FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10
※台風の影響による延期試合があります。常に最新の情報を関東大学バスケットボール連盟の公式サイトでご確認ください。
関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3

2019.09.18 (Wed)

【2019リーグ1部】9/17,18レポート

meiji7.jpg

写真:明治大は第7戦で白鴎大を下し、初勝利。


専修大が2連敗で大東文化大が首位浮上
中盤戦に入り上位と下位の差が広がる


 1部・2部リーグは中1日で再び連戦を迎えた。17日、18日の2日間について簡単にまとめる。

190918daito.jpg 第6戦まで無敗だった専修大は、この7戦、8戦で青山学院大と東海大に連敗。ディフェンスが持ち味の2チームに、点が伸び悩んだ。また我慢の時間でミスが続き、速攻が出ない時間帯があった。変わって首位に浮上したのが7勝1敗の大東文化大。日本大、日本体育大の中盤チーム相手に守りを武器に勝ちきり、1敗を守った。同じ1敗で続く筑波大は法政大、神奈川大と下位で苦しむチームに勝利。#27山口(3年・SF)が第5戦の大東文化大戦で負傷しこの2試合も欠場したが、大きな影響はなかった。翌週末は天皇杯の一次ラウンドのためにリーグ戦は行われないが、筑波大は中国の招聘試合に参加する。さらに翌週はホームゲームとなっており、落とせない戦いが続く。同じく1敗の東海大は神奈川大を大差で破り、専修大相手には3Qで一気に差をつけて勝利。#23佐土原(2年・PF)が難しいシュートを決めきり流れを掴んだ。虎視眈々と首位を伺う。なお、#11大倉颯太(2年・G)は再び欠場となっている。

190918nomoto.jpg 5位から8位の中盤位のチームは勝率5割以下で、試合によって差が出た。白鴎大は#24星野(4年・PF)が第6戦の怪我で欠場し、安定感を欠いた。#77前田(4年・SF)の奮闘はあるが、ディフェンスには課題が見え、1勝1敗の4勝。青山学院大は第7戦で専修大を破る金星。第6戦での早稲田大に対する負けからしっかり立て直し、法政大にも勝って2連勝となり、こちらも4勝。日本体育大も1勝1敗の4勝。試合によってやや波がある印象で、速い展開に持ち込めない日は苦しい展開となっている。日本大は優れたスコアリング能力はあるものの、1勝1敗で3勝にとどまった。

 下位は2勝、ないしは1勝の4チーム。法政大は筑波大、青山学院大に敗れて連敗。早稲田大も1勝にとどまる。神奈川大は東海大、筑波大という上位校にぶつかり、苦しい戦いとなった。神奈川大は週末、県予選で東海大を倒して出場権利を得た天皇杯の一次ラウンドに参加する。疲労を溜めないことが大事だが、良い経験をしてきてもらいたい。明治大は7戦目にしてうれしい初勝利を白鴎大からあげた。

写真上:リーグ初戦を落としたものの、その後は調子を上げてきている大東文化大。
写真下:筑波大は野本の存在感も大きくなってきた。


第8戦終了時(9/18)

大東文化大学 7勝1敗
筑波大学   7勝1敗
東海大学   7勝1敗
専修大学   6勝2敗
白鴎大学   4勝3敗
青山学院大学 4勝3敗
日本体育大学 4勝4敗
日本大学   3勝5敗
法政大学   2勝6敗
早稲田大学  1勝7敗
神奈川大学  1勝7敗
明治大学   1勝7敗


※9/17明治大・永田選手、9/18東海大・西田選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2019リーグ1部  |  Top↑

2019.09.18 (Wed)

【2019リーグ2部】9/17,18レポート

2C7A4901.jpg

中央大が無傷の8連勝で首位
中盤の混戦はまだ先が見えない状況


 2部リーグは昨年よりも見通しがつけにくい混戦が続いている。7戦、8戦を振り返る。

190918komuro.jpg 首位の中央大は攻守に安定感を見せて無敗で首位。7戦で3位につける順天堂大、8戦では東洋大を下した。下級生がアグレッシブなプレーを見せ、危なげない試合を展開している。続く拓殖大も1敗はついているがその後は安定して勝ち星を重ねている。こちらも順天堂大、東洋大に勝利して2連勝となった。高い得点力を持ち、リバウンドでは#41杉野(3年•PF)の奮闘も光る。

 混戦になっているのは3位以下だ。この7戦、8戦の結果、4勝4敗のチームがずらりと7つ並ぶ結果となった。順天堂大は上位2チームに連敗し、4勝に留まった。東洋大も2連敗、国士舘大は7戦で上武大から逃げ切ると、8戦では明星大と大接戦の末、延長で勝利。シューター陣は互角の戦いでハイスコアゲームとなったが、#42王(2年・C)がリバウンド、シュートで大事な場面に貢献し2連勝となった。そのほかは江戸川大関東学院大上武大明星大が1勝1敗と、各チームあまり差がない状態で予断を許さない。3勝でここについていくのが駒澤大。明星大と上武大に2連敗を喫し、白星を増やせなかった。

 下位で苦しむのは2チーム。慶應義塾大は7戦で山梨学院大を接戦で下してようやく2勝目。しかし8戦では関東学院大に逆転負けを喫した。ここまで逆転されて勝ちを逃した試合が多く、その差もわずか。修正は必須だ。山梨学院大はいまだ白星がなく、上昇のきっかけをつかみたい。

写真:拓殖大は小室もアグレッシブなプレーを続ける。


第8戦終了時(9/18)

中央大学   8勝0敗
拓殖大学   7勝1敗
順天堂大学  4勝4敗
江戸川大学   4勝4敗
関東学院大学 4勝4敗
上武大学    4勝4敗
明星大学    4勝4敗
国士舘大学  4勝4敗
東洋大学   4勝4敗
駒澤大学   3勝5敗
慶應義塾大学 2勝6敗
山梨学院大学 0勝8敗


※9/17慶應義塾大・岩片選手、国士舘大・佐脇選手のインタビュー、9/18関東学院大・佐々木選手、中央大・沼倉選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2019リーグ2部/その他  |  Top↑

2019.09.18 (Wed)

【2019リーグ】9/18結果(1部・2部/第8戦)

【1部】◆aコート

青山学院大学83(27-11,19-16,23-4,14-23)54法政大学
日本大学86(26-23,18-16,27-18,15-17)74明治大学
専修大学79(24-26,15-15,14-25,26-22)88東海大学
大東文化大学87(20-9,21-12,25-20,21-14)55日本体育大学
筑波大学81(21-13,18-14,23-16,19-25)68神奈川大学
白鴎大学84(21-11,16-11,22-14,25-21)57早稲田大学

大東文化大学 7勝1敗
筑波大学   7勝1敗
東海大学   7勝1敗
専修大学   6勝2敗
白鴎大学   4勝3敗
青山学院大学 4勝3敗
日本体育大学 4勝4敗
日本大学   3勝5敗
法政大学   2勝6敗
早稲田大学  1勝7敗
神奈川大学  1勝7敗
明治大学   1勝7敗

----------------------------------------

【2部】◆bコート

江戸川大学96(27-20,27-19,12-18,30-20)77山梨学院大学
慶應義塾大学72(15-17,21-13,13-24,23-19)73関東学院大学
国士舘大学101(27-21,13-21,27-24,13-8*)96明星大学 *OT
駒澤大学79(24-22,18-16,17-28,20-28)94上武大学
中央大学73(17-10,15-14,19-12,22-31)67東洋大学
拓殖大学104(27-20,27-24,24-19,25-25)88順天堂大学

中央大学   8勝0敗
拓殖大学   7勝1敗
順天堂大学  4勝4敗
江戸川大学  4勝4敗
関東学院大学 4勝4敗
上武大学   4勝4敗
明星大学   4勝4敗
国士舘大学  4勝4敗
東洋大学   4勝4敗
駒澤大学   3勝5敗
慶應義塾大学 2勝6敗
山梨学院大学 0勝8敗


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:19  |  2019関東リーグ予定・結果  |  Top↑
 | BLOGTOP |