2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2010.11.04 (Thu)

【2010リーグ2部】10/31 立教大VS國學院大 第2戦

【立教大が連勝で入れ替え戦に弾みをつける】
101031uemura.jpg 3部との入れ替え戦が決定している両者。第1戦同様、立教大は高さを生かしたプレーで、國學院大はアウトサイド中心のオフェンスで得点を重ねていく。1Q中盤までは國學院大のシュートがよく決まり、互角の展開を繰り広げる。しかし、リバウンドからチャンスを作り、確実なプレーをしていく立教大が徐々に点差を開いていく。オフェンスだけでなく、ディフェンスでも國學院大を翻弄し、2Qには20点差をつける。國學院大は前線からディフェンスを仕掛けるなど、追い上げのチャンスを伺うが、立教大#4宇野(4年・F)がそれを次々と阻止。逆に、スティールから速攻を決め、國學院大に反撃の隙を与えない。宇野の容赦ないプレーに、國學院大は攻め手を欠いていき、苦しい時間帯が続く。それでも、#11上村(1年・F・前橋育英)がインサイドで体を張って、なんとか得点していく。
 余裕の試合展開となった立教大は、ベンチメンバーをコートへ。普段は応援席で、大声でチームを鼓舞していた#10井原(4年・G)も、声援に後押しされてコートに立った。その期待に応え、連続3Pなどでチームを湧かせた。試合は、第1戦に続き立教大が70-110の100点ゲームで國學院大を破り、連勝でリーグ戦を終えた。

 立教大は、#4宇野が常にコートを縦横無尽に駆け回り、攻守でチャンスを作って来た。それを#5菊地(4年・F)、#14荒井(3年・F)らが支え、#13熊谷(3年・G)や#17小宮山(2年・G)のガード陣がパスや速攻のチャンスを見逃さなかった。チームとしてまとまりを見せた立教大は、初めての2部で5勝をあげた。だが、「もう少し上にいけたはず」と#5菊地は語った。それは、上位校相手に接戦を繰り広げたことが背景にある。ただ、そこを勝ちきれるかが上位校との差であることも肌で感じたようだった。しかし、誰もが臆すること無く、しっかりと立教大バスケットをやり遂げたことは評価できるはずだ。残りは入れ替え戦で残留を決められるか。最後まで自分たちのバスケットを貫いてほしい。

 國學院大は、途中で上級生が離脱するという厳しい状況に陥った。それでも、コートに立つ下級生は勝利への意志を捨てなかった。最後まで自分たちが今出来る精一杯をコートで表現し、戦い抜いた。全敗という苦いリーグ戦になってしまったが、得たものは敗北の数よりも多いはずだ。来年以降に期待したい。

写真:チームハイの28点をあげた國學院大#11上村。1年生6名のみながら精一杯のプレーを見せた。

※立教大・宇野選手、菊池選手、井原選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】
「入替戦ではチームメートが喜んでくれるようなプレーを」
勝ちたくて本気で頑張った13敗を意味のあるものにするために

◆#4宇野善昭(立教大・4年・C・主将)
101031uno.jpgルーキー時からコートに立ち活躍してきた宇野にとって、2部という舞台は初めて力の限りを出し切ることを求められる場だったと言えるだろう。
これまでは下級生ということもあり、3部の相手ということもあり、ともすれば淡々とプレーしているように見えることもあった。インタビューを見たスタッフが「あいつが“楽しい”って言うなんて」と驚いたほどだ。
しかし、心の奥にはいつも、熱い想いを秘めていた。
伝統ある立教大の4番に袖を通し、「自分が1番本気でやらなければ、ついてきてもらえない」と取り組んできた。コートでプレーする姿からも、口にする言葉からも、その“本気”が迸るシーズンだった。
「僕達は2部に遊びに来たわけじゃない。勝つことが全て」
入替戦で勝利を収め、苦しさ・怖さも味わった5勝13敗という結果と、応援席から見守る同級生をはじめチームメート全てに報いることを“本気で”誓う。


―最終週の2試合を振り返っていかがですか。
「序盤はちょっと内容がよくなかったですが、最後は全員で戦ってしっかり点も取れたので、チームとしていい形で入替戦に臨めると思います」

―オール4年生でコートに出たとき他の4人に声を掛けていましたが、どんな話をしたのですか?
「あのときは、大事な入替戦が残っているので、國學院大を甘く見るわけじゃないですがしっかり入替戦も意識してやろうと話しました」

―その3部入替戦も残っていますが、リーグ全体を振り返ってはどのような感想がありますか?
「現実として入替戦というのがあるので、やはりここで区切りという気持ちにはならないです。僕達はこの2部という舞台でたった5勝しかできなかったんですが、僕達は2部に遊びに来たわけじゃなくて、勝ちたくて勝ちたくて本気で頑張った13敗でした。この13敗が意味のあるものになるかどうかは、本当に最後の入替戦次第だと思います。立教は弱いと思われているでしょうが、簡単に負けてやっぱりなと思われたくないので、まだまだ頑張りたいなというのが今の気持ちです」

―宇野選手としては、早稲田大・相井選手、日本体育大・横江選手という光泉高校時代のチームメート(※1)と試合をする機会がありましたが、ワクワクしたものになりましたか?
「ワクワクというよりは…正直な気持ちを言うと、ちょっと怖い気持ちでした。キャプテンになってからは、高校のときキャプテンだった相井にいかに任せきりになっていたかを感じることが多かったんです。それは練習中も、試合中も。それに気付いた上で、キャプテン同士という立場になって試合をしたときは、別に誰にというわけじゃないですが、何か4年間の全てを試されているような気がして…。横江も学年は1つ下ですが、高校のとき一緒に試合に出ていたメンバーで、彼が主力のチームに対して、自分がこの1年間作ってきたチームが本当に通用するのかとか、1年間自分自身がやってきたことも通用するのかという怖い気持ちのほうが強かったです。それだけに勝ちたかったですね」

―先ほど“本気で頑張った13敗”という言葉がありましたが、その中には延長戦だったり1、2点差だったり惜しいゲームもありましたね。
「リーグ戦中からずっと、勝つことが全てだとチームメートには言っていました。だから1、2点差で負けといっても、それでも入替戦に行くのが現実なんです。この入替戦こそ、本当に勝つことが全て。これから1週間くらいしかないですが変われるところはしっかり変わって、最後に立教というチームを作り上げて、臨みたいと思います」

―入替戦の相手は東京成徳大です。
「僕ら4年生の初めての公式戦(※1)の相手も成徳大でしたし、1・2年のときリーグ戦で戦って、この春先にも練習試合を1度やりました。友達もいますし、よく知った相手ですね」

―その成徳との入替戦では、一選手としてはどんなプレーを見せたいですか?
「うーん、1年間主将を務めさせてもらってきて、ずっとその意識があったので、ここで主将という立場をなくして考えるのは難しいのですが…。リーグ戦中ずっと、シュートが入っていないときも皆信頼してパスを回してくれました。プレーがうまくいかなくてすごく悔しいときも、応援席を見たら僕のプレーなのに僕よりも悔しがっている4年生がいてくれました。なので、これが主将としての気持ちなのか、個人的な一選手としての気持ちなのかはわからないんですが、彼らに今度は僕以上に喜んでもらえるように、いいプレーができたらというだけです」

※1 明治大・若林選手も元チームメート。タレントが揃い、全国ベスト8も達成した代。
※2 立教大は、毎年4月に系列校のチームが集まりセントポールズバスケットボールフェスティバル(SPBF)というイベントを行っている。大学男子の相手チームは毎年ゲストが招かれており、2007年のSPBFの対戦相手は東京成徳大だった。そのときの100-82で立教大が勝利している。


リーグ戦での収穫を入れ替え戦の糧に
”エース”が語る立教大の伸びしろと現状

◆#5菊池庸広(立教大・4年・F)
101031kikuti.jpg目立とうと思えば、いくらでも目立てる選手である。しかし、目立たないところでの貢献が大きい。苦しいときは積極的にシュートを狙い、余裕があるときはリバウンドなど縁の下の力持ちとして実力を発揮する。プレーの緩急が巧い選手だ。
チーム9位という結果は、彼にとっては満足のいくものではなかった。
「もっと上にいけると思った」
リーグ終盤に向けてチームは大きく成長した。役割が明確になり、立教大のバスケットが目指すところが見えてきた。それでも、勝てたはずの試合を落としてしまった。それが今の実力であり、今後の課題となった。チームの状況がよく見えている今だからこそ、入れ替え戦ではもっと精度の高い立教大バスケを見せてほしいところだ。
「みんなで頑張ったときに勝てるチーム」
そのために、エースである菊池の活躍は必至だ。4年の集大成としてどのようなプレーを見せてくれるか、期待したい。

―連勝で終わることが出来ましたが、リーグ戦全体を振り返ってどうでしたか?
「去年3部でやってきて今年から2部に上がることになりましたが、2部で全く勝てないとは思っていなくて、2部でも十分やれると思っていました。実際にやってみて、1点差とかの競ったゲームを落として13敗という結果にはなってしまいましたが、十分やれるなというのは感じましたね。ただ接戦を勝ちきれなかったのが、今の自分たちの実力だと思います。そこに3部と2部の差が出たのかなと思いますね」

―2部9位という結果についてはどうですか?
「正直、自分としてはもう少し上にいけると思っていました。でもこの結果をしっかり受け止めて、入れ替え戦の相手も成徳大で結構強いと聞いていますし、もう一回気を引き締めて戦っていきたいなと思います」

―立教大はリーグ戦を通してチームとして成長出来たと思いますが。
「それは本当にそう思います。最初の方は正直メンバーもあまり固定できてなくて、試合をやりながらという感じだったんですが、週ごとにチームが確立されてきました。そのうち、言われてやるのではなく自分たちから声が出せるようになったり、下級生が自覚を持ってくれるようになったりしたので、そういう成長はすごく感じられましたね」

―逆に課題は何でしたか?
「強いチームとあたると、どうしても自分たちのペースが崩れてしまうというか、自分たちで自滅してしまうところがあったかなと思います。もっと細かいところでは、インサイドが弱いので、そこもみんなで助け合っていかなければいけないですね。フィジカルとか筋トレとか、そういう基礎的な部分をもっとやっていくべきかなと思います」

―ポイントゲッターだった丸本選手が卒業して、今年は自分がやらなければという責任は感じていましたか?
「いや、そんなには意識していませんでした。去年は丸さんがいて、そこが起点になっていましたけど、今年はどちらかというと全体的にみんなが点を取っていくという感じだったので。ただ、チームが困った時には、例えば自分が犠牲になって、ノーマークを作ってあげるだとか、そういう動きは心がけました」

―今年リーグ戦が9週に伸びたわけですが、大変だったところはありますか?
「やっぱりみんな思っていると思いますが、長かったですね。去年・一昨年は、疲れはしましたけど”いけるかな”という感じだったんです。でも今年は後半になって身体がこたえてきて、自分の身体が一杯一杯になっているのを感じました」

―逆に9週に伸びて良かったと思う点はありますか?
「うーん…個人的には短くてもいいかなと思います(苦笑)。かといって、1チームと1試合しかやらなくなるとそれはそれで短くなりすぎると思いますし、難しいところだと思うんですけどね。ちょっと長いかなとは思います」

―おそらく来年以降もこの形でやっていくことになりますが、下級生に何かアドバイスをするとすれば。
「しっかりケアして風邪ひかないようにして、身体をしっかり休ませるということですかね。あと学校が始まってからはそこの兼ね合いもあるので、その両立も。特にうちの大学は、体育会が優遇されるわけではないので。勉強しないと単位が来ないので、今年1年生を見ていてもそういう部分が大変そうだなと思いましたね。そういう事を上級生が1年生に伝えておいてあげれば良かったかなと思います。今年はそこが少し出来なかったかなと感じました」

―引退まで入れ替え戦を残すのみとなりましたが、自分としてもチームとしても、最後はどのようなプレーがしたいですか?
「うちのチームは個人を見ても、とてつもなく能力が高い選手がいるわけではない。みんなが頑張った時こそやれるチームです。だから、夏から本当に走り込んできて、体力的にも精神的にも辛い部分はみんなで乗り越えてきたし、みんなでもう一回泥臭く頑張っていければいいかなと思いますね。応援席とかの存在も本当に力になっていると思うので、その感謝の気持ちも込めて頑張りたいです」


”声”でチームを引っ張った応援団長が最後はコートへ
連続3Pを沈め、コートでも存在感を示した

◆#10井原和久(立教大・4年・G)
101031ihara.jpg大声でチームを鼓舞したかと思えば、仲間の1プレーにオーバーリアクション。
彼の存在は、立教大応援席の中でも異彩を放ち、そして目を引いた。いつでも、どんな試合でもコートに立つ選手に大声で声援を送り続けていた姿は印象的だった。立教大5勝の影の立役者は彼だと言っても過言ではないだろう。負けが続いた時も、彼の声がチームを救ったに違いない。
そんな彼がリーグ戦最終試合、ユニフォームを着てコートに立った。
「これがコートに立つ最後だと思ってやりました」
最終試合で自らのプレーを存分に発揮した。連続3Pを決めた後は、大歓声に包まれた。この歓声こそが、立教大における彼のポジションと存在の大きさを示していた。
コートに立つ選手に注目してほしいのはもちろんのことだが、声でチームを支える井原のような選手もまた、チームを作る1つの要素として欠けてはならないということを忘れてはいけない。“バスケットはチームプレー”。それを改めて感じさせてくれたのが、井原和久だった。

―今日はコートに立ちましたね。3Pも決めて、キレキレでしたね!
「はい、もちろんです!スタッフの人たちが僕の力の全てをわかっていないので、これからどんどんアピールしていきたいと思います!…もう終わりなので冗談ですが(笑)。これがコートに立つ最後の試合だと思って、4年間をコートに置きました!」

―リーグ戦を振り返って。
「2部のチームは強かったなと、本当に思いました。普段はベンチ入りしておらず、応援として上から観たときに、フィジカルやシュートの質だとか、2部のチームはしっかりしていると感じましたね」

―普段は、応援として上からチームを見ているわけですが、チームがリーグを通して成長したところ・課題はどういうところだと思いましたか?
「関東学院大とやったときに、3Qまで負けていたのに、4Qで追いつけたということで、チームの底力が見えました。そこが成長した部分だと思います。課題は、練習でもやっているんですが、ディナイディフェンスですね。もっと厳しくやることができたらよかったのではないかなと思いました」

―応援団も含め、チームで戦っているのが立教大の良さだなと思ったのですが。
「“チーム一丸となって勝つ”ということが一番大事だということを、このリーグ戦で感じました。応援があってこそ、競ることができたと思うし、勝ちにも繋がったと思います。バスケットは、5人だけではなく、ベンチ、応援団、そして観客の方々の力があってこそ、勝てるものだと思っています」

―そういった意味では、毎試合、応援席からコートに声援を送っていた井原君はチームに対して素晴らしい貢献をしていたなと感じたのですが。
「そのとおりです!(笑)」

―また、毎年応援で頑張れる子がいる、ということも立教大の良さですよね。
「そうですね。これまでの先輩を尊敬して頑張っています!」

―さて、チームで試合をするのも入れ替え戦を残すのみとなりました。最後はどういう形で試合を終えたいですか?
「試合のタフさや自分の実力を考えると、僕はきっと最後の試合には出ないと思います。が、その分チームを盛り上げるということに徹したいと思います!」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  18:38  |  2010リーグ戦2~3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |