FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 大東文化大学が初優勝
関西学生バスケットボールリーグ戦 京都産業大学が優勝

2019.10.19 (Sat)

【2019リーグ1部】10/19レポート

191019hakuo2.jpg

激闘の末に白鴎大が東海大を破り東海大は4位転落
日本体育大も1点差で筑波大に悲願の勝利


 19日の第15戦と20日の16戦(第14戦は22日に順延)の2試合は専修大学のホームゲームとしての開催。1部は台風による順延によって14日から22日9日間で4試合をこなす、やや過密スケジュールの真ん中に当たる。ここを過ぎればリーグ戦も終盤に向かい、順位が気になってくるところ。第15戦はそれぞれ譲れない戦いが見られ、青山学院大は1巡目の借りを早稲田大に返し、日本体育大は何度もチャレンジし続けてきた筑波大をついに倒した。また、台風19号により被災した白鴎大は3位の東海大を激闘の末に破った。

191019daito.jpg 首位の大東文化大法政大に対し、まんべんなく選手を使いながら前半から20点近いリードを奪うと、余裕の展開となり、85―64で勝利した。

 日本大神奈川大の試合は、日本大#10杉本が欠場。前半は神奈川大のリードとなったが、3Qの立ち上がりで#14松脇(4年・SG)が立て続けに得点。神奈川大は4Qに15点近い差を2点差にまで縮めるが、最後は届かず75―70で終わった。

写真上:白鴎大VS東海大で決勝点を決めた板橋を皆がもみくちゃに。
写真下:ベンチメンバーのプレーに湧く大東文化大のベンチ。



◆早稲田大VS青山学院大

191019akaho.jpg 1巡目は早稲田大が勝利したこのカード。1Q、青山学院大は#7ナナー(4年・CF)のインサイド、#14伊森(4年・F)や#52赤穂(3年・PG)の外のシュートなどもあってリード。しかし下級生主体にシフトすると得点が続かず17―13。2Q、#36相原(2年・SF)が3Pのバスケットカウントなどを得て、青学大が差を広げるが早稲田大も連続3P、#41小室(3年・C)のポストアップからの得点で2点差に迫る。ここからディフェンスもよく粘った。早稲田大は残り3.2秒秒でタイムアウトを取り、最後は#8津田(2年・F)がブザーとともに3Pを沈めて31―35。一時は10点開いたが、早稲田大が4点を追う形で前半終了。

 3Q開始序盤、早稲田大は#8津田、#41小室の3Pが続き逆転。青学大はミスが続いて接戦となる中、早稲田大は#8津田が好調。切れ込んでのレイアップや3Pを沈めていく。青山学院大は早稲田大のタイトなディフェンスに苦しんでタフショットが続き、51―49の早稲田大2点リードで4Qへ入り、接戦が続く。青学大は#52赤穂が3連続得点で逆転。早稲田大は修正をはかるも勢いがついた青学大はそこから積極的なアタックが光り、#21納見(4年・PG)の3Pが決まるとリードは9に。早稲田大は残り3分から#41小室の連続3Pで追い上げを見せるが、青学大も譲らず62―74と引き離して試合終了。第1戦では負けた借りを、青山学院大がしっかり返した。

写真:青山学院大は赤穂が25得点。3Qの頭で立て続けに得点し、流れを持ってきた。


◆筑波大VS日本体育大

191019niitai.jpg

【日本体育大が集中を保って筑波大に悲願の勝利】

191019masuda.jpg 今年3度目の日筑戦となった対戦は、日本体育大が最後まで集中力を持続した。1Qは日本体育大#24土居(3年・SF)や#3大浦(4年・PG)の3Pに#50バム(2年・C)のゴール下、対する筑波大は内外からまんべんなく決めていく。最後は#13ディクソン(3年・SF)がドライブを決めると22―24と日体大リード。2Q、序盤に日本体育大は#3大浦と#33遠藤(3年・SG)の3Pが続けて決まった。筑波大は#27山口(3年・SF)がすぐに3Pで返すが、再び#33遠藤の3P、#45河野(4年・PF)の速攻が決まると9点リード。筑波大はディフェンスを起点に追い上げ、日体大は#3大浦のレイアップや#土居のジャンパー、#50バムのインサイドで逃げる。最後は#3大浦が3Pのファウルをもらうが、これが3本とも外れて45―43の日体大2点リードで前半終了。

 3Q、日体大は#24土居、#3大浦が立て続けにシュートを決め、アウトサイドの好調は持続。インサイドでは筑波大が勝る部分もあるが、#28井出(2年・PG)のスリーも決まり、シュートの良さで残り4分に13点までリードを広げた。筑波大はここから#88牧(4年・SG)、#16野本(3年・PG)の3P、#33三森(3年・PF)、#11増田(4年・PF)がフリースローを獲得。残り1分半で同点にすると、チームファウルの嵩んだ日体大からフリースローを奪って逆転。ディフェンスでも簡単には打たせない。しかし日体大はボールを奪って最後のオフェンスで#33遠藤の3Pが決まると68―68の同点。

191019bam.jpg 4Q、互いに譲らない序盤から筑波大は#16野本のジャンパーが決まって5点のリードに成功。日体大はシュート率が落ちてきて苦しいが、#5磯野(4年・SF)の速攻で1点差。差がつかないまま勝負は終盤へ入り、残り4分、日体大は#50バムのシュートで逆転し、24秒オーバーも奪った。筑波大も#11増田が返しシーソーゲーム。残り2分、3点のリードは筑波大。日体大はゴール下へボールを通し#50バムが決めて粘る。残り29秒、#50バムがフリースローを2本決めた日体大が85―86で逆転。タイムアウトのあと、筑波大は#11増田がフェイダウェイを沈めて再逆転。日体大もタイムアウト。このあと6.5秒からで最後のオフェンスは、#50バムがゴール下でファウルをもらい、獲得した2本のフリースローを決めると、87-88。日体大が6年ぶりに筑波大から勝利をもぎ取った。

 途中までの展開はこれまでの両者の対決と似ている流れだった。しかし、違ったのはこの日の日体大の集中力。終盤に足を止められながらも機動力を失わず、最後まで走りきり、決め切った。日筑戦では8連敗中、その他の試合でもなかなか勝利できなかった日体大にとっては大きな勝利となった。

写真上:筑波大・増田は24点10リバウンドと攻守で粘った。
写真下:終盤、日本体育大はバムがゴール下で奮闘。勝利の立役者に。



◆白鴎大VS東海大

191019hakuo.jpg

【#3板橋のブザービーターで白鴎大が劇的勝利】

 前節で大東文化大に敗れた東海大は、台風19号により被災した白鴎大と対戦。最後までわからない白熱した試合を展開した。

191019nisida.jpg 1Qは互いに差がない展開。東海大は#86八村(2年・C)が2ファウルとなりベンチへ下がると、シュート確率もやや落ちていく。白鴎大は少し差が開いたところから#77前田(4年・F)の速攻、#13西山(4年・SF)のシュートなどもあって、16―18と追い上げた。2Q、東海大は#86八村が3ファウル目。しかし#25平岩(4年・C)、#23佐土原(2年・PF)らがペイント内で得点。白鴎大はシュートを決めきれないシーンが続き、27―37の東海大10点リードで前半終了。

 後半3Q東海大は#19西田(3年・SG)のシュートなどが当たって差を広げるが、白鴎大はディフェンスからの速攻が続き、切らさずに運動量を保っていくと、二桁あったところから地道に返し、終盤に#13西山のシュートで追いついた。53―54の東海大1点リードで4Qへ。

191019hosino.jpg 白鴎大は#24星野(4年・PF)、#3板橋(3年・PG)の3Pが連続。しかしファウルも続く。それでも東海大は流れが来ず、その間に白鴎大はオフェンスリバウンドを粘り、#66松下(2年・PG)の3Pも決まると残り6分で8点リード。東海大は#86八村がゴール下で踏ん張り、またファウルを得ていくと、残り1分45秒で東海大は71―71の同点に追いついた。東海大は#86八村がゴール下で粘りフリースローを獲得。しかしこれが2本とも落ち、リバウンドを取った白鴎大は#66松下がレイアップを決める。さらに残り28秒、#77前田がバスケットカウントを決め76―71。ここで白鴎大が5点リードし優位になるが、リスタートをディフェンスで狙われ、東海大が点差を詰めた。残り8秒、東海大は#19西田の3Pが決まり76-76の同点。白鴎大は残り時間でのオフェンスにすべてをかける。タイムアウトのない中#3板橋がボールを持っていき、ディフェンスが寄ってきたところで体勢を崩しつつ打ったジャンパーはブザーとともにリングに沈んだ。78―76。白鴎大が劇的な勝利を収めた。

 台風により体育館、また一部の選手の住居が浸水し、その後片付けなどに追われた白鴎大だが、そのハンデを乗り越えて見事な勝負を見せた。東海大は連敗し、4位へと順位を落とした。

写真上:東海大・西田は19点とこの日好調。同点シュートを決めた。
写真下:白鴎大は星野が15点。前田とともにコートでチームを牽引。



◆専修大VS明治大

191019nishino.jpg ホームの専修大は明治大を相手に迎えた。前半は明治大が先行。1Qを15―17とすると、2Qもゴールにアタックを続け、専修大の高さをかいくぐって#10須藤(4年・SG)のレイアップ、#9塚本(1年・PG・明成)のバスケットカウントなども決まった。大きな差ではないものの、専修大は単調な攻めになってしまい、なかなか盛り返せない。明治大は#7植松(3年・PF)が内外から決め、リードを広げる。専修大は#30アブ(4年・C)がアリウープパスを受けてのシュート、ブロックなどを見せるが、得点は伸びず28―35で前半は明治大リード。

 後半、専修大は#34盛實(4年・G)、#23キング(2年・G)の3Pに#30アブ、#46寺澤(2年・F)のゴール下で得点。明治大は#17常田(2年・SG)、#15渡辺(3年・PG)の3Pが決まり、#10須藤もアタックを続ける。専修大は残り4分30秒に#12西野(3年・F)のバスケットカウントで同点とし、続く#12西野のシュートでようやく逆転。高さが活きはじめた専修大は、最後には豪快なブロックで速攻も止め、55―49で3Q終了。4Q立ち上がりは#23キングの速攻、#30アブのゴール下、#46寺澤らが存在感を示す。10点以上のリードとなった専修大はその後余裕のある展開となり、77―62で試合終了。ホームゲームを逆転で勝利した。

写真:専修大は西野が23点のチームハイ。難しい体勢でも決めきる器用さがある。


14試合終了時(10/19)

大東文化大学 13勝1敗
筑波大学   11勝3敗
青山学院大学 9勝4敗
東海大学   9勝5敗
専修大学   9勝5敗
日本体育大学 8勝6敗
日本大学   7勝7敗
白鴎大学   6勝6敗
法政大学   3勝11敗
早稲田大学  3勝11敗
神奈川大学  2勝11敗
明治大学   2勝12敗

※日本体育大・土居選手、白鴎大・板橋選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2019リーグ1部  |  Top↑

2019.10.19 (Sat)

【2019リーグ】10/20試合予定(1部15戦・2部・第17戦、3部/第11戦)

senshu_home.jpg

【1部】専修大学生田キャンパス
10:00 早稲田大学 vs 法政大学
11:40 日本体育大学 vs 青山学院大学
13:20 東海大学 vs 日本大学
15:00 神奈川大学 vs 明治大学
16:40 筑波大学 vs 大東文化大学
18:20 白鴎大学 vs 専修大学

※会場では専修大の選手のサイン入りグッズなどが当たるホームゲームTシャツを発売。

----------------------------------------

【2部】
◆駒澤大学玉川キャンパス

13:00 駒澤大学 vs 慶應義塾大学
14:40 順天堂大学 vs 関東学院大学
16:20 拓殖大学 vs 上武大学

◆国士舘大学多摩キャンパス
13:00 国士舘大学 vs 江戸川大学
14:40 東洋大学 vs 山梨学院大学
16:20 中央大学 vs 明星大学

----------------------------------------

一次ステージ最終日

【3部】國學院大學 たまプラーザキャンパス 
◆aコート

11:00 國學院大學 vs 桐蔭横浜大学
12:50 玉川大学 vs 帝京平成大学
14:40 立教大学 vs 埼玉工業大学

◆bコート
11:00 埼玉大学 vs 西武文理大学
12:50 国際武道大学 vs 東京経済大学
14:40 明治学院大学 vs 東京成徳大学

※入場料(1・2部有料)や4部以下、最新ニュースについては関東大学バスケットボール連盟の公式サイトを参照ください。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:35  |  2019関東リーグ予定・結果  |  Top↑

2019.10.19 (Sat)

【2019リーグ】10/19結果

【1部】専修大学生田キャンパス
青山学院大学 74(17-13,18-18,14-20,25-11)62早稲田大学
日本大学75(14-11,10-19,31-14,20-26)70神奈川大学
大東文化大学85(24-12,20-13,23-20,18-29)64法政大学
筑波大学 87(22-24,21-21,25-23,19-20)88日本体育大学
白鴎大学78(16-18,11-19,26-17,25-22)76東海大学
専修大学77(15-17,13-18,27-14,22-13)62明治大学

大東文化大学 13勝1敗
筑波大学   11勝3敗
青山学院大学 9勝4敗
東海大学   9勝5敗
専修大学   9勝5敗
日本体育大学 8勝6敗
日本大学   7勝7敗
白鴎大学   6勝6敗
法政大学   3勝11敗
早稲田大学  3勝11敗
神奈川大学  2勝11敗
明治大学   2勝12敗

※延期試合があるため、合計試合数はチームによって異なります。

----------------------------------------

【2部】
◆駒澤大学玉川キャンパス

慶應義塾大学71(17-16,13-28,19-22,22-22)88上武大学
駒澤大学91(13-21,20-22,25-15,33-27)86順天堂大学
拓殖大学88(21-11,18-18,16-20,33-13)63関東学院大学

◆国士舘大学多摩キャンパス
江戸川大学90(19-17,17-10,27-26,13-23,9-9*,5-9**)94明星大学 *OT、**WOT
国士舘大学64(19-14,14-16,16-12,15-25)67東洋大学
中央大学85(21-11,16-20,23-18,25-14)63山梨学院大学

拓殖大学   14勝1敗
中央大学   12勝3敗
関東学院大学 10勝5敗
明星大学   9勝6敗
東洋大学   8勝7敗
国士舘大学  8勝7敗
江戸川大学  7勝8敗
順天堂大学  6勝9敗
駒澤大学   6勝9敗
上武大学   5勝9敗
慶應義塾大学 4勝11敗
山梨学院大学 0勝14敗


※延期試合があるため、合計試合数はチームによって異なります。

----------------------------------------

【3部】國學院大學 たまプラーザキャンパス 
◆aコート

國學院大學90(31-8,12-12,18-14,29-17)51埼玉大学
玉川大学80(21-12,24-4,16-20,19-25)61国際武道大学
立教大学86(29-12,13-15,23-15,21-19)61明治学院大学

◆bコート
桐蔭横浜大学70(15-26,14-31,19-19,22-21)87西武文理大学
帝京平成大学72(16-16,19-18,22-13,15-12)59東京経済大学
埼玉工業大学72(18-17,17-17,20-16,17-14)64東京成徳大学

立教大学   9勝1敗
埼玉工業大学 9勝1敗
東京成徳大学 8勝2敗
玉川大学   7勝3敗
西武文理大学 5勝5敗
桐蔭横浜大学 5勝5敗
國學院大學  4勝6敗
国際武道大学 4勝6敗
帝京平成大学 4勝6敗
埼玉大学   2勝8敗
明治学院大学 2勝8敗
東京経済大学 1勝9敗

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2019関東リーグ予定・結果  |  Top↑
 | BLOGTOP |