2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2010.12.03 (Fri)

【2010インカレ】12/3レポート

接戦、延長とベスト4決めに相応しい試合が続いた5日目
青山学院大、慶應義塾大、明治大、関東学院大が準決勝へ


 トーナメントで最も面白いと言われる準決勝は、見逃せない2試合が続いた。勝った関東学院大と明治大は今、上り調子のチームだ。関東学院大は1部昇格はならなかったが、天理大に勝ったことで波に乗った。明治大は同様に拓殖大への勝利が踏み台になっているだろう。日本大、東海大はそうした相手に競り負けた。
 その反対に、第一シードの青山学院大と第二シードの慶應義塾大は順当に勝ち上がった。勢いか、磐石な力こそ確かなものか、頂点まであと2つとなった。


【慶應義塾大が難なくベスト4へ進出】
101203sakai.jpg 慶應義塾大京都産業大の準々決勝は試合開始序盤から慶應大ペースとなった。#7岩下(4年・C)がリバウンドで押しこみ、#5酒井(4年・F)が速攻でバスケットカウントを獲得。#14家治(3年・F)も3Pを決めていく。京都産業大は#51高(3年・SG)が3Pなどで連続得点するが、それ以外はなかなか得点源がない。しかし慶應大は#5酒井が1Qでファウル2つ、#7岩下が3つを吹かれる展開で、引き離しはしたものの乗り切れない内容となった。しかし2Q以降も慶應大の流れは変わらず、圧倒的なオフェンスで点差が開いていく。京都産業大は司令塔の#1熊谷(3年・PG)が前半で3ファウルとなり、ボールが回らない。#6合瀬(3年・SG)が速さを生かして鋭い攻撃をしていくが、前半で33-60と30点近い差をつけられてしまった。

 後半、充分京都産業大を引き離した慶應大は控えを投入。それでも京都産業大を圧倒するが、4Qではミスを連発。京都産業大に次々と3Pを許し、ダブルスコアを許す展開となる。それでも108-93の100点ゲームで試合終了。余裕を見せてベスト4へ進んだ。次の相手は東海大を破って波に乗る明治大。油断できない戦いとなりそうだ。

写真:立ち上がりで得点を重ねた慶應大・酒井。


【青学大が差をつけるも、中央大も健闘】
101203hiejima.jpg 青山学院大中央大の対戦は、青山学院大が終始リードするも、中央大も最後まであきらめない姿勢を見せた。

 序盤から中央大は青学大の固い守りに阻まれ、簡単に得点はできない。序盤はシュートが固かった青学大だが、#25永吉(1年・C・延岡学園)にゴール下で決められ、そこから崩れて得点が止まってしまった。青学大は得意の足を使ったバスケで中央大を翻弄。2Qも#25永吉、#56比江島(2年・SF)がダンクを見せる場面もあり、前半は41-21の20点差となった。

 3Q、中央大が粘りを見せた。簡単には攻め込めないが、#16佐藤(2年・G)、#5竹原(4年・SF)が得点、インサイドでは#8遠藤(4年・C)が強い気持ちを見せる。失点が増えた青学大は#0橋本(4年・G)を戻し、再度立て直すが、このQは中央大も20点とふんばりを見せた。4Q、勝負が明確になった残り5分、中央大は#1吉田(4年・PF)、#2山田(4年・SF)、#3恋河内(4年・SF)ら、コートの全員を最上級生に。最後は#3恋河内が得点を決め、試合終了。青学大が十分余力を残して92-54で準決勝へ進出した。

 次は日本大を下して勝ち上がった関東学院大が相手となる。注目すべきはやはりインサイド。同じ延岡学園出身である永吉とパプの対決は見逃せない。青学大は3年前のトーナメントで関東学院大の前に敗退した過去もある。しかし今年春のトーナメントの対戦では、余裕で勝利をおさめてもいる。メンバーはもちろん青山学院大が上だ。しかし接戦を重ねて上り調子の関東学院大もまた、春から随分進歩している。楽しみな対決であることは間違いない。

写真:ダンクする青山学院大・比江島。

※関東学院大対日本大、東海大対明治大の試合は別途掲載します。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:20  |  2010インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |