2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2010.12.02 (Thu)

【2010インカレ】12/1レポート(2回戦)

青山学院大が愛知学泉大の激しい守りをかわしベスト8
中央大は出足で波に乗り、鹿屋体育大を下す


 インカレは3日目となり、2回戦もスタート。まず2試合が行われた。青山学院大は問題なくベスト8へ名乗りを上げた。中央大は鹿屋体育大の出鼻をくじくと、そのまま逃げ切りを決めて昨年に続きベスト8へ入った。最終日までのあと3試合と、オールジャパンへの切符を手に入れた両者。4日目以降、残りのベスト8も順次決まる。
 たった2回勝つだけで、インカレは出場校にとってベスト8という別天地となるが、それを果たすのが難しいのもまた、事実だ。Aブロックで地方からベスト8に挑んだ愛知学泉大と鹿屋体育大は、その壁を越えられずシーズン終了となった。


【1Qからリードした中央大がベスト8へ】
101201endo.jpg 試合は立ち上がりから中央大が押した。最初に鹿屋体育大#8月野(4年・SG)にフリースローを与えてしまった中央大だが、それ以降は#16佐藤(2年・G)、#10鈴木(3年・C)、#8遠藤(4年・C)らが得点を重ね、速攻も出る。一方の鹿屋体育大は専修大相手にはきれいにできたオフェンスが中央大ディフェンスの前では形にならず、アウトサイドも入ってこない。それでも#8月野が終盤3Pとブザービーターでミドルシュートを沈めて15-11と1Qは追いすがった。しかし、2Qで大きく失速する。中央大は#5竹原(4年・SF)のミドルシュートやスティールから#20小野(2年・F)や#16佐藤(2年・G)が速攻に走り、鹿屋体育大を置き去りにする。鹿屋体育大は開始2分でインサイドの要、#7中村(4年・F)がファウル3でベンチに下がると開始4分で得点がストップ。7分間で1点しか奪えず、33-19で前半を終えた。

 後半、#7中村がゴール下のターンシュートで奮起をすると見えたが、続くプレーで4つ目のファウルを吹かれる苦しい展開に。交代した#17小野(2年・F)、#8月野が奮闘するが中央大も簡単に追いつかせず3Qも10点以上のリードを奪う。4Qも鹿屋体育大は流れをひっくり返すことは叶わない。ルーズボールに飛び込み、懸命にプレーするが中央大は追いつかせずに64-52で試合終了。中央大が昨年同様ベスト8に入り、昨年中央大に勝利して7位をつかんだ鹿屋体育大は2回戦で消えることになった。

 1戦目であれだけ入った鹿屋体育大のシュートが、この日はことごとく落ちた。自分が試合最初のケガで調子を崩したと反省した月野だが、それ以外のメンバーも確率が悪かったのはいただけない。学生だけでやってきた試行錯誤の年だったが、惜しくも2回戦で姿を消すことになった。

 中央大は、思い切ったプレーはいつも通りだが、インサイド陣の奮闘でリバウンドとディフェンスが機能したのは大きかった。次は青学戦、思い切って当たるだけだろう。

写真:中央大・遠藤は9点、10リバウンドと踏ん張った。

※中央大・竹原選手、鹿屋体育大のインタビューは「続きを読む」へ。
※鹿屋体育大・月野選手のインタビューは「続きを読む」へ。



【青学大が勝利するも、愛知学泉大もディフェンスで奮闘】
101201sasaki.jpg 普段から練習試合もよく行っている青山学院大愛知学泉大。相手の特徴を知るお互いだが、上位の青学大に対し、愛知学泉大は最後まで激しいディフェンスで挑んでいった。

 1Qは重い立ち上がり。青学大は出足に得点したが、ディレイドでロースコアに持ち込みたい愛知学泉大にその後得点が止まりがちとなる。しかし、愛知学泉大も青学大の高さと固い守りに得点は奪えず、16-7となる。しかし2Qには青学大も目を覚まし、次々と3Pを決めて大量リードに成功する。愛知学泉大はそれについていくことができず、前半はわずか18点に終わってしまった。

101201gakusen.jpg 後半、大差はついたがそれでも激しいディフェンスで青学大に挑む愛知学泉大。そこからチャンスを掴み、少しずつだが得点を重ねていく。控えメンバーにしていた青学大だが、ディフェンスの激しさにスタメンを戻す結果となり、4Qもそのままスタメンを使い続けた。勝負ははっきりしていたが、残り1分を切り、愛知学泉大は#5福田(4年・SG)以外は使っていなかった4年生たちを投入し、そこで山本監督は選手に一声かけた。内容は「50点に絶対に乗せろ」というもの。最後の数十秒、必死の4年生たちはまず#72吉原(4年・C)がフリースローを獲得。これは2本外れてしまうが、続いて#18濱屋(4年・PG)も同様にフリースローをもらい、これを1本決めるとベンチも大きく沸き返った。これで愛知学泉大が獲得した点数はちょうど50点となり、4年生が最後の意地をみせて88-50で試合終了。青山学院大がベスト8に進出。愛知学泉大は破れはしたが、徹底して激しいディフェンスを見せ、青学大を90点以下に押さえる堅守も見せてシーズンを締めくくった。

写真上:福田に次ぐ得点をあげた愛知学泉大・佐々木。
写真下:最後は4年生をコートに送り出した愛知学泉大。

※愛知学泉大・福田選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

「オールジャパンという目標はクリア」
苦しいシーズンの締めくくりを前向きにするために

◆#5竹原康広(中央大・4年・SG)
101201takehara.jpg 25得点でチームを引っ張った。竹原のシュートが入っている日の中央大はいい。ディフェンスでも激しく当たり、鹿屋体育大を乗らさずに勝利した。今年はケガ人が多く、2部降格となってなかなか自分たちのモチベーションを上げていくのは難しい年だが、それでも前向きに目標を達成し続けて来年のチームにつなげたいところだ。


―試合を振り返ってどうでしたか?
「負けたら終わりで絶対に勝たなければいけない試合だったので、勝ててほっとしています。自分たちは2部にチームを落として良いところがなかったですし、せめてベスト8に残ってオールジャパンにいこうというのが目標だったので、一つ仕事が出来て良かったかなと思います」

―入れ替え戦からうまく切り替えることが出来たということですか?
「入れ替え戦が終わって何日かはみんな沈んでいたんですけど、練習が始まったら割とみんな気持ちを切り替えていて、インカレもあるしそこで絶対勝とうという気持ちでチーム一丸となれたと思います。一昨日の1回戦もそこそこ良い入りが出来て、今日も出だしが良かったし課題の3Qも何とか持ちこたえて勝つことが出来て良かったと思います」

―竹原選手も今日すごくシュートの調子が良かったですね。
「そうですね。少し失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、シュートチェックが関東のリーグ戦よりはあまり伸びてこなかったので、楽に打てたのかなと思います」

―遠藤選手(#8)も4年生として良かったと思うのですが。
「今まで下級生主体でやってきていたんですけど入れ替え戦あたりから遠藤がスタメンになって、あいつは気持ちも結構強い選手なのでそれが出たんだと思います。他の4年生もみんな気持ちが入っていたと思いますね」

―下級生の様子はどうですか?
「まぁ怪我人も多いんですが、それは仕方がないので切り替えて出来ていると思います」

―プリンストンオフェンスという特殊な攻め方をしてくる鹿屋体育大が相手でしたが、特別な対策などはありましたか?
「いや、特に対策というのではなくて、自分たちのいつものディフェンスを徹底して、あとは月野選手(#8)のところはスイッチを早めにしてどんどんカバーに出て、楽に打たせないようにしようという指示でした。でも月野選手には何本かやられたので、次の青学には辻(#14)とかもいるし、課題になってくるかなと思います」

―では、まずはベスト8という結果を残して、あとはこれからですね。
「チームをオールジャパンに持って行くという仕事は一つ出来て、あとは上を目指すだけですね。去年は8位だったので、それより一つでも順位を上げて終えたいなと思います」

―去年ベスト8以上の順位決めであまり良くなかったのはどうしてですか?
「体力的な面もありましたけど、それよりも気持ちの面でもういいやってなってしまったのかもしれません。締まりがなかったと思います。今年はそんなことがないように、最後まで頑張りたいと思います。去年は会場が関西でそこまで観客が多くなかったですが、今年は代々木でお客さんも来ると思うので頑張らないといけないですね」

―次の青学戦については。
「青学は一人ひとりの能力が高いですけど、ポイントポイントで辻(#14)とか比江島(#56)とかキーになる選手を抑えて少しずつ少しずつリズムを崩していけばチャンスはあるんじゃないかなと思うので、とにかくもう一度みんなで集中し直して頑張ります」


「難しい1年だった」
重責を担った最後の年

◆#8月野雅人(鹿屋体育大・4年・SG・主将)
インカレベスト8に入り輝かしい一歩を踏み出してのち、福田コーチの退任でチームの状況はガラリと変わった。その中でも「月野ならば」と福田コーチが信頼して任せた選手ではあったが、学生たちだけで過ごしたシーズンは難しい1年だったと言う。この試合では途中で足を痛め、もどかしさもあっただろう。最後は心残りもあっただろうが、鹿屋体育大がたどった軌跡は学生バスケにとって忘れられない道筋でもあったことも確かだ。


―今日は出だしからあまり自分たちのバスケットが出来なかったと思うんですが、何が原因だったのでしょうか。
「僕個人の話で、開始2、3分で怪我してちょっとコートを出てしまったというのがありました。僕も“なんでここで”と思ったし、おそらくチームの他のメンバーも動揺が少なからずあったのかなと思います。それはチームに申し訳なかったです。やっぱり向こうにポンポン決められて点差も離れたし、こっちはほぼフリースローの得点しかなかったので、そういった点で流れが上手く作れなかったのかなと思いました」

―キャプテンとして自分がしっかりしていなかったことが大きいということですか?
「やっぱりコートに立って出来ることをやるのが自分の仕事だと思っているので、最初5分近くそれが出来なかったことはチームに申し訳なかったと思います」

―チーム全体としてシュートが短かくなるといった部分があって、月野選手一人の問題とは言えない気もしますが。
「やっぱりそこは自分達のリズムを掴めなかったことが大きかったです。中央大学は去年やった事もあって色々対策してきていて、うまい具合に守られてしまいました。それにすぐ対応できなかったという所に、自分たちの弱さが出たと思います」

―今年は福田コーチがいなくなって2年生の金本コーチが指揮を執る事になり、4年生として苦労も多かったのではないですか?
「そうですね。金本は学生コーチとして本当に頑張ってはいるんですけど、やっぱりそれでも2年生で、3・4年生とやっていて気持ち的にどこか強く言い切れない部分がありました。ましてや彼はプリンストンオフェンスというものも1年間しか経験していないので、そういった中で指導していく難しさもありますし。それで選手から色んなクエスチョンが出ることもありました。それでもチームの士気を落とすことはあってはならないことですし、自分たちで金本をコーチにしてついていくという方針を立てた以上、そこは徹底していかなければいけない部分でした。4年生として、いかにもっとやりやすくコーチングさせるかとか、どうチームを上手くまとめるかとかをずっと考えてきたんですけど、自分も含めてもっと出来たはずなのかなと思います」

―そういうチームのことは4年生同士で話し合っていたんですか?
「4年生でミーティングをしたり、サブキャプテンの中村(#7)と小川(#18)と話したりしてきました。でもやっぱり苦労しました。はっきり言って難しいバスケットだし、自分としては福田さんのコーチングを本当に素晴らしいと思っていた分、福田さんやスタッフが一気に抜けて、という環境はやっぱり大変でした。今年は色々チームのことも考えなきゃいけなくて、去年のようにただバスケットをやればいいという状況ではなかったという事はありましたね」

―月野選手は下級生の時から一生懸命やっている姿が印象的でしたが、福田コーチがいなくなって今年は負担も大きかったんですね。
「難しい1年でしたね。こんなに色々な部分を考えなきゃいけなくて、プレーだけじゃだめだという環境は今まで高校とかでもありませんでした。それで、特に大学2年、3年の時は本当に良い環境でバスケットをさせてもらったんですけど、4年になって本当に大きく環境が変わって、正直難しいというか大変な部分もいっぱいありました。でも福田さんがいないからというのも言い訳にはしたくないし、福田さんの事を言っても、いないものはいないし。プリンストンをやっていく中で、難しいところはいっぱい出てきましたね」

―その中で成長した部分もあったのではないですか?
「そうですね。目には見えてないですし、僕自身もはっきり分かるものではないですけど、やっぱり特にメンタルについてはそう言えると思います。去年まではとにかくハードに練習するだけでしたけど、今年はそれだけではなくて他のチームメイトの事を見たりだとかもするようになりました。こういう環境の中で、“自分がやらなきゃ”という気持ちも強くなりましたし、“もっとしっかりしなきゃ”と思うようになって、メンタル面では成長したのかなと感じています」

―かなり苦労もあったようですが、鹿屋体育大での4年間はどうでしたか?
「正直入った当時は、後悔じゃないですけどなんでここに来たのかって悩むこともありました。それでもやっぱり2年生の時に福田さんが来てくれて、良い環境でバスケットが出来て鹿屋に来て良かったなと思えたし、鹿屋で出会えた事に何かの縁があったのだろうと思えました。今年も今年で、コーチがいなくなった事も貴重な経験だったと思います。こういう環境の中でもハードにやり続けるっていう経験は、関東の大学だったら出来なかったと思いますし。自分を高めるという意味で、プラスに考えたいです。関東の大学に行かずに鹿屋に来て悩むこともありましたが、やれば関東に勝てないわけじゃないし、関東に行ったからすごいわけではないと思います。僕的に、“九州に行ったから終わり”と言われることが一番悔しくて…“なんで九州に”とはよく言われたので。九州でもやれば関東に勝てないわけじゃないというのは、勝って証明出来て良かったかなと思います」

―来年も今年と同じような状況でやっていく事になると思いますが、後輩にメッセージをお願いします。
「僕ら4年が良いものを残せたかと言ったら分からないですが、ただ少なからずまだ卒業までありますし、これからもサポートしていきたいと思います。自分たちが今年出来なかった事だとかはいっぱいあると思うので、そこをアドバイス出来ればなと。でも来年は来年で魅力ある良いチームを作ってもらいたいですね。勝つ事ももちろん大事ですが、鹿屋の掲げる“愛し愛されるチーム”という考えは、常に持っていてほしいと思います。今年もそうでしたけど来年もいっぱい苦労すると思うので、頑張ってもらいたいです」


「しんどかったけど、やりがいのあった4年間」
自分たちのバスケットに信念を持って

◆#5福田太郎(愛知学泉大・4年・SG・主将)
力の差はあったが、これぞ愛知学泉大、というディフェンスもまた見せてくれた。
関東への合宿も精力的にこなし、力の差をどうやって埋めるか懸命に取り組むチームであり、その努力やひたむきさは学生バスケットのお手本とも言える。毎年そうした我慢強いチームを育てる山本監督、そしてそれについていく選手たちは、すがすがしく、そして一つでも多く勝って欲しいとも思える。


―今の心境はいかがですか?
「やりきった、ってそれだけですね。青学が強かっただけで、自分たちの持っている力は出し切ったと思います。力の差はありましたけど、自分たちがやってきた練習とかは全部出せました。結果どうこうよりも自分たちのプレーに満足できたので良かったかなと思います」

―青山学院大に挑むという事に対して、心構えや準備はどうでしたか?
「日頃の練習からそこを目指してきたので、特に試合前に特別な気合を入れるとかはなかったです。自分たちがやってきた事をいつも通りしっかりやるだけだとみんなで確認して、試合に臨みました。気負いしたとかはなく、いつも通りやれたと思います」

―前半、青学大の守りに点が伸び悩んだのが苦しかったと思いますが。
「そうですね。やっぱり体格の差とかもあって。そこは地方が関東相手に挑む時の課題でもあると思います。そこを乗り越えないとベスト8、ベスト4にはいけないと思うので、自分たちもずっと課題にしてきたのですが…。でも関東の大学と練習試合を重ねても、やっぱり公式戦になると当たりが違いましたね」

―試合が進むにつれて次第に少しずつ点を取れるようになりましたね。
「そうですね。自分たちのプレースタイルとしては走って点を取るのが本来の形なんですが、今日は作戦として、我慢してディレイドゲームをしようという事でやっていました。だから前半はシュートチャンスも窺いながらという感じだったんですが、後半は点差も離れていたので、勝つためにはどんどん攻めるしかないという事になりました。そこからテンポよく自分たちの本来のリズムでやれた事が、点数に結びついたのかなと思います」

―今年は主力に4年生が少なく、コートに4年生が自分だけという場面も多かったと思いますが、やっていてどうでしたか?
「今シーズンはずっとこんな感じでやってきたんですが、後輩はよくついて来てくれたと思います。でもやっぱり一番しっかりしていないといけないのは4年生だと思っていたので、そこだけは折れずにとやってきました」

―試合の最後には4年生がコートに出ましたが、最後まで一生懸命な良さが見えました。
「そうですね。うちの4年生はとにかく気持ちです。能力が低い分、気持ちでプレーする。それだけですね」

―愛知学泉大は激しいディフェンスを持ち味としたチームカラーが徹底されていますが、福田選手はもともとディフェンスの得意な選手だったんですか?
「いや、全然です!4年間で鍛えられました(苦笑)。大学に入る前からディフェンスをやるチームで練習がきついというのは聞いていたんですけどね…。まぁバスケットはディフェンスしてなんぼというか、勝つためにはディフェンスが大事なんだという事を教わりましたね」

―激しいディフェンスをしつつも、点も取らなければいけないという役割の中で、攻守のパワーの振り分けなどは難しくありませんでしたか?
「自分はディフェンスを頑張って、ボルテージが上がってきて、その勢いでオフェンスを仕掛けるという感じでした。オフェンスだけやろうとしてても、多分リズムは掴めないと思います。いつもディフェンスからオフェンス、という流れでした。オフェンスからディフェンスという流れは、うちのチームはそんなに作らないですね」

―では、4年間を振り返って大学バスケはいかがでしたか?
「いやー、しんどかったですね(苦笑)。しんどかったけど、やりがいがありました。先生にも“これが学生スポーツだ”って言われましたね。僕の場合、気持ちだけで4年間乗り切りましたね。怒られながらも。最後の一年は、僕らの代になった最初に“先輩越え”という目標を挙げたんですよ。それで、今シーズンのトータルの結果を見たらそれを果たすことが出来ました。インカレの結果は一緒なんですけど、東海地域での成績も含めたら何気に(笑)。それは嬉しいですね」

―その中で、関東越えはなかなかできませんでしたね。
「そうですね。でも、最初から持っている能力ではうちと関東とでは差があると思うんですが、その差を埋めるのはハードワークや運動量だと思ってそこは練習で本当に補ってきたと思います。関東相手にいかに動くか、体格の差をいかに平面的な動きで崩せるか、という事をずっと考えてやってきましたね。まぁこんな風に自分が言っていいのかわかりませんが、見ていて正直、関東でも“これが関東のバスケットなのか”と思うようなチームもたまにあると思うんです。そこは、自分たちも関東というトップレベルを目指してやっているわけなので、関東でやるからにはそれなりのプレーをして欲しいですね」

―これから関東と戦っていけるように、後輩たちにはどのようにやっていって欲しいですか?
「技術的なことや体格的なことももちろんあるんですけど、やっぱり一番は、勝利に対する貪欲な気持ち、勝ちたいから練習するっていう意識を忘れずにいてもらいたいです。そうすれば自然とどんなにしんどい練習でも熱が入るだろうし、きつい事も乗り越えられると思います。何のためにバスケットをわざわざ学泉というチームでやっているのかとか、何のためにここに来たかっていう事もちゃんと考えてもらいたいですね。そこを忘れたらまず勝負の土台にならないので。そういう気持ちは忘れずにいて欲しいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  08:27  |  2010インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |