2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2012.11.23 (Fri)

【2012インカレ】11/23 明治大VS専修大

【専修大の追撃をしのぎ、明治大がベスト4へ名乗り】
121123ANDO.jpg 互いに高いディフェンス力を誇る専修大明治大が、準々決勝の舞台で相見えた。立ち上がりからディフェンス合戦の様相を呈し、精度の悪いシュートが落ち、ターンオーバーも散見された試合でまずペースを掴んだのは明治大。#51皆川(2年・C)が高さを活かしてゴール下のシュートを何本も決めていき、#12中東(2年・SG)の3Pでリードを拡大。専修大は得点源の#11宇都(3年・G)や#33館山(4年・G)が守られてしまい、1Q終わって7点を追いかける展開を強いられる。しかし2Qに入ると状況が好転。開始直後に#51皆川のファウルを誘い、2つ目に。皆川は交代を余儀なくされる。相手インサイドがやや手薄になったことに乗じ、専修大は#33館山が果敢に中へ入り込んで得点を重ねる。明治大はこのQは得点が停滞。#2目(3年・SG)の3Pや#12中東のミドルシュートが決まるものの、単発となってしまう。コートに戻した#51皆川の得点で状況がやや好転したかに見えたが、残り1分から#33館山、#14藤岡(3年・F)にそれぞれ得点を許し、31−31と1Qのリードが無くなり、前半が終了した。

 3Q、専修大は#4高橋(4年・PG)の3Pに#11宇都のフリースロー5点リード。しかし#50伊澤(1年・PF・愛産大工)のジャンプシュートで明治大はついていく。専修大は#22樋口(4年・F)の得点で返すが、明治大は相手のテクニカルファウルで貰ったフリースローを#16安藤が決め、#2目の3Pで再度追いつく。#51皆川が3ファウルとなって苦しくなるが、#12中東のバスケットカウントから一気に流れが明治大に傾く。#12中東、#2目の3Pにやられ、#2目に再度3Pを決められると、直後に得たフリースローを2本とも落としてしまう悪循環。#33館山の得点が決まるが、他の選手に当たりが来ず、3Q終わって明治大は10点をリード。

121123higuti.jpg 4Qも専修大が決める度に、明治大が決め返して二桁点差を維持。残り5分で#51皆川の3点プレーが出ると、点差は13点にまで開く。しかし勝負が決したかに見えた矢先、専修大の最後の反撃が始まる。#4高橋のフリースローは落ちず、更に#33館山が残り3分半で#51皆川のファウルを誘ってフリースローを獲得。皆川はこれで5回目となって退場となり、明治大はインサイドの核を失ってしまう。相手キーマンの退場やターンオーバーにつけ込み、専修大は#33館山が速攻や3Pを決めてぐんぐん点差を縮める。明治大は#12中東が遠目から3Pを決めるが、専修大はなおも#33館山が3Pで返して試合時間残り1分を切って4点差に。明治大は直後のオフェンスでボールをコート外に出してしまいボールは専修大に。だが托された#4高橋のシュートは落ちてここからファウルゲーム。#16安藤には2本とも決められるが、残り15秒でまたもや#33館山が3Pを決めてシュート一本で追いつける3点差とする。ファウルゲームを続ける専修大は直後のディフェンスで#4高橋が5回目で退場となるが、好調の#12中東が2本とも落とすと、リバウンドを掴んでボールを回し、館山に托す。しかし、残り時間は僅かながらやや余裕のある状況で放たれた館山の3Pは短くリングに弾かれ、リバウンドは明治大。ボールを上手く回して、明治大にとって待ちに待ったタイムアップのブザーが鳴った。78−75で明治大が専修大を振り切り、準決勝進出を果たした。

121123sensyu.jpg 下級生が主体、かつリーグ戦では最終日まで入れ替え戦行きの可能性があった明治大が、リーグを3位で終え多くのメンバーが4年生である専修大から勝ち星をさらった形となった。インサイドでは上手く得点を伸ばせなかったものの、目や中東といったシューターが好調。終盤に専修大・館山の3Pラッシュを見舞われたが、最後はタフショットに追い込んで逃げ切った。次の準決勝は3連覇を狙う王者・青学大にチャレンジする。

 専修大は、得点源である宇都が明治大のディフェンスに阻まれ10得点。もう一人のスコアラーである館山が奮起し、終盤に猛追の3Pを決めていったが、最後の一本を外して涙を呑んだ。自慢のディフェンスは樋口らの奮闘でペイント内では一定の機能を見せたものの、逆にアウトサイドに苦しめられ、ベスト4進出は成らなかった。

写真上:強い気持ちで戦った安藤は14得点で安定の活躍。
写真中:樋口も明治大の高さには苦戦したが、10リバウンドと気を吐いた。
写真下:最後のシュートを外した館山が試合終了のブザーにうなだれた。

※明治大・目選手、中東選手、専修大・高橋選手、館山選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「シュートを打っていかなきゃいる意味が無い」
積極的な気持ちのプレーが良い方向に

◆#2目 健人(明治大・3年・SG)
121123SAKKA.jpg勝負どころの3Qに抜け出すきっかけとなる3Pを3本沈めた。ディフェンスでも、マッチアップ相手の館山をしっかりとマークし、前半は仕事をさせなかった。次の舞台は準決勝、相手は青学大だ。この日の攻守両面でのパフォーマンスを発揮出来れば、王者を崩す隙が見えてくるはずだ。

—ベスト4はいかがですか。
「正直に嬉しいです。自分が入学してから公式戦で専修に勝ったことは一回も無かったので、しかも今回のリーグでは専修は3位だし、僕らは上級生も少なくて7位なので。今日のミーティングでは塚さんに『どれだけ勝負しに行けるかだ』と言われていて、それを実戦出来たのが良かったですね」

—当たって砕けろ、という感じで?
「そうですね。塚さんには他にも『この先のことは考えないで、今シーズンで一番最高のゲームをしよう』と言われていたので。それを少しは実戦出来たんじゃないかと思います」

—ということは、この試合に焦点を合わせてきたのでしょうか。
「そうですね、自分たちはリーグでは多くのチームに負け越していて、インカレでしかリベンジ出来ないので、今日は最初から『やるだけやってやろう』という気持ちで試合に入っていったので、それが良い方向に働いてくれたんじゃないかと思いますね」

—シュートタッチが良いですね。
「前半はなかなか良い形で打てなかったですけど、後半に結構ボールが回るようになって、その中でシュートを打てたのが大きいかなと思います。塚さんからも『自分で打てるポジションを探せ』と言われていて、今日は後半からそれが出来ているので。自分の場合、中東(#12)や安藤(#16)が崩してくれてから打つことが多いので、まずはあいつらにフリーで動けるスペースを与えておいて、あの二人からのパスが自分は打ちやすいので、そういうところに合わせていけたらな、と思います」

—リーグの後半戦あたりから好調が持続している印象です。
「今年からプレー時間が大幅に増えて、最初は自分自身がチームのバスケットに合わせられるか自信がなくて、でも応援席やOBといった周りの方々からどんどん打っていけと言われていて、自分の持ち味はシュートしか無いんで。自分がシュートを打っていかなきゃ自分がチームに居る意味も無いと思いながらやっています。まずボールを貰ったらシュートをどんどん打つことを積極的に考えてプレーしていったら、良い感じにやれています」

—前半は館山選手を良く守っていたと思いますが。
「うーん……でも館山さんはどんな体勢からでも高確率で打てるシューターだし、自分がファウル気味に間合いを詰めていっても簡単に決められちゃうんで、終盤は実際にやられてしまったので、まだまだ敵わないなと思います。試合中でも悔しい部分はありましたね」

—ただ、勝利出来たことで幾分悔しさは薄まっていると思いますが。
「そうですね。そういった意味では本当に嬉しいです」

—宇都選手(#11)をチームで上手く抑えられましたね。
「仙台大戦が終わってから、自分たちは専修には宇都にやられてペースを握られることが多いと認識し直して。今日改めて確認したのが、宇都のところは積極的にダブルチームに行って、宇都が攻める前にパスを下げさせて相手を遅らせようとしていて、あとは館山さんに簡単に打たせないこと、それとインサイドの失点を減らそうともしていたので、今日の午前中に練習もやってしっかり対策してきました。自分が頑張って館山さんは一人で抑えて、宇都のところはガードが積極的に守っていこうと。そういう簡単なことですけど、みんなが一試合通じてそれを意識出来たから良かったかなと思います」

—ディフェンスの強化を図ってきた中で、オフェンスに関しても精度が向上している印象を受けますが。
「今日は徹(#51皆川)がゴール下で絡んでくれていたので、そういうこともあって後半に自分たちが外から狙いやすくなったということにも繋がったと思うんで、インカレに入って最初の2試合は外からの得点が目立っていたと思うんですが、今日はインサイドとの連携も出来てきたと思うんで、それは大きな収穫だと思います」

—明日以降も代々木での戦いです。まずは明日の準決勝戦に向けて。
「相手が青学だと思うんですが、大学生で一番強いのは青学だと思います。でも僕らも同じ大学生で、やっているバスケットが違うだけで、自分たちにもチャンスはあるんじゃないかと思うんで、今日のように明治らしく前からどんどんディフェンスで当たって、とにかく最初からぶつかっていくつもりで試合に入りたいと思います」

-------------------------------

「吸収できるところは吸収したい」
楽しみながら大舞台で経験を積む期待のエース

◆#12中東泰斗(明治大・2年・SF)
121123nakahigashi.jpg相手の反撃の芽を摘む大事なシュートを決めた中東。チームハイの20得点でオフェンスを引っ張り、ディフェンスでも宇都とのマッチアップで10失点に抑えるなど、攻守共に勝利に導く活躍だった。2回戦でも3Pは6/6と絶好調で、インカレ通して思い切りの良さが光る。リーグ戦を通して積み上げてきた技術や体力、メンタルが、この大舞台で発揮されているようだ。毎試合エースとのマッチアップになることが多いポジションではあるが、自身の成長のために楽しんでいる様子。次の準決勝も活躍を期待したい。


―試合を振り返って。
「今日は宇都くんに点を取らせないようにという指示で、結局10点に抑えられたので、そこが大きかったと思います。今までは監督から言われたことをこなせなかったんですけど、こういう風にこなせるようになったのは、リーグ戦を通してちょっとは成長できた証かなと思いました」

―宇都選手とのマッチアップで、自分の出来はいかがでしたか?
「まぁまぁ良かったと思います(笑)。前の試合は40点くらいやられてしまったので、今日は上出来かなと。楽しかったです」

―中東選手はインカレ通してすごく3Pの確率が良いですね。
「リーグ戦が終わって、インカレ前の練習試合とかでもシュートが調子良かったんです。そのままインカレに入った感じなので、まずはシュートから狙っていこうという気持ちになっています」

―リーグ終盤からチームの雰囲気も良くなったように感じますが。
「そうですね。今年はみんなで言いあえているというか、チームが若いので誰がリーダーとかではなく全員で引っ張って行こうという感じなんです。そういう部分は去年より良いチームになったかなと思います」

―明治大はリーグ戦とインカレとでまた雰囲気も違いますね。
「そうですね。リーグ戦は勝敗が掛かる試合、2部に落ちるか落ちないかみたいなことがあると、まだみんなメンタルが弱いので気負ってしまう部分があるんですけど、こういうトーナメントって勢いでいけるので。前の仙台大の試合も結構良い試合ができていたので、その勢いで今日もいけたのかなと思います。それに、インカレの時はリーグ戦より練習量も落ちるので、体が良い感じでコンディショニングできてるのかなと。今日も40分間全然しんどくなかったし、今まで夏やリーグ戦できつい練習してきたことが成果として出たのかなと思います」

―明日の準決勝に向けて。
「青学だったらたぶん比江島さんを守ることになると思います。また塚さん(塚本HC)に言われると思うんですけど、それをちゃんと今日みたいに遂行できるように頑張ります。インカレで比江島さんにつけるというのは幸せやと思います。日本代表ですし、吸収できるところは吸収したいですね。自分の経験になるようにしっかりプレーしたいと思います」

-------------------------------

「気持ちで引っ張ることは頑張った」
チームを変えた精神的支柱

◆#4高 橋陽(専修大・4年・PG)
121123takahashi.jpgアグレッシブなディフェンスや強い気持ちでこれまでチームを支えてきた高橋。この大事な一戦では3Pを4本沈め、4年生としての意地を見せた。今年は練習も喧嘩腰になるほど各々が本気で取り組み、リーグ戦も3位になるなど過去4年間で一番の好成績を収めた年。春に「これまでの専修とは違うというところを見て欲しい」と高橋は語っていたが、その言葉を見事に実行してくれた。上位を本気で目指していたからこそ、悔しい敗戦になったが、例年あまりオールジャパンまで4年生が残らない専修大にとっては、ラスト2試合がこのメンバーで戦う最後。4年生には、悔いなく終えて欲しい。


―試合を終えて。
「自分たちも絶対勝ちたいという気持ちで、全力でやったんですけど、自分たちより向こうの方が上回っていたのかなというのが、ディフェンスとかリバウンドとかに表れていました。そこは負けを認めるしかないですね。明治は素晴らしかったです」

―明治はディフェンスのチームで、得点源の#11宇都選手にもダブルチームで徹底的にマークがきましたね。
「そうですね。もちろんそこは相手にとって狙い目だというのは分かっていたんですけど、ちょっと上手く打開できなかったですね。やっぱり速い展開に持っていけなかったというのがありました。速攻のパスを出せるところが出せなかった部分もあって。それは宇都のペースじゃないと思うし、そこで少しずつリズムが崩れて歯車が噛み合わなくなったのかなと思います。そこは自分の責任でもありますね。あとはなんと言ってもリバウンドで、自分やフォワード陣を含め全員で取りに行けなかったというのが良くなかったですね」

―塚本監督は、高橋陽選手をフリーにして打たせてでも、宇都選手を止めるという意識でやってきたそうです。そこで高橋選手が、ちゃんと3Pを決めていったのはさすがでした。
「マグレです(笑)。最後は決められなかったですけどね。でもリーグ戦の後半は調子良かったんですよ。前半戦から決めていれば良かったですね」

―リーグ後半調子を上げていったことで、自信を持って打てたんですか?
「まぁ気負ってしまうタイプなので、外してもいいやじゃないですけど、何も考えずに打ったら入りました」

―自分たちのディフェンスはどうでした?
「なんですかね…。さぼるじゃないですけど、一瞬抜ける時が要所要所であって。それで3Pも決められたじゃないですか。あれがきつかったですね。追い上げても、そのたび外を決められて、あーって思いました」

―これで優勝は見えなくなってしまいましたが、今年の専修は、今までと一味違うと思わせました。それにはここまで強い気持ちでチームを引っ張った高橋選手の貢献が大きいと思いますが。
「そうですかね?でも自分は上手くないし、そこしか取り柄ないので(笑)。気持ちで引っ張ることは頑張りました」

―まだ順位決定戦は残っていますが。
「みんなでバスケをやるのもあと2試合なので、自分自身も、後悔の無いように頑張ります」

-------------------------------

「良い練習をしながらワンシーズンを戦えた」
最後の一本を落とすも、記憶に残るプレーを披露

◆#33館山健太(専修大・4年・G)
121123TATEYAMA.jpgインタビューを受ける目にはうっすらと光るものがあった。クラッチシューターとして、チームが欲しい場面で得意のシュートを決めて勝利に貢献してきた。勝負を決するシュートを落としたのは初めてだという。リーグを3位で終え、充実の最終シーズンを迎えていたが、不本意な形で頂点への挑戦は途絶えた。しかしながら、大会はまだ二日間の日程を残している。学生最後のシーズンを連勝で締めくくりたい。


—惜しい試合でしたね。
「悔しいですね。やっぱり優勝目指してやってきので。下級生チームに負けてしまって……。悔しいです。最後のシュートを打ったのが自分なだけに」

—目選手(#2)に守られて、途中までは外のシュート率が上がらずにもどかしかったかと思います。
「3Pだけ守ってきて、前半からドライブは少し出来ていたので、後半もそれを続けつつ、(プレーのバリエーションを)広げようと思ってやってきたんですけど。3Pは最後まで自分の形で打てなかったですね」

—ただ4Qの追い上げの3Pは圧巻でした。
「いつも通り、でしたね」

—自分自身の中では、今日の試合のシュートには自信を持っていた、と。
「はい、そうですね」

—最後のシュートはいかがでしたか。
「あれは入ったと思いました」

—終わってみれば、あと一本が届かなかったですね。
「時間もそうですし、チームとして今日は相手の2番(目)と12番(中東)の3Pを守ろうということだったんですけど、いつもよりやられてしまって。チームプランが最後まで守れなかったのかな、と。そういう部分が敗因かな、と思います」

—ディフェンス面、インサイドは固めることが出来ていましたが、アウトサイドでやられてしまいましたね。
「ボールに対して守りにいってしまってシューターを空けてしまったので……。それがもう一、二本少なければ勝てたんですけどね(苦笑)」

—相手のディフェンスが堅かったですね。
「ポイントガードが宇都(#11)にダブルチームで寄ってきて、陽(#4高橋)が(相手のマークから)外された感じになっていたんですけど、あそこでもうちょっと宇都が陽を見て、陽がもう二、三本打てていれば良かったなという感じですね」

—試合の最初は少し存在感が薄い印象でしたが。
「最初は宇都が攻めていけてたじゃないですか。でもあのダブルチームが見えてくるようになっちゃって、フィニッシュまで持っていけてなかったので。次の宇都の課題は中を守られた時にどうするかですね」

—相手の勢いに呑まれた印象もあります。
「皆川(#51)と50番の子(伊澤)が相当ステップインしてフィニッシュまで来ていたので、それで樋口も長谷川もファウルが込んじゃって。(相手の)下級生はすごいですね。チームのミーティングで『今年は3連勝しているから、4連勝目をすることは難しい』と話していて、それは『同じ相手に4回も勝つのは難しい』ということで、軽視しないようにチーム内で話をしてきて、構える部分は無いつもりでしたけど、気持ちのどこかで『勝ってきているから』と甘く考えている部分があったように少し感じます」

—試合後のミーティングではどのような話を?
「『残り2試合をしっかりやろう』と。(雰囲気は?)自分は見ていないです。タオルで顔を覆ってました」

—1年生の頃から、高橋選手達とチームを変えようと努力してきたと思います。現状でのチームはどのような雰囲気なのでしょうか。
「陽がキャプテンになって、練習や行動で示してくれて、自分も宇都もそれを見てきてやってきています。今の練習は喧嘩をするように真剣にやっていて、一触即発みたいな。宇都がそういうタイプで、負けず嫌いなので。そういう意味では練習の中からピリピリ出来て、今までとは違って練習に緊張感があります。今年は良い練習をしながらワンシーズンを戦えたかなと思います。朝練もやっているし」

—下の順位決定戦に回ることは考えていなかったと思いますが、気持ちの整理はつきましたか。
「いや、実際それはまだ出来ていないですけど、さっきのミーティングの話じゃないですけど、残り2試合あるという話をしていたので、最終日まで試合が出来ることを良い方向に受け止めて、最後を終わらせたいなと思います」

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2012インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |