2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2011.10.30 (Sun)

【2011リーグ2部】10/30 日本体育大VS順天堂大 第2戦

【快勝で日本体育大が2部リーグ優勝
順天堂大も笑顔で今シーズンを終える】


111030kumagae.jpg 日本体育大にとっては勝てば1位通過が決まる対戦であり、前日3部入れ替え戦回避を決めていた順天堂大にとっては今シーズンのラストゲーム。結果は105-65で日本体育大が大勝し2部優勝の歓喜に沸いたが、順天堂大の選手たちも4年生3人を含め全員が晴れ晴れとした表情でコートを後にした。

 順天堂大は、リーグ序盤はスタメンだったものの怪我から長い間出場できなかった#5大竹(4年・G)が復帰。試合開始直後に日本体育大#16横山(3年・F)に先制点を許すが、この#5大竹が3Pで返し、久しぶりの試合とは思えない活躍を見せた。その後も#7飯田(3年・F)が好調で順天堂大がややリードを奪う。だがここから日本体育大は#11北川(2年・F)、#23横江(4年・G)が3Pやドライブで奮闘し、逆転から一気に順天堂大を置き去りにした。#11北川は1Qだけで4本の3Pを含む16得点を稼ぎ、32-19と日本体育大がハイスコアを上げて2Qに入る。続く2Qでも主導権を握り、#21熊谷(3年・F)の豪快なダンクシュートや、#23横江の速攻もあって徐々に差を広げた。対する順天堂大は#10趙明(4年・C)がゴール下で奮起するも決めきれずに得点が伸び悩んだ。結局このQ10点に終わって前半だけで59-29と30点差がつくと、その差を日本体育大が後半も保ち続けた。
 
111030juntendo.jpg 4Q、日本体育大は4年生の#35村瀬(4年・C)がコートに入り、バスケットカウント獲得などでチームを大いに盛り上げる。一方の順天堂大も#10趙明が失敗はしたがダンクに向かう姿勢を見せ、#4近藤(4年・F)もオフェンスリバウンドに奮闘してフリースローを得るなど最後の意地を見せた。そのままタイムアップのブザーが鳴ると、両チームともに笑顔がこぼれる。ハイタッチを交わし合い、お互い健闘を称え合って試合を終えた。
 
 下との入れ替え戦が危うい位置にいた順天堂大だが、昨日の駒澤大戦で見事に回避を確定し「最後に気持ちよく終われた」(#4近藤)今年のリーグ。今の2年生から4年生にとって、入れ替え戦や順位決定戦(※2009年は入れ替え戦がなく順位決定戦)に進まずにリーグ戦を終えるのは初めてのことだ。チームとしても苦しい時期はあったが、最後一つになれたことには全員が満足気。これで大黒柱#10趙明を始め4年生は抜けるが、3年生以下も能力は高い。来シーズンもチームで団結し、さらに上を目指すことを期待したい。

 一方日本体育大はこれで1位で1部との入れ替え戦に進む。リーグ終盤は揺らぐ試合もあったが、最終週は白鴎大戦、そしてこの順天堂大戦では本来の強さを取り戻し、良い時の状態を保っている。悲願の1部昇格へ、選手たちは強い気持ちを持って戦っている。入れ替え戦でも、その実力を遺憾なく発揮してほしい。

日本体育大:14勝4敗
順天堂大:8勝10敗

写真上:日本体育大・熊谷はほぼ毎試合ダンクを決めている。この日も両手で豪快にリングを揺らした。
写真下:試合終了後の順天堂大の選手達。さっぱりとした表情だった。


※日本体育大・横江選手、順天堂大・近藤選手、大竹選手、趙明選手のコメントは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【COMMENT】
「試合以外のところで他の4年生にはすごく助けられた」
仲間に感謝し、一層自覚した自分の役目

◆#23横江 豊(日本体育大・4年・G・主将)
111030yokoe.jpg混戦の2部で一歩抜け出し、見事優勝を果たした日本体育大。主将の横江も昨年から20本アシスト数を増やし、堂々のアシスト王に輝いた。個人としてもチームとしても、4年目にして納得のいくリーグ戦だったのではないだろうか。最終戦では、大差でリードを奪い終盤にはベンチメンバーも出場。4年生の活躍にはチームが沸いたが、横江も普段チームを裏で支える4年生には感謝の意を表し、試合に出る選手として責任を果たすことを決意した。次はいよいよ入れ替え戦。名門校の伝統を背負いながら2部降格となり、昇格のチャンスを得るまでの道のりは長かった。悲願の1部昇格の為に、全員強い気持ちで戦ってもらいたい。


「無事1位通過で入れ替え戦に行けるので嬉しいです。リーグ戦を振り返ると、良い時もあれば悪い時もありました。でもどういう時に良くてどういう時に悪いかというのがよく分かったのは収穫だったと思います。試合で良い流れをどう作るかというのはやっぱりガードの仕事だと思うので、そこは頑張りたいですね。チームの調子的には、最近相手に合わせてしまう試合も結構ありましたが、昨日の白鴎戦からは良くなってきたかなと思います。それは一人ひとりの気持ちが高まってきたこともあるし、あとは他の4年生が色々働きかけてくれたことが大きいですね。みんなチームの事を考えて練習でも頑張ってくれたし、練習外でも下級生に声を掛けてくれたので、試合以外のところで他の4年生にはすごく助けられました。その分コート内では自分が責任を果たしてゲームをコントロールしたいと思います。入れ替え戦は短期決戦だし、どれだけ一戦一戦集中していけるかだと思います。全力でいくだけですね。気持ちも含めて、全部相手を上回って勝ちたいです」


「最後に一つになって気持ちよく終われた」
入れ替え戦もなく、安堵した今リーグ

◆#4近藤宏哉(順天堂大・4年・F)
111030kondo.jpg今期、順天堂大の主将を務めたのがこの近藤。スタートのメンバーをベンチから支え、コートに出れば泥臭くプレーする背中をチームメイトに見せた。
昨年のキャプテン八木(10年度卒)は、最終日に「チームをうまくまとめられなかった」と後悔を口にした。そのあとの入れ替え戦でようやく噛み合った姿を見せてくれたが、リーグ戦の途中はチームがバラバラだったと他の選手たちも振り返った。だが今シーズン、最後の試合を終えた近藤の口から出たのは、“チームが一つになれた”という達成感。今まで4年間苦しい時期をチームで乗り越え、今期も様々なぶつかり合いもあったがめげずに主将としてチームを引っ張り続けた結果だろう。チーム一丸となれたからこそ、4年生は清々しい表情で引退の時を迎えられたと言える。上位争いには絡めなかった。しかし順天堂大が得たものは、数字では測れないのかもしれない。


「自分が入学して4年目でようやく下との入れ替え戦を回避出来たことは、今までの年と大きく違うところだしすごく嬉しいです。今年キャプテンとしてチームを上手くまとめられたかは分かりませんが、4年生が少ない中で趙明・大竹が本当に頑張ってくれて、最後に一つになって気持ちよく終われたことが何よりも良かったですね。それに下級生、特に3年生が色々4年生を支えてくれた部分が本当にあって、だからこそ自分たちも今こうやって安心して引退出来るのかなと思います。後輩たちは今年試合に絡む選手が多くて、個人個人の能力も高いしバスケットの知識もあるので、来年もチームでしっかりまとまって頑張っていって欲しいですね。今年2部で今まで以上の結果が残せたので、来年はほんとにインカレや上の入れ替え戦に行って欲しいです。自分はそんなに試合に出て活躍する選手ではありませんでしたが、試合に出る出ない関係なく普段の練習からとにかく一生懸命やって、チームの為に自分の役割を果たそうと思ってやってきました。そういう一生懸命頑張る姿勢とかを、後輩たちに残せてたらいいなと思いますね」


「苦労した時期も含めて振り返れば良い4年間を過ごせた」
がむしゃらに努力し下から這い上がった意地

◆#5大竹朋也(順天堂大・4年・G)
111030otake.jpg4年目はスタメンとして出番を得てリーグ戦に臨んだ大竹。だが早い時期に怪我で離脱し、コートに立った時間はそう長くなかった。それでも自身は納得して引退を迎える。なぜなら自分のことよりも、チームが一つにまとまることを第一に考えてきたからだ。久しぶりにコートに立って試合を終えた大竹の顔に、後悔の色は見えなかった。BチームにいてもAチームでプレータイムが伸びなくても、腐らず4年間努力を重ねてきたことは、自身にとっても大きな誇りになったはずだ。また今年は大竹がベンチや応援席から見守る立場だった分、ガードの1年生も経験を積んだ。裏で支えた大竹の頑張りに、きっと来年以降後輩たちが応えてくれるだろう。


「自分は怪我もあったんですけど、1年生の小薗井(#18)がすごく頑張ってくれたので安心して見ていられました。小薗井、千葉(#20)もいるし山下(#8)もいるので、来年も大丈夫だろうと思います。4年間を振り返ると、2年生からAチームに入って新人戦で少し結果を残せて、でもそこから自分は上手く試合に絡むことができなくて苦労した時期もありました。でも4年生になって最上級生として自分たちがチームを動かさなきゃいけなくなった時に、趙明も近藤もいたからすごく心強くて、最後にチーム全体がまとまってこういう形で引退することが出来て良かったです。苦労した時期も含めて、振り返ればいい4年間を過ごせたかなと思いますね。順天堂は、絶対的エースって選手はいないかもしれませんが、一つにまとまって戦えば本当に強い力を発揮できるチームだと思います。だから来年も、トーナメント、リーグ戦とチームを一つにして戦っていって欲しいですね。自分ははじめAチームにいなかった人間なので、頭のいいバスケットが出来なくても、がむしゃらに努力することで試合に少しでも絡むことが出来るんだということを見せれたかなと思います。だから後輩たちには、これから頑張ってもらいたいです」


「この夢は後輩たちに預ける」
後輩たちを信じ、悔いなく終えた4年間

◆#10趙 明(順天堂大・4年・C)
111030cho.jpg彼がゴール下にいるだけで、絶大な安心感があった。自分より大きい相手からもリバウンドをもぎ取り、強気に攻めてファウルを奪う。これまでチームの勝利に大きく貢献してきた選手だ。そして最上級生になった今年は、プレーだけでなくメンタル面での成長も著しかった。コートに立つ4年生が少ない中で、積極的にチームをまとめ、試合前や試合後のミーティングでもチームに喝を入れる。そんな4年目の変化を後輩たちも感じとり、ついて行ったからこそチームも上手く噛み合ったと言えるだろう。
最後のコメントで度々口にしたのが、後輩たちを「信じている」という言葉。4年間、インカレの舞台に立つことは叶わなかったが、信頼を置く後輩たちにそれを託し、趙明は思い残すことなくラストシーズンを終えた。


「4年間を通して色んな辛い事もあったけど、最後までみんなよく頑張って、今年は入れ替え戦もなく良い形で終われて嬉しいです。もう悔いも全く残してないし、安心して引退できます。3年生と自分は3年間ずっと一緒にやってきて、あいつらのプレーもよく分かってるし、能力もある。しかも今年いい1年生も入って、来年が今年よりレベルが下がるとは全然思いません。信じてるし、来年も頑張って欲しいですね。この4年間、自分はインカレに行きたかったけどそれは果たせなかった。この夢は後輩たちに預けるので、必ずインカレに行って欲しいです。自分は順天にリバウンドという役目を持って入学して、リバウンドを頑張る姿勢は残せたと思います。自分が抜けてリバウンドを取る人がいなくなったら駄目なので、泉(#13)とか昌志(#15小川)とかが頑張ってくれると信じてます。4年間バスケができて、本当に楽しかったです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:41  |  2011リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |