FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2019.09.08 (Sun)

【2019リーグ1部】9/8レポート

190908ono.jpg

専修大・筑波大が全勝を守り4勝目
法政大はうれしい1勝をあげる


 関東大学リーグ第4戦はリーグ戦全体で見ればまだ序盤ともいえる段階だが、少し差がついてきた。4戦全勝は筑波大、専修大。そして白鴎大は3勝で黒星なしだが、この日の試合が延期になってしまった。また全敗は早稲田大、神奈川大、明治大の3校。惜しい試合もあり、うまくきっかけをつかみたい。そして3連敗だった法政大は4戦目にしてうれしい初勝利を挙げ、これを弾みにしていきたい。

 この日の第6試合、白鴎大と青山学院大の試合は、台風15号接近の影響で延期となった。昨年はこの延期試合のカードが終盤に設定されてチームにも負担になっただけに、どの段階で再試合が実施できるか気にかかる。なお、延期試合はこの日のチケットを保管しておくと、振り替え試合での入場が無料となる。

写真:果敢にペイントに切れ込んだ法政大・小野は19点。



◆日本体育大VS法政大

190908kanemoto.jpg 法政大は立ち上がりにサイズを活かしてインサイドのディフェンスを固め、#34濱田(3年・SG)のアウトサイドなどもあっていい出足となった。日本体育大はこの日スタメンの#33遠藤(3年・SG)の3Pが入り始めると、#21クリスティン(1年・C・東山)のゴール下も機能しだし、逆転。1Qは20-15とリードした。2Q、日体大は#33遠藤の3Pが好調だが、法政大も#51金本(2年・SF)が機動力を活かして果敢にアタックし、得点。#15米山(4年・PF)らインサイド人の踏ん張りや#1川島(2年・SG)のブロックも出て一時引き離された点差を戻した。それでも前半は46-40と日体大の6点リードで終了。

 3Q、日体大は攻撃の起点がうまく作れず、持ち味の早い展開が出せない。反対に法政大が#30水野(3年・PG)の3P、#14小野(2年・PG)がペイントに切れ込み、一気に得点。#1金本の飛び込みプレーも前半から引き続きよく決まって逆転に成功した。67-64で3Qを終えると、4Qも法政大は勢いのまま果敢にアタック。開始数分で10点ほどの差がついた。ミスが続く日体大に対し、法政大は外も当たり始め、逆転を許さず82-89。リーグ4戦目で初の白星を、昨年は2連敗だった日体大からあげた。日体大は3戦、4戦と連敗となり勝敗は5割に。

写真:抜群のタイミングでの身のこなしが目立った法政大・金本。24分で10得点・5リバウンド。

※法政大・水野選手のインタビューは「続きを読む」へ。



◆東海大VS明治大

190908ookura.jpg 東海大は前半、明治大のディフェンスに苦しんだ。立ち上がりはミスが続き、メンバーを入れ替えながら打開をはかっていく。明治大はディフェンスからチャンスを得るが、得点が伸びず1Qは東海大リードの12-19。2Qは序盤に#60坂本(2年・G)の3Pが決まり、東海大がリードを10点に広げる。しかし終盤に明治大はオフェンスリバウンドで粘って#10須藤(4年・SG)の3Pを演出すると、残り1分半28-33と5点差。3Q、明治大は#15渡辺(3年・PG)、#17常田(2年・SG)のシュートが好調だが東海大は#1大倉龍之介(4年・F)の3Pが立て続けに決まってリードを広げると、4Qは安定して得点を重ねて77-59。3勝目をあげた。明治大は4連敗。

写真:豊富な選手を抱える中、スタメンを務める東海大・大倉龍之介。後半に大事な3Pを連続で沈めた。



◆専修大VS早稲田大

190908nozaki.jpg 前半はまだ白星のない早稲田大専修大を凌駕した。1Qは互角の22-20となるが、2Qに専修大はゴール下でもミスが続いて8点と失速。早稲田大に勢いがあり30-41と11点リードに成功する。続く後半3Qも、早稲田大は#41小室(3年・C)のレイアップ、#14柳川(3年・G)のバスケットカウントも出てチームが盛り上がる。専修大は残り3:45に#30アブ(4年・C)のファウルが4とこの日は調子が上がらない。早稲田大は#8津田(2年・F)のオフェンス、リバウンドでの健闘が光り、リードを維持。専修大は#28野﨑(2年・G)が3P、フリースローで果敢に得点を重ねて追い上げ、59-56とした。

4Q、専修大は#30野﨑が切れ込んでレイアップを決め、そこからさらにフリースローを3連続で獲得すると、開始2分でようやく追いつき、同点に。さらに#12西野(3年・F)が難しい体勢からリングにねじ込んで逆転に成功するが、中盤の展開は互いにミスが続き、ゲームが動かない。しかし専修大は#28野﨑、#12西野、#0ケイタ(1年・C・日体柏)がのアタックでじわじわ得点を伸ばすと、残り5分で7点のリードに成功。#12西野の速攻からのダンクも出た専修大が83-64と早稲田大を突き放し、これで4戦全勝。

写真:新人戦で活躍した専修大・野﨑。リーグ戦ではまだプレータイムは多くないが、この日は後半に活躍し、12分で15得点をあげ、終盤の3Pではチームも湧いた。



◆大東文化大VS神奈川大

190908nakamura.jpg 立ち上がりは#15モッチ(4年・C)の高さが生きた大東文化大が一気に抜け出した。シュートを簡単に打てない神奈川大は苦しい状態が続くが、互いに控えの時間帯になると神奈川大は#7東野(2年・SG)、#21岡部(3年・PG)が踏ん張って追い上げ、1Qは14-22。2Qは両者メンバーをスタメンに戻す。神奈川大は#7東野がアグレッシブにアタックし、#75小酒部(3年・SF)のバンクも決まった。しかし大東大は#15モッチ、中村兄弟の合わせもあってややリードを広げた。後半3Q、神奈川大は#34工藤(1年・SF・八千代松陰)の3Pこそ序盤に決まったが、それ以降はオフェンスが機能せずここで9点で失速。4Qは21得点と粘って最後まであきらめない姿勢が見えたが、67-58と追い上げきれず。大東大が3勝目。神奈川大は苦しい4連敗。

写真:大東大は中村浩陸が16点と、調子が上がってきた様子が伺える。



◆日本大VS筑波大

190908matuwaki.jpg 1Qは筑波大が5点のリードで終えたが、2Qになると日本大が#0シェイクのゴール下、#14松脇(4年・SG)の3P、#11増田(4年・PF)からチャージングを取る働きもあって盛り返し、29-30と1点リードして終了。3Qも日本大は#10杉本(3年・SG)、#14松脇のアウトサイドでリードを継続する。しかし筑波大も#8菅原(3年・PG)、#88牧(4年・SG)、#11増田のアウトサイドが続けて決まり、逆転に成功。#88牧が#14松脇に激しいディフェンスを仕掛けてオフェンスを止めに行き、チーム全体でもディフェンスが固くなる。日本大は簡単にゴールできなくなり、3Qは54-50で筑波大がリードに。

 4Q、筑波大は#10村岸(4年・SF)のダンク、日本大は#59嶋田(3年・C)のジャンパー、#4上沢(3年・PG)のレイアップが決まりベンチも盛り上がる。だが#10村岸の3Pが沈むと開始2分で60-52と筑波大のリードが8となり、日本大はタイムアウトで仕切り直すことに。そこから#8ジャワラ(3年・PF)、#10杉本と続いて得点し、5点差ほどでついていっていたところを、残り3分で2点差にまで詰め寄った。筑波大は#8菅原のドライブからのバスケットカウントで、2:40に再び点差は5。さらにオフェンスリバウンドで粘る日本大の攻撃をしのいでいく。#8菅原がアンスポーツマンライクファウルを取られる場面もあったが、日本大は差を詰めきれない。最後は#27山口(3年・SG)の速攻が出て筑波大が73-66で勝利し、全勝を守った。

写真:日本大・松脇は3P5本を含む22点。ディフェンスも強固で攻守で奮闘を続けている。

※筑波大・村岸選手のインタビューは「続きを読む」へ。


第4戦終了時(9/8)

白鴎大学   3勝0敗
筑波大学   4勝0敗
専修大学   4勝0敗
大東文化大学 3勝1敗
東海大学   3勝1敗
青山学院大学 2勝1敗
日本体育大学 2勝2敗
日本大学   1勝3敗
法政大学   1勝3敗
早稲田大学  0勝4敗
神奈川大学  0勝4敗
明治大学   0勝4敗

※白鴎大と青山学院大は試合が延期になったため、並び位置は暫定。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2019リーグ1部  |  Top↑

2019.09.08 (Sun)

【2019リーグ2部】9/8レポート(国士舘大会場)

190908 kokushikan

4戦を終え全勝は中央大のみ
国士舘大が点の取り合いで拓殖大を破る


 第3、4戦の2部リーグは東洋大学総合スポーツセンターと国士舘大学多摩キャンパスの2会場にて行われた。4戦が終了し中央大が全勝で単独首位。拓殖大と順天堂大が3勝と続く。2勝は国士舘大を始め6校が並んだ。慶應義塾大と駒澤大は1勝で足踏み、山梨学院大は白星がなく苦しい状態となった。しかしどのチームが勝ってもおかしくない混戦状態であることは確かだ。

写真:拓殖大のと一線で国士舘大・中村が速攻を決めたあとに池田と体をぶつけ合い、盛り上がりは最高潮に。



◆東洋大学総合スポーツセンター

中央大が余裕をもって4戦全勝
上武大は得点力を発揮し2連勝


 中央大は点差をつけて確実に3戦、4戦を2勝。また開幕連敗スタートとなった上武大も2連勝で、エース#29細川(4年・SF)が2戦ともに30点の活躍をみせ、一気に得点ランキング3位に食い込んだ。慶應大は#4山﨑(4年・G)が合計92得点でランキング1位だが、東洋大戦は67―74で惜敗し1勝3敗。東洋大は2勝目、駒澤大は山梨学院大に勝利してようやく1勝をあげ、山梨学院大は惜しい試合もあるが4連敗となった。


◆国士舘大学多摩キャンパス

明星大が2戦とも点の取り合いを制す
順天堂大は前半から勢いをつけ2勝目をあげる

190908 sherra◆明青大VS関東学院大

 開幕2連敗を喫した明星大だが、第3戦の順天堂大に89-90と1点差で勝利。続く第4戦の関東学院大戦も接戦となった。前半は関東学院大のペースで進んだが、3Qに入ると明星大#6神谷(2年・SF)が連続3Pで一気に点差を詰め、そこからは終盤まで1点を争う展開に。関東学院大は#3佐々木(4年・PG)がゲームメイクをしながら17点の活躍をみせたが、明星大は#8太田(1年・SG・市川)の1対1や#2新田(3年・PG)のドライブに合わせた#12シェッラ(3年・C)のツーメンやリバウンドが上手で78-73で点の取り合いを制した。


◆江戸川大VS順天堂大

 順天堂大71-79江戸川大に勝利。#7千葉(4年・SF)は怪我から復帰し、プレータイムを徐々に伸ばしている。江戸川大は一時20点差がつき、苦しい展開となった。4Qは#12オウマ(4年・C)を基点に追い上げたが、及ばず惜しくも破れた。江戸川大は2勝でとどまった。

写真:新田とのコンビは3年目のシェッラ。この日は2人の留学生ルーキとマッチアップが見どころの一つだった。


【国士舘大が4Qで一気に30点を決め全勝の拓殖大を下す】

190908 mochizuki1

 拓殖大国士舘大の対戦は終始試合の流れに波があり、見ごたえのある展開となった。1Qは国士舘大のペース。#18清水(4年・PF)が果敢に攻め込み、#30那須(4年・G)を中心に3Pを量産。拓殖大は#41杉野(3年・PF)が粘り食らいつき20-27と7点を追う。2Q序盤は国士舘大が一気に11点差をつけ、拓殖大は早々とタイムアウト。その後、拓殖大は#99多田(4年・F)の3Pを皮切りに、一気にペースを掴んだ。#9小室(4年・G)がスティールでみせ、#24荒川(4年・G)もジャンパーが好調。50-43と逆転して折り返す。

190908 nasu 3Qから両チーム一歩も譲らない展開に。国士舘大は#7佐脇(3年・F)、#17望月(4年・F)の3Pで勢いをつけ、ディフェンスではゾーンを仕掛け、足を止めにかかる。拓殖大は#41杉野がゴール下で奮闘するも、徐々にシュートが落ち始める。国士舘大は#62稲見(3年・PF)のミドルシュートで逆転。しかしすぐに拓殖大#9小室が3P、ディフェンスで返す。ブザーとともに#8須崎(4年・C)が速攻に走りゴール下を決め63-62と1点リード。

 4Qは国士舘大が一気に点数を取った。#17望月が3P、ジャンパーを決め、#25中村(4年・SG)が連続で速攻の先陣を切ると、応援席の盛り上がりが最高潮に。拓殖大はシュートが入らず、徐々に点差がついていく。国士舘大は#7佐脇を中心にシュートを決め続け、勢いそのままタイムアップ。78-98で拓殖大を破り、2勝目をあげた。

写真:国士舘大那須:副主将を務める那須。2Qの入りではきれいフォームのシュートを量産し、チームを沸かせた。


第4戦終了時(9/8)

中央大学   4勝0敗
拓殖大学   3勝1敗
順天堂大学  3勝1敗
国士舘大学  2勝2敗
江戸川大学  2勝2敗
上武大学   2勝2敗
関東学院大学 2勝2敗
東洋大学   2勝2敗
明星大学   2勝2敗
駒澤大学   1勝3敗
慶應義塾大学 1勝3敗
山梨学院大学 0勝4敗

※明星大・神谷選手、国士舘大・望月選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2019リーグ2部/その他  |  Top↑

2019.09.08 (Sun)

【2019リーグ】9/8結果(1・2部第4戦、3部第3戦)

【1部】横須賀アリーナ

日本体育大学82(20-15,26-25,18-25,18-24)89法政大学
東海大学77(19-12,16-16,24-17,18-14)59明治大学
専修大学83(22-20,8-21,26-18,27-5)64早稲田大学
大東文化大学67(22-14,20-14,11-9,14-21)58神奈川大学
筑波大学73(15-10,14-20,25-18,19-18)66日本大学
白鴎大学 vs 青山学院大学 ※台風接近のため延期

白鴎大学   3勝0敗
筑波大学   4勝0敗
専修大学   4勝0敗
大東文化大学 3勝1敗
東海大学   3勝1敗
青山学院大学 2勝1敗
日本体育大学 2勝2敗
日本大学   1勝3敗
法政大学   1勝3敗
早稲田大学  0勝4敗
神奈川大学  0勝4敗
明治大学   0勝4敗

※白鴎大と青山学院大は9/8の試合が延期になったため、暫定の位置で掲載しています。

----------------------------------------

【2部】

◆東洋大学総合スポーツセンター

上武大学95(23-8,38-22,18-22,16-23)75山梨学院大学
慶應義塾大学67(24-16,14-16,14-20,15-22)74東洋大学
中央大学101(20-8,15-10,30-22,36-25)65駒澤大学

◆国士舘大学多摩キャンパス
明星大学78(22-29,17-14,24-19,15-11)73関東学院大学
江戸川大学71(16-25,11-18,24-26,20-10)79順天堂大学
拓殖大学78(20-27,30-16,18-24,10-31)98国士舘大学

中央大学   4勝0敗
拓殖大学   3勝1敗
順天堂大学  3勝1敗
国士舘大学  2勝2敗
江戸川大学  2勝2敗
上武大学   2勝2敗
関東学院大学 2勝2敗
東洋大学   2勝2敗
明星大学   2勝2敗
駒澤大学   1勝3敗
慶應義塾大学 1勝3敗
山梨学院大学 0勝4敗

----------------------------------------

【3部】

◆明治学院大学白金キャンパス

国際武道大学69(23-22,20-9,11-20,15-16)67埼玉大学
明治学院大学69(11-21,16-15,19-13,23-13)62帝京平成大学
立教大学110(28-17,33-25,19-18,30-11)71桐蔭横浜大学

◆東京経済大学武蔵村山キャンパス
東京経済大学65(11-9,15-20,23-16,16-23)68西武文理大学
東京成徳大学71(15-18,21-11,15-18,30-11)67玉川大学
埼玉工業大学84(24-20,21-17,18-14,21-19)70國學院大學

立教大学   3勝0敗
埼玉工業大学 3勝0敗
東京成徳大学 3勝0敗
国際武道大学 2勝1敗
明治学院大学 2勝1敗
桐蔭横浜大学 2勝1敗
玉川大学   1勝2敗
帝京平成大学 1勝2敗
西武文理大学 1勝2敗
東京経済大学 0勝3敗
國學院大學  0勝3敗
埼玉大学   0勝3敗


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2019関東リーグ予定・結果  |  Top↑
 | BLOGTOP |