FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2007.09.16 (Sun)

9/16 関東大学1部リーグ 第2週 青山学院大VS日本体育大 第2戦

青山学院大91(20-20,22-25,20-22,29-29)96日本体育大
0916niitai.jpg
3勝でトップを走る青山学院大。ここまで主将#15広瀬(4年・F)が平均20点以上をたたき出す安定したプレーでチームを支えてきた。しかしこの日はその広瀬の得点が伸びない。その代わり#1熊谷(4年・F)が意地を見せるが、全員が外角に強さを持つ日体大は、粘り強くアウトサイドを沈めてリード。ゲーム終盤、攻撃を展開できない青学大を振り切って勝利した。

青学大の1敗により全勝は消え、1部リーグも混戦の様相を呈してきた。

詳しいレポートと日本体育大・田中選手、眞庭選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

■GAME REPORT■
0916miyamura.jpg第1戦はファールトラブルに苦しんだ日体大のエース#27眞庭(3年・F)。この日も数分でファール2となる先行きの怪しい展開に。だが日体大は#34小沢(3年・F)や#11富江(2年・F)ら、シュートのうまい選手が次々ミドルシュートを決める。対する青学大は#8荒尾(3年・C)、#12渡邉(2年・PG)らがアウトサイドを沈めて1Qは20-20と得点は互角となった。

2Qになると青学大が得意の速攻を連発。日体大が落とした外のシュートのリバウンドをことごとく奪うと#1熊谷(4年・F)、#0橋本(1年・PG)が足で稼いでいく。ディフェンスが厳しく思うようにシュートが打てない#27眞庭は攻め気が裏目に出て、オフェンスファールに。2Qを3分経過したところでファール3となって第1戦同様に苦しくなった。しかしこの日の日体大はここで切れない。#11富江の3P、#5今野(3年・G)のドライブなどで粘り強く青学大ゴールに挑みかかる。青学大は#0橋本のバスカンなどで勢いを得るが、続くオフェンスでは3秒オーバー。反対に日体大は#34小沢、#11富江の連続3Pで追いつくと、そのまま逆転し3点リードで前半を終えた。

0916kumagai.jpgこの日、青学大#15広瀬(4年・F)に得点が生まれない。インサイドへ切り込もうとしても日体大のディフェンスに阻まれる展開が続く。初得点は3Q開始5分。しかしその直後2つ目のファールを犯し、波に乗りきれない。青学大は#1熊谷が奮闘。バスカンに、スティールにとコートを駆け回る。対する日体大は広くスペースをとって青学大のディフェンスを翻弄すると、簡単に3Pを決めて優位を保つ。結局、3Qは日体大が60-67の7点リードする結果となった。

劣勢で切れないのが青学大の強さ。4Qは#10小林(2年・F)のシュート、#12渡邉の3Pで67-67の同点に戻す。しかし日体大は#20田中(4年・G)がすぐさま3Pを決め返し、#11富江の速攻が生まれて#27眞庭がとどめを刺すように3Pでゴールを射抜いた。しかし青学大もここから#0橋本のドライブ、更にアシストから#23湊谷(1年・F)のバスカンを演出すると再び試合は79-79の同点に。だが日体大は青学大からファールでフリースローを次々獲得し、じわじわ引き離す。しかも1戦目は入らなかった終盤のアウトサイドがこの日は最後まで入り続けた。#27眞庭がファール4になりつつ最後まで3Pを沈め、出場した選手全員が得点を取った日体大が青学大に土をつけた。


◆#4田中健介(日本体育大・4年・G)
0916kensuke.jpgリーグ前に負傷もあって第1週では出番も少なかった。しかしもうかなり復調しており、「ケガは言い訳にはしない」と、力強く語る。


-今日は田中選手自身も得点に絡んでいけたのではないでしょうか。
「そうでもないですよ。バテバテですよ(笑)。でも控えの堀田(#12)とかもいい感じでつないでくれたので、チームで勝てたようなものですね」

-第1週は少し調子が悪いのかなと思いましたが。
「ちょっと足を痛めていて、先週はまだちょっと痛かったですね(苦笑)。でももう大丈夫です」

-セカンドガードの堀田選手は今まで見たことのない選手ですが、どのような選手でしょう?
「アグレッシブなプレイヤーで、走って流れを変えたい時にはやってくれますね。赤石がケガで出られないところであいつが出てきたんですが、代わりという意識もなく、自信を持ってプレーをしていますね。いいガードです」

-フォワード陣の層が厚い分、ガードがケガもあって多少気になるところではありますが。
「大丈夫です、自分がいますから。今日は一勝一敗でつなげたので、次も勝ちにいきます。1点でも多く取って勝ちます」



◆#27眞庭城聖(日本体育大・3年・F)
0916maniwa.jpgファールトラブルで苦しみながらも、終盤の集中力はさすが。5本の3Pのうち3本が4Qに決まった。最後の最後まで相手にとって気を抜けない選手だ。入学以来の対青学初勝利に顔がほころんでいた。


-今日の勝利は大きいのではないでしょうか。
「とても大きいですね」

-今日はファールもまたかさんで、ディフェンスもついていて最初は苦しいかと思いましたが。
「そうですね。でも自分としては先週の日大の方がやりにくい感じでした。ただ青学は攻めてくるのでそこでファールが増えてしまったのが反省です。最初に2つやってしまって昨日みたいに退場になるかなとちょっと不安でした。結局4つまでファールしてしまったんですが、最後までコートにいられて良かったです。今日は絶対退場しないでいようと思っていたので」

-第1戦で負けて、青学にはどのような対策を?
「敗因がリバウンドとルーズボール。そこの注意と、それに第1戦は3Qで一気に突き放されたので辛抱することでしたね」

-今日もインサイドではなかなか得点が伸びないのが苦しいところかと思いましたが。
「荒尾(3年・C)がいて中の1対1では簡単に点は取れないと思います。でも外のシュートで切り崩していけたのが勝因だと思います。今日は控えも入ったし。練習からシューティングはかなり集中してやっているので、その成果ですね。ウチは外が入らないと勝てないのでそこでは負けられません」

-いつもながら終盤のシュートというか、集中力はすごいですね。
「でも今日は気迫ですね。絶対勝ってやるという気持ちを持っていました。しかも自分が入学して初めて青学に勝ったんです。今まで青学には勝ったことがなかったのでそれが一番嬉しいですね」

-来週は…
「東海ですね!実は東海にも勝ったことがないんです。だから絶対勝ちたい。来週も勝ちにいきます」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2007リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |