2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2011.10.30 (Sun)

【2011リーグ1部】最終結果

優勝  青山学院大学(2年連続9回目)
準優勝 東海大学
第3位 拓殖大学
第4位 大東文化大学
第5位 筑波大学
第6位 早稲田大学
第7位 日本大学
第8位 専修大学(2部3位・白鴎大学との入れ替え戦へ)
第9位 明治大学(2部2位・中央大学との入れ替え戦へ)
第10位 慶應義塾大学(2部1位・日本体育大学との入れ替え戦へ)

111030AOGAKU.jpg


【個人賞】
最優秀選手賞(MVP) 辻 直人(青山学院大学)
111030MVP.jpg


敢闘賞 満原優樹(東海大学)
111030KANTO.jpg


優秀選手賞
比江島 慎(青山学院大学)
永吉佑也(青山学院大学)
田中大貴(東海大学)
長谷川 智伸(拓殖大学)
遠藤祐亮(大東文化大学)
111030YUSYU.jpg
※写真右から


得点王 宇都直輝(専修大学)418点
111030TOKUTEN.jpg
「意識はそんなにしてなかったんですけど、去年取っている分今年は難しいと思っていました。途中ずっと上位にいたんですけど、難しかったです。そんなに取れない試合も多くて。一桁の試合もあったので。それに今年は去年より100点くらい少ないので、来年は500点台に乗せたいです。入れ替え戦とインカレはウエイトしてパワーアップして頑張ります」


3ポイント王 長谷川 智伸(拓殖大学)70本
111033P.jpg
「3Pについては確率を上げろと言われていたんですが、1年の時にシュートセレクションを考えろと言われたんです。そこから自分なりにセレクションを変えて、それで確率が上がったのはあると思います。今までは何も考えずに自分の感覚で打っていたんですが、ディフェンスを見ながらゲームの流れを見て打つようになって今のようになってきましたね。これからも安定して入れていきたいと思います」


リバウンド王 加納誠也(筑波大学)186本(OF62本/DE124本/TO186本)
111030RIBOUND.jpg
「(個人賞は)初めてです。正直すごく嬉しいのと、リバウンドって地味ですけどチームにとって欠かせないところじゃないですか。僕は派手なプレーが出来ないんで、こういう泥臭いところをやってチームに貢献出来ると思って一試合一試合頑張ってきた結果がこの受賞に繋がったのかなと思います。インカレはチームとしてワンステップ、ツーステップ上がっていかないと青学さん、東海さんにはまだまだ及ばないと思うので、もう一回自分たちのバスケットを見直して、チーム一丸となって頑張っていくことが大事かなと思います」


アシスト王 大塚勇人(早稲田大学)127本
111030ASSIST.jpg
「素直に嬉しいです。ただ、チームのみんなが決めてくれたから僕が受賞しただけなんで…。でも色んなことがあって取れたのでうれしいですね。最初は海斗に持っていかれるもんだと思っていたので、諦めてたんですけど、(ダブルオーバータイムの試合から)アシストが伸びはじめて、『行けるんじゃないかな』と、正直意識してやりはじめましたね。インカレは、オールジャパンもありますしまずはベスト8に入らないと。まずそこが目標で、あとは一つひとつ勝っていって、チャレンジャーとしてやっていきたいです」


MIP賞 狩野祐介(東海大学)
111030MIP.jpg
「初めてもらったので正直とてもうれしいですね。MIPはみんなが投票してくれたおかげでもらえる賞ですし、その応援に今後も応えなければいかないなと思います。自分は声を出したりそういう部分でしか頑張れませんが、そういう部分が伝わったからこそもらえた賞なのかなとも思います。今後も自分にできることをしっかりやって、頑張っていきたいと思います」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:35  |  2011リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |