2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2010.11.11 (Thu)

【2010リーグ】11/11入れ替え戦 順天堂大VS江戸川大 第3戦

【勝負どころで突き放した順天堂大が残留を決める】
101111kumegawa.jpg 順天堂大江戸川大の対戦は、第2戦の接戦を江戸川大が制して第3戦までもつれ込んだ。勝っても負けても、この第3戦が両チームの4年生にとって引退試合となる。またもや試合は互いに一歩も譲らない接戦となったが、4Q終盤に突き放した順天堂大が見事勝利し2部残留を決めた。

 1Q、出足から好調だったのは順天堂大。確率良くシュートを沈め、#19鈴山(1年・F・洛南)の速攻も出て開始5分で17-8とリードを奪う。しかしここで江戸川大もタイムアウトで切り替え、#7臼井(2年・F)の活躍で残り3分半には17-16まで追いついた。その後江戸川大は#34ティモニン・ユーリー(3年・C)のバスケットカウント獲得や#1粂川(2年・G)の積極的なドライブもあって逆転からリードを奪い、23-26で1Qを終える。2Qは一転して互いにシュートが落ちた。順天堂大は#10趙 明(3年・C)がリバウンドに奮闘し何度も攻撃のチャンスを得るが、アウトサイドが入らない。そのまま37-41と、ほぼ点差の変わらないまま3Qを迎える。

 後半に入ると、江戸川大の得点が止まる間に順天堂#13田代(2年・F)が6得点を上げ、43-41と逆転。しかし江戸川大もすぐに#1粂川が決め返して同点とすると、そこから流れを掴んで一気に7点のリードを奪った。だがタイムアウト後に順天堂大#4八木(4年・G)が3Pを沈めてチームを引っ張り、4点差に。点差そのままに迎えた3Q残り3分、そこから順天堂大#13田代が連続3本の3Pを沈めてチームを盛り上げ、逆転に成功する。そして、64-62で運命の最終Qへ。

101111tyou.jpg 4Q開始後、順天堂大#12大下内(2年・F)が合わせからファウルを得て、相手にタイムアウトを取らせる。その後#8村田(3年・PF)の得点で盛り返そうとする江戸川大だが、ここで#4八木の3Pが出る。八木は第2戦で足を痛めていたが、それでも最後の試合の要所要所でシュートを沈め、気持ちを見せて交代。残り時間を後輩たちに託した。その後3点差まで詰め寄る江戸川大だが、順天堂大も#20泉(1年・F・西武文理)の連続得点や#13田代の3Pで再び突き放しにかかる。残り4分を切って#21小川(1年・F・能代工)のシュートでついに10点差をつけた。その後時間を使いながら堅実に攻める順天堂大に対し、江戸川大は#1粂川が思い切りの良い攻めを見せるが、#10趙明にリバウンドを次々に奪われそれ以上の追い上げはならず。89-81でタイムアップとなり、順天堂大が嬉しい勝利を上げ2部残留を果たした。

 江戸川大は前半こそリードを奪ったが後半は後手に回ってしまった。主将の#77呂(4年・F)は「ルーズボールやリバウンド、そういう気持ちの部分で相手の方が上だったのかもしれない」と気持ちの差を敗因に挙げている。しかし2戦目も3戦目も終始接戦の好ゲームとなり、江戸川大も地力の差を埋める気持ちを見せていた。来シーズン、次なるチャンスを狙う。対する順天堂大は、「勝負どころで集中して、逃げずに攻めれたことが勝因」#4八木が話すように、後半積極的に攻めて主導権を握ったことで勝利を引き寄せた。またインサイドの要、#10趙 明は圧巻の28リバウンド。ゴール下で体を張り、江戸川大を圧倒した。リーグ戦ではチームがまとまらず、苦労していた順天堂大。もともと噛み合えば面白いチームになることを自分達でもわかっていただけに、なかなか一つになれないリーグ戦はもどかしい様子だった。しかしそれを乗り越え、「チームでやっていかないと勝てない」と気付いたことで強さを発揮。チーム一丸となって、2部残留を決めて今シーズンを締めくくった。

写真上:早い攻撃の起点となった江戸川大・粂川。
写真下:3戦目は趙の存在感が際だった。


※順天堂大・八木選手、江戸川大・呂選手のインタビュー、試合の写真は「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】

「いろいろな人に支えられてここまでやってこられた」
引退に際し、溢れ出る感謝の言葉

◆#4八木昌幸(順天堂大・4年・G)
101111yagi.jpg 第2戦では、足を痛めながらのプレーで気迫を見せた。顔をしかめながら痛々しい動きをする八木に、審判も下がるように心配したほどだった。しかし、下がらなかった。それが結果に出たかどうかは分からないが、八木のその姿を見れば、周囲は頑張らざるを得なかっただろう。この日は八代や趙がこれまで以上の奮闘でチームを2部に踏みとどまらせる活躍を見せ、キャプテンの思いに応えた。
 リーグ戦は単なる実力だけでは勝っていけない。長い期間を一緒に戦い抜くためのチームのまとまりはどうしても必要だ。それができない順天堂は苦しんだが、最後にこの勝利でその輪郭が見えたかもしれない。ここしばらく入れ替え戦の常連のようになっているチームをもっと上に浮上させるには、それをもっとしっかり形にすることが必要だ。八木の渾身のプレーがそのためのDNAをチームに残したと信じたい。


―残留を決めましたが、感想をお願いします。
「昨日試合中に怪我して、今日も下級生に結構負担をかけてしまったので申し訳ない気持ちでした。最後2部に残れたのは、下級生の頑張りのおかげですね。みんな来年も2部でやりたいという気持ちが強かったですし。本当に後輩たちに助けられたと思います」

―2戦目では終盤足を痛めながらもプレーを続行して、3Pも決めましたね。あの時はどういう気持ちでプレーしていたんですか?
「あそこは自分がやるしかない、と思っていましたね。でも結局勝てなかったので、僕のせいで負けたのかなとも思います(苦笑)」

―2戦目あと1歩のところで負けて、3戦目に向けてチームの雰囲気はどうでしたか?
「この3戦目が4年生にとっては最後の試合だし、3年生以下にとっても来年がかかる試合で、切羽詰っているという感じではないですがとにかく“勝たなきゃ”という想いはチームに感じました。絶対勝ちにいくぞって気持ちがすごく入っていましたね」

―この入れ替え戦は、リーグ戦の時よりもすごくチームが一つになったように感じました。リーグ戦の終わりに“うまくまとめられなかった”と仰っていましたが、ここまでチームを持ってこられたのはどうしてですか?
「リーグ戦の時は、だめな時にバラバラになりがちでした。流れの悪い時に、チームでというより自分がどうにかしようと皆が思ってしまうチームだったので。それに対して不満も出たり色々あって、まとめることが難しかったですね。でもみんなやってて分かったと思うんです。一人じゃどうにも出来ないし、チームでやっていかないと勝てないって。ハドルを組んで“こうしていこう”とか声を掛けあった方が、上手くいくんですよね。リーグ戦を通してそこに気付いたので、この入れ替え戦は良かったなと思います」

―リーグが終わって入れ替え戦までの1週間はどう過ごしてきましたか?
「みんなで戦おう、全員で戦おうという雰囲気で、充実した練習が出来たと思います。一つにならなきゃ勝てないってわかったので」

―戦ってみて、相手の江戸川大の印象はどうでしたか?
「江戸川大はすごく頑張るチームなので、うちが少し離して気を抜いた時に詰められる場面もありました。そういう面ですごく競る試合になりましたけど、でもうちも勝負どころで集中して、逃げずに攻めることが出来たのが良かったと思います。それが勝敗を分けた点なのかなと思いますね」

―今シーズン、自分個人のできとしてはいかがでしたか?
「いやもう全然だめですね…。その一言です。みんなに迷惑かけたと思います。出来ない自分がもどかしくて、もうやりたくないとか思ったときもあって。申し訳なかったですね」

―下級生に対して、キャプテンとしてどのように働きかけましたか?
「とりあえず声掛けは多くするようにしました。ミスしても次切り替えろとか。あまり良くないやつに声をかける事とかは意識していました」

―この4年間を振り返ってどうでしたか?
「すごく楽しかったですね。まぁやっぱり大変でしたけど。自分はそんなにバスケが上手くないので、どうしたらいいのかわからなくなった時もありました。下から上手い選手も入ってきますし。もっと自分が上手かったらとか、自分がもっと周りを使いこなせればみんな活きてくるのに、とか考えていました。自分にはその力量がなかったので、後輩たちにもっと気持ちよくプレーさせてあげたかったですね。後輩に負担を掛け過ぎたことが、後悔ではないですけど申し訳ないなという気持ちです」

―4年間一緒にやってきたチームメイトについてはどうですか?
「4年生は本当にまじめで、バスケットに対して熱い選手ばかりでした。自分はキャプテンをやりましたが、4年生みんなが最上級生としてチームを引っ張っていこうという雰囲気だったので、すごく助けられましたね。キャプテン、副キャプテンだからやるというのではなくて、やっぱり4年生だから、という想いでみんなやってくれたと思います。本当に助けられて感謝しています」

―リーグの最初に「やりきって終わりたい」と言っていましたが、どうでしたか?
「やりきれたんじゃないですかね。勝って終わって、自分的にはそうですね」

―バスケットはもう終わりなんですか?
「そうです。終わりですね」

―終えてみてどんな気持ちですか?
「小学校で始めた時からずーっと、自分は本当にメンバーとか周りの環境に恵まれてきました。家族、仲間、監督さん…他にも本当にたくさんの人にお世話になりました。すごく色々な人に支えられてここまでやってこられたと思うし、感謝の気持ちでいっぱいですね。その一言です」


「出してもらえる以上はチームの代表だから頑張る」
その意識で見事勝ち取った入れ替え戦の勝利

◆#13田代高之(順天堂大・2年・F)
101111tashirointerview 3P4本を含む25点、チームハイの活躍で勝利に貢献した。鈴山が当たってこなかった中、第3戦でのこの大爆発は大きい。ここまでなかなか出番がなかったが、まだ2年生ながらこの舞台で結果を出したことで、来年にもつながるだろう。苦しんだ今期を越え、来季こそ、チームのまとまりを作り“これぞ順天堂”という形を見せてくれることを期待したい。


―おめでとうございます。試合を終えていかがですか?
「4年生のためにも竹内先生のためにも、2部に残ることが恩返しかなと思って、自分がやらなきゃという気持ちがありました。2部に残りたい一心だったので、こういう結果になって本当に良かったです」

―入れ替え戦の3試合は、リーグ中あまり見られなかった良い順天堂大が見れたかなと思いました。
「そうですね。リーグ戦の途中は本当にチームがバラバラで、内紛も起こりそうなくらいだったんですが、最終的に勝つことだけを考えてこういう風に一つになれました。それがチームの力になって勝ちに繋がったのかなと思います」

―今日の試合は3Pもキレキレで大活躍でしたね。
「そんなことないです(笑)。でもリーグ戦の途中から試合に出るようになって、出してもらえる以上はチームの代表なので頑張ろうと思っていました。自分のできることを精一杯やろうと意識していましたね」

―昨年ルーキーの時はスタートで出ていましたが、今年は鈴山選手(#19)も入ってきてリーグ戦は途中出場が多かったと思います。それについてどう感じていましたか?
「正直悔しかったと言えば悔しかったんですけど、試合に出た時にいかに頑張るかということに自分の気持ちを切り替えました。スタートじゃなくてもやるべきことは絶対にあると思ったので。そうやって頑張りました」

―これで4年生が引退という形になりますけど、今年の4年生はどんな人たちでしたか?
「本当に僕たちのことを1番に思ってくれて、自分のプレーが出来なくなるまでチームのことを考えてくれました。本当に4年生なしにはこのチームはあり得ませんでしたね」

―そういう意味で来年以降、4年生の想いを受け止めながら2部で戦っていかなければいけませんね。
「はい、そうですね。4年生も本当はインカレに出たかったと思うんですけど、結果このようになってしまったので、来年は今の4年生のためにもインカレ出場、1部昇格を目指していきたいと思います」

―田代選手自身、これから目指すプレーヤー像などはありますか?
「うーん、自分は1年のときと全くプレースタイルが変わっちゃったので…。でもとりあえず、自分の出来ることを頑張るということですね。ディフェンスが得意なので、相手のエースを止めるということが仕事だと思います。それはさらにこれから伸ばしていきたいです」


「自分はできるんだって自信を持っていい」
2部入れ替え戦にたどり着いたここからがまた新たなスタート

◆#77呂 直孝(江戸川大・4年・F)
101111ryo.jpg リーグ戦では粘って3位に滑り込んだ。元全日本の北原監督を迎えてからそれなりの時間が経った。ようやく、という気持ちはあるだろう。そしてこの事実にはどのような環境や指導者を得ても、無名大学が下から上がっていくのはそう容易なことではない、という現実が見える。だが、だからといってあきらめれば何も始まらない。上を目指し、一歩一歩踏みしめてきたからこそ、ここまで来た。そして、呂が言うようにここまで来たということを「できる」という自信にし、託された後輩が再び上を見て歩き出す番だ。たゆまず、あきらめず。それを途切れさせることなくつないでいけば、江戸川大に必ず道はひらかれるだろう。


―2部昇格はなりませんでしたが、どうでしたか?
「うーん…相手の方がやっぱり1枚上手だったかなと思います。ルーズボールとかリバウンドとか、そういう気持ちの部分で相手の方が上だったのかもしれません」

―2戦目は接戦を制して、気持ちでも負けていなかったと思いますが。
「そうですね。でも結局、自分たちが足りなかったということだと思います。順天の方が一生懸命練習してきたからこういう結果になったのかなと思いますね。まだまだ自分たちは足りないんだと感じました」

―リーグ戦が終わってから入れ替え戦まで、どのように過ごしてきましたか?
「とりあえずディフェンスを練習してきました。2部と戦うにはディフェンスが足りないと思ったので。2部よりも入れ替え戦までの期間があった分、フットワークとかでイチから鍛え直しましたね。1日練習をずっとやってきて、出来る限りのことをしてきたと思います。特に対策を立てるというよりは、まずはディフェンスとか自分たちの持ち味が出せるようにというのを意識して練習してきました」

―その持ち味はこの入れ替え戦で出すことが出来ましたか?
「2戦目の時は本当に出せたと思うし、今日の3戦目も出せていたと思います。でも…本当に少しの差で負けたのかなと思います」

―4年間を終えてどうですか?
「まぁ…辛かったですね(苦笑)。練習とか色々。でも、楽しかったです」

―チームをまとめる難しさなどは感じましたか?
「いや、それは全然感じませんでした。みんなそれなりに自分についてきてくれたと思うし、残っている4年生でまとまってやってこられたので。それにうちは下級生とか関係なしにお互い言い合っていて、学年関係なくチームを作れていると思います。それはうちの良いところですね。だからまとめるのが難しいとかは思いませんでした」

―勝つことは出来ませんでしたが江戸川大はようやく2部との入れ替え戦というところまで来ましたね。来年はもっと上へ、という気持ちがあると思いますが。
「そうですね。自分が1年生のころから昇格が目標だったので。本当に悔しいですけど、4年生は少ないし、抜けた穴はすぐ後輩たちが埋めてくれると思うので、次に向けてがんばってもらいたいです」

―4年間の経験を踏まえて、後輩へ何かアドバイスはありますか?
「うーん…強気でやるという事ですかね。うちのチームはみんな、有名な高校から来たわけじゃないし、有名なところから来てもずっとベンチだったりした選手たちばかりです。でも、気持ちが違うというかみんなハングリー精神があります。それでやっぱりここまで来れたんだし、自分たちは出来るんだってことで自信を持っていいと思いますね。来年はすぐ2部に上がれると思うので、頑張ってもらいたいです」


101111yagi2.jpg
役目を果たした八木をベンチが迎え入れる。


101111jyunten.jpg
残留を決め、抱き合う順天堂の選手達。


101111edogawa_20101116175636.jpg
江戸川大も最後まで奮闘を見せた。

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:49  |  2010リーグ戦2~3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |