2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2011.11.23 (Wed)

【2011インカレ】11/23 浜松大VS慶應義塾大

【序盤から優位に立った浜松大が念願の一回戦突破】
111123diarra.jpg 関東10位の慶應義塾大は東海2位の浜松大と対戦。序盤から高さが生きた浜松大が85-74で逃げきって勝利した。

 浜松大は#45ジャーラ(3年・C)の高さが生きた。210cm・100kgは多少のディフェンスにはびくともしない。慶應大はゲームの出足からインサイドに簡単にボールを入れさせてしまい、ジャーラに5連続得点を浴びる。オフェンスではインサイドになかなか入れない分、外を打っていくが、#14中島(2年・PF)が序盤に3Pを決めた後がなかなか続かない。浜松大は#33和田(3年・PG)の個人技もあって序盤から好調な様子を見せた。慶應大は#15矢嶋(2年・SG)のシュートが入り、1Qは22-20と引き離されかけたところを詰めて終えると、2Qはシーソーゲームになった。

 ディレイドチームである浜松大はシンプルなバスケットを崩さず、慶應大は隙を見てトランジションを狙う。その両者のせめぎあいになったが、やや優位だったのは浜松大。#45ジャーラか#33和田を気にすれば他の選手がすかさずシュートを打って、#41戸島(2年・PG)が2Q終盤に3Pを沈めて前半は43-37。その後も自身のスタイルを徹底して貫いた。慶應大は大きく離されずについてはいくが、なかなか逆転ができない。ファウルやトラベリングなど細かいミスが響いて3Q終了時に8点差になると、4Q序盤に#36山田(4年・SF)のドライブや速攻に遭い、10点以上の差をつけられてしまった。余裕のある浜松大はそのまま危なげ無く対処し、リードを保つ。慶應大は最後まで粘りを見せるが、85-74と追い上げ叶わず試合終了。浜松大が一回戦を突破した。

111123hamamatu.jpg 勝因は#33和田も言うように自分たちのスタイルを保ったことにある。これまでのインカレでは自滅の試合も多かったが、落ち着いた試合運びで勝利を勝ち取った。

 浜松大は慶應大にとってはやりにくいスタイルのチームだ。しかしディフェンスがうまく回らなかったことについては佐々木HCも苦い顔。鈴木アシスタントコーチもディフェンスを第一の課題に挙げた。佐々木HCは今年1年「どうしてもチームを浮上させられなかった」と反省の弁を述べたが、一体感という意味では今年は例年に比べてそれをなかなか打ち出せないチームだった。下級生たちはまだそれぞれがひとつの方向を向いていない様子も見え、これからとも言える。何をどうすべきか、もう一度基本に立ち返った上での再構築が求められるだろう。慶應大という名前を背負う責任と立場を選手それぞれが認識することが必要だろうし、これまでのようにへこたれないチーム力での再びの浮上を期待したい。

写真上:210cmのジャーラの高さには慶應大も為す術がなかった。
写真下:勝利し、喜ぶ浜松大。

※浜松大・和田選手のインタビュー、試合の写真は「続きを読む」へ。
※慶應義塾大・家治選手のインタビューは追って掲載します。

[続きを読む]

【INTERVIEW】
「自分たちのペースで持って行けたから勝てた」
徹底したスタイルで手にした関東越え

◆#33和田力也(浜松大・3年・PG)
111123wada.jpg
どんな時もニコニコと笑顔でプレーしている和田。バスケットを心から楽しんでいることがよく伝わってくる選手だ。#45ジャーラの高さに加えて、この和田の巧さがチームの柱となり、周りの選手も要所で活躍してチームを盛り上げた。慶應大のトランジションにもつられず自分たちのペースを守ってじっくりと試合を進めたことが上手く勝利に結びついたと言える。これで久しぶりの関東越えを果たし、初戦突破。目標のベスト8入りに向け、次の日大戦が大きな勝負だ。


―トランジションが持ち味の慶應大に対してディレイドオフェンスが徹底されていましたね。
「自分たちはスピードのあるチームではないので、相手に合わせないようにというのは考えていました。自分たちがあれについていったら体力がもたないから絶対負けてたと思うし、自分たちのペースで持って行けたから勝てたんだと思います。チームのスタイルとして、うちはインサイドをどう使うかで弱くもなれば強くもなると思ってるから、そこだけは意識してますね」

―途中追い上げられる場面もありましたが。
「流れが向こうにありましたけど、あそこで逆転まではさせなかったのが良かったと思います。あそこで逆転されていたらズルズル行ってしまったと思うし、我慢して全員で流れを止められたのが良かったです」

―中のジャーラ選手、外の和田選手という使い分けが効果的でしたね。
「外はたまたま入っただけですけどね(笑)。自分の調子的にはやれた方だと思います。体も結構動きましたし」

―去年見た時より、和田選手が行くところと行かないところをハッキリ判断しているような印象を受けます。
「去年は先輩たちが引っ張ってくれててただ自分はそれについて行くだけという感じで。でも今年は去年とプレースタイルも変わったなって自分でも思いますね。責任感というか、3年になって上級生が4年生だけになって、4年生に頼ってばかりじゃいられないし自分たちも頑張らなきゃって気持ちが芽生えて。行けるところは行って、行けないところはしっかりボール回して、というのは意識してますね」

―和田選手はいつも試合中笑顔で楽しそうですね。高校生の時もそういう印象でしたが。
「もうずーっと自分はそうですね。自分はバスケットが好きだから、楽しくて。それに無表情でやってたら、まわりも乗ってこないと思うんですよね。みんながそういう表情だったらチームの雰囲気も悪くなってしまうと思うし。盛り上がる時は盛り上がった方がチームも勢いづくと思うので、無表情ではやりたくないですね」

―去年のインカレは早稲田大に接戦でした。今までなかなか果たせなかった関東越えを果たしましたね。
「去年は悔しかったですね。接戦で負けるのが一番悔しいじゃないですか。接戦でも負けたら意味ない、勝たなきゃ意味ないと思ってるから、今日は絶対勝つ気でいましたね。でも目標はベスト8なので、一回戦も通過点だと思うので、まだ気は抜けないです。ベスト8まで入ってシードが取れたら来年ももっと楽になりますし。来年の為にも次も絶対勝ちたいですね。日大戦も今日くらいしっかり自分たちのバスケットができれば勝てると思うので、頑張りたいです」



111123yamada.jpg
浜松大は山田のシュートも当たった。


111123akaishi.jpg
赤石はディフェンスでもいいところを見せた。


111123yajima.jpg
矢嶋は15点。ケガが響き、今シーズンは思うような活躍はできていない。来期に期待したい。


111123itowada.jpg
和田のディフェンスに行く伊藤。この試合では思うように守りきれなかった。伊藤にはプレッシャーのかかるルーキーイヤーだった。これをバネに成長して欲しい。


111123matuya.jpg
4年生の松谷も久しぶりに出番を得た。ゴール下へ切れ込むが惜しくも得点はならず。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2011インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |