローを獲得。1投目を決めて、2投目を落とすと、このリバウンドを#88平得、#43鎌田が弾いて大東大ボールにし、ボール回す。ブザーとほぼ同時に同点を狙って#19藤井が同点3Pを放つが、ボールはリングの上をくるりと回って無情にも落ちた。72-69で、専修大が逃げ切った。

 最後に追い上げを許したものの、専修大は長い間リードを保ち続け逆転を許さなかった。相手のエース#14岸本を簡単にプレーさせずにディフェンスから流れを掴み、オフェンスはこの日#11宇都、#33館山と共に#24田代が奮闘して的を絞らせなかった。逃切り勝利で5位決定戦へと駒を進めた。

 大東大は4Qスコアだけ見ると8-22と怒涛の追い上げ。大黒柱#43鎌田の他#88平得がチームハイの11リバウンドと奮闘し、高さのある専修大にリバウンドで17本の差をつけるも、勝負所の3Qで引き離されたことが痛かった。惜しくもあと一歩及ばず、7行決定戦に回った。

写真上:果敢にリングに向かう強気な姿勢を見せた専修大・田代。
写真下:きれいなスクープショットを決めていった#19藤井。最後のシュートを惜しくも外し、がっくりとうなだれた。


※大東文化大・鎌田選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】

「来年のためにも一生懸命最後まで戦わないと」
今後につながる価値ある大会にできるか

◆#1坂田 央(日本大・3年・F)
121124sakata.jpgリーグ戦10位、入替戦で2部降格と苦しいシーズンだった日本大だが、このインカレではベスト8に残り最後の意地を見せた。しかし坂田は、ベスト8懸けでどこか気持ちが切れてしまったチームについて、反省も多い様子。1年生が多く、チームとしてまとまることの難しさを実感しているようだ。今コートに立つ唯一の4年生である#11飛田を除いて、今のメンバーのほとんどは来年以降の日本大を背負っていく選手。経験の積むことができるせっかくの良い機会を無駄にしないためにも、ラスト1試合、全力で戦うだけだろう。


―なかなか厳しい試合になりましたね。
「ベスト8に残ってこのチームで最終日まで試合をやれるのは大きいんですけど、今日みたいな良くないゲームだとその意味がないかなと思います。こんなゲームをして、他のベスト8に入れなかったチームや、うちに負けてきたチームに申し訳ないです。もっとチームで話し合ってちゃんとしたゲームをしないとここまで来た意味がないと思います」

―順位決定戦ということになりましたが、試合前のチームの様子はどうでしたか?
「試合前は結構みんな上がっていたんです。順位決定戦はモチベーション的に難しい試合ではあると思いますが、自分たちは下級生が多いし、来年のためにもこの順位決定戦で一生懸命やって最後まで戦わないといけないと思って。でも、こういう試合になったってことは、気持ちのどこかで順位決定戦だっていう緩みがあったのかなと思います。切り替えなきゃいけないんですけど、切り替えられてないのかも知れませんね」

―昨日の準々決勝もでしたが、今日もなかなか持ち味のディフェンスが機能しませんでしたね。
「そうですね。うちは点数があまりとれない分、ディフェンスを頑張らなきゃいけないんですけど、昨日と今日はこういう感じにディフェンスを崩されてしまって、ボロボロで…。拓殖戦までは結構良かったんですけど、そこから崩れてしまっていますね。ミーティングではそういう話が出ていてみんな分かっているんですけど、まだまだできてないです。1年生が多く試合に出ていて、若いチームだというのもありますし…。でも若い分、声とか体力、運動量で補えたらと思っているんですけど、まだできないですね。自分もそうですし、下級生もできてないです」

―上手くいかないことも多いようですが、試合の経験を積めているのは大きいですよね。インサイド陣も準々決勝では2m級の選手が4人共に出場機会を得ましたし。
「そうですね。インサイドのやつらは良い感じで成長してくれていると思います。そういう収穫もあるんですけど、でも引っ張らなきゃいけない自分が情けないプレーをしてしまっているので、それは本当にチームに申し訳ないなと思いますね。飛さん(#11飛田)ひとりに負担を掛けてしまって…。本当は自分がもっとしっかりしてその負担を減らさないといけないんですけど、今日もだめだめでしたね」

―坂田選手は拓殖戦、すごく頼もしい活躍でしたよね。
「波が激しいんですよね…。それに気持ち的にも、自分は拓大戦に全てを懸けていてたんです。やっぱりこのチームでベスト8に入って、インカレ最終日まで残ったりオールジャパンに出たりで試合をすることに価値があると思ったので、そこは気合いを入れてできたかなと。でも次の東海戦には、途中で気持ちが切れてしまったのか、そこからだめになってしまいましたね。今日もシュートが全然入らなくて自分でイライラしてしまって、最悪でしたね」

―リーグ終盤や入替戦ではチームも一丸となって雰囲気も良かったと思いますが。
「そうですね。入替戦や、インカレの拓殖戦ではまとまっていたんですけど、昨日くらいから攻めも単発ですし、みんな“自分が、自分が”となってバラバラになってるなと。そんなオフェンス力もないのにみんな単発に攻め過ぎて、ちょっとまとまりがないかなと思います」

―ディフェンスを重視しているとあって、あまりオフェンスの練習はしてない?
「海斗さんがアシスタントコーチになってから、結構ディフェンスの練習を中心にしていたんですけど、海斗さんが膝のリハビリとかでいない時に、オフェンス練習をやってしまって。まずディフェンスができてないのに、オフェンス練習をしていたなと振り返ると思いますね」

―それでも拓殖大戦までは良い雰囲気でしたし、入替戦が終わってからも、チームはまとまっていたんですね。
「そうですね。入替戦も負けてしまって、もう負けてしまったものはどうしようもないので、インカレでは絶対にベスト8に入って最終日まで残ろうと開き直ることができましたね」

―飛田選手は抜けますが、来年もほぼ今のメンバーで戦っていく事になりますね。
「でも飛さんの穴は大きいと思いますし、下級生も自分たちももっともっと成長しないといけないですね。上級生は2人しかいないんですが、今もあまり声が出せていないし…。声を出して引っ張らないといけないんですけど、今は飛さんに頼りっぱなしですね」

―坂田選手もこの1年、すごく大変な経験をしてきて一回り成長したのでは?
「いや、まだまだですよ。波が激しいし、今は情けないプレーしかできていないので…。もっと頑張らないといけないですね。自分は試合中すぐイライラしてしまって。海斗さんにも試合中、『落ち着け、落ち着け』って言われてるんですけど、そういうメンタルがまだだめですね」

―明日は最終日ですが。
「ほんと昨日・今日と良くなかった分、明日は絶対に良い試合をして、またオールジャパンや来年に向けていい形で終わりたいですね。やっぱり最後は順位決定戦でもなんでも勝って終わりたいので。また話し合って、ディフェンスから頑張りたいと思います」

-------------------------------

「4年生が中心になってチームを引っ張っている」
最上級生たちの意地を見せ、強固なものとなったチーム力

◆#43鎌田裕也(大東文化大・4年・C)
121125kamata.jpg26得点、10リバウンドでチームの大黒柱として活躍した鎌田。とくにリバウンドなど2点のシュートは13/14とほぼ確実に決めていき、専修大の高さに負けない攻め気が感じられた。結果は惜しくも3Pシュート1本分足りなかったものの、終盤まで全員が気持ちを切らさず追い上げた展開は素晴らしかった。残りの1試合も大東文化大らしく戦い、一つの爪痕を残してほしい。


―昨日負けてから、この試合に向けてというのはどうでしたか?
「昨日は本当にみんな勝ちたかったんですけど負けてしまって、でもまだ試合ができるということで気持ちを切り替えてやろうとみんなで言っていました。気持ちは切り替えて臨めたと思います。でもこういう風に負けてしまって、悔しいです」

―中盤引き離されましたが、4Qの追い上げは素晴らしかったです。
「シーズン通して、最後の追い上げと言うのが大東の持ち味になっていたと思います。でもそうならざるを得ない原因が、やっぱり3Q。あそこで離されずに踏ん張れれば、もっと戦えたかなと思います」

―専修大は大東大よりだいぶ高さのあるチームですが。
「自分たちは4番ポジションが低いので、そこはカバーしながら全員でリバウンドを取ったりディフェンスしたり、というのを意識していました。4番ポジションの平得(#88)も、戸ヶ崎(#8)が怪我してしまって代わりに出ることになったんですけど、本当によくやってくれていますね」

―リバウンドには鎌田選手もよく絡んでいましたが、自分のプレーはどうでした?
「もっともっと、チームの大黒柱として頑張らなきゃと思います。明日、最後くらいは勝ちにいきたいですね」

―この1年で、すごくチームもまとまりが生まれましたね。そこは4年生が多いことの強みかと。
「そうですね。やっぱり4年生が中心になってチームを盛り上げて、頑張ろうと。4年生が下級生を引っ張ってチームで戦えていると思います」

―ここまでの1年間、振り返っていかがでしたか?
「やっぱり試合でいうと、取りこぼしが多くて上位に行けていないのが悔しいですね。今日みたいに、接戦で勝ちきれない試合も結構多くて。そういうところで勝てるようになればもっともっと上位に食い込んでいけていたのかなと思います」

―去年の主力3人が抜けて、今年どうなるのかなと未知数な部分があったと思いますが、これまであまり出番のなかった選手も活躍したシーズンでしたよね。
「そうですね。新しく試合に出るようになった4年生が、本当に頑張ってくれましたね。藤井(#19)とかも、すごくシュートが入るし良いところでこれまで決めて来てくれたので。そういうのは助かっていますね」

―残り1試合どういう風に戦っていきたいですか?
「自分は体を張って、チームのためにリバウンドやゴール下をしっかりやって、チームの勝利に貢献できればいいなと思います」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2012インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |