FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2007.09.16 (Sun)

9/16 関東大学1部リーグ 第2週 第2戦

駒沢屋内球技場の熱気は今日も選手を苦しめた。気温がパフォーマンスを下げていることは明らかで、暑さからくる疲れのため、選手が集中力を失う場面が何度も見られた。
この日、全勝を守っていた青学大は一敗。3チームが同率で並ぶ結果となり、1部も混戦状態に突入した。


日本大96(31-13,22-14,18-17,25-7)51早稲田大
0916shinohara.jpgこの日唯一大差がついた試合となった第二試合。両チームともに第1週から2日通して良い状態を保てない。1戦目は面白いように得点を重ねた早稲田だが、2戦目はうってかわって日本大が出足から大量リードする形となった。

スタメンには#23上江田(2年・F)にかえて#17篠原(3年・F)を起用。ガードも#4齋藤(4年・G)と#18篠山(1年・G)の2ガード制で臨んだ日本大。開始から#17篠原が全開。面白いように外角シュートを決めて早稲田の出鼻をくじくと、1Qで31点の大量得点を奪った。早稲田は#7近森(4年・PF)のところでなんとか得点するものの、#11中村(2年・C)もよく守って踏ん張る。早稲田はそれ以外の部分は全く攻め手がなくほとんどが単発のオフェンス。動きにキレの戻った日本大のディフェンスに阻まれ、ことごとくターンオーバーとなっていく。日本大は篠山のおかげで負担の減った齋藤も次々シュートを沈めると日本大は前半で53-27と、試合を決めるリード。後半も早稲田の状態は好転せず、大差をつけられて終了した。

日本大は勝率5割を保ったが、3敗に追い込まれた早稲田大は苦しくなった。それに、互いに2試合安定した力が出せないことがこの両チームでは問題だろう。混戦となった場合、入れ替え戦を回避するには5割を目安にしたい。しかしこのラインにいくつもチームが並ぶ可能性があり、できるだけ得失点差はつけたくない。この日の早稲田が負った45点のビハインドは、後半に向けて一体どんな影響を与えるだろうか。
写真:この日20得点、チームハイの日本大・篠原。

・青山学院大対日本体育大、慶應義塾大対専修大、東海大対法政大は別途掲載します。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2007リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |