2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2011.11.23 (Wed)

【2011インカレ】11/23 中央大VS京都産業大

【佐藤の3Pが光った中央大が2回戦進出】
111123SATOMASATO.jpg 中央大京都産業大の対戦は序盤から我慢比べの展開となった。京都産業大は絶対的な高さのない相手に対し積極的にドライブを仕掛けていくが、ロングシュートが何本かエアボールになるなど、粗さも見える。中央大は#22山田(2年・PF)が好調。ゴール下はもちろん、ミドルシュートも決めてチームのオフェンスを引っ張るが、チャージングもあって1Q終盤には2ファウルとなってしまう。リーグ戦終盤のケガから復調している#11入戸野(3年・PG)も、1Q終了直前にブザービーターを狙う京都産業大#1熊谷(4年・PG)をタフショットに追い込むが、このプレイでファウルをコールされ、苦い表情。熊谷は3投のフリースローを全て揃え、中央大はリード僅か1点で2Qへ。ここで中央大は山田を下げて#91宮澤を投入し、インサイドディフェンスを強める。山田、入戸野に続いて#16佐藤(3年・PG)も2ファウルとなったものの、京都産業大のオフェンスが単発になる間に#11入戸野の速攻や、#20小野(3年・F)の活躍でリードを広げる。しかしタイムアウト明けに#31那谷(4年・PF)のジャンプシュートが決まると、京都産業大のオフェンスが活性化。#16石井(4年・SF)の得点や#1熊谷の速攻での3点プレイも飛び出し、41-38と、中央大は大きくリードを広げられずに前半を終えた。

 後半も、中央大リードのまま、つかず離れずの展開が続いた。中央大は#11入戸野のレイアップや#16佐藤の3Pで得点を重ねていくが、京都産業大も#6合瀬(4年・SG)の連続3Pに#1熊谷のアリウープ、#24岩田(3年SG)のバスケットカウントも出て何度も1点差に食い下がる。リードが欲しい京都産業大はタイムアウトを挟んでゾーンディフェンスを披露し勝負に出たが、ここで中央大は#24塩谷(2年・SG)と#16佐藤が相次いで3Pを沈めて流れを掴んだ。京都産業大は再度オフェンスが停滞。3Q終了直前には#14岩田がレイアップを狙うがリングからこぼれてしまうミスも出てしまう。結局3Qだけを見ると29-19で10点のリードを奪った中央大が、この2桁点差を最後まで保って逃げきった。

 明治大との入れ替え戦に敗れた中央大。精神的なダメージも心配されたが、万全の内容とは言えないものの終始リードをキープして1回戦を突破。次は健闘が光る富山大とベスト8かけて対戦する。京都産業大は健闘を見せたものの地力の差が出て押し切られた。4年生の活躍は光ったが、得点が止まってしまう時間帯が出てしまったことが響いた。次の舞台は近畿代表として出場する年明けのオールジャパン。この試合での課題を修正し、目標とするJBL勢との対戦を実現させたいところだ。

写真:中央大・佐藤5本の3Pを含む21点。シーズンを通して今年はアウトサイドも割と安定している。この日は入らなかった渡邉を十分カバーした。

※京都産業大・熊谷選手、合瀬選手のインタビュー、試合の写真は「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】

「気負いでいいプレーにつながらなかった」
関西1位で臨んだ最後のインカレにベストを尽くせず

◆#1熊谷 駿(京都産業大・4年・主将・PG)
111123kumagai.jpg 昨年のインカレではベスト8入りを果たしたが、準々決勝と順位決定戦では関東上位勢の牙城を崩せなかった。昨年は攻守ともに持ち味を存分に発揮した熊谷だが、この試合ではそういった良さがなかなか出せなかった。中央大には昨年7位決定戦で対戦し敗れているだけに、是が非でも勝ちたかったところだろう。インカレの舞台はこの日で去ることになるが、まだオールジャパンでの挑戦が残っている。中央大との対戦で得た課題と収穫を、最後の舞台に活かしたい。


―惜しい試合でしたね。
「はっきり言って悔いが残る試合でしたね。去年は『関西3位』として出たんですけど今年は『関西1位』として出て、関西の代表としてどうしても勝ちたかったんです。最後の年というのもあったので。それに去年のスタメンは3年生以下だったので去年からメンバーが全員残っていたんですよ。期待もされていたんですけど、ああいう形で負けてしまって悔いが残りますね」

―途中にゾーンディフェンスも織り交ぜていましたが、かなり佐藤選手(中央大#16)に3Pをやられていた印象があります。
「だいぶやられましたね…。一応14番の渡邉君の方をマークしていたんですけど、逆に佐藤君にやられましたね」

―去年は熊谷選手と合瀬選手(#6)のふたりが中心でしたが、今年は他の同級生の活躍もありましたね。
「自分たちふたりのコンビネーションを活かしつつ、他の3選手のところで頑張りたかったんですけど、ちょっと僕自身もシュートが入らなくて、合瀬も上手くリズムに乗れませんでしたね」

―それでも石井選手(#16)や那谷選手(#31)は要所でシュートを決めていましたね。
「そうですね。それが去年と違うところで、関東に比べたら小さいですけど今年はインサイドをやろうとやってきました。基本は外重視だけど、インサイドにもボールを入れてリズム良くオフェンスを作ろうと。今年はそういうところをずっと徹底して練習してきました」

―4年生としてのイニシアチブの部分は、一年を通じてどうでしたか。
「うーん…『ラストだから頑張ろう!』というのはあったんですけど…。逆にそれが、プレッシャーというか、気負い過ぎて自分たちの納得いくバスケットができなくて。後輩たちには申し訳ないです」

―中央大自体が3年生以下中心だっただけに、4年生中心の自分たちが頑張ろうという思いもあったと思います。
「そうですね、どうしても勝ちたかったです。存在感を示したかったです」

―今日は合瀬選手とのコンビで一本アリウープを決めたあたりは、おふたりの絆が見えました。
「アイコンタクトして『ちょっと投げてくれや』みたいな感じで投げてもらったんです。それは去年から確立されていたプレイです」

―最初の質問とも重なりますが、最後のインカレの舞台はどうでしたか。
「悔しいの一言です。個人的にも調子が悪くて何も出来なくて。その調子が悪い時にどうするのか、というのは個人的な課題です。一応卒業してもバスケットは続けるので」

―これで大学バスケットは終わりですか。
「いや、一応近畿総合で勝ってオールジャパンがあります。最後は楽しくやりたいですかね。この試合で良くなかった部分、特にリバウンドをやり直して、もう一度ディフェンスを強化させて。オフェンスは自分たちのリズムでパス回しを上手くして、打てる時はシュートを打つ部分を修正してラストのオールジャパンでJBLに挑戦できたらな、と思います」


「力を出し切れなかったことが悔しい」
関西王者のエースが背負った気負い

◆#6合瀬教成(京都産業大・4年・SG)
111127ouse2.jpg3P5本を含むチームハイの25得点。高い跳躍力でダンクまで狙う姿勢を見せ会場を沸かせたが、本人は「空回りしてしまった」と自身のプレーを敗因に挙げる。
だがそれでも、合瀬のここ2年間のインカレでの活躍は高く評価したい。高校までは全国経験のほぼない無名の選手だったが、シックスマンとして出番を得た昨年のインカレは得点ランキングで2位につけ、関東の選手相手にも全く引けを取らない得点力を遺憾なく発揮。今年はスターターに定着し、チームの得点源として大きな役割を担った。中央大も関東の厳しい世界を戦い抜いてきた実力あるチームだが、満を持して関西1位でこのインカレに臨んだ京都産業大にとっては、無念の一回戦敗退となった。しかし京都産業大は、近畿地区代表としてオールジャパンが残されている。最後に実力を出しきって思いきりぶつかって欲しい。


―今の心境はいかがですか?
「今年はチームに4回生が多いし、最後の年ということで去年の成績を超えようと意気込んでたんですけど…その気持ちが空回りしてしまったかなと思います。4年生が不甲斐なくて負けてしまって、応援してくれた人もいっぱいいたのに申し訳ない気持ちでいっぱいですね」

―中央大も、小さくて走るチームという点で京都産業大と同じタイプですね。
「そうですね。似たタイプだし、ガチンコで負ける気はしていませんでした。でも自分がやらなきゃって思いが僕もキャプテンの熊(#1熊谷)も多分強すぎて、自分たちで要所要所でミスしてしまって、そのまま相手に流れを持って行かれてしまいました。相手がやっていることを自分たちがやらなきゃいけなかったんですけどね。そこは相手の方が一枚上手でした。完敗ですね」

―合瀬選手は要所で3Pもよく決まっていましたが。
「いや、あんなのたまたまです(苦笑)。決めなくちゃいけない場面がいっぱいあった中で、イージーシュートもいっぱい落としてしまいました。僕が得点を取らなきゃいけないところで決められなかったのが、流れに乗れなかった要因だと思います。自分が早いタイミングでシュートを打って外したのが、結構相手のブレイクにつなげられてしまいましたし。そこは気をつけなきゃいけないところだったのに修正できなかったのが良くなかったですね」

―去年は失礼ながら合瀬選手と熊谷選手のチームという印象を受けたんですが、今年はインサイド陣の活躍も目立ちましたね。
「いや、自分は去年はたまたまって感じですけど(苦笑)。インサイド陣は本当に頼もしい存在になったと思います。プレーのスタイル的に、まわりがいてくれるから自分は好き勝手にやれていたので。インサイド陣は体を張って、自分や熊を助けてくれるような役割を果たしてくれました。本当に頼りにしてましたね。『ありがとう』って言いたいです」

―昨年のインカレでは地方勢で唯一ベスト8入りを果たしました。あの時のメンバーがほぼ残った中で臨んだ今年のインカレということで、心境も昨年とは違かったと思いますが。
「去年は関東と戦わずにベスト8に入って、結局順位決定戦でも関東のチームには勝てませんでした。周りから見ても多分トーナメントのクジ運だと思われていただろうし、自分たちでも少しそう思う部分もあって。でもあのインカレで、確実に『やれるんだ』という自信はついたんですよね。それで今年は関東の大学を一角ずつ崩していこう、それで青学にぶつかろうと思ってたんですけど…。周りからの期待も大きかった分、ちょっと気負ってしまったかなと思います。自分は特に、いつもこういう大きな大会で気負ってしまうんですよね。逆に気を抜いて行こうかなと思ってたんですけど、だめでしたね」

―今年はチームとして久しぶりの関西1位となりましたが、インカレ前はどのような感じでしたか?
「大学に入って初めて、今年は関西で勝つことが当たり前くらいの勢いだったんですよ。去年や一昨年はとりあえず関西制覇が目標だったんですが、今年は関西で勝って関東に挑むことがシーズンの最初からみんな頭にあって。本当にこのインカレに向けて、今シーズンは始まったんです。だからこそこうやって力を出し切れなかったことが悔しいですね。関西で優勝できたことももちろん大きかったですけど、ここで負けてしまったら全部意味ないかなくらいの気持ちです」

―今の4年生は去年から主力となってチームを引っ張ってきたわけですが、苦労はありませんでしたか?
「自分たちがチームの中心となってやっていく中で、自分はそんなにみんなを引っ張れるタイプじゃないんですよ。キャラ的にというか性格的にというか…(苦笑)。コーチからも『引っ張っていってくれ』って期待はされていたんですけど、あまりそれには応えられなかったかなと思います。もちろん引っ張りたい気持ちはあったんですよ?あったんですけど、練習で10やってくれと要求されても、多分4くらいしかやってるように思われなかったかなと。自分でも分かってるんですけどね。そこはすみませんでしたという感じです(苦笑)」

―ではそういう引っ張る役割は熊谷選手が?
「あいつは10要求されたら、15…いや150やる男です! そこはあいつと自分でプラマイ0かなと(笑)。熊にもよく怒られるんです、『ちゃんとしろ』って。あいつがチームを引っ張ってくれましたね」

―京都産業大での4年間を振り返っていかがですか?
「1年生の時に少し試合に出させてもらいましたが、2年生の時は全然出られなくて。その時は、まさか自分が最後こんな感じで試合に出て終われるとは全く思っていませんでした。でも3年、4年と学年が進むにつれて主力として使われるようになって、最後に4年生でまとまってここまで来られたので、負けはしましたが良かったかなと思います。4年間、仲間たちとここまで来れたのは楽しかったです」

―4年間で得たものや学んだものはありますか?
「最初は気を遣ってやってきた部分もあったんですが、段々お互い何でも言い合えるようになりました。そういう風に今後につながるようなことも色々学べた4年間だったと思います。プレースタイルも、今後は変えていかなきゃいけないかも知れませんが、4年間気ままにやらせてもらえたし、楽しかったですね」

―今の4年生が抜けるチームで来年以降戦っていく後輩たち向けて。
「苦しみながらも頑張ってくれと言いたいですね。やっぱりそう簡単にはいかないと思いますし。僕らの代に1年生から試合に出ている人が多かった分、4年生が抜けて3年生以下が大変なのは僕らよりも3年生以下が重々承知して、きっと危機感持っていると思うので。苦しい事はいっぱいあるだろうけど、少しでも僕らの事を見て何か感じ取ってくれてたらそれを力にして頑張って欲しいなと思います。応援してます」

―近畿代表という枠でオールジャパンには出場されますが、どのように戦っていきたいですか?
「個人的には、もう少し楽しもうかなと思います。ここ(インカレ)を目指してやっていく中で、楽しくやる部分が少なかったですし。去年はもっと全国大会を楽しみながらやってたと思うんですよね。今回こうして負けてしまったので、最後は楽しく終わろうと思います。それをチームメイトにも伝えていきたいです」


111123niitono.jpg
入戸野の復活で早い展開では優位に立った中央大。


111123kc.jpg
シュートに行く#14岩田。#24塩谷と#91宮澤がこれを阻む。


111123KYOSAN.jpg
皆を集める京産大の主将・熊谷。


111123naya.jpg
那谷は12点。京産大は25得点の合瀬を筆頭にバランスよく得点。


111123ouse.jpg
ダンクに行く合瀬。身長180ながら見事な跳躍力を見せた。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2011インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |