2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2011.11.09 (Wed)

【2011リーグ】11/9 入れ替え戦 明治大VS中央大 第3戦

【最後まで競り合うも明治大が逃げきり1部残留】
111109ono.jpg 運命の1部入れ替え第3戦、中央大はこの日リーグ戦ではシックスマンだった#11入戸野(3年・G)がスタメン復帰。最初からテンポの良いゲームメイクで中央大らしさを発揮する。一方の明治大も序盤から積極的なオフェンスを見せた。しかし1Qは#16佐藤将斗(3年・G)や#14渡邉(3年・SG)の3Pが入った中央大がややリードを奪う。2Qは序盤には24秒ギリギリの3Pブザービーターやスローインを再三カットするなど中央大が粘りのバスケットを続け、明治大を引き離す。ファウルとターンオーバーが続いた明治大は3分半も無得点の時間が続き、中央大が一時16点ものリードを奪う展開となった。しかし、明治大はディフェンスでは中央大エースの一人#20小野(3年・F)を思うようにペイントに攻めこませず、許される範囲の得点に抑え、小野自身もこの日はアウトサイドが不調。明治大は#6佐藤卓哉(4年・PG)と#16安藤(1年・G・明成)の3Pが終盤に続き、31-38と7点差に詰めて前半を終了した。

 3Qは明治大がアウトサイドで流れを作った。4本の3Pとバスケットカウント、スティールなどで終盤には逆転に成功。中央大はファウルが続き、外も落ち始めて苦しくなった。それでも4Qは中央大も粘り、明治大がわずかにリードしながらゲームは進行するが、勝負は最後まで分からない状態となった。残り2分、明治大は#1岸本(4年・G)が3Pを沈め69-65と4点のアドバンテージ。しかしそこから決定打が出ないまま中央大が残り20秒に#11入戸野のシュートで69-67と2点差に迫ると、ファウルゲームに入った。残り7.8秒、#14渡邉(3年・SG)の3Pで71-70の1点差にした中央大。次に明治大は#17田村(4年・SG)のフリースローが1投しか決まらず72-70の2点リードとなる。残り7.3秒、中央大は最後のオフェンスで#11入戸野がゴール下に切れ込むが、最後の選択肢は3Pライン付近にいた#5谷口へのパス。しかし谷口は3Pを打てず、中へ切れ込むがこれも打ちきることができずにタイムアップ。明治大が72-70で逃げきり、1部残留を決めた。

111109meiji.jpg 明治大は1戦目こそリーグ戦中の悪い部分が見えて消極的だったが、2戦目、3戦目は#6佐藤卓哉のシュートにつられるように思い切りのいいプレーが出た。今期は将来性のあるルーキーも多く、1部に残留したことで来期にも大きくつながる。

 一方の中央大は悔しい敗戦。2005年の入替戦で昇格を決めた青山学院大、東海大も2部から1部へ上がる時は2年を要した。1部復帰が1年で成った例は近年では2008年の慶應大くらいで、そう簡単なことではない。中央大もあとわずかだが、届かなかった。コーチも代わり変化の中にあるが、それでも3年生たちは自分たちの力でチームをレベルアップさせてきた。トランジションや連携、アウトサイドなど、昨年より良くなっているが、得点が止まる時間帯と高さがない分はどうしても苦戦を強いられる。弱い部分をどう補うか、それは今後も課題だろう。来期のチャレンジを待ちたい。

写真上:固いディフェンスに阻まれた中央大・小野。しかしその中でも難しいショットを決めた。トレーニングでフィジカルも強くなり、こうしたプレーでも力強さが出てきた。
写真下:勝利に抱きあう明治大。ホッとした表情を見せていた。

※明治大・佐藤卓哉選手、田村選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】

「意地を見せてやろうと思ってプレーしていた」
プライドを懸け掴んだ1部残留

◆#6佐藤卓哉(明治大・4年・PG・主将)
111109sato.jpg第3戦は3P4本を含む21得点。22得点でチームハイの田村と並んで、4年生としてしっかりと仕事を果たした。この佐藤を筆頭に勝負所でたたみかけるように決まったアウトサイドが中央大反撃の芽を摘んだ。リーグ戦を通し、プレーだけでなく声や気持ちで下級生を引っ張るキャプテンシーも発揮している。負けは込んだが各々成長が見えた明治大の躍進に、この佐藤の存在は欠かせなかった。「出し尽くしたい」と本人も言うように、残りのシーズンも悔いなく戦ってほしい。


―タイムアップの時の心境はいかがでしたか?
「ものすごく嬉しかったですね。でも今は中央のことも考えてて。勝負の世界だから仕方ないと言ってしまえばそうなんですけど、中央には小野(#20)とか高校の後輩もいるし、今の3年生は来年1部でできないんだって思うと、複雑な気持ちもありますね」

―お互いの勝ちたいという気持ちが見ているこちらにも伝わってくる試合でした。
「そうですね。プレーしながら、特に中央の3年生の“1部に上がりたい”って気持ちはすごく感じてたので、それに屈せずこっちも“1部に残ってやる”って強い気持ちで戦ってました。やってて本当にお互いの気持ちがぶつかり合ってる気がしましたね」

―勝負所での佐藤選手の3Pが勝負の鍵になったと思いますが。
「本当に入って良かったです。ホッとしました。意地を見せてやろうと思ってプレーしてたので、それが上手くいったのかなと思います」

―1戦目の敗戦から2戦目・3戦目と上手く立て直しましたね。
「1戦目は少し受け身に回ってしまったというか、勝ちたいという気持ちが中央に負けてたなと感じました。運動量も少なかった。別に手を抜いてる訳じゃないんですが、みんな気持ちのどこかに“明日も試合あるし”って考えがあって、省エネしてしまったのかなって今振り返れば思いますね。それでやっぱり2戦目はもう後がなくなって、次の試合のこととか考えられないし、みんなこの試合に全部出し切るくらいの気持ちでやってました。そういう気持ちの変化でプレーも大きく変わったのかなと思います」

―リーグ戦を通して1年生もすごく成長しましたね。
「そうですね。1年生がいきなりすぐ大学で活躍するのは厳しいところがあるので、自分たちがフォローしなきゃいけないと思ってたんですけど最初はそれが上手くいかなくて。でも18試合を通して1年生も成長してくれたと思うし、試合を積んで結構噛み合う様にもなりました。負けが続きましたけど、1年生がこんなに試合に出てるのは明治だけだし、その経験をインカレとか来年とかに繋げて欲しいですね」

―リーグの最終週も早稲田大・筑波大に2連勝して、チームの調子も上向きだったと思いますが。
「みんな思いっきりやってましたね。入れ替え戦に行くことも決まってましたし、開き直って思い切りよくプレーし始めたのが結果に出たんだと思います。あとはやっぱり、上級生が意地を見せたことが大きいかなと。1巡目より3・4年で試合に出る時間帯も作れるようになって、特に早稲田戦は上級生が出て逆転したことが大きかったです。多分それを見て1年生も、このままじゃ駄目だと思って翌日の筑波戦に繋げてくれたんだと思うし。そういう風に良い感じで循環してくれたのが良かったですね」

―良いルーキーが入ってきたことで、チーム内で切磋琢磨出来ているんですね。
「そうですね。みんな刺激を受けて、周りに負けられないと思ってやっていると思います。だからこそ成長できたのかなと思いますね」

―これでリーグ戦も終わりました。全体を振り返っていかがでしたか?
「始まる前は、正直もうちょっと勝てるかなと心のどこかで思ってたんです(苦笑)。今年強くないのは自分たちでも分かってたんですけど、もう少し、入れ替え戦に行くか行かないかギリギリのラインかなと実際思ってて。そんなに甘くなかったですね。本当に厳しいリーグ戦でした。ここまで下の方にくるとは思ってなかったので、自分の中で“あれ?”みたいな気持ちもありましたけど…でも2部に落ちなかったので、結果オーライかなと思います(笑)」

―ではインカレに向けての意気込みを。
「自分は4年で残された時間もそんなにないですし、悔いだけは残したくないですね。今年は順位決定戦もないし、その前に一回戦や二回戦の東海に負けたらその時点で終わりなので、本当に出し尽くしたいです。タム(#17田村)とか行央(#1岸本)とか、4年生は4年間ずっと一緒にやってきた仲間なので、最後までみんなとできるだけ長くバスケットがしたいですね」


「気持ちが全面に出た試合だった」
攻守に渡ってチームを牽引

◆#17田村 晋(明治大・4年・SG)
111109tamura.jpgオールラウンドなプレーが持ち味の田村。第2戦ではファウルトラブルに見舞われたが、第3戦ではしっかりと修正し勝利を大きく引き寄せる活躍だった。相手チームのエースを封じるディフェンス力だけでなく、今季はチームの得点源としてオフェンス力も求められ、負担も決して小さくなかっただろう。それでも求められた役目をしっかりと果たし、頼もしさを増している。1部残留という結果を残し、残るはインカレ。若いチームをどこまで引っ張れるか。


―1部残留おめでとうございます。振り返っていかがですか?
「本当にホッとしました。自分たちが先手を取ろうと思ってたんですけど、最初相手の勢いにやられてしまって。我慢して我慢して、最後に逆転できて勝てたのは良かったです」

―点差を離された時もありましたが、気持ちを切らさず食らい付きましたね。
「そうですね。“まだ、まだ”っていう思いがあったし、最後まで諦めたくなかったので。時間もあるから1本1本しっかりじっくりと決めていこうとやっていって、本当に我慢の試合でしたね」

―田村選手は今日#20小野選手のところをよく止めていましたね。昨日よりファウルも少なかったですし。
「昨日は焦りましたね(苦笑)。監督とかコーチからもお前のファウルより相手に2点取られる方がいいって言われてたので、そこは頑張りました」

―塚本監督が、『1Qは1年生もひるんでいたけど、4年生が鼓舞させていくうちに最後は全員が一つになった』と仰っていましたが。
「とりあえず声を出すことはずっと意識していましたね。4Qでコートに僕と卓哉(#6佐藤)と1年生3人ってなったんですけど、卓哉と『1年生は訳が分からなくなるかもしれないから、自分たち2人でしっかり声出して引っ張ろう』って言ってました。それが良かったなと思います」

―田村選手や佐藤選手といった4年生の活躍が勝負の鍵になりましたね。勝ちたいという気持ちがすごく伝わってきました。
「自分たちは今年最後で来年はいないですけど、後輩たちに引き続き1部でやらせてあげたいと思ってました。それに一昨年の入れ替え戦で先輩方に1部に上げてもらったのを、自分たちの代で落とすのは絶対に嫌で。このまま2部に落ちて終わったら自分たちも悔いが残ると思ったし、本当に自分たちの気持ちが全面に出た試合だったんじゃないかなと思います」

―中央大も1部に上がりたいという強い気持ちで向かってきて、勝負の差は本当に些細な部分だったと思いますが。
「やっぱりそれが、1部と2部の違いなのかなと思います。今年1部で経験してきたことをしっかり活かせて良かったです。リーグ戦は、いつも自爆というか自分たちのミスでズルズル負けてしまうパターンが多かったんですけど、リーグの最後の方は我慢して我慢して戦えるようになってきました。下級生主体で大変だったんですけど、最後の方は本当に一つにまとまってきたし、本当に終盤はチームも良い感じでしたね」

―#51皆川選手もリーグ戦の序盤よりすごく積極的になりましたね。
「そうですね。やっぱり最初は大学入って何も分からない状態だったと思うし、春も怪我で出てないですからね。塚さん(監督)や僕らから色々言われる度に、少しずつ自分で変わっていってくれたんじゃないかなと思います」

―入れ替え戦が終わっても、すぐにインカレがありますね。
「リーグ戦を良い形で終えられたのに、入れ替え戦の第1戦では戻ってしまって上手く繋げられなかった部分がありました。だからそうならないように、この入れ替え戦の勢いをそのままインカレに繋げていきたいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2011リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |