FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会 〜12/15
駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館

2019.12.11 (Wed)

【2019インカレ】12/11レポート(2回戦・Aコート)

191211daito.jpg

関西勢と九州1位が関東相手に奮戦
大東文化大と専修大はあわやの場面も


 インカレは2面での展開により、3日目にしてベスト8決定戦まで進んだ。AとCブロックの合計4試合が行われたAコートでは、大東文化大・専修大・東海大・日本大のすべて関東チームが勝ち上がった。地方勢は関西1位の京都産業大と関西2位の近畿大が関東上位を脅かす試合を展開するも破れたが、昨年よりも差のない戦いとなり、関西勢のレベルアップを感じさせた。九州共立大も途中まで東海大に接戦を演じた。唯一の関東対決となった日本大と早稲田大は日本大が高さと攻撃力で逃げ切った。



互いに外が当たらない中で日本大#10杉本が得点を牽引

191211matuwaki.jpg 劇的な試合で1回戦を勝ち上がった早稲田大日本大と対戦。両者固い出足だが日本大は#60黒田のシュートが決まり、インサイドでは#0シェイク(3年・C)の高さが活きる。早稲田大は外打ちが多く、これが決まってこない。11―17で1Q終了。2Q、#0シェイクが2つ目のファウルを犯し、ベンチへ下がる時間もあったが、#14松脇(4年・SG)がフリースローを得るなどして前半は22―32と日本大がリード。

 後半3Q、両者ここまでほとんどアウトサイドが当たっていないが、早稲田大は#12土家(1年・PG・福大大濠)、#41小室(3年・C)、#14柳川(3年・SG)の3Pがようやく当たり、残り3分3点差に詰め寄った。日本大はかろうじてリードを守って4Qに入ると、#10杉本(3年・SG)にようやく当たりが来る。さらに杉本は切れ込んでファウルももらっていき、流れを取り戻す。早稲田大はオフェンスが単調になってしまい、シュートが決まらない。日本大も爆発的は点数が伸びなかったがリードを守りきり51―67。ベスト8へ進んだ。

写真:3Pが当たらない中、松脇がフリースローを8/11と高確率で決めていった。



近畿大は逆転するもファウルトラブルが響く

191211pp.jpg 1Qは近畿大のリードから入った。専修大はすぐに立て直し、2Qに入ると一気に引き離して専修大らしいハイスコアとなり、前半は40-30。3Q、そのまま10点ほどのリードの専修大だが、近畿大は#24今村(4年・PF)がフリースローを得ていくと追い上げ、#36榎田(3年・PF)の3Pが決まると開始3分で2点差に。専修大はタイムアウトで流れを切る。専修大は#12西野(3年・F)のリバウンド、#23キング(2年・SG)のレイアップなど高い身体能力から再び差を広げていく。近畿大は#13渡辺(3年・SG)がオフェンスリバウンド、合わせを見せて再び追い上げ、さらに#24今村のドライブからパトリックへの合わせで残り1分半に逆転。さらに#24今村のバックドアが決まり55―59と近畿大4点リードで4Qへ。

近畿大の流れで入った4Q、#9パトリック(2年・C)がタップを押し込み#24今村のジャンパーで6点のリードまで広げた。しかしここから#9パトリックが連続ファウルを犯してしまい、ファウルアウト。続けて抜群のアタックを見せていた#13渡辺もファウルアウトとなり、近畿大は一気に崩れてしまった。専修大は#46寺澤(2年・SF)で逆転、#30アブ(4年・C)などインサイドの強みを生かして点差をつけると、61-89。専修大が際どい勝負を最後は制した。

写真:16点17リバウンドのパトリック。ファウルは相変わらず課題だが、昨年よりも成長した姿を見せてくれた。



ガードの個人技が光る九州共立大が東海大相手に健闘

191211nishida.jpg 東海大は九州1位の九州共立大と前半から接戦を展開。九州共立大はディフェンスではゾーンを織り交ぜ、オフェンスでは#3奥田(3年・PG)、#11久保田(4年・G)のツーガードがゲームを引っ張っていく。東海大は#19西田(3年・SG)が好調で3Pを沈めていき、接戦からじわりと抜け出す33-24で前半終了。

 後半、東海大は#11大倉颯太(2年・G)、#19西田が立て続けにアウトサイドを沈めると一気に差がついた。九州共立大は得点が伸びず苦しいが、#11久保田が1対1を仕掛け、3Pを決めては苦しい場面を何度も盛り上げる、東海大は#1大倉 龍之介のアウトサイド、アシストも通るなど、追い上げさせない。九州共立大は最後に#24ハッサン(3年・C)が#23佐土原(2年・PF)をブロックも見せた。3Qを40―53で終了して入った4Q、東海大のリードは15点ほどと大きいが、九州共立大も#11久保田の1対1、#24ハッサンもゴール下で粘る。だがアウトサイドが好調に決まり続けた東海大が54-74と20点差に広げて勝利した。

写真:5本の3Pを沈めた西田が20得点。今大会はずっと好調だ。



京都産業大は4Qに追い上げ、僅差で大東文化大に敗北

191211sanbu.jpg 第1シード大東文化大に挑んだ関西1位の京都産業大は、一時20点近く離される展開の中、最終Qで猛追する粘り強さを見せた。

 1Qは互いに競り合う展開となったが、京都産業大はゾーンで大東文化大の足を止め、後に#24大庭(4年・SG)が3Pを沈めて15-17とリード。2Qもゾーンは継続でリードを守る。しかし大東大は#15モッチ(4年・C)が中へ入り、#12中村拓人(1年・PG・中部第一)が絶妙なレイアップを決め、#2飴谷(3年・SG)のフリースローで残り4分半で逆転。その後も#2飴谷から#15モッチへのアシスト、#2飴谷の3Pも決まって一気に抜け出し、37−24で前半終了。

 3Q、大東大は#15モッチ、京都産業大は#23サンブが加点していくが、アウトサイドのシュートがよく決まった大東大が62-45として4Qへ。すると、大東大はリードを守っているが、京都産業大も#24大庭のシュート、#10上田(2年・SF)のドライブで攻め、ゴール下では#23サンブ(2年・C)が長い手を活かして#15モッチをかいくぐってシュートを決めていく。大東大の得点が止まる一方、京都産業大は#90北條(2年・PG)の3Pで差を一桁にすると、そこからも得点が続いて、残り2分半に#24大庭の3Pで68-64。大東大は#15モッチ、#34中村浩陸で返していくが京都産業大は#90北條のフローター、#38リンダー(4年・PF)の3Pも決まり、あわやという展開に。しかし大東大も#25高木のフリースローで安全圏に脱すると79-74で試合終了。京都産業大の追い上げを受けつつも、ベスト8へ進出を決めた。

写真:モッチの顔を抱えるような形でサンブがレイアップ。瞬発力が高く、モッチとは反対のスタイルをうまく活かしたプレーが光った。


※次のインタビューは「続きを読む」へ。
早稲田大・桑田選手、髙阪選手
近畿大・今村選手
九州共立大・久保田選手
京都産業大・リンダー選手


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2019インカレ  |  Top↑

2019.12.11 (Wed)

【2019 インカレ】12/11レポート(2回戦・Bコート)

191211 nittai
写真:日本体育大は次第に中京大を引き離していった。


青山学院大と白鴎大が接戦をものにし
筑波大と日本体育大は余裕を持って勝利


 Bコートでは1回戦に続きB、Cブロックの2回戦の4試合が行われ、いずれも関東勢がベスト8を決めた。唯一の地方校・中京大は、日本体育大に前半5点差で折り返したが、後半に一気に点差をつけられてしまった。筑波大は最後に控えの選手も出場し、中央大に勝利。白鴎大と青山学院大は競り合いになりながらも勝ち切り、神奈川大と拓殖大は終盤まで追い詰めたが惜敗。その結果青学大、日体大、筑波大、白鴎大の4校がベスト8に進んだ。



筑波大が1Qからシュートを決め続け中央大を圧倒

191211 yamaguchi 筑波大中央大に序盤からリードし77-50で勝利。中央大は1Qから筑波大の高さに苦しんだ。序盤は#2大﨑(4年・SF)や#21渡部(1年・SF・正智深谷)の3Pが決まったが、筑波大は#88牧(4年・SG)や#27山口(3年・SG)を始めアウトサイドやドライブ、速攻も多く余裕を持って試合を進めた。

 中央大はサイズで劣り攻めあぐねた。しかし#12樋口は安定した統率力がみえ、#21渡部もシュートに果敢に向かうなど来年につながる収穫はあったはずだ。その中でも#2大﨑が13点、#22足立も苦しい時間に粘り強さをみせ、#71沼倉はリバウンドで見せた。4年生の意地と、下級生の伸び代を感じさせる試合だった。

写真:20点チームハイの筑波大・山口。中央大・渡部とは出身校が同じで「後輩に負けられない」と意気込んでいた。



青山学院大が拓殖大のシューター陣の猛攻を振り切る

S__480157703.jpg 拓殖大は序盤からどんどんシュートを打ち、大きくリード。対する青山学院大は固さが見えたが#2斉藤(3年・PF)の3Pから持ち直し17-18で1Q終了。2Qも互角の戦いで、拓殖大は#99多田(4年・SF)の3Pが入り盛り上がる。青学大は高さを活かしつつ、#2斉藤が最後にジャンパーを決め33-38と5点リードで折り返す。3Qは開始2分間、両チーム無得点となるが、拓殖大はディフェンスがよく、#9小室(4年・SG)の速攻を皮切りに#59平良(4年・PG)が2本連続で3Pを決め、開始4分半で同点とする。しかしファウルが重なり#41杉野(3年・PF)、#9小室が共に3ファウルでベンチへ。青学大はフリースローで加点し、#21納見(4年・PG)がフローターを始めじわじわ点差をつける。拓殖大はシュートが落ち我慢の時間になるが、終盤に#22飯野(4年・SG)がバスケットカウントを決め45-51で追いかける。

 4Q、#2斉藤のシュートが安定し開始4分で15点差をつける。拓殖大は外角がなかなか入らない。残り4分半でようやく#41杉野のジャンパー、#99多田の3P決まり再び追い上げようとするも、青学大は#21納見のドライブなどで再び点差をつける。残り2分の拓殖大のタイムアウト後、3Pで食らいつくが、青学大は#7ナナー(4年・CF)がダンクを披露し寄せ付けず、67-79でベスト8に進んだ。

 拓殖大は持ち味のシュート力を序盤から発揮し、一時は12-0と大きくリードした。青学大は#2斉藤のシュートを中心に得点し逆転を許したが、サイズが劣る中#41杉野もリバウンドで奮闘。ディフェンスではゾーンが効き、青学大を苦しめる時間も多かった。

写真:インサイドは青学大・ナナーと拓殖大・杉野。得点はほぼ互角。リバウンドでフィジカルの強いナナーが上回った。



後半に点差をつけた日本体育大が100点ゲームの快勝

191211 bamu 日本体育大中京大の対戦は、前半は互角の勝負。日体大は#50バム(2年・C)が裏をとるプレー、#5磯野(4年・SF)がゴール下やタップをねじ込み流れを呼び一時は10点差をつける。中京大は入りに固さが見えたが、2Q中盤に#6林(4年・F)、#3内山(4年・SG)の3P、#25植木(2年・PF)のゴール下、#6林のバスケットカウントで最小点差1まで迫り前半は47-42と5点追う形で前半終了。後半は日体大#50バムがゴール下で奮闘し、この日30点の活躍。ガード陣の3Pも決まり点差をつけ、最後は75-104とペースを掴み快勝した。中京大は#6林が35点のゲームハイで、エースとしての活躍をみせた。#25植木の豊富な運動量や#3内山のキャプテンシーもみられたが、日体大のハイペースは徐々に体力を削っていった。しかしディフェンス力を証明する時間帯もあり、東海地区1位の意地が見えた。

写真:ダブルチームで囲まれながらも30得点の日体大・バム。前半厳しい時間にバスケットカウントも決めた。



白鴎大の#2中川が勢いをつけ、終始リードを守りきる

191211 bura 神奈川大白鴎大戦は、前半ロースコアの互角の戦い。白鴎大は前半終盤、#2中川(4年・PG)がバスケットカウント、3Pを2本決めるも、神奈川大の#75小酒部(3年・SF)も3P、ブザーとともにゴール下を決め33-28で5点を追いかける。後半を開始して飛び出したのは白鴎大で、#2中川のスピードが光り、ディフェンスも締める。神奈川大は#75小酒部がファウルをもらいながら攻め食らいつくが、白鴎大は#52ブラ(2年・C)がゴール下、多様なパス回しで速攻も出て勢いが増していく。神奈川大は最後に#3小針(2年・PG)が3Pをねじ込み52-40と8点ビハインドで最終Qへ。

 4Qも白鴎大の勢いは止まらずパスを速く回しながら攻撃を組み立て、速攻、オフェンスリバウンド優勢に。#77前田(4年・F)は神奈川大の#75小酒部にべったり張り付き自由にプレーをさせない。負けじと#75小酒部は振り切り、ファウルをもらっていくがフリースローの確率が上がらず。なかなか点差が詰まらないが、#75小酒部がタップでバスケットカウント、#11工(1年・PF・高崎商)がリバウンドからねじ込み、残り2分半で7点差。お互いディフェンスもハードになりファウルゲームに。白鴎大は#77前田がタップ、#2中川がドライブを決め再び点差をつけ、神奈川大はシュートを決めにいくも、追いつくには時間が足りず。74-62で白鴎大が勝利しベスト8に進んだ。

191211 kanagawa 白鴎大はいい出来で、神奈川大の幸嶋監督「ブラ(#52)の集中度合いが違った」と、リーグ戦とは異なる白鴎大の気合いを称賛。神奈川大の#75小酒部と白鴎大の#77前田とのマッチアップが大きな見どころになり、厳しいマークに遭いながらも小酒部は28点の安定した活躍を見せた。#5緒方は初戦に続き勝負所でシュートを決め、#6尾形は持ち味の身体能力を活かし、オフェンスリバウンドなどでチームを盛り上げ、4年生の活躍が光ったが、ベスト16で姿を消した。

写真上:前田が「シェッハのために誰より頑張りたいのはブラだと思う」と語っていたが、それを証明するようなハードワークと集中を見せた白鴎大・ブラ。
写真下:倒れた4年生の尾形を助け起こす小酒部と小梁。入れ替え戦からインカレにかけては4年生がチームを引っ張るプレーを連発した。


※以下のインタビューは「続きを読む」へ。
中央大・沼倉選手
拓殖大・多田選手
神奈川大・小酒部選手


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2019インカレ  |  Top↑

2019.12.11 (Wed)

【2019インカレ】12/13試合予定(準々決勝)

駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

13:20 専修大学 vs 東海大学
15:00 白鴎大学 vs 青山学院大学
16:40 筑波大学 vs 日本体育大学
18:20 大東文化大学 vs 日本大学

※12日は男子の試合はありません。

全日本大学バスケットボール連盟インカレ公式サイト
最新情報は公式サイトでご確認ください。



テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:58  |  2019インカレ  |  Top↑

2019.12.11 (Wed)

【2019インカレ】12/11結果(2回戦・ベスト8決定)

駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

◆Aコート

早稲田大学51(11-17,11-15,13-15,16-20)67日本大学
専修大学87(16-15,24-15,15-29,32-17)76近畿大学
九州共立大学54(13-19,11-14,16-20,14-21)74東海大学
大東文化大学79(15-17,22-7,25-21,17-29)74京都産業大学


◆Bコート
筑波大学77(26-13,19-7,21-168,11-12)50中央大学
拓殖大学67(17-18,16-20,12-13,22-28)79青山学院大学
白鴎大学74(15-17,18-11,19-12,22-22)62神奈川大学
中京大学75(19-27,23-20,18-31,15-26)104日本体育大学


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:55  |  2019インカレ  |  Top↑

2019.12.11 (Wed)

【2019コラム】「情報発信という意味でも、大学日本一に」東海大学広報・橘川将樹

KIAKAAWA3.jpg

SNSの普及によって各チームが試合情報や結果だけではなく、部の魅力発信に広く取り組むようになってきている。そんな中、今季から東海大学に新たに「広報」という肩書を持つスタッフが登場した。

これまでも東海大の情報は代々のマネージャーが独自にホームページを作成し、発信してきた。今季はそれがさらに詳細になり、ABチーム両方について試合の告知、結果、チーム情報、OB情報などをHP、各種SNSを使って緻密、かつスピーディに発信している。ビジュアルにもこだわり、東海スポーツとも協同した撮り下ろしなどで展開しているのも例年とは異なる表現だ。この広報として新たな情報発信に挑んでいるのが、3年生の橘川将樹。マネージャーと兼任しつつ広報を担当し、ときには自分で撮影もこなして挑んでいる。どのように活動に取り組んでいるのか、話を聞いた。



テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  08:57  |  その他の記事  |  Top↑
 | BLOGTOP |