2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2011.09.18 (Sun)

【2011リーグ2部】9/18レポート

白鴎大が中央大に逆転勝利
首位の日体大を白鴎大、神奈川大が追う


 2部は第3週を終え、ダンゴ状態で並んでいた順位にも少し変化があった。

 神奈川大、白鴎大がそれぞれ勝敗で並んでいた駒澤大、中央大を下し、1歩抜け出して2位をキープ。また日本体育大は関東学院大を下して1敗のまま首位を保った。だが5チームが3勝3敗で並んでいるなど、まだまだ混戦模様。これからも一戦一戦、重要な戦いが繰り広げられるだろう。


【成徳大が猛追を見せるも順天堂大が逃げ切る】
110918cho.jpg 順天堂大東京成徳大の対戦は、4Qで東京成徳大が追い上げ勝負は最後まで分からない接戦となったものの、順天堂大が68-63で勝利した。
 
 序盤は東京成徳大が速攻を連続で成功させてリードを奪ったが、徐々にエンジンのかかった順天堂大が逆転に成功。余計なファウルがかさみ思うように突き放せないものの、2Qに入っても順天堂大が主導権を握った。東京成徳大も要所で#51ビャンバナラン(3年・C)らがシュートを決めて食らい付くが、順天堂大は#10趙(4年・C)や#9大下内(3年・F)がゴール下を攻めてリズムを掴み、周りも上手く噛み合った連携で得点を重ねた。東京成徳大は決定力に欠いて3Q開始約4分間無得点。その間順天堂大は#13泉(2年・F)の活躍もあり、54-32と一気に22点差をつけた。しかしやっと残り6分、東京成徳大にとって3Q初得点を#77田中(4年・F)が決めると、今度は反対に順天堂大が約5分間無得点に。3Q終了間際に#6田代(3年・F)の連続得点もあって順天堂大がやや持ち直すも、58-44と東京成徳大が差を縮めて最終Qへ。

 すると4Q、開始直後から東京成徳大が素早いカバーディフェンスを見せ、順天堂大を圧倒。#21西谷(2年・SG)の3Pや#77田中の得点で追い上げ、一気に7点差に迫る。順天堂大も#7飯田(3年・F)の3Pや#9大下内のバスケットカウント獲得で流れを引き戻そうとするが、#51ビャンバナランがインサイドで踏ん張り、残り1分20秒には遂に65-63の2点差まで詰め寄った。だが東京成徳大はその後の1本が繋がらない。時間が刻々と過ぎてファウルゲームになると、順天堂大は得たフリースローを着実に沈め、68-65で東京成徳大を下した。
 試合の中で波はあったが、接戦をものにして順天堂大はこれで3勝3敗。東京成徳大は終盤の堅い守りと追い上げが光ったものの、2勝4敗となって一歩後退した。 

写真:順天堂大・趙は10得点12リバウンドのダブル・ダブル。


【白熱した接戦を制したのは終盤突き放した神奈川大
110918oyama.jpg 神奈川大駒澤大の対戦は終始競り続ける熱戦が繰り広げられたが、4Qで33得点と猛攻を見せた神奈川大が92-77で駒澤大を下した。
 
 序盤はロースコアな展開となるが、1Q終盤に神奈川大が速攻を出して一歩抜け出す。2Qに入り、駒澤大は#7馬場(3年・PF)のシュートで食らい付いたが、神奈川大も持ち前の堅い守りと#21増子(3年・G)の得点で差を広げた。しかしここで駒澤大は#14鈴木(3年・SG)が2本の3Pを沈めて流れを掴み、守りでは連続でオフェンスファウルを奪うなど良いリズムに。2Q残り2分半には、#5成瀬(4年・PF)のバスケットカウント獲得で31-31と遂に同点に追いついた。3Qに入ってもシーソーゲームが続き、駒澤大は#17槇坂(3年・F)の連続3Pがチームを勢いづけるが、神奈川大も#9大山(4年・G)、#8五十嵐(4年・F)が息の合ったプレーで引っ張り譲らない。59-57と神奈川大の2点リードで最終Qへ。

 互いに激しい守り合いとなるも、試合が動いたのは4Q残り6分。63-62の場面から神奈川大が#0佐藤(4年・G)の3Pを皮切りに、#9大山、#21増子、#8五十嵐、#98大石(1年・G・東海大相模)と続き、出ている5人全員で総攻撃。残り3分を切って77-64と、一気に駒澤大を置き去りにした。終盤駒澤大は#14鈴木、#17槇坂らが3Pを決めるも追いつくまでには至らず、92-77でタイムアップとなった。  

 神奈川大は春は接戦を勝ちきれない精神的弱さを課題にしていたが、ここ数試合で勝負強さを見せている。万全の状態ではないポイントゲッター#7古橋(2年・F)の穴も、周りが上手くカバー。4勝目を上げて同率2位の立場を保った。一方の駒澤大は確率良くシュートを決めたが、「上手く守れてても最後にファウルしてしまったら意味がなくなってしまう」#7馬場が言うように、勢いに乗れそうなところでファウルがかさんでしまったのが惜しい。3勝3敗となり、またもや土日で連勝とはならなかった。

写真:神奈川大・大山がチームを牽引。

※駒澤大・馬場選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【リバウンドを制し白鴎大が中央大を下す】
110918watanabe.jpg 3勝2敗で並ぶ白鴎大中央大の対戦は、レベルの高い戦いが繰り広げられた。

 立ち上がり、#14渡邉(3年・SG)が2本の3Pを決めて開始5分で18-8と中央大が白鴎大を圧倒。ここで白鴎大は#10田中(2年・G)がコートイン。するとその#10田中を起点に#65高橋(4年・PG)や#30アビブ(3年・C)が得点を重ね、一気に18-15と3点差まで追い上げた。そこから2Qに入っても一進一退が続き、激しいディフェンスの中で両者お互いにファウルがかさむ。中央大は1Qで3ファウルとなった#14上田(4年・F)に続き、交代した#22山田(2年・PF)も2Q序盤で2ファウルと、インサイド陣がファウルトラブルに悩まされ、白鴎大#30アビブに好きなようにリバウンドを取られてしまう。しかし中央大も一度は逆転を許すが、後半に入って再び#20小野(3年・F)、#14渡邉の活躍でリードを奪い、3Q残り6分には51-42まで差を開いた。しかしそこから白鴎大はフリースローで追い上げ、#10田中のミドル、#5柳川(2年・F)の3Pも決まって56-58と逆転して3Qを終える。

 最終Q、開始から#30アビブ、#22森田(4年・F)が積極的にリバウンドに絡み白鴎大が中央大を圧倒。同時に開始4分も経たないうちに中央大はすでにチームファウルが4つとなる。#22森田の活躍もあって、残り6分61-71と白鴎大が10点のリードを奪った。しかしここで#14渡邉、#11入戸野(3年・PG)が勝負強さを見せて残り5分5点差にし、中央大の追い上げムードとなる。だがこの流れを変えたのが、66-71の場面で#30アビブが得たバスケットカウント。やや際どい判定で中央大も抗議するが認められず、これで白鴎大は勢いに乗った。#32黒川(4年・G)の3Pに続き、#5柳川、#2石川(3年・F)と全員が積極的にドライブを仕掛け、大きく差を引き離す。そのまま71-84で白鴎大が中央大を下し、白鴎大が4勝2敗、中央大が3勝3敗となった。
 
 白鴎大#10田中「みんなのリバウンドの意識がすごく高かったのが良かった」というように、白鴎大は要所でリバウンドを抑えてチャンスを掴んだと言える。中央大から大きな一勝を上げ、歓喜に沸いた。中央大も#14渡邉が24得点、#20小野が17得点と奮闘したが、一歩及ばず悔しい敗戦。1部にはいないセネガル人センター相手に、インサイド陣のファウルがかさんだことも勝敗を左右したと言える。第3週は2連敗となった。

写真:中央大・渡邉は3P4本を含む24得点の活躍。

※白鴎大・田中選手のインタビューは「続きを読む」へ。


 その他、関東学院大日本体育大の対戦は、日本体育大が後半差を広げて59-70で勝利した。序盤で関東学院大は#20村田(2年・PF)が負傷退場し、#1エリマン(1年・C・延岡学園)も3ファウルとなってベンチに下がるなど悪い流れになるも、2Qで#51細谷(4年・PG)、#81横瀬(2年・SG)が奮闘して同点に追い付く。しかし後半に入ると日本体育大は#23横江(4年・G)が3Pにバスケットカウント獲得とチームを牽引し、関東学院大の追撃を許さなかった。日本体育大はこれで5勝1敗と単独首位をキープ。しかしこの日は相手に合わせてしまう場面も見られた。修正を図りたい。


 法政大国士舘大の一戦は、前半まで接戦が繰り広げられるも3Qでインサイドを徹底して攻める国士舘大が徐々に点差を広げ、61-77で勝利した。国士舘大は#13曹(3年・C)が24得点11リバウンドと存在感を示し、チームとしてもリバウンド数で法政大を16本上回った。法政大は#13三角(2年・F)や#27岩崎(3年・G)の3P、#41谷口(4年・PF)の活躍が光ったが、ケガ人も多くまだ0勝。苦しいリーグが続いている。しかしこの第3週からは大学の関係でチームを留守にしていた#5松澤(1年・C・明成)も戻ってきてインサイドに加わった。ここからの巻き返しを図りたい。

[続きを読む]

【INTERVIEW】

「マークがきつくなった時にこそ、どれだけ点が取れるか」
昨年とは違う2部の緊張感の中で結果を出すために

◆#7馬場健司(駒澤大・3年・PF)
110918baba.jpg昨年3部の中でも圧倒的な強さを誇った駒澤大は、2部に上がった今年も白鴎大や関東学院大を下すなど2部上位校とも十分渡り合える力を発揮している。その躍進に、この#7馬場が貢献している部分も大きいだろう。体の強さを活かしてゴール下を攻める事も出来れば、ミドルシュートも高確率で決めていく。#5成瀬(4年・PF)と共に、チームを引っ張る駒澤大の稼ぎ頭だ。しかし今後は相手チームのマークも厳しくなってくるだろう。本人の言う通り、大事なのはここから点を取っていけるか。今後の活躍に注目したい。


―惜しい試合でしたが、振り返っていかがでしたか?
「4Qの中盤までは競り続けることが出来ましたが、最後残り5分くらいから一気に突き離されてしまいました。あそこで逆に自分達が突き放せたら良かったんですけどね…。要所でシュートが入っていたので競れていましたが、やっていてあまり流れは良くないかなと思いました。何とかついていってた感じですね」

―流れが良くなかったのはなぜだと思いますかは?
「やっぱり向こうに走られてしまって、ブレイクを何本かやられたのがいけなかったと思います。あとは、ディフェンスでファウルがかさんで相手に何本もフリースローを与えてしまって。フリースローは2部クラスになるとみんな絶対決めてくるので、そうやって簡単に相手にチャンスを与えないようにしたいですね。上手く守れてても最後にファウルしてしまったら意味がないので、そこはこれから修正していきたいです」

―6試合を終えてここまで3勝3敗ですが、手応えとしてはどうですか?
「いや、自分的にはもう少し勝てたんじゃないかなと思います。国士舘大戦も接戦で負けて良くなかったし、今日も勝てない試合ではなかったと思うので…。ここまでずっと土曜日に勝って日曜日に負けるってことが続いてるんですよね。土曜に勝った勢いで日曜も勝てるといいんですが、気が抜けちゃうのかなかなか勝てなくて。やっぱり連勝していかないと上位にはいけないだろうし、来週こそ2連勝したいですね」

―自分自身の調子はどうですか?得点ランキングも現在(※9/18現在)トップですが。
「最初はあまり調子が上がらずシュートも入らなかったんですが、徐々に良くなったと思います。でも今日は全然点が取れませんでしたね。やっぱり点数を取っていくと、研究されてディフェンスもきつくなると思います。でも今後はそういうマークがきつくなった時にこそ、そこでどれだけ点が取れるかが大事になってくると思うので、来週からも頑張りたいです」

―でも、駒澤大は馬場選手以外にもスコアラーがいて、的を絞らせないオフェンスは魅力ですね。
「そうですね。成瀬さん(#5)や北先輩(#6)も20点くらい取れる選手なので、誰かが不調でもみんなで点が取れるというのは駒澤の良さだと思います」

―ランキングといえば、スティールランキングでも同率1位で#7馬場選手、#5成瀬選手、#13近藤選手の3人が並んでいます。
「でもあれはチーム全員でプレッシャーをかけられているから、結果的に誰かがボールを奪ってそれが数字に出ているんだと思います。スティールが決まるとそのままブレイクにも繋がって盛り上がれるし勢いに乗れると思うので、それはこのまま続けていければなと思います」

―盛り上がりという点では、主将の#4渡邉選手も“お祭り騒ぎ的なところ”がチームの良さだと言っていました。
「そうですね。確かにいつもベンチや応援席が盛り上げてくれて、それでコートの5人も盛り上がることが出来ています。力になってると思いますね」

―去年までの3部と、2部との違いは感じますか?
「やっぱり当たりとかも全然違います。それに去年は3部の中で自分たちが戦力で上という感じでしたが、今年はすごく混戦で、どの試合でも気を抜くと負けてしまうという危機感があります。試合中一瞬も気が抜けないので、結構疲れますね(苦笑)」

―では今後のリーグ戦への意気込みをお願いします。
「今年1年、インカレに出るということをチームで目標にしてきました。今は3勝3敗で五分五分になってしまっているので厳しいかもしれませんが、1週目負けたチームにも勝って、何とか上位3つに入って絶対インカレに出たいですね。今年1年やってきたことが実ればいいなと思います」


「チームのために」
その強い思いをプレーに乗せて

◆#10田中優二(白鴎大・2年・G)
110918tanaka.jpgシックスマンとして試合の流れを変え、勝利の立役者となる活躍だった。「チームの為に」と繰り返す田中の言葉からは、何としてもチームを勝たせたいという強い意志が感じられる。白鴎大にとって田中ら2年生の活躍は、チーム飛躍のための大きな鍵となるだろう。
中央大に競り勝ち大きな一勝を上げた白鴎大は、春から強調してきた“全員バスケ”が上手く形になりつつある。これでチームは同率2位を保った。虎視眈々と首位獲得を狙う。


―大きい一勝でしたね。今のお気持ちは?
「優勝に向けて絶対に落としたくない一戦だったので、すごく嬉しいです!今日はキャプテンも不在でしたが、その分チームで一つにまとまることを意識して戦えたと思います」

―相手が中央大ということは、試合前どう感じていましたか?
「やっぱり中央は去年まで1部でやってきているチームで、そう簡単には勝てないだろうなと。でも絶対負けたくないと思っていました」

―今日は出だしでつまづきましたが、交代で出てきた田中選手が流れを大きく変えたと思います。
「交代の前は、今チームに何が足りないかとか、自分が何をすべきかとかをいつも意識して考えながらベンチで応援しています。今日もそれが良かったのかなと思いますね。とにかく“チームの為に”という事を考えながらプレーしました」

―素晴らしい活躍だったと思いますが、自身の出来としてはいかがですか?
「いや、まだまだですね。結果的に勝ちに繋がったのは良かったと思いますが、個人としては1部に上がってもそこで通用するガードにはまだなれていないと思います。これからももっと頑張りたいです」

―試合を振り返って、どういう部分が勝因だったと思いますか?
「やっぱりリバウンドですね。アビブ(#30)や森さん(#22森田)といった4番5番ポジションの人達がすごく頑張ってくれました。オフェンスリバウンドに粘り強く絡んでそこからの得点も結構ありましたし、みんなのリバウンドの意識がすごく高かったのが良かったのかなと思います」

―途中何度か中央大に走られてしまう場面もありましたね。
「そうですね。ハリ―バック出来ないのは練習中からも言われていることなんです。終盤になるとみんな足がつったり体力的にキツくなったりして早く戻れなくなってしまうので、そこは課題ですね」

―4Q終盤で突き放した時はすごく勢いがありましたね。
「あの時はコーチ陣からも『気持ちで絶対負けるな。ここからはプライドの問題だ』って言われたので、それを信じて強い気持ちで自分のやるべき事をやろうと思っていました。その結果ああいう風に離せたんだと思います」

―ここまで6試合を4勝2敗で終えています。2週目に駒澤大に敗戦したことで見えてきた課題はありますか?
「オフェンス面では、周りが止まって重くなってしまうことが多々ありました。ボールもパスが全然回らなくて。だからもっとボールを動かそうということを課題にやってきて、ボールを回してからの一対一という形が上手くできるようになったと思います。誰かに頼りすぎるんじゃなくて、全員で戦うという全員バスケは意識して練習してきました。あと駒澤大戦は、高校の先輩たち(※)にやられましたね(苦笑)。それは悔しかったです」
※…駒澤大#4渡邊、#6北、#7馬場は田中と同じ昌平高校出身

―2年生になって自分の中で意識的な変化などはありましたか?
「いや…あまり変わらないです。1年生の頃からずっと“チームの為に”って意識でやってきたので。自分は、怪我して出られない人やBチームの仲間、応援してくれる人たちのためにも、絶対チームに貢献したいと考えていつも戦っています。そのためにも、“粘り強く、すばしっこく”って自分のやるべきことは変わらないですね」

―春に新人戦で2位になったことが、全体チームにとっても良い刺激になったのでは?
「そうですね。2年生が一つにまとまって力を発揮したら、絶対チームの勝利に大きく貢献できるというのはずっと言われてきています。だから2年生で学年だけのミーティングをしたりして、高い意識を持ってやっています。2年生がどこまでやれるかが鍵になる部分もあると思うので、頑張りたいですね」

―あとは今年から廣瀬コーチ(元新潟アルビレックスHC)がチームに加わったことも、チームにとって良い刺激になっていると聞きました。
「それは間違いないです。廣瀬さんも加わって、齋藤さん(監督)や学生コーチの人たちも含めて、スタッフの方々の力は大きいですね。戦術的な部分でも、精神面の部分でも、教わることは多いです。すごくコミュニケーションも取りやすいし、コーチ陣やスタッフも含めてチームが一つになれていると思います」

―では今後のリーグ戦への抱負をお願いします。
「もちろんこの先はどこも近寄らせないくらいの強さを発揮して、全部勝って、絶対に入れ替え戦に行って1部に上がります。チームで一つになって頑張りたいと思います」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2011リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |