2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2010.12.01 (Wed)

【2010インカレ】11/30 大東文化大VS関西大

【集中を切らさなかった関西大が逆転で大東大に勝利】
101130hirose.jpg 大東文化大関西大の戦いは、試合当初から、シュートが決まるたびに大歓声が代々木に響き渡った。ともに、賑やかな応援団に後押しされる試合となった。しかし立ち上がりではどちらも主導権を握りきれない展開となる。関西大は#18河原(4年・PG)を中心に得点しリードするが、大東大は#13小原(3年・SG)が気を吐いて1Qはほぼ互角。2Qには大東大#19藤井(2年・SG)が3連続得点で流れを作るかに見えたが、関西大も#10稲葉(4年・C)のシュート、#0市野(3年・PF)のゴール下、#77廣瀬(4年・SG)も決めてリード。大東文化大はミスが続き、2Q後半に得点がストップ。悪いクセが出て2Qで32-41と引き離されてしまう。

 3Qは#77廣瀬の3Pや#0市野のバスケットカウントもあり、関西大がリード。大東大は#15遠藤(3年・GF)に得点がない分、#13小原が奮闘。3連続の得点で追いすがる。一時アンスポーツマンライクファウルも出て、流れが悪くなりかける大東大だが、#43鎌田(2年・C)のシュートや#13小原のフリースローで追いすがる。しかし、関西大は切れず、取られたら取り返す展開が続き、結局このQは23-24の互角となった。

101130daito.jpg 4Q、主将の#12小山が奮起する大東大。ゴール下で粘り、開始3分で8点差から逆転に成功。関西大は速攻のミスもあり、流れを失いかけるが、大東大もファウルが続いて突き放すことができない。関西大は残り4分、#18河原が3Pで逆転に成功すると、リバウンドから#18河原の速攻、再度河原が3Pで加点し、70-76と逆転から一気に6点リードに成功する。一方の大東大は#13小原の速攻がオフェンスファウルに認定されてしまう。これで、ゲームの主導権を握った関西大は、そのまま落ち着いて逃げきり、最後は85-76の勝利で1回戦を突破した。

 終始勢いがあったのは関西大だった。インサイドでもリバウンドで稲葉が粘り、市野も貢献。これは関西でサンバ相手に積んできた経験が物を言ったか。アウトサイドも機能して、いい形の勝利だった。大東文化大は、遠藤に当たりが来なかった。小原の奮闘はあったが、両翼が機能してこそ大東大の良さが出る。どこかで得点が止まってしまう悪いクセも出てしまった。入れ替え戦で1部復帰を決めたが、さすがに短い時間でインカレに照準を合わせるのは難しかったというところか。

 関西大は次戦、慶應義塾大と対戦する。全員バスケで戦えた良さは慶應大にも通じるところがある。定期戦で慣れた相手だけにどういう形の試合となるかも楽しみだ。

写真上:関西大・廣瀬は21得点。要所のアウトサイドが効いた。
写真下:苦しい表情の大東大の面々。これも経験として、来季に期待したい。

※関西大・河原選手、大東文化大・小山選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】

「リーグ戦で天理に勝ったのが自信になった」
チーム一丸が形になり、上昇気流で上位を目指す

◆#18河原英幸(関西大・4年・PG)
101130kawahara.jpg 主将の竹本が本調子ではない中、司令塔として終始声を出してチームを引っ張っていた。他の4年生がふんばりを見せる中、23点のチームハイ。大事な局面で得点に絡み、勝利に貢献した。関西4位と苦しんだが、夏は遠征などを重ねて力をつけてきたと言う。リーグ戦で天理大に勝利した自信もあるだろう。ここ数年一歩足りない印象を残してもいたが、それを払拭するようないい勝ち方だった。次の相手は定期戦でも馴染みのある慶應大。この勢いに乗って強豪を倒せるか。

―今の気持ちは。
「正直最高の気分です。今まで3年間インカレには出てきているんですが、全部関東のチームと当たって1回戦負だったので、何としても勝ちたかったし、気持ちで勝てたかなと思います」

―毎年見ていますが、ここ数年は少し気持ちが足りないようなプレーがあったようにも感じます。そこを今日は最初から強い気持ちが見えました。
「毎年慶應大と定期戦はやっているんですが、今年は初めて夏に関東遠征をやらせてもらいました。夏は慶應と東海、筑波という関東相手にやって、筑波も田渡くん(#34)が欠けていましたが接戦で勝ったし、それが自信になりました。リーグ戦の時にもインカレで5位に入っている天理に1勝したのがすごく大きな自信になりましたね」

―遠征が良くなった理由なんですか?
「遠征も良かったけどリーグ戦もですね。最初は調子が悪かったんですが、チーム一丸となって天理に勝利してやろうという気持ちになった時に、勝ててそこからチームが徐々に良くなってきたと思います。天理に勝ったことが一番の自信につながったんじゃないかと思います」

―定期戦は見ているんですが、春はまだまだだなという感じがしました。
「春は就活もあって4年生が抜ける事が多いし、まだチームが固まりきれなかったのはありますね」

―そこが遠征やリーグ戦を経て良くなっていった感じですね。
「そうですね」

―今日は大東大も層は厚いチームなんですが、どういうところを注意していましたか?
「13番(小原)に決められたんですが、遠藤君と13番はすごい選手だと聞いていたので、そこだけは絶対に決めるというのはあって、13番には決められたけど遠藤くんにはやられなかったので、そこが大きかったなと思います」

―インサイドはどうですか?向こうには大きな選手が2人いますが。
「身長では負けていたんですが、うちのセンター、10番の稲葉は40分出ましたが身長はないけど重さもパワーもあるし、何よりリーグ戦でサンバとやりあっているのでそれに比べたら勝てるかなと。そこで勝てるかなと感じました」

―河原選手はよく声も出ていましたね。
「僕も副キャプテンですし、キャプテンはケガの調子もあってあまりできないところもあるのでその代わりとして僕が引っ張らないといけないかなと思います。プレーで引っ張るより声で引っ張るタイプなので、そこはしっかりやらないといけないかなと」

―でも今日は得点でも良かったと思います。
「そうですね。今日はめちゃくちゃ調子が良かったです」

―次は慶應大が相手ですが、やりたかったというのはありますか?
「やりたいですね。ずっと負けているので。夏も練習試合をして少しはいいゲームをできたので、今は勢いでなんとかなる部分もあるかなと思います(笑)。4年間、定期戦では1回も勝ったことはないので、奇跡を起こしたいですね。今日はチームも良かったけど、応援してくれているメンバーも声を出してくれてコートに立っていてやりやすい環境だったので、そういう環境も整っているし、慶應戦は奇跡を起こします!」


「来年は1部で暴れて欲しい」
一つの結果を手に、4年間を終える

◆#12小山 純(大東文化大・4年・PF・主将)
101130koyama.jpg 残念な結果だが、本人が言うように関西大の気持ちの方が強く出ていた。大東大の面々は入れ替え戦ほどの声や気迫を、コートでは表現できなかった。言い訳はできないが、入れ替え戦のようなゲームを短い期間で再度披露するのは学生には簡単なことではないのは事実だ。しかし今年大東大が手にしたものは来年以降の大きな財産でもある。個性派揃いの面々をまとめた主将は苦労もあっただろうが、若いチームを支えたかけがえのない存在だった。


―試合を終えて今の心境はどうですか?
「悔しいです。とにかくそれだけですね。対策して、ミーティングとか結構チームで話し合ってきたんですが、やっぱり向こうの方が気持ちで勝ってたということをすごく感じました。走られたこともありますし、そういう部分で負けていたので、この結果は認めなきゃいけないと思います」

―以前、試合中に受け身になる、重くなる時間帯があるということを課題に挙げていましたが、今日もその形が出てしまったのでしょうか。
「そうですね。試合前は思いっきりやろうと言っていたんですが、綺麗に綺麗にバスケットをしようとしてしまっている部分がありました。そういう点でオフェンスが重かったです」

―入れ替え戦が終わってから今日まで、チームの雰囲気はどうでしたか?
「昇格を決めて雰囲気はその後も良かったんですが、やっぱり入れ替え戦で一度集中が切れてしまったのかもしれません。走る練習を結構してきたんですけど、それも集中に欠けていたからこういう結果になったのかなと思います。去年インカレは出ていませんし、入れ替え戦は3試合、特に最後の試合はすごく集中していたので、終わった後インカレまでの調整が難しかったです」

―長いリーグ戦の後に入れ替え戦も3試合にもつれて、疲れもあったのでしょうか。
「そうですね。試合にずっと出ているメンバーは疲れも取れていなくて、走れないところもあったと思います。でも疲れているというのは言い訳になってしまうので、みんな表に出さないようにってしていました」

―これで引退という事ですが、今シーズン振り返ってどうでしたか?
「楽しかったですね。1部に上がれたことは本当に良かったと思いますし、2部で優勝できたこともあって、今までやってきて良かったなと思いました。インカレはこんな風に1回戦で負けてしまいましたが、来年こういう思いをしてほしくないので、逆にここで負けて良かったのかもしれないです。というか、そう思うしかないですね(苦笑)」

―キャプテンとしてどういうところが大変でしたか?
「やっぱりチームをまとめるのが大変でした。自分がどんなに疲れていても声は出さないといけないですし。でも大変でしたけど、たくさん試合に勝たせてもらったので、1年間キャプテンをやれて良かったかなと思います。周りの4年生もみんなフォローしてくれて助かりました」

―同じ4年生は少ないですが、どんな人たちですか?
「そうですね…。眞栄田(#45)くんは、すごく自分をフォローしてくれて、なおかつ嫌われ役も買ってくれて、本当に1年間お世話になりっぱなしでしたね。兵後(#5)くんは、すごく場を盛り上げてくれました。4年生なのに、1年生みたいなことしちゃうんですよ(笑)。まぁ場を盛り上げるには欠かせない人物でしたね。最後に笹村(#26)くんは、すごく真面目なんですけど、いつも怒られ役に徹して、僕たちの分まで監督とかに怒られてくれました。とにかく4年生は少なかったですけど、少ないからこそ団結できたと思います」

―3年生は下級生のときから試合に出ていますが、どうですか? 自覚が出てきたと前に仰っていましたが。
「そうですね。自覚は出てきたと思いますが、でもまだまだ甘いところが今日の試合でも出たと思うので、それを来年はしてほしくないし、この悔しさを忘れてほしくないです。これをバネにして来年1部で暴れてほしいですね」

―4年間、チームの浮き沈みもあって本当に色々なことがあったと思いますが。
「そうですね。本当は3部だったかもしれないんですけど、去年はリーグのチーム数が変わったおかげで最下位でも2部に残れて救われました(笑)。結局1部昇格も出来たので、本当に良かったです。楽しい4年間でした」

―そのうち一番印象に残っているのはいつですか?
「1年生の時、トーナメントで初優勝した時はすごく感動しました。その年はリーグ戦も負けずに1部にも昇格して、強い4年生を間近で見てこれて本当に良かったなと思います。自分たちもそうやってやりたかったんですけど、なかなかそう上手くいかない部分もありましたね。今日のように。それは悔しいです」

―大学バスケを4年間やってどうでしたか?
「僕は一般生で入って最初は溶け込むのも大変だったんですけど、竹野さん(bj福岡)、阿部さん(JBLレラカムイ)とかの練習を見てきて、本当に頑張ろうと思ったし、今までいてくれた先輩たちの後ろ姿を見て今自分がいると思うので、本当に周りの環境にも恵まれたなと思います。感謝しているし、本当に4年間楽しかったです」

―バスケはもう終わりですか?
「そうですね。これで終わりにします」

―それは本当にお疲れ様でした。小山選手の地道に頑張る泥臭いプレーは、ある意味大東っぽくないけれど、でもすごく良かったと思います。
「ありがとうございます。それしか自分はないので。最後は足つっちゃいましたが(苦笑)、最後までコートに立てて良かったかなと思います」

―大東というのはどういうチームですか?
「そうですね…“悪ガキ”ですね(笑)。後輩たちは特に。ヤジとかも本当に申し訳ないと思うんですけど、あの応援も大東のウリなので、ちょっとだけ目をつぶってもらえればと思います(苦笑)。まぁまとめるのが大変でした。けど本当にいいやつらばっかりで、みんなバスケットに真剣なので、来年には期待したいと思います」


101130kansai1.jpg
ドライブを決め、笑顔でベンチに戻る河原。

101130kansai.jpg
チームの活躍に、応援団も歓喜。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  08:39  |  2010インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |