2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2012.10.04 (Thu)

【2012リーグ1部】9/30レポート

上位校が苦しめられた2巡目初日
東海大対明治大の激闘はドラマの連続!


120930mizunuma.jpg この日からリーグ戦は2巡目に入った。一度戦って相手の出方もある程度分かり、1巡目で負けたチームは挑戦者として全力でぶつかってくる。迎え撃つ側となった上位校がその勢いに呑まれるシーンもあり、勝ち続けることの難しさが見えた一日となった。それでも東海大は#24田中がブザービーターで勝負を決定づけ、青学大も本調子とまではいかないものの#56比江島が要所でリングにねじ込み勝利を引き寄せた。残り半分のリーグ戦もチームを勝利へ導き続けられるか、エースの真価はここから問われるだろう。

 第一試合は、81-53筑波大日本大を下した。日本大は高さを活かしてリバウンドに粘りを見せたものの、それがうまく得点に結びつかず苦しい展開に。筑波大は点差を離し終盤はベンチメンバーを出場させての快勝となった。2連勝で今週を終え、次週のホームゲームに向け良い弾みとなったことだろう。

 青学大日本体育大の対戦は、終盤まで日体大が食らい付き奮闘が光った。日体大は開始すぐさま2本の3Pで勢いを掴むと、そのまましぶとく追走。オフェンスでは#22水沼(4年・SG)、#19中野(3年・SF)らが強気で挑み、ディフェンスもゾーンを固めて簡単には得点を許さなかった。だが青学大も要所で#32畠山(3年・PG)や#3小林(3年・PG)がスティールから得点につなげ、#56比江島(4年・SF)も険しい表情ながらディフェンスを掻い潜って21得点。終盤にはゾーンの穴をつく形で#25永吉(3年・C)らが着々と加点していき、リードを保ち続けて逆転を許さなかった。日体大も終盤に連続で#21熊谷(4年・F)が3Pを決めるも、78-68でタイムアップ。青学大が日体大の挑戦を跳ね除け全勝を守った。

写真:日体大#22水沼は4年目の今年、チームを引っ張る存在へと成長を遂げている。

--------------------------------

【流れの奪い合いになるも大東大が早稲田大を下す】
120930koyama.jpg 大東文化大早稲田大の試合は、4勝5敗と勝ち星が並ぶだけに負けられない一戦。大東大がリードしそれを早稲田大が追いかける展開が続いた。両者試合の中で波はあったが、大東大がこの日38得点と絶好調だった#19藤井(4年・SG)の活躍もあって一歩抜け出し76-59で逃げ切り勝利。5勝5敗と勝率を五分に引き上げた。

 早稲田大は絶対的司令塔の#6大塚(4年・G)がベンチスタートになるが、立ち上がりは#15木村(2年・F)の3Pなどで0-7とし好調だった。しかし大東大も慌てず、#14岸本(4年・PG)や#19藤井がアウトサイドを決めてリズムを掴むと、速攻や#43鎌田(4年・C)のインサイドプレーなど多彩なオフェンスで優位に立つ。逆に早稲田大は得点が9得点でぴたりと止まり、7分間に渡って無得点。1Qで26-9と大きな差がつくと、2Qに入っても2本の3Pを決めた大東大が20点以上ものリードを奪った。

 だが、このまま一方的な展開になるかと思えば、今度は早稲田大が流れを掴んで猛攻を見せた。ディフェンスを引き締め直すことでようやく#8玉井(3年・G)らが得意の素早いトランジションを出しはじめ、みるみるうちに点差を縮めていく。ダブルチームでボールを奪い、オフェンスリバウンドにも飛び込んでセカンドチャンスも得るなど試合は完全に早稲田大ペース。前半終了時点でその差を7点に縮め、3Q序盤には#21河上(3年・F)の3Pも効果的に決まって遂に同点にした。しかしここで大東大を救ったのは、好調の#19藤井。ドライブやスティールで早稲田大に逆転を許さず、再び点差を引き離しにかかった。20点以上あった点差を同点にまでした早稲田大も、連続でターンオーバーを犯すなど息切れが見え、大東大#41小山(4年・G)のドライブや#19藤井のシュートを止めることができない。そのまま再び大東大が2桁リードを奪い、早稲田大を振り切って勝利した。

 目まぐるしく試合の主導権が動いた試合だったが、大東大が逆転させずに我慢の時間帯を耐えきった。西尾HCも「チームとして粘り強さは身についてきている」と手応えを感じている様子。「(メンバーを)固定してない分、選手も自分の役割を見つけるのが大変かも知れないが、試合経験が少ない選手も学年関係なく強い気持ちでプレーしてくれている」と選手たちの奮闘を評価した。リーグ後半戦も上位進出を虎視眈々と狙う。

 早稲田大は#6大塚の出場が終盤の約5分間に限られ、支柱を一つ失っている状況。ビッグマン#4二宮(3年・C)もベンチに下がる時間帯が長い中で機動力で勝負したが、1Qで負ったビハインドを返していく事が精一杯だった。スターターに抜擢された#34池田(1年・G・京北)もディフェンスでは大東大のエース#14岸本にマッチアップし、オフェンスではPGとして起点になるなど1年生ながら負担は大きい。まわりの選手がいかにカバーし、引っ張っていくかが今後の鍵となるだろう。

大東文化大:5勝5敗
早稲田大:4勝6敗 

写真:#41小山も良いところで決めて突き放しに一役買った。


【序盤からリードを得た拓殖大が逃げ切り連敗脱出】
120930HASEGAWATOMONOBU.jpg 5連勝と好調で3位につける専修大は、この日は拓殖大との対戦となった。下位でもがく拓殖大を叩きさらに連勝を伸ばしたいところだったが、序盤で躓いた。#40藤井(3年・SG)にジャンパーやレイアップで得点され、#1鈴木(4年・PG)にも3Pを許してしまう。#33館山(4年・G)のアウトサイドや#11宇都(3年・G)のドライブは出るものの、その都度#40藤井に得点を許して1Qで12点ビハインドを背負う展開に。2Qに入るとリズムを掴み、交代出場の#14藤岡(3年・F)のレイアップや#3廣島(4年・G)のスクープショットで追い上げを図る。だが、3連敗中の拓殖大は切れずに#11佐々木(4年・C)と#14大垣(2年・SF)の3Pで応戦。専修大はファウルがかさみ、トラベリングのミスも出て点差を縮められない。拓殖大は#1鈴木が3Pを沈めると#40藤井もフリースローを2本揃え、46−35と2桁点差を維持したまま前半を終えた。

 しかし3Qに入ると拓殖大のオフェンスが単発となってしまう。この間に専修大は#9長谷川 凌(4年・F)や#22樋口(4年・F)がペイント内で得点を決めていき、#11宇都が速攻を決めて3分半で4点差にまで迫る。だが、拓殖大はタイムアウトで修正。#40藤井の3P、#94長谷川智伸(4年・SF)のゴール下で再び離す。専修大は#11宇都が攻め気を見せてオフェンスを引っ張るが、拓殖大も#94長谷川智伸のアウトサイドに加え、#11佐々木も3Pを沈めて、点差は依然2桁のまま最後の10分間を迎える展開になった。追いつきたい専修大はこの局面で#3廣島のレイアップに#11宇都も続いて流れを掴んだかに見えた。だが、ルーズボール争いで#3廣島が4ファウルとなって再び苦しい状況に。拓殖大も得点が伸びずに苦しい状況だったが、#1鈴木がフェイドアウェイを決めると再度スコアが伸び始める。専修大も#11宇都と#22樋口の得点で追いかけるが、#3廣島にテクニカルファウルが出で退場となってしまった。専修大はファウルゲーム気味に当たりにいくものの、拓殖大がフリースローを決めて加点していくのに対して、最後はシュートを決め切れなかった。最終的に91−80で逃げ切りに成功した拓殖大が、連敗を3でストップさせた。

 星が伸びなかった拓殖大は上位争いをうかがう専修大から大きな勝利を手にした。外にこだわり過ぎずにインサイドとも合わせてバランス良くスコアを伸ばしたことが大きかった。好調だった専修大はよもやの敗戦で4敗目。2位の東海大を星の差1つで追いかけていただけに、痛い黒星となった。

拓殖大:4勝6敗
専修大:6勝4敗

写真:レイアップを決める長谷川智伸。拓殖大は「飛び道具」であるアウトサイドに固執せず、内外でバランス良く得点を決めた。

※拓殖大・藤井選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【明治大の奮闘光るも#24田中のブザービーターで決着】
120930tanaka.jpg 東海大明治大の対戦は、これまでいくつもの熱戦を繰り広げてきた因縁のカード。この日も会場が歓声とどよめきに包まれる白熱した試合になった。

 明治大は立ち上がりが硬かった。東海大の守りにオフェンスの足が止まって得点が伸びず、一方の東海大は#33狩野(4年・SG)や#10バランスキー(2年・PF)がミドルシュートを射抜いて1Qで10点のリードを奪うことに成功。2Qは互いに守り合って12-13とほぼ互角のスコアとなり、1Qでついた点差を残して東海大の11点リードで試合を折り返した。

 3Qに入り、ここから明治大が粘りを見せる。「(皆川)徹の3Qは褒めてやりたい」塚本HCに言わしめるほど、#51皆川(2年・C)が攻守共に奮起。オフェンスリバウンドに粘ってゴール下で得点を伸ばし、ディフェンスでは高さを武器に東海大にイージーショットを許さない。じわじわ追い上げ、3Q終盤には#16安藤(2年・G)が2連続で3Pを決めて東海大を遂に捕えた。東海大は、このQたったの7得点。しかもそのうち3得点はフリースローでの得点、残りの4得点は全て#24田中大貴(3年・SF)の得点と、気持ちよく点が取れない苦しい10分間となった。40-40と、同点で最終Qに入る。

 4Qも拮抗した展開が続いた。東海大は#8藤永(2年・PG)が#16安藤からオフェンスファウルを奪うなど闘志のこもったディフェンスを見せるが、流れを引き渡しかけたところで明治大は#50伊澤(1年・PF・愛産大工)が覚醒。東海大#10バランスキーや#7晴山(2年・PF)が決めても、その都度1年生らしからぬ強気で攻め得点し返していく。シーソーゲームの中での連続8得点を全てこの#50伊澤が稼ぎ、明治大の1点リードで残り時間は1分半を切った。

 東海大は#10バランスキーがフリースロー、続いて大事なシュートを決めて残り26.3秒にその差を3点に広げた。明治大は#16安藤が3Pを打つも決まらず、窮地に陥りファウルゲームに突入する。すると残り12.2秒、東海大は#8藤永がフリースローを得るも2投ともに落としてしまう。これで3点差のまま首の皮一枚つながった明治大。すると先ほどは3Pが弾かれた#16安藤も、今度は仲間の期待に応えきれいに決めてみせた。時計は残り時間2.0秒を指し、スコアは56-56の同点。このまま延長戦へもつれるかという空気が会場に立ち込める。だがこの土壇場で、東海大はエース#24田中大貴が圧巻の勝負強さを見せた。タイムアウト明け、迷いなく放ったボールは試合終了のブザーと共にきれいにリングを通過。最後の最後で、東海大が明治大の猛追を跳ねのけた。

 「あれは仕方ない。大貴が素晴らしかったまで」と明治大・塚本HCは言い、「敗因は自分のベンチワークミス。選手たちはよく頑張ったと思う。特にマンツーマンディフェンスには自信を持っていい」と選手の健闘を称えた。1年生の頃から出番を得てきた2年生を中心に、上級生も含めて目に見えて成長が見える。「もうちょっと待ってくれればもっと面白いチームになるから」と塚本HCが言うよう、若いチームが今後どう化けるか楽しみだ。

 対する東海大は明治大の勢いに後手に回る部分もあったが、それでも意地とプライドを賭けて競り勝ち8勝2敗で2位をキープした。こちらも下級生主体のチームではあるが、ここぞという場面でやはりエース#24田中が勝負を決めた。リーグ戦もようやく折り返し地点を過ぎたが、優勝に望みをつなぐためにはこの先一つの星をこぼすことも許されない。今後も油断のならない試合が続く。

東海大:8勝2敗
明治大:4勝8敗

写真:ブザービーターを決め、普段はリアクションが控えめな#24田中も大きくガッツポーズ。

※明治大・伊澤選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】

「上はまだまだ見えてくると思う」
連敗脱出をステップにし、巻き返しを胸に秘める

◆#40藤井祐眞(拓殖大・3年・SG)
120930FUJII.jpg前日に続き、この日もチーム最多得点を挙げた。持ち味であるペイントエリアへのアタックを積極的に見せて久々の勝利の立役者となった。ここから当面は中位チームとの対戦が続いていく。この連敗脱出を、上位進出への足がかりに出来るか。


—今日の勝利で、心境的に安心した部分はありますか。
「そうですね。今日から2巡目に入って、専修には1戦目で負けていたし、リベンジしたという部分もあったので。チームとして良い感じで2巡目に入ることが出来たんじゃないかなと思います」

—ただフリースローを落したりして、スッキリした雰囲気では無いようにも見受けられましたが。
「そうですね。でも、徐々に良くなってきているし、1巡目にチームの入りが悪かったのに比べて今はチームとして結構良いプレーとかが出てきているんで、そこら辺は良くなりつつありますね」

—今日は先行逃げ切りでした。それが理想ですよね。
「やっぱり自分たちは先行逃げ切りの方が良いですね。1巡目の最初の方は4Qで頑張って追いついていく展開が多かったんですけど、やっぱりそういうバスケじゃなくてこういう風に始めから走ってリードして、それを4Qまでずっと続けるというのが自分たちのバスケだと思うんで、それを続けていきたいですね」

—今日は外に頼り過ぎず、藤井選手は積極的にインサイドに攻めていくプレーが多かったです。オフェンスの内外でのバランスが良かったですね。
「池内さんからも結構練習中からも言われているんですけど、スペースの取り方とか、ペイントエリアをもっとドライブしやすいようにしたりとか、そういう指示もあって、自分とか慎之介(#14大垣)とかがリングに向かってドライブして行きやすくなって。それで外も伸さん(#94長谷川)が打ちやすくなったのかなと思います」

—ここまでの試合ではインサイドへアタックするプレーが昨年よりも減っている印象があります。
「インサイドが弱いのは始めから分かっているし、それが自分らの弱点という部分でもあるかもしれないですけど、そこはセンター陣も分かっているから頑張ってくれているし。自分がドライブしづらいというのは多少なりともあるとは思うんですけど、そこでしっかり合わせが出来たら全然楽にもっとドライブ出来ると思うんで、もっと合わせのプレーを練習していきたいと思います」

—昨日も今日も、藤井選手が積極的に攻め気を見せていましたよね。リーグ戦も折り返しということで、意識変化もあったのではないでしょうか。
「自分のシュートタッチが上がってきているというのもあるし、チームとして流れが悪い時にドリブルとかが多くなるのをみんなで声をかけ合ってパッシングしていこうという感じとか、あとはもう少しセットプレーを使っていこうというのもあって、そういうところが攻めやすさというか、自分の得点にも繋がっているのかなと思います」

—声を掛け合うという部分では、ファウルが出てしまっても藤井選手が声をかけて修正しようとする姿勢が見えましたが。
「そういう風に流れが悪い時とか、一人にファウルが込んでしまったときとかは、みんなで一回集まってハドル組んで『集中しよう』という声掛けとかが出来ていると思うんで。そこで気持ちを切り替えられるんで、そういう感じでみんなで助け合って、そういう声かけをしています」

—それは負けが込んできて危機感を感じるようになってきたところに起因しているのでしょうか。
「いや……そういう訳ではないではないですかね。元々やっていたけど今までは歯車が噛み合わなかったというだけであって、今はそれが上手く噛み合っているということです」

—今後は是が非でも白星を重ねていく必要がありますね。
「一度負けている相手には、そのときつけられた点差以上で勝てば星が並んだ時に自分たちの方が上回れます。リベンジというのもあるし、負けた相手には勝ちたいし、1戦目で勝った相手にも勝っていけば入れ替え戦はまず無いし、上のチームにもまだ3勝差くらいなので、まだついていける段階だと思います。頑張ってついていきたいです」

—去年と違い、まだ黒星先行中で、本音としてはまだまだ苦しいと思いますが。
「去年は長谷川さん(長谷川技・11年度卒・現JBL東芝)が途中で故障してしまって、そこから負けが込んだ形になったんですけど、でも7敗で3位になったわけなので。今年はまだ6敗なので、変な話、多少落したとしても上はまだまだ見えてくるはずだし、これから勝っていけば良いんじゃないかと思います」

--------------------------------

「他の1年生の分まで自分が頑張ろうと思っている」
与えられたチャンスで仕事を果たす期待のルーキー

◆#50伊澤 実孝(明治大・1年・PF・愛産大工)
120930izawa.jpg1年生ながら思い切りの良い強気なプレーを見せ、勝負所で見事チームを引っ張った伊澤。惜しくも勝利には及ばなかったが、伊澤の活躍無くしてここまで東海大を苦しめることはできなかっただろう。試合に出られない人のためにも、と奮起を誓い、献身的なプレーでここまでの試合も要所で良い働きをしている。若く爆発力のあるチームの中で、今後も起爆剤となることを期待したい。


―白熱した試合になりましたが振り返っていかがですか?
「チームとして出だしが悪くて、その中で自分がシックスマンとして試合に出たんですけど、そこでもうまく流れを変えることができませんでした。終盤はようやく流れが来て良かったと思うので、それをもっと早く出せるよう修正していきたいです」

―勝負所のシーソーゲームとなった場面で、一歩も譲らず大活躍でしたね。
「昨日の試合インサイド陣で点が取れないという反省があったので、今日は勝負所になったらインサイドで攻めるという意識があって。監督からも『逃げずにリングを狙って行け』と言われているので、自分もガンガンいこうと思いました」

―やっている時はどんな心境でしたか?
「とりあえずボールを持ったらまずリングを見て、自分の中で“いける”と思ったので、積極的に攻めてみました」

―本当にあと一歩の試合でしたね。課題は出だしの部分ですか?
「そうですね。出だしの部分と、あとは途中のディフェンスも、疲れた時に声が出なくなることがありました。そこは練習から積み上げていきたいです」

―リーグ戦の前半も、接戦になる試合が多かったですね。
「接戦になったところで勝ちきれない試合も前半戦は多かったし、今日も接戦にしても勝てなかったので、来週の青学戦からは接戦に勝てるようにしていきたいと思います」

―1巡目を終えて、初めてのリーグ戦はいかがですか?2ヶ月間毎週試合が続くのもハードだと思いますが。
「そんな緊張とかはないですね。やりながら試合に馴染んで、自分の中で試合を楽しめているかなと。毎週試合というのは大変ですけど、1年生の中で自分だけが試合に結構出させてもらっていますし、試合に出られない他の1年生の分まで自分が頑張ろうと思っているので、そこは弱音を吐かずにやってます」

―個人的な課題はありますか?
「自分はディフェンスが課題で、足を引っ張っている部分があります。オフェンスは今日みたいに思い切りいけばいいと思っているので、あとはディフェンス。声とか出して、少しでもチームの役に立てるように後半戦も頑張ります」

 
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:30  |  2012リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |