2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2012.09.08 (Sat)

【2012リーグ1部】9/8レポート

第2週に突入し中位は乱戦
日本体育大は1部リーグ初勝利


 1部リーグは第2週に突入した。無傷の3連勝は青学大・東海大・筑波大の3チーム。また初週で2連敗した3チームの中では日本体育大が初勝利を上げて1歩抜け出し、明治大・日本大は未だ白星を挙げられないままとなった。
 また1Qから好調だった早稲田大は拓殖大に100点ゲームの快勝。1勝2敗で4チームが並び、中位はまだまだ予想のできない状況となっている。上位も下位も、激しい争いはまだ始まったばかりだ。

--------------------------------

【接戦を一歩抜け出したのは筑波大】
120908nishimura.jpg 開始から#51皆川(2年・PF)が攻め気を見せて積極的にインサイドを攻める明治大に対し、筑波大は立ち上がりで躓くものの#47砂川(4年・PF)、#14坂東(2年・SG)が立て続けに3Pを決めて差を縮め、そこからは一進一退の展開が続いた。1Qは12-13とロースコア。続く2Qは、筑波大が攻撃的なディフェンスを仕掛けて相手のミスを誘うが、明治大も要所で#2目(3年・F)が外角のシュートを沈めていき点差が動かない。
 
 30-32で入った後半、筑波大は3Qで#47砂川や#32武藤(3年・C)がファウルトラブルに見舞われ、明治大にとっては大きなチャンスが訪れたが、思うように得点が伸びない。オフェンスリバウンドに絡んで何とか7点のリードを奪うが、この大事な場面で#6西村(3年・PG)に大事な3Pを決められ、再度筑波大が盛り返して42-44で最終Qに入る。

 勝負の分かれ目となったのは、53-50で迎えた4Qラスト約2分間の攻防だった。筑波大は#32武藤のアシストで#21笹山(2年・PG)が得たバスケットカウントで流れを掴み、その後#21笹山が値千金のミドルシュートを決めて残り1分切って7点リード。明治大も#12中東(2年・SG)が3Pで返し、ここからかと思われたが、#21笹山・#32武藤のコンビプレーを止められず、最後は62-56で力尽きた。

 ロースコアな展開となりどちらに勝負が傾くか分からない展開ではあったが、勝負所を筑波大が制した。筑波大は出場した10人が全員得点を挙げ、活躍の場をみんなで分け合った印象。何とか取りこぼしなく3連勝となった。明治大は#12中東・#51皆川が積極的に攻め#2目のアウトサイドも好調だったが、ここぞという場面でのターンオーバーが痛かった。初勝利とはならず、苦しい戦いが続く。

筑波大:3勝0敗
明治大:0勝3敗

写真:筑波大・#6西村も大事なところで仕事を果たした。


【2Q以降盛り返した日体大が大東大を下す】
120908shimizu.jpg 日本体育大は第2戦の怪我でスタメンガードの#11北川(3年・SG)が戦線離脱。控えPGの#1本間(2年・PG)も前日の練習の怪我でこの日は欠場したため、代わりに#16横山(4年・SF)をスターターに据えて本来2番ポジションの#22水沼(4年・SG)が1番ポジションを務める布陣となった。

 立ち上がり、大東文化大が速い展開から易々シュートにつなげていくのに対し、ことごとくシュートがリムに弾かれた日本体育大。開始5分で10-2と先行されたところでたまらずタイムアウトを請求した。徐々に日体大も調子を上げると、最後に#88万(1年・C・中部第一)のダンクで締めて22-15で2Qに入る。

 すると2Q、大東大はオフェンスリバウンドを掌握するもそのチャンスを活かしきれず5分間以上無得点。その間に日体大が追い上げる形となった。特に途中出場の#13清水(3年・PG)がディフェンスやルーズボールで奮闘し、アンライクスポーツファウルを得るなどチームに勢いをもたらす。大東大も#14岸本(4年・PG)が何とかブザーギリギリに決めて2点ビハインドに留めるが、完全に相手に流れを奪われたQとなった。

 続く後半、日体大は#21熊谷(4年・F)、#22水沼の3Pが決まり、守っても相手の24秒オーバータイムを誘うなど好調。対する大東大も#41小山(4年・G)が得点を引っ張って速攻から#14岸本がバスケットカウントを得るなど見せ場を作るが、なかなか点差が縮まらない。3Q終盤に連続してオフェンスリバウンドを奪う場面も、日体大の高さを前に決めきることができなかった。日体大はリバウンドの部分も4Qには修正し、変則的なディフェンスを仕掛けて大東大のリズムを崩した。大東大は頼みの#14岸本の3Pがリングに嫌われ、追い上げの糸口を掴めず。62-73でタイムアップとなり、日体大が嬉しい1勝目を挙げた。

 大東大は19本ものオフェンスリバウンドを奪ったが、日体大の高さを相手になかなか中で仕事ができず、加えて3Pも31本打って決まったのは3本と、確率が落ちた。白星を献上し、1勝2敗で並んだ。

 日体大は#11北川、#1本間が欠場してPGが不安要素だったが、「チーム一丸となって勝てた」#22水沼。エース#21熊谷も30得点で納得のいく活躍だった。嬉しい1勝目、ここから勢いに乗れるか。

日本体育大:1勝2敗
大東文化大:1勝2敗

写真:ハッスルプレーでチームを盛り上げた日体大・#13清水。

※日本体育大・水沼選手のインタビューは「続きを読む」へ。


--------------------------------

120908ninomiya.jpg 拓殖大早稲田大の対戦は、序盤から早稲田大がリードを保った。好ディフェンスからの速い展開で1Qから二桁のリードを得る。拓殖大は#11佐々木(4年・C)のシュートで食い下がり、#94長谷川(4年・SF)はこの試合3Pのバスケットカウントを二本奪い会場を盛り上げるが、早稲田大のシュート率がそれを凌駕し続けた。結局拓殖大の爆発力を封じ込めた早稲田大が終始リードを保ち、103-86で勝利。白星を先行させた。

 苦しみながらも2勝して第1週を乗り切った東海大は、この日も日本大相手に前半は競り合う展開を強いられる。だが、後半からは完全にペースを掌握。#10バランスキー(2年・PF)の得点で差を広げると、#33狩野(4年・SG)の2連続3Pで日本大を完全に突き放した。95-56で勝利し、これで無傷の3連勝。これとは対照的に、日本大は3連敗となってしまった。

 専修大との対戦となった青山学院大は、この試合から#8張本(3年・SF)と#25永吉(3年・C)が先発メンバーに名を連ねた。連携面の甘さは見受けられるものの、存在の大きさを感じさせるプレイでチームを牽引し、81-60での勝利に貢献した。

写真:早稲田大は#4二宮が復帰。

[続きを読む]

【INTERVIEW】

「慌てないで、ミスをしないように」
安定感あるプレーでチームに貢献

◆#22水沼孝広(日本体育大・4年・SG)
120908mizunuma.jpg「これまでシックスマンとしてもしっかり結果を残してきた男」と藤田HCも評価する水沼。今年はスターターでの出場となり、さらなる成長が期待されている。この日はPG陣の怪我により、1番ポジションに近い役目も担った。本人は「慌ててしまった」と言うが、40分間のフル出場でしっかりとその大役を果たしたと言えるだろう。
日体大は本来のガード#11北川が戦線を離脱したことが残念だが、このピンチにまわりの選手の奮闘が見られる。初めての1部リーグを今後どう戦っていくのか、注目したい。


―リーグ戦初勝利となりましたが、今のお気持ちは?
「先週2連敗して、今週は何としても勝ちたいと思ってこの一週間ずっとやってきたので、勝ててホッとしています。怪我で出られない人もいるんですけど、チーム一丸となって勝てたので嬉しいです」

―立ち上がりはシュートの確率が上がらず苦戦しましたね。
「そうですね。でも出だしからインサイドが中に突っ込んでくれて相手のディフェンスのファウルがかさんだので、外としてはやりやすかったです。それで、パスを散らしてボール回りを良くするように心掛けるうちに、段々と外のシュートも入ってきたので、流れとしては良かったかなと。でも相手にオフェンスリバウンドを取られることが多かったのは課題ですね」

―リバウンドはずっとチームの課題だと藤田HCも仰っていました。
「1戦目、2戦目でも課題でしたが、まだ直ってないですね。それはこれからのリーグ戦で克服していきたいです」

―この試合では#11北川選手や#1本間選手が欠場となり、水沼選手はポイントガード的な役割も任されましたが。
「結構テンパりました(苦笑)。でも清水(#13)も出て頑張ってくれたし、今日はポジションどうこうじゃなく、勝ちにこだわって一生懸命やろうということをチームで話していたので。とりあえず勝てたことは良かったです」

―自分のプレーの出来はどう評価しますか?
「まだ慌てちゃうところがありますね…。例えばボール運びでも、ダブルチームで囲まれることもいつもはあまり無いので。でも慌てないで、どんなことにも対応できるように修正していきたいです。とにかくチームのために、ミスをしないように心掛けてます」

―去年はシックスマンとしての出場がほとんどでしたが、こうして今年スタメンになって、何か今までと違うことはありますか?
「スタートでもベンチでもやることは変わらないと思います。ただ、シックスマンは相手をベンチから最初にしっかり観察できますが、スタートだとまだ戸惑う部分がありますね。慣れていきたいです」

―1部と2部とでは、違いは感じますか?
「それはあります。1部は少しでもミスすればそこを突かれて点差が離れてしまうので、気が抜けないですし、何よりディフェンスのプレッシャーが2部とは全然違います。高さも違いますし。自分たちは速い攻めが持ち味なので、そこで戦えればと思います」

―高さの部分では、スクープショットでかわして決める場面も多いですよね。
「でも入ってないですね。もうちょっと確率を上げたいです。練習します」

―自身最後のリーグ戦ですが、どんなリーグにしたいですか?
「上位を狙っているので、上位に行って、そのままいい流れでインカレにいけるように。4年生がどんどん引っ張っていければなと思います」

―個人的にはどんなところを頑張りたいですか?
「まずは外角のシュートと、あとはドライブ。それに声掛けの部分もしっかりしていきたいです。シックスマンの選手とか、あとから試合に入る時の緊張は自分もよく分かるので、そういう選手にちゃんと声を掛けてリラックスしてやらせられるように。4年生としてもっと引っ張っていかなきゃいけないなと思います」

 
関連記事
EDIT  |  23:50  |  2012リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |