FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会
筑波大学が3年ぶり5回目の優勝

2019.12.09 (Mon)

【2019インカレ】12/9レポート(1回戦・ABコート)

第71回全日本大学バスケットボール選手権が開幕
大学日本一の座をめぐる7日間の熱い戦い

 日本一をかけた大学界でも最も重要な戦い、インカレが開幕した。今年は男女が同時開催で、男子は駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で7日間にわたる戦いが行われる。共催での試合数の関係により、今年度は5〜8位を決める順位決定戦は行われず、ベスト8で敗退すれば4年生は引退、チームはシーズン終了になる。ベスト4に残ったチームのみが最終日まで順位をかけて戦いを繰り広げることになる。


◆Aコート

1回戦突破は関西1位の京都産業大・2位の近畿大と
関東3位の専修大・関東1位の大東文化大


191209daito.jpg
大東文化大は全員出場で第1シードらしい戦いぶりを見せた。


 AブロックとCブロックの1回戦が行われたAコートには、第1シードの大東文化大と第3シードの専修大、そして関西1位の京都産業大と関西2位の近畿大という注目の4校が登場し、いずれも勝利した。この中でややおとなしかったのは新潟経営大のディフェンスの前に攻めあぐねた近畿大のみで、後半に抜け出したものの61-89。その他の大東文化大・専修大・京都産業大の3チームは圧倒的な展開でいずれも100点ゲームで初戦を突破した。

191209nakamura.jpg 第1シードの大東文化大は、その貫禄を発揮。#34中村浩陸(4年・PG)が1Qから好調に3Pを沈めてチームを牽引し、全員がたたみかけるようにオフェンスを展開。大阪体育大相手に20点差をつけるとその後も各Qで好調に得点を重ねて102-63。大阪体育大は持ち味のトランジションを軸に最後まで走り、#6アデバンジョ(2年・SF)が高いクイックネスを見せるシーンもあったが、3Qで9点と失速した。

 専修大は昨年のベスト8決めと同じ関西3位のく大阪学院大との対戦に。1Qから相手を圧倒すると110-60の大差。大阪学院大は全体的にサイズが大きくエースの#8吉井(3年・SF)が奮闘するも、専修大のサイズ、攻撃力の前には為す術がなく、昨年以上の点差となる50点差で敗れる厳しい敗戦となった。京都産業大は北海道1位の酪農学園大相手に前半から#24大庭(4年・SG)をはじめシュートも好調で、余裕のある戦いぶりを見せた。酪農学園大は3Pが当たり始めると波に乗り、持ち味の速いトランジションで積極的に攻めていくが、3Qになると40点以上引き離された。終盤は京都産業大が控えを主体にし、118-57。次戦で第1シード、大東文化大と対戦する。

写真:大東文化大は立ち上がりから中村浩陸が連続スリーポイントで見せた。



◆Bコート

日本体育大と青山学院大は前半にやや苦戦
地方校同士の戦いは中京大が抜け出す


2C7A2228.jpg
写真:日本体育大は大浦が欠場。井手も途中で流血して退場し、武藤が長いプレータイムを得た。


191209 taira BブロックとDブロックの初戦4試合行われたBコート。100点ゲームで突破したのは拓殖大と中京大。拓殖大東北学院大に対して入りでやや固さがみえたが、ゾーンを組みスティールから速攻を連続した2Qから徐々にリズムを取り戻して105-65で快勝。中京大100-65札幌学院大に勝利した。札幌学院大は2Q中盤まで互角の勝負。#9皆川(4年・G)が攻撃の基点となり、#31佐藤(4年・SG)はリバウンドやディフェンスで粘ったが、徐々にミスが出始めシュートが落ち、点が伸びなくなった。中盤から中京大は#6林(4年・F)がジャンパーをはじめ多様なプレーをみせ、その後は各選手がまんべんなく活躍。じわじわと点差をつけ後半も中京大がペースをつかんで勝利した。

 残りの2試合は初戦の固さがあったが課題が残った。関東4位の日本体育大は欠場者がいる中で仙台大との初戦。序盤のリードを守り89-66で勝利したものの、終始仙台大のねばりも光った。仙台大は前半のシュートが好調。ゾーンディフェンスで日体大のミスを誘発し、互いに点を取り合う形となる。日体大はリードは保っているがスキを突いて得点され、10点前後の差から一気に突き放せない時間が長かった。4Q、仙台大は#31市川の3P、#18石井(3年・G)のアウトサイドも入りいいペースだが、日体大は#21クリスティン(1年・C・東山)を中心に着実に得点。仙台大はゴール下で#4呂蔡(2年・C)と#5梅田(3年・C)が踏ん張りをみせるも、高さは足りず。日体大が逃げ切りの勝利となった。

191209 jamaia 青山学院大九州産業大の対戦は、九州産業大が1Qにリードしたが、青学大が3Qに連続でシュートを決め一気に点差をつけた。九州産業大は#5ムーア(2年・SF)が前半に青学大のダンクシュートを2ブロック、さらに2本のダンクを披露。#3小松(3年・SG)と#9米須(4年・PG)が交互に青学大の#21納見(4年・PG)をフェイスガードし自由にさせない。青学大は1Q、やや固さがみられ15-20で出遅れるが、2Qに#21納見が3P、#52赤穂(3年・PG)のバスケットカウントを始めじわじわ詰め寄り逆転し42-37で折り返す。3Q、#2斉藤(3年・SG)が3本、#52赤穂、#21納見がそれぞれ1本の3Pを沈め一気に畳み掛け、10点以上の点差を保つ。九州産業大は#9米須に#37松田(4年・PF)が合わせ、#13上良(4年・SG)が得点源となり31点の活躍。しかし終盤まで青学大のシュートはリングに吸い込まれ、かつ九州産業大の#5ムーアが4ファウルになると青学大のゴール下#7ナナー(4年・CF)が安定して攻撃し、77-95で青学大が勝利した。

写真上:拓殖大は全員出場。平良は3P2本を含む12点。
写真下:見事なブロックやダンクを披露した九州産業大のムーア。

※下記選手のインタビューは「続きを読む」へ。
京都産業大・サンブ選手
中京大・林選手
仙台大・藤原選手
九州産業大・上良選手


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2019インカレ  |  Top↑

2019.12.09 (Mon)

【2019インカレ】12/9フォトギャラリー(1回戦)

191209yonesu.jpg
小気味良い展開で前半は青山学院大を脅かした九州産業大。スピードで見せたガードの米須。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2019インカレ  |  Top↑

2019.12.09 (Mon)

【2019インカレ】12/9結果(1回戦)

駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

◆Aコート

酪農学園大学57(19-35,14-23,9-34,15-24)116京都産業大学
新潟経営大学61(18-15,15-25,20-27,9-21)89近畿大学
専修大学 110(22-9,27-16,34-18,27-17)60大阪学院大学
大東文化大学102(36-16,24-19,21-9,21-19)63 大阪体育大学

◆Bコート
拓殖大学105(15-11,30-21,27-21,33-12)65東北学院大学
中京大学 100(17-20,30-10,29-20,24-15)65札幌学院大学
仙台大学66(12−23,17-17,20-21,17-28)89日本体育大学
九州産業大学77(20-15,17-27,20-30,20-23)95青山学院大学


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2019インカレ  |  Top↑

2019.12.09 (Mon)

【2019インカレ】12/10試合予定

駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

◆Aコート

11:30 早稲田大学 vs 天理大学
13:10 徳山大学 vs 日本大学
14:50 九州共立大学 vs 松山大学
16:30 福岡大学 vs 東海大学


◆Bコート
11:30 名古屋経済大学 vs 中央大学
13:10 筑波大学 vs 金沢大学
14:50 名古屋学院大学 vs 神奈川大学
16:30 白鴎大学 vs 広島大学

全日本大学バスケットボール連盟インカレ公式サイト
最新情報は公式サイトでご確認ください。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:56  |  2019インカレ  |  Top↑

2019.12.09 (Mon)

【2019インカレ】12/9試合予定(1回戦)

駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

◆Aコート

11:30 酪農学園大学 vs 京都産業大学
13:10 新潟経営大学 vs 近畿大学
14:50 専修大学 vs 大阪学院大学
16:30 大東文化大学 vs 大阪体育大学


◆Bコート
11:30 拓殖大学 vs 東北学院大学
13:10 中京大学 vs 札幌学院大学
14:50 仙台大学 vs 日本体育大学
16:30 九州産業大学 vs 青山学院大学

全日本大学バスケットボール連盟インカレ公式サイト
最新情報は公式サイトでご確認ください。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  08:00  |  2019インカレ  |  Top↑

2019.12.09 (Mon)

【2019リーグ1部】プレイヤーズインタビューSPECIAL モッチ ラミン(大東文化大)

M_top.jpg


日本に来て楽しい高校生活だったから
日本の大学に進むことを決断


大東文化大の4年生、モッチ ラミンはチームが2部にいた2016年に入学。その年の1部昇格、2017年のインカレ初制覇に主力として欠かせない活躍を見せ、チーム躍進の鍵となってきた選手だ。試合中には激しい闘志を見せ、力強いプレーは頼もしい。積極的に声を出し、チームメイトとも納得いくまで話し合う姿勢も見せる。

生まれはセネガルの首都ダカール。日本ではサッカーの印象も強い国だ。そこで4人兄弟の末っ子として生まれ育ち、バスケットを始めた。留学先はアメリカも考えたが、最終的には日本を選択。しかし母国とは遠く離れたアジアの国には想像とはかなり違った世界が広がっていた。

モッチ:バスケットは7歳から始めました。兄はプロのバスケットボール選手としてイタリアでプレーしています。ダカールではストリートでバスケットもよくやっているし、サッカーも盛ん。自分は両方好きだったけど、バスケットの方がやりやすくてこっちを選びました。サッカーも大好きで、大学の友だちとはサッカーの話もよくします。

留学については日本に来てみたら誰も英語が喋れず、驚きました。最初は寂しくて帰りたかったですね。日本語は書いたり、しゃべったりして覚えました。しゃべるほうが今も得意かな。バム(日本体育大#50)やブラ(白鴎大#52)は書くことも上手ですよ。

M1.jpg

モッチのようなコミュニケーション力の高い選手でも、さすがに来日当時は心細さもあったようだ。高校の部活動にも面食らったようで、「暑いし、きついし、時間も長い」と振り返る。しかし、それも全国大会に出場して勝てるようになると楽しみの方が大きくなったという。

モッチ:最初は練習に慣れるまで大変で、2、3年になったら全国の上位で戦えるようになりました。そこまで行くのが大変だったけど、そうなると楽しかったですね。高校は先生とも仲が良く、先輩も身近でオフの時間も充実していました。高校で楽しいと思えたから、日本の大学に行く決意も固まったんです。もし高校時代が楽しくなかったら、卒業したら別の国に留学していたかもしれないですね。仲のいい人たちができて、日本の文化も知れてよかった。高校で一番思い出に残っているのは、準優勝した京都インターハイ。準決勝や決勝はいい思い出ですね。すごく暑い年だったんですよね。暑さでいうと日本はセネガルの倍くらい暑いですよ。ダカールは海風が吹いてそんなに暑くならないですから。

M5.jpg



日々レベルアップするためには
1日も無駄にはできない

モッチはその年の注目の選手として大東文化大に入学。当時のチームは2部を脱しきれない状況だったが、一つ上の熊谷 航(B1三河)が頭角を表しはじめており、葛原大智(B1富山)、ビリシベ実会(B2青森)や畢 光昊(社会人富士通)なども揃い、選手層にも厚みがでてきていた。そこにモッチが加入したことでチーム力は一気にアップし、1年目に1部昇格、2年次には初のインカレ制覇を遂げる。

モッチ:大学に来て、まず1部に上がったことがうれしかった。そのために大東に来たともいえるので。それを1年目にできてよかったと思います。次にうれしかったのがインカレで勝ったことかな。

しかし連覇を期待された昨年はリーグ2位、インカレは早稲田大の勝負強さの前にベスト16で敗退してしまう。それだからこそ4年目の今年は負けられない思いは強く持っている。

モッチ:もっと集中しないといけないと思っています。時間が過ぎるのは早いから、無駄にしたくない。バスケットはここで終わりではないし、1日1日レベルアップしないともったいないです。自分は関東でプレーして4年目だから周りには慣れもあるかもしれない。でもそういうみんなの想像を越えていくプレーをしないと、この先に続いていかないと思っています。

モッチの努力は西尾監督も認め、誰よりも練習には真剣に取り組む姿勢を評価している。そこには国を出て自分一人で身を立てようとしている大人の強さがある。

モッチ:一人で大変だけど、もう大人だから自立するのは当たり前。将来はプロになりたいと思っているので、自分のやるべきことをしっかりやっていく必要があります。それに、誰にも負けなくないんです。

M3.jpg


「チームで勝てて本当によかった」
充実感を得られたリーグ戦


「負けたくない」と語ったモッチは長いリーグ戦をチームで戦い抜き、秋のリーグ戦で大東文化大は創部初の優勝を遂げ、結果で証明した。長いプレータイムでさすがに終盤は疲れが見えたが、本当は最後までわからない中で勝って優勝を決めたかったな、と最高の勝負を見せたかった様子だ。

モッチ:最後に優勝を決めればよかったかな。その方が面白いでしょう(笑)。今年はとても長かったしきつかったけど、最後の方はenjoyできました。4年生が引っ張っていけたことが最高によかったし、それに後輩がついてきてくれて頑張りました。

大東文化大は昨年の構成では熊谷とのツーメンが目立ったが、今年はリーグ戦を通して誰もが活躍できるチームへと成長を遂げた。主将の中村浩陸は「チームで勝てたことがよかった」と手応えを語ったが、モッチもそれは同じ気持ちだ。

モッチ:チームみんなで戦えてよかった。浩陸はもちろん、お互い言い合いながら、自分がこうしたい、こうすると攻めやすいという意見にもみんなが積極的に応えてくれたし、今年はいろんな選手がみんなで戦えた。次はインカレ。最後だし頑張るしかない。しっかり準備して、力を入れて、勝負の世界だから油断せず勝ちにいきたいと思う。

勝利が自分の道を開く。そしてそれを仲間とともに実現することが、今年のモッチの最大の目標、そういってもいいのではないだろうか。どんな戦いぶりを見せてくれるだろうか。

M2.jpg

(2019.8.27、11.10インタビュー)


[DATA]
モッチ ラミン/MBODJ LAMINE
背番号:#15
ポジション:C
身長:202cm
体重:108kg
ウイングスパン:215cm
出身:セネガル共和国




テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  07:39  |  2019リーグ1部  |  Top↑

2019.12.09 (Mon)

【2019リーグ1部】プレイヤーズインタビューSPECIAL バム ジョナサン&モンゾンボ クリスティン(日本体育大)

BC_TOP.jpg

お互いが助け合っていくことで
チームも自分たちも成長していく


2019年、春トーナメントで5位、リーグ戦は4位に輝いた日本体育大。1部昇格シーズンで大きな成果を出したと言えるだろう。ここで活躍するのが2年生のバム ジョナサンとルーキーのモンゾンボ クリスティン。インサイドでパワープレーを見せるバム、高さとしなやかさを併せ持つクリスティンはタイプも異なり、互いの特色でチームに貢献している。


「小さい頃は絵を将来の仕事にしたかった」―バム

2人はコンゴ民主共和国の首都キンシャサ出身。バムは子どもの頃から絵を描くのが好きで、実は絵に関係することを仕事にしたかったのだそうだ。

バム:最初はバスケにはそんなに真剣ではなかったです。絵の仕事をしたくて、小さな頃はずっと部屋で絵を描いていましたね。みんなより大きかったのでバスケットは7歳から始めました。父もバスケットの選手でした。あと、クリスとは時期はかぶってないけど、同じチーム出身です。

成長とともにバスケットの才能も伸びて日本へ留学することになるが、一人っ子のバムを送り出した母親からは「しっかり頑張りなさい」と今も励ましを受けているという。心細い思いで日本に来てみると周囲の人が優しく、驚くほどだったとか。留学先の福岡第一では、井手口監督が父親のような存在だったという。

バム:井手口先生は練習や試合中は厳しいけれど、終わるといいお父さん。先生には「他の留学生はお前より大きいんだから、しっかり走ってリバウンドを取りなさい」と言われていました。お母さんのためにも頑張れって。バムアンゲイという名前は長いから、親しみやすくバムと言うようになったのも、井手口先生です。

高校時代はいろんなプレーを覚えました。地元にいたときは自分がチームで一番小さくて、先生にはリバウンドを取らないといけないと言われてジャンプの練習ばかりしていました。高校ではシュート、ポストムーブ、ドリブルも覚えました。ドリブルはまだまだ上手くなりたいですね。シュートはアシスタントコーチだった今井先生に教えてもらったんですが、シュートフォームから練習を重ねました。それで上手くなって、最後のウインターカップでは井手口先生もシュートを打っていいよといってくれて、それで結構打ったのが思い出に残っています。

BM2.jpg

BM6.jpg



「日本のバスケットにめちゃめちゃびっくり」―クリスティン

クリスティンはバスケットを始めたのはバムより遅い14歳だ。その当時から大きく、今は205cmあるサイズを活かしてインサイドプレーでチームを助けている。

クリスティン:日本のバスケットはコンゴとはぜんぜん違います。コンゴはみんな大きいので、あまり走らない。ワークアウトなんかがハードで、それはすごくしんどいですね。でも日本人は小さいのでめちゃめちゃ走ります。日本に来たとき、このバスケやばくない!?って、日本のバスケットを見てびっくりしました。今は慣れましたけど(笑)。

母国のバスケットは走らないといいながらも、クリスティンはサイズがありつつも走力も高い選手だ。日本体育大ではインサイドのプレーをすることが多いが、外のプレーもやりたいという希望がある。春から外を打つシーンもまずまずあり、センタープレーだけでは終わりたくないという意思が見て取れる。

クリスティン:高校時代はリバウンドとかゴール下のプレーが中心だったけど、大学はそれだけでは勝てないです。外のシュートやドライブもできないとダメだし、それはもっとやっていきたいですね。アウトサイドシュートは毎日練習もしています。

BM1.jpg

BM5.jpg



「コミュニケーションでチームをモチベートしたい」―バム

クリスティンはまだバムほど日本語が自由に操れないので日本語での口数は少ないが、バムは陽気で、いつも笑顔を絶やさない。チームメイトとも、それ以外の仲間ともいつでもにこにこと話している。

バム:いいコミュニケーションを取ってやっていきたいと思っています。コミュニケーションをよくするようになったのは、井手口先生のおかげです。自分が声をかけることでチームのモチベーションアップになると言われていました。そうすることで、みんながよくなるといいと思ってやっています。

センターポジションはキャプテンみたいなもの。後ろから全部見えるから、試合中は自分が言わないとダメなんです。それに、自分はバスケットが上手くなりたいから、自分のプレーがチームメイトから見て嫌な感じだったら、それをちゃんと教えて欲しいんです。コミュニケーションすることで、バスケットが上手くなりたいです。

BM7.jpg
新人戦のあと、東海大の八村選手と。


クリスティン:自分はまだ1年生なので、コミュニケーションの部分はバムにはかなわないです。でも彼がよくないときは自分が頑張るというふうに、2人で頑張っていけたらいいと思っています。

バム:自分がよくないときはクリスがやればいいし、その逆もそう。どっちがスタメンでもいいと思います。自分は勝った試合の最後に出ていればそれでいいかな(笑)。



お互いが影響を与え合い次のステージへ

日本体育大はリーグ戦の後半戦で快進撃を見せ、4位に食い込んだ。15年ぶりのことだ。2カ月半に及ぶ戦いについて感想を2人に聞くと。「ちょっと大変だった」とバム、クリスティンは「初めてだけど楽しかった」とルーキーらしい無邪気さも見せる。

バム:練習のときからお互いで助け合ってきました。あっちが頑張れば、こっちも頑張るというふうに。自分はクリスが頑張ればうれしいし、負けたくないとも思う。もちろんお互いダメな日もある。でもそういうときはコミュニケーションを取って、これからも乗り越えていきたいと思います。

次はインカレだ。4位で迎える大会は、バムには昨年とは違った心持ちだろうし、クリスティンにとっては次も初めての場だ。切磋琢磨しながら成長し、「インカレも頑張ります」という2人の奮闘をしっかり目に焼き付けたい。

BM4.jpg

(2019.9.5、11.10インタビュー)


[DATA]
バム ジョナサン/BAMANGAY JONATHAN PANZOKOU
背番号:#50
ポジション:C
身長:195cm
体重:100kg
ウイングスパン:213cm
出身:コンゴ民主共和国


モンゾンボ クリスティン/GBADA MOBELA MONZOMBO CHRISTIAN
背番号:#21
ポジション:C
身長:205cm
体重:100kg
ウイングスパン:214cm
出身:コンゴ民主共和国




テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  06:52  |  2019リーグ1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |