FC2ブログ
2021年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月


サイトを移行しました。現サイトはアーカイブとして継続してご覧いただけます。
http://bojweb.com

2021.07.05 (Mon)

【2021全関】6/13 最終日レポート

近畿大が実力を示し2年ぶり開催の全関を制す

210613OMACHI.jpg 2年ぶり開催となった全関は最終日。棄権校も出ていたが、関係者の尽力もあり、なんとか全日程を消化するに至った。この先も夏を越えればリーグ、そしてインカレへと続いていくが、少しでも本来の状況で開催できることを願うばかりだ。


 この日、最初のカードとなった7位決定戦は、立ち上がりから関西学院大龍谷大を圧倒。#2北橋(2年・PG)が20得点、#93宮内(3年・C)が14得点、交代出場の#8米田(3年・SG)が15得点をマークするバランスの良さを見せ、90−63。最後は勝利で大会を終えた。

 また5位決定戦には関西大立命館大が登場。前半で背負ったビハインドを関西大が猛追する展開だったが、最後にこれを断ち切ったのは立命館大の#1満尾(3年・SF)のアウトサイド。関西大を70−59で振り切り、全関では久々のベスト8を5位で締めくくった。

写真:今大会もスタメン起用となった大町。関西でのタイトルのみならずインカレでの再びの躍進のためには近畿大にとって欠かせない存在だ。

※立命館大・満尾選手のコメントは「続きを読む」へ。

-------------------

長所を活かし切った京産大が3位に

210613TAKEHARA.jpg 大阪学院大京都産業大による3位決定戦は、波乱含みの幕開けとなった。開始そこそこで、ルーキー#8川越(1年・C・藤枝明誠)が接触プレー後にコートに倒れ込み、そのまま起き上がれず。ゲームはそのまま中断し、川越も交代を余儀なくされる。インサイドのビッグマンを失った大阪学院大に対し、京産大は#23サンブ(4年・C)が易々と得点を重ね、早々に2桁差とした。立て直したい大阪学院大は、#0小川(4年・SG)、#30金田(3年・SF)らに得点が出て2Q終盤には挽回。なんとか6点差にまで縮めてハーフタイムに入った。

 しかし、3Qに入り京産大が再びエンジンを加速させる。#2北條(4年・PG)の3P、#10上田(4年・SG)のセカンドショットなどが続き、大阪学院大の出鼻をくじく。#0深田(2年・SF)の得点で返す大阪学院大だが、#23サンブのゴール下には終始手を焼き、再び10点差とされる。安全圏のリードを保つ京産大は、#22武原(4年・PG)のシュートも要所で決まり、最終的には93−72という大差で勝利。今大会は3位フィニッシュとなった。

 近畿大に準決勝では大差で敗れた京産大。最上級生となったサンブがこの日は立ち上がりからそれを払拭すべく奮闘し、周囲もそれに応えた。ただ、3位という結果には満足していないだろう。昨年は関西ではリーグのみの開催であったが、最後のタイトルは2年前のリーグ戦となる。期待をかけられてきたサンブを始めとするメンバーの、ラストイヤーにかける気持ちに期待したい。大阪学院大としては、抜けた存在だった吉井の存在をどうカバーしていくのかが今季の重要なテーマとなる。この日は惜しくも僅かなプレータイムで終わった川越や、深田、鈴木といった下級生はまだまだ伸びしろ十分。大阪学院大らしい個性と才能あふれるバスケットを、秋には花開かせたい。

写真:京産大は武原もそつのない働きを示した。

※京都産業大・サンブ選手のインタビュー、大阪学院大・金田選手のコメントは「続きを読む」へ。

-------------------

アクシデントにも動じず近畿大が盤石の強さで優勝

210613SAKAGUCHI.jpg 決勝は昨年のリーグで最終日まで優勝を争った近畿大天理大の対戦となった。立ち上がりは天理大ペース。いきなり#55イソフ(3年・C)が難しいバスケットカウントをねじ込む。近畿大も#3高岡(4年・PF)の得点で返すが、#21近藤(3年・PF)に3Pを許し出遅れ。ディレイドに付き合わされる格好となりアップテンポな展開に持ち込めず、重いスタートになった。だが、交代出場の#21坂口(3年・PG)が続けてバスケットカウントを奪い一気に抜き去る。しかし、このまま走りたいところで、大黒柱の#2パトリックが負傷。思わぬアクシデントが近畿大を襲う。ただ、それでも#21坂口の好調ぶりがその後も光り、天理大に流れを渡さない。最後は3ショットを全て揃えて、1Qで11点差とした。

 「(パトリックが)いない場合を想定した練習はしてきていた」(#56米澤)という近畿大。#93大町(4年・C)、#ムヤ(2年・C)のインサイドは強力で、天理大が攻めあぐねる状態が続いた。近畿大は2Qも#13高原(2年・PF)のバスケットカウント、#56米澤(3年・SG)の連続得点でリード拡大に成功。前半で20点差をつけると、後半に入っても余裕の試合運びを見せ、最後まで天理大にきっかけを与えなかった。結局60−42という大差となり、近畿大が優勝を確定させた。

 昨年はインカレで5位にまで到達した近畿大。卒業したメンバーもいる中で迎えた今季最初の大会だったが、盤石の強さを発揮した。決勝ではパトリックが早々にアクシデントに見舞われるが、彼を欠いたことを感じさせないパフォーマンスだった。今年も関西のトップを保ち続けられるか。一方、大きくメンバーの変わった天理大は最後に力量差を見せつけられる悔しい準優勝。しかしこれまで経験の少なかった選手たちがその実力を示した。今回は大差となったが、秋には追い越したい。

写真:ベンチスタートながら坂口が安定したプレーを続けていることも近畿大の強さの要因だ。

※近畿大・米澤選手、天理大・二見選手のインタビューは「続きを読む」へ。
EDIT  |  21:35  |  2021関西  |  Top↑
 | BLOGTOP |