2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2011.11.08 (Tue)

【2011リーグ】11/8入れ替え戦レポート(2日目)

日本体育大が2008年以来の1部復帰を決定
法政大、専修大は残留を決め3試合が3戦目へ


 初戦の硬さは消え、2戦目には互いのチームが本来のプレーを発揮した。先勝したチームが圧倒的に有利とされる入替戦、専修大、日本体育大、法政大は2戦目をものにし、残留・昇格を決めた。そして意地を見せ、3戦目につないだチームは振り出しに戻り、最終戦に進む。


【じわじわ引き離した東洋大が東京成徳大に借りを返す】
111108toyo.jpg 第1戦では終盤に逆転負けを喫した東洋大だが、この試合は我慢してリードを徐々に広げ、東京成徳大から勝負を第3戦に持ち越す大事な一勝を挙げた。

 開始直後から東洋大は#4金賢(4年・C)がインサイドで粘り、フリースローを次々奪って主導権を握る。だが東京成徳大も徐々に固さが取れ、#32高橋(3年・F)、#16西田(4年・PG)が2本ずつ3Pを決めて18-18と1Q残り2分には追いついた。それでも東洋大が#41前田(3年・F)の活躍もあってややリードし、その後も点差を守り続ける。だが東洋大は2Q終盤得点が止まり、逆に東京成徳大が6点ビハインドの場面から一気に2点リードして後半へ。

 3Q、序盤で東洋大が逆転するも、東京成徳大は#51ビャンバナラン(3年・C)がインサイドで奮起。#77田中(4年・)が止血の為一旦下がって悪い流れになりそうなところを、#51ビャンバナラン、#16西田が良く決め勢いを切らさなかった。だが3Q後半に東京成徳大はファウルやいらないミスが増え、その間東洋大#7筑波(1年・SF・松商学園)が攻め気を見せて再びリード。残り1分を切って#4金賢がオフェンスリバウンドから連続得点に成功し、東洋大が一歩抜け出して55-61で4Qに入る。すると4Q、東洋大は#32池田(4年・G)の3Pなど要所で得点して東京成徳大に逆転を許さなかった。お互いのインサイドの要、東洋大#4金賢と東京成徳大#51ビャンバナランも火花を散らすが、両者フリースローを決めきれず点差が動かない。東洋大は終盤#7筑波、#6村上(1年・PG・西武文理)が度胸満点の大事なシュートを決め、残り1分半で9点のリードを奪った。その後も東洋大が点差を保ち、71-81で試合終了。勝敗をタイに戻し、勝負は分からなくなった。

 東洋大は第1戦から上手く修正し、我慢するべき時間帯で我慢して逃げきった。序盤から#4金賢ら強みのインサイドを積極的に攻められたことも大きい。2戦とも勝敗の差は些細な部分だっただけに、第3戦ではどちらが主導権を握るか注目だ。

写真:勝敗をタイに戻し、喜ぶ東洋大。


【持ち味を出し勢いづいた江戸川大が関東学院大を下す】
111108kumekawa.jpg 関東学院大江戸川大の第2戦は、積極的にシュートを打ち続けて自分たちのスタイルを貫いた江戸川大が流れを掴み、80-96で関東学院大相手に快勝。昇格への望みを第3戦に繋げた。

 立ち上がりから江戸川大が思い切りの良いシュートで流れに乗るも、関東学院大も#51細谷(4年・)の速攻で互角の戦いを演じ1Qは19-20。だが続く2Q、江戸川大は激しい守りからブレイクを出し、同時に#1粂川(3年・G)らのアウトサイドシュートも決まりだして開始3分で23-33と点差を二桁にした。その後も快調に得点を重ね、江戸川大はこのQ怒涛の35得点。10点前後の点差をキープし、41-55で試合を折り返すと、3Qは互いに決定力を欠き、点差ほぼそのままに57-70で4Qに入った。

 リードを奪い、4Qでも引き続き優位に立つ江戸川大。受け身に回ることなく前からプレッシャーを掛け、#71黒澤(4年・G)らのシュートで勢いを切らさなかった。関東学院大も要所で#32前田(4年・SF)、#28河野(4年・PG)が決めるが、そのまま10点前後の差を縮められず。最後に#34ティモニン・ユーリー(4年・C)のバスケットカウント獲得もあり、江戸川大は良い締め方をして明日の大事な一戦に繋げた。

 “どれだけ自分たちのバスケットを出来るか”、それが勝敗の鍵を握るという事を象徴した試合だった。シューターの多い江戸川大は、早い展開からシュートを打ち続けて勢いに乗るスタイルを徹底。5人が二ケタ得点と、持ち味を十分に発揮して関東学院大に流れを引き渡さなかった。一方の関東学院大はアウトサイド中心の江戸川大を上手く守り切ることが出来なかったと言える。第3戦で全てが決まることとなった。

写真:ベンチスタートできっちりシュートを決めた江戸川大・粂川。福留や臼井ら、アウトサイドの思い切りの良さが目立った。


【4Qでシュートが当たった明治大が勝敗をタイに戻す】
111108sato.jpg 1戦目に敗れた明治大が2戦目は意地を見せた。1戦目はどこか引いた印象だった明治大だが、2戦目は激しいディフェンスで中央大に思うようにシュートを打たせない。中央大は#20小野(3年・F)が2ファウルで下がる場面もあり、#31流田(1年・G・東山)や#16佐藤将斗(3年・G)の3Pもあって食い下がるが1Qは26-17の明治大リード。2Q半ば、ゲームが動き出す。明治大は#17田村(4年・SG)がファウルトラブル、中央大も#22山田(2年・PF)が3ファウルと苦しくなる。しかし#20小野の3Pや、スティールからの速攻という中央大らしい早い展開が連続し、一気に差を詰めると最後は#16佐藤将斗のスティールから#11入戸野(3年・G)のシュートにつなげ、10点前後あった差を中央大が37-38と逆転して前半を終えた。

 3Qも前半は中央大のペース。#20小野のドライブに3P、そしてここまでなかなかシュートを打たせてもらえていなかった#14渡邉(3年・SG)の3Pでリードを広げる。しかしタイムアウトで修正した明治大は、#6佐藤卓哉(4年・PG)の3P、#17田村の得点で盛り返し、50-54と4点差にして4Qへ入ると、#6佐藤卓哉が序盤に3本の3Pを沈め、開始3分で中央大を抜き去る。さらには#51皆川(1年・C・京北)がバスケットカウントを獲得し、波に乗った。中央大はアウトサイドが入らなくなり、リバウンドで負けてターンオーバーが続く形となり、追い込まれた。終盤にかけて#14渡邉の3P、3Pのフリースローなどを得て一時9点にまで開いた差を3点まで詰めるものの、明治大は#6佐藤卓哉が残り1分半でダメ押しの3P。ここから中央大は残り僅かな時間、必死のディフェンスを展開。ファウルゲームで最後まで粘るが、79-71で試合終了。明治大が最終戦に望みをつないだ。

 明治大、#6佐藤卓哉は6本の3Pのうち、4Qで4本を沈める活躍。まさにチームを救った格好だ。2戦目は#51皆川や#12中東(1年・SF・光泉)らも1戦目より動きも良く、思い切りのいいプレーを見せた。中央大は、ここまで一緒にやってきた3年生たちの息のあった見事な連携プレーで会場をわかせたが、サイズのある明治大に対してアウトサイドが落ちた時間帯に苦しさものぞかせた。勝負の3戦目、どちらが自分たちの持ち味を出せるか、注目必至となる。

写真:4Q、佐藤のシュートが明治大に希望をもたらした。

※法政大vs玉川大、慶應義塾大vs日本体育大、専修大vs白鴎大は別途掲載します。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2011リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |