FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2007.09.16 (Sun)

9/16 関東大学1部リーグ 第2週 東海大VS法政大 第2戦

東海大66(11-13,19-14,14-18,22-18)63法政大
0916tokai.jpg全敗の法政大と辛勝でなんとか勝ちを拾っている東海大。試合内容はともに調子がいいとは言い難い。この日も試合は一進一退、最後までどちらが勝つか分からない展開となった。

特徴的だったのはシュート確率の悪さだろう。ゴール下までボールを持っていきながらも、力強くゴールに向かえない両チーム。決めきれないでターンオーバーを連発する場面が目立った。東海大は22、法政大は20と数字が互いの調子の悪さを物語る。結果、ロースコア展開となった試合をなんとか抜けだしたのは東海大。法政大は1点を追う残り数秒のチャンスで#7山田(4年・SG)がオフェンスファールの手痛いミスを犯し、初勝利を逃す結果となった。

詳しいレポートと東海大・長野選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

■GAME REPORT■
0916kozu.jpg1Qは11-13、2Qになっても30-27と第1戦とほぼ似たようなロースコア展開となった試合。相手のディフェンスが良いというよりは、確実性を欠いたシュートが多い。リングからポロポロとこぼれ落ちるボールは暑さによる集中力の欠如かモチベーションの問題なのか。ゲームが動き始めたのは後半になってからのことだった。
東海大は#29嶋田(2年・C)がフリースローを含め3連続得点すると6点リード。対する法政大はマッチアップの#39梅津(3年・C)が3つ目のファウルとターンオーバー続けて犯してしまう。#5神津(2年・PF)がフックで返すものの、続いて得たフリースローを2本とも外すミスを犯し、なかなか調子は上がらない。東海大は#29嶋田がインサイドでリバウンドを粘り得点を加算。対する法政大は#39梅津に代わった#91落合(2年・C)ではサイズ不足で対応できない。しかし#27福田侑介(3年・F)の3Pでなんとか救われた格好になる。東海大は全員バスケ。#17前村(2年・G)が飛び込んでシュートを決め、#62長野(3年・F)がドライブで仕掛ける。法政大はパスを回してシュート機会をうかがうが、これが入らず決定打とはならない。残り2分からはフリースローで得点をするのがやっとという状態に。最後は#13深尾(4年・PG)がスローインをカットしてシュート。なんとか44-45と1点リードで4Qに突入した。

0916nishimura.jpg4Qも接戦のまま試合が進む。ゴール下を制しているのは東海大。#29嶋田のゴール下、#62長野がリバウンド争いからシュートを押し込む。法政大は#7山田(4年・GF)が得意の3Pを決めて得点ではリードするが、#17前村のバスカン、#24古川(2年・F)のシュートで押し戻される。東海大は1点リードで#36養田(1年・F)にディフェンスを託すが、これが連続ファールに。#17前村にもファールが続いて法政大にフリースローを与える結果となってしまう。法政大は再び2点のリードを奪うことに成功。なんとか点を取りたい東海大。しかしオフェンスをリードするはずの#33西村(3年・G)にこの日得点がない。周囲にパスを出せず時間を使う展開が続いてしまう。残り4分で4点リードの法政大。しかしその後確実性を欠き、何度もチャンスを得るが得点が入らない。残り2分、苦しんでいた#33西村の3Pシュートで東海大は58-58の同点にようやく戻すと、エース#24古川も奮起して連続得点。法政大は#92福田大佑(4年・PF)の連続ターンオーバーが出て万事休すとなる。

残り8.5秒、#5神津の3Pで法政大が64-63の1点差に追いすがると、ファールゲームに突入。しかし#33西村はなんと得たフリースローを2投とも外すという痛恨のミス。ボールを奪ったのは法政大#7山田。誰もがこれで終わるかと思った瞬間、山田は一瞬の躊躇で動きが止まり、オフェンスファールを犯してしまう。残り0.8秒で東海大はフリースローを得ると2投とも決め、なんとか3点差で際どい勝負を制した。しかしシュートが安定せず、不安はぬぐえない試合展開。これからの戦いぶりが気になるところだ。そして全敗の法政大がいつ浮上できるのか、今後も目は離せない。


◆#62長野勇気(東海大・3年・F)
0916nagano.jpg第1週からインサイドのバックアップとして仕事をこなす。この日は10得点で試合に貢献した。

-昨日もそうですが、なかなか渋い活躍をしていますね。
「見て分かるようにうちは古川と文男(西村)が軸なので、中盤の得点のところで貢献していかないといけないなと考えています。最近ケガもあったし、最後の最後であいつらにつながっても、間をつながなければ。そう意識しています」

-もう3年生、上級生として意識も高いというところでしょうか。
「そうですね。練習中から4年生が率先してイージーミスとかにはすごく厳しく言ってくれてはいるんですが、春先から3年生が自覚がないと言われて問題になっていたので、話し合ったりしていました。リーグ戦が始まってからは3年も変わってきてはいますが。いい練習をして試合を臨めるようになったかなと思います」

-主将が試合に出られず苦しいところもあるし、3年生の自覚が重要ですね。
「試合に出ている3年生は多いので、もっとしっかりしなければならない部分は多いと思います」

-今日は得点面でも貢献できたのでは。
「文男と古川がいない時は取りにいけという指示が出ていたので、多少強引な感じでもリングに向かっていくようにはしていました」

-来週の対戦に対しては。
「来週は日体ですが、1週間しっかり練習するだけですね」

-これからも出場機会を得られる感じだと思いますが、抱負を聞かせてください。
「みんなよりは体もしっかりしていると思うので、スクリーンやヘルプサイドのディフェンスで体を張って、少しでも(みんなが)いいシュートが打てたらだとか、いいオフェンスにつながるように貢献していきたいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2007リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |