2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2012.11.21 (Wed)

【2012インカレ】11/21フォト(代々木第二)

121121kanoya.jpg
鹿屋体育大は女子部が応援に駆けつけ、声援も華やかに。さすがの東海大応援団も押される形だった。終盤の3P攻勢では応援も沸き返った。


[続きを読む]

121121uehara.jpg
この試合では出番を得た日本大・上原はベンチから出場で10得点。



121121ryu.jpg
高さで岩手大を圧倒した日本大。刘が上からリバウンドをもぎ取っていく。



121121tanakadate.jpg
東北で得点王の岩手大・田中舘。この日は調子が上がらなかったが、まだ3年生だけに来年も期待。


121121iwate.jpg
岩手大は部員が14人と少ないが、ベンチの応援はにぎやかだった。


121121kumagae_20121123091529.jpg
3Pも次々と決まった日本体育大・熊谷。



121121kitagawa.jpg
日本体育大・北川がオフェンスの一翼を担う。



121121wan.jpg
力強いプレーでゴール下を支える日本体育大・万。


121121beeki.jpg
中京大・戸次は2年生。積極的なオフェンスを見せた。



121121oosaki.jpg
戸次とともに2年生ながら奮闘した大崎。2人にはさらなる成長を期待したい。


121121mizukoshi.jpg
最後まであきらめずに戦った中京大主将・水越。試合後には涙も見えた。


121121iio.jpg
愛知学泉大・飯尾の外のシュートも効果的だった。


121121gakusen.jpg
愛知学泉大の応援席には人数の少なさを補うさまざまなボードが並んだ。



121121morikawa2.jpg
シュートを決め、ガッツポーズでベンチへ戻る愛知学泉大・森川。


121121matumoto2.jpg
ガッツポーズの愛知学泉大・松元。この日はすばらしい活躍を見せた。


121121kawakami_20121123091529.jpg
早稲田大・河上が苦しい中で得点を取って行った。大塚との合わせのパスへのタイミングも完璧だった。


121121ootuka2
学生最後の大舞台、苦しみながら懸命に自分らしさを出そうと最後までプレーした大塚。


121121hasegawa.jpg
簡単にはシュートを打たせてもらえなかった拓殖大・長谷川。それでも18得点。


121121sasaki.jpg
拓殖大を攻守で支える佐々木。


121121aratani.jpg
同志社大・荒谷の3Pで追い上げた。


121121tano.jpg
同志社大・田野は拓殖大・鈴木との激しいマッチアップが見ものだった。


121121kt.jpg
激しいディフェンスやルーズボール合戦が見られた関西学院大対筑波大の試合。



121121nisimura.jpg
万全ではない笹山に代わり、スタメンを務める筑波大・西村。



121121nishi.jpg
ドライブで攻めこむ関西学院大・西。


121121watanabe.jpg
関西学院大・渡邊は途中出場ながら得点を稼いだ。


121121tanaka.jpg
今大会注目選手のひとり、東海大・田中。初戦は余裕を持って周囲にボールを回していた。


121121zak.jpg
内外から安定したプレーを見せた東海大・バランスキー。


121121uchimura.jpg
鹿屋体育大主将の内村は3Q終了時にブザービーターを決めるなど、チームを引っ張る活躍。延学の後輩である東海大のベンドラメを抜き去る場面も見せた。


121121urabe.jpg
鹿屋体育大・占部はスタメンとしてチームをコントロール。


121121kanamoto.jpg
学生ながらヘッドコーチとしてチームを指揮してきた金本HCも今年で4年生となり、最後のインカレに。

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  2012インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |