FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会 〜12/15
駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館

2019.08.26 (Mon)

【2019リーグ】9/1試合予定(3部・第1戦)

■9月1日(日)

【3部】國學院大學 たまプラーザキャンパス
◆ aコート

13:00 玉川大学 vs 桐蔭横浜大学
14:50 明治学院大学 vs 東京経済大学
16:40 立教大学 vs 西武文理大学

◆bコート
13:00 帝京平成大学 vs 國學院大學
14:50 東京成徳大学 vs 国際武道大学
16:40 埼玉工業大学 vs 埼玉大学

※8/31、9/1は1部2部の試合はありません。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:43  |  2019関東リーグ予定・結果  |  Top↑

2019.08.25 (Sun)

【2018リーグ1部】8/24,25レポート

190825morizane.jpg

関東大学リーグ1部は開幕週の2戦を終了
各チームの仕上がりを確認する序盤戦に


 実力の拮抗が予想される1部リーグは昨年より1週間以上早く、もう少し準備期間が欲しいと思わせる段階の開幕でもある。第1戦、2戦ともにまだ固さが見えるチームもあった。気になったのは各チームのコンディション。主力に怪我人が多く、DNPが続出した。近年はプレータイムをシェアするチームが大半であるため、カバーしながら戦うのは当たり前になってきている。しかし欠場者のない充実したリーグ戦の展開もまた、期待されるところだ。

写真:専修大は身体能力が高いスター揃い。春は怪我で出ていない盛實のプレーはやはり見ておきたい。



1部昇格の日本体育大は2連勝で幸先よくスタート

190825ooura.jpg 2連勝で好スタートを切ったのは5チーム。昨年優勝の東海大は早稲田大、法政大に勝利。ただ、#22笹倉(4年・G)、#11大倉颯太(2年・G)が欠場。春とはスタートが3人変わった状態でのリーグの開幕になった。スタメンに入った#1大倉龍之介(4年・F)、ベンチ出需でガードとしての役割を果たす#60坂本(2年・G)らの活躍が目を引いた。#23佐土原(2年・PF)も1戦目の試合中に負傷し、2戦目は欠場。豊富な戦力を持つとはいえ、怪我人の多さは陸川監督も懸念するところ。早々に復帰してくる選手が大半だが、コンディションには留意したい。また、U22にかなりの人数が選出されてチーム練習が行き届かなかった昨年に比べれば、ユニバーシアードがなかった夏はチーム揃って練習を積めていると言い、そこを強みとできるかどうか。「甘くはない」と春から何度も口にする陸川監督。多くの有力選手を抱え、2連覇を期待されてはいるが、危機感を持ってリーグに臨む姿勢も強く感じられる。

 1部復帰シーズンとなる日本体育大は初戦で神奈川大、第2戦では明治大を下して初週をいい形でスタートした。#3大浦(4年・PG)を起点にした速いテンポのバスケットを貫き、1部に風穴を開けることができるかどうかに注目が集まる。白鴎大はインサイドを支える#75シェッハ(4年・C)、攻守で重要な役目を果たす#32三浦(4年・SG)の2人が初週は欠場。#23荒谷(3年・PF)も春のトーナメントの怪我からの復帰にはまだ時間が必要とあって、ベンチ外。高さが下がった分、リバウンドに苦戦が見えるが粘りのプレーは健在で、法政大、日本大というサイズのある相手に連勝した。

 専修大は2戦目で神奈川大に追い込まれ、筑波大は2戦目で青山学院大と延長戦までもつれた。専修大は#88重冨周希(3年・G)が欠場したが、戦力は豊富。筑波大は#13二上(2年・SG)、#7浅井(1年・PF・福大大濠)がこちらも怪我で離脱しているが、スタメンや上級生の安定度は高く、春は手術明けで思うようなプレーができなかった#88牧(4年・SG)のリーダーシップも見どころだ。

写真:日本体育大は大浦がチームを牽引する。挑戦のシーズンでどのようなパフォーマンスを見せてくれるかが楽しみだ。


大東文化大・青山学院大が1敗で追う

 1勝1敗となったのは大東文化大青山学院大の2チーム。この両チームは初戦で対戦したが、青山学院大が粘って勝利。#21能見(4年・PG)、#7ナナー(4年・CF)、#14伊森(4年・F)ら4年生の奮闘も大きかった。しかし青山学院大は2戦目では筑波大学と延長までもつれ込むが、こちらは5点差で敗退となった。大東文化大は2戦目は早稲田大相手にきっちり勝利を挙げたが、初週は固さが見える部分も多く、ここから調子を上げたい。



神奈川大は健闘光るが惜しくも連敗

190825osakabe.jpg 連敗スタートは5チーム。健闘が光ったものの惜しまれるのが神奈川大。初戦は日本体育大相手に前半は#75小酒部(3年・SF)が得点、リバウンドに驚異の奮闘を見せてリードする。しかし後半に失速し、わずかに及ばず破れた。2戦目は優勝の有力候補である専修大相手に接戦を繰り広げ、これもまた最後までわからない勝負になったが、84-79と5点差で敗退。エース小酒部がどれだけのパフォーマンスを出せるかが勝敗の鍵を握るが、2戦目はガードとしてAチームに食い込んだ#21岡部(3年・PG)、ルーキーの#34工藤(1年・SF・八千代松陰)、#51横山(1年・SG・実践学園)らの好プレーが光った。

 明治大法政大は良い時間帯もあり、日本大は勝負強いアウトサイドはやはり武器。3戦目以降のプレーに注目だ。日本大は#13駒沢(3年・PG)、#9島尻(3年・F)が欠場。明治大は#11奥野(4年・F)が復帰した。早稲田大は#35桑田(4年・F)#7宮本(2年・F)の欠場が痛かった。1部では最も人数が少ないチームだけに、一人ひとりへの負担が大きいのが気にかかる。

 リーグ戦は長い。早稲田大に限らず、全チームがコンディションをなるべく保って2カ月を乗り切っていかなければならない。ただ、欠場者がいればチャンスを得る選手もいる。それを活かすような選手が出てくるかどうかも期待したい。

写真:神奈川大・小酒部は第1戦が35点、第2戦は22点。マークが厳しい中でパフォーマンスをどう出せるか。


(8/25・2戦終了時点)

白鴎大学   2勝0敗
筑波大学   2勝0敗
専修大学   2勝0敗
日本体育大学 2勝0敗
東海大学   2勝0敗
青山学院大学 1勝1敗
大東文化大学 1勝1敗
日本大学   0勝2敗
早稲田大学  0勝2敗
神奈川大学  0勝2敗
明治大学   0勝2敗
法政大学   0勝2敗

※青山学院大・ナナー選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2019リーグ1部  |  Top↑

2019.08.25 (Sun)

【2019リーグ2部】8/24,25レポート

190824takushoku.jpg

初週から混戦模様となった2部リーグ
1部昇格のチャンスをどこがつかむか

 上位2チームが1部昇格、そして3位4位が入れ替え戦に臨める2部リーグ。このレギュレーションになって初年度だった昨年は、3位以下は1週ごとに大きく順位が入れ替わり、最終週まで中盤位の順位が確定しない混戦の2カ月半となった。今リーグも初日から接戦が続き、1部リーグ以上に1勝の重みを感じられる試合が続いた。22試合の果てに栄冠を掴むのは一体どのチームか。

写真:拓殖大は初戦で山梨学院大相手に3点差のきわどい勝利。2戦目は明星大を後半に振り切った。



江戸川大・順天堂大は勢いあふれるバスケットで上々の出足

190824maeda.jpg 昨年6位の江戸川大と7位の順天堂大は開幕2連勝。江戸川大は運動量豊富なバスケットを展開するが、初戦の上武大戦では1点を争う接戦に。終盤、#11渡部(2年・PG)の3Pが勝負どころで決まって白星を挙げると、2戦目は駒澤大相手に立ち上がりから大差をつけて2連勝。いいスタートを切った。順天堂大は初戦で昨年4位の国士舘大と対戦。1Qは互角だったが、次第にリードを得ると終盤に振り切った。2戦目も山梨学院大を序盤から圧倒し、100点ゲームでの2連勝となった。特筆すべきはチームの持ち味でもある攻撃力。司令塔の#5岩井(3年・PG)が機動力を持ち味に、#15前田(3年・SG)、#34大野(3年・SF)らが高確率でのアウトサイドを決めた。誰もが3Pを打てるのが強みだが、初週の2戦は特にシュート力の高さが光った。

 このほか、今季2部から出直しをはかる拓殖大中央大も2連勝でスタート。拓殖大はやや安定感に欠ける時間帯もあるが、#99多田(4年・F)ら試合経験豊富なメンバーの攻撃力は折り紙付き。乗ってくればシュート力の高さで相手を突き放す。中央大は新人戦でもいいプレーを見せていた#3北村(1年・PG・東海大諏訪)、#21渡部(1年・SF・正智深谷)らがチームに勢いをもたらすのに一役かっている。上級生では#71沼倉(4年・PF)の仕事人ぶりも見どころ。選手層も厚い2チームは優勝の有力候補。安定して22試合を戦い抜けるかが鍵になるだろう。

写真:好調にシュートを沈めた順天堂大・前田。どこまでシュートが決まるかがチームとしても鍵になる。



関東学院大は#12ケイタが復帰。2部に嵐を巻き起こせるか

190824yamasaki.jpg 1勝1敗は国士舘大慶應義塾大東洋大、そして4年ぶりの2部復帰となる関東学院大の4チーム。昨年惜しくも5位で入れ替え戦に進めなかった慶應義塾大は第1戦の明星大戦で#4山﨑(4年・G)が30得点で奮闘。2戦目の国士舘大戦も24得点、#5髙田(4年・G)が27得点と両エースが牽引したが、相手のシュートが好調で後半に巻き返されてしまった。その国士舘大は初戦こそ順天堂大の好調な得点力の前に破れたが、慶應義塾大戦では#21池田(4年・PG)、#2二村(3年・G)、#7佐脇(4年・F)が2桁得点。3Qで逆転して僅差で慶應大を破ると、勝率を五分に戻した。昨年8位の東洋大は主力が上級生になるにつれて安定感が増してきた。就任2年目となる佐藤信長コーチの手腕が見どころだ。関東学院大は夏は天皇杯予選なども怪我で欠場を続けていた#12ケイタ(1年・C・帝京長岡)が2戦目から復帰。#10ンジャイ(1年・C・福島東稜)の負担が減り、インサイドを起点にしたバスケットに厚みが出て、東洋大を退けた。ここからどんな戦いを見せていくのか期待が高まる。

写真:慶應義塾大・山﨑がどんな風にチームを牽引するか。



連敗の4チームはここからの巻き返しに期待


 惜しくも連敗スタートとなったのは駒澤大上武大明星大、そして2部昇格を果たした山梨学院大の4チーム。3戦目までは1週間の空きがあるため、修正は十分可能だ。昨年の主力が残るチームも多いだけに、次戦以降の戦いぶりに注目したい。


 2戦を消化した時点で全勝4チーム、1勝1敗4チーム、2敗が4チームときれいに分かれた。この勝敗数は2018年度のリーグ戦を2戦消化した時点とまったく同じだ。昨年は目立って抜け出したのは日本体育大とそれを追った法政大のみ。3位以降は最後まで混戦だっただけに、今季もこの段階で先行きを占うのはあまり意味がない。2カ月は短いようで長い。それぞれのチームの成長と戦いぶりをしっかりと見ておきたい。


(8/25・2戦終了時点)
中央大学   2勝0敗
拓殖大学   2勝0敗
江戸川大学  2勝0敗
順天堂大学  2勝0敗
国士舘大学  1勝1敗
慶應義塾大学 1勝1敗
関東学院大学 1勝1敗
東洋大学   1勝1敗
駒澤大学   0勝2敗
上武大学   0勝2敗
明星大学   0勝2敗
山梨学院大学 0勝2敗


※江戸川大・渡部選手、東洋大・和田選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2019リーグ2部/その他  |  Top↑

2019.08.25 (Sun)

【2019リーグ8/25結果(第2戦)

【1部】駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場aコート

東海大学70(25-19,19-17,17-12,9-15)63法政大学
日本体育大学86(22-16,14-13,20-27,30-15)71明治大学
専修大学84(20-17,15-20,28-24,21-18)79神奈川大学
大東文化大学71(17-12,20-8,17-19,17-19)58早稲田大学
筑波大学85(17-21,21-22,18-20,19-12,10-5*)80青山学院大学
白鴎大学82(26-24,21-13,16-11,19-28)76日本大学

白鴎大学   2勝0敗
筑波大学   2勝0敗
専修大学   2勝0敗
日本体育大学 2勝0敗
東海大学   2勝0敗
青山学院大学 1勝1敗
大東文化大学 1勝1敗
日本大学   0勝2敗
早稲田大学  0勝2敗
神奈川大学  0勝2敗
明治大学   0勝2敗
法政大学   0勝2敗

----------------------------------------

【2部】駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場bコート

国士舘大学76(16-17,17-16,27-19,18-17)69慶應義塾大学
駒澤大学58(14-25,14-19,15-13,15-23)80江戸川大学
東洋大学65(13-15,11-19,23-19,18-20)73関東学院大学
順天堂大学102(32-15,28-15,19-27,23-31)88山梨学院大学
中央大学87(20-14,23-14,27-10,17-22)60上武大学
拓殖大学88(20-14,19-23,26-12,23-21)70明星大学

中央大学   2勝0敗
拓殖大学   2勝0敗
江戸川大学  2勝0敗
順天堂大学  2勝0敗
国士舘大学  1勝1敗
慶應義塾大学 1勝1敗
関東学院大学 1勝1敗
東洋大学   1勝1敗
駒澤大学   0勝2敗
上武大学   0勝2敗
明星大学   0勝2敗
山梨学院大学 0勝2敗

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2019関東リーグ予定・結果  |  Top↑

2019.08.24 (Sat)

【2019リーグ】8/24レポート

190824tokai.jpg

関東大学バスケットボールリーグ戦が開幕
1部・2部リーグは11月まで続く全22試合


 8月24日(土)、95回目の関東大学バスケットボールリーグ戦のうち、1部と2部が他に先駆けて開幕した。2部は昨年と同時期、1部は昨年よりも1週早いスタートになった。全22試合となる1部2部リーグは、天皇杯一次ラウンドのブレイク等、多少の休みを挟むものの週に2試合、あるいは5日で4試合をこなす節もあるタフな日程。長期間に及ぶゆえにコンディションの維持が重要になる。1部リーグは日本体育大学と法政大が1部へ昇格し、2部は関東学院大と山梨学院大学がこちらも2部にチャレンジを開始する。

 1部は昨年のリーグ覇者・東海大が勝利したほか、専修大、青山学院大学、筑波大、白鴎大、そして日本体育大が白星。全体的には怪我で欠場した主力が目立つ幕開けとなった。2部は接戦が続き、読めない試合が続いた。この先も混戦となっていくかどうか、推移を見守りたい。

写真:東海大は笹倉、大倉颯太が怪我で欠場。#0寺嶋、#1大倉龍之介がスタメンに入った。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:43  |  2019リーグ1部  |  Top↑

2019.08.24 (Sat)

【2019リーグ】8/24結果(第1戦)

【1部】駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場aコート

東海大学88(22-8,16-11,24-14,26-9)42早稲田大学
日本体育大学81(14-29,18-13,15-7,34-21)70神奈川大学
専修大学72(18-19,10-12,24-14,20-11)56日本大学
大東文化大学63(17-14,9-18,19-24,18-16)72青山学院大学
筑波大学79(19-7,20-6,15-26,25-28)67明治大学
白鴎大学71(15-18,23-13,20-10,13-21)62法政大学

東海大学   1勝0敗
専修大学   1勝0敗
筑波大学   1勝0敗
青山学院大学 1勝0敗
白鴎大学   1勝0敗
日本体育大学 1勝0敗
大東文化大学 0勝1敗
早稲田大学  0勝1敗
神奈川大学  0勝1敗
明治大学   0勝1敗
法政大学   0勝1敗

----------------------------------------

【2部】駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場bコート

江戸川大学83(25-15,16-19,20-27,22-19)80上武大学
慶應義塾大学75(17-15,20-14,19-21,19-20)70明星大学
国士舘大学 81(25-25,15-24,19-22,22-20)91順天堂大学
駒澤大学73(21-25,15-17,14-19,23-22)83東洋大学
中央大学71(20-12,11-16,18-12,22-15)55関東学院大学
拓殖大学89(11-20,21-24,28-16,29-26)86山梨学院大学

中央大学   1勝0敗
拓殖大学   1勝0敗
慶應義塾大学 1勝0敗
江戸川大学  1勝0敗
順天堂大学  1勝0敗
東洋大学   1勝0敗
駒澤大学   0勝1敗
国士舘大学  0勝1敗
上武大学   0勝1敗
明星大学   0勝1敗
関東学院大学 0勝1敗
山梨学院大学 0勝1敗


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:26  |  2019関東リーグ予定・結果  |  Top↑

2019.08.21 (Wed)

【2019リーグ】8/25試合予定(1部・2部/第2戦)

■8月25日(日)

【1部】駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場aコート

10:00 東海大学 vs 法政大学
11:40 日本体育大学 vs 明治大学
13:20 専修大学 vs 神奈川大学
15:00 大東文化大学 vs 早稲田大学
16:40 筑波大学 vs 青山学院大学
18:20 白鴎大学 vs 日本大学

----------------------------------------

【2部】駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場bコート
10:00 国士舘大学 vs 慶應義塾大学
11:40 駒澤大学 vs 江戸川大学
13:20 東洋大学 vs 関東学院大学
15:00 順天堂大学 vs 山梨学院大学
16:40 中央大学 vs 上武大学
18:20 拓殖大学 vs 明星大学


※入場料(1・2部有料)や最新ニュースについては関東大学バスケットボール連盟の公式サイトを参照ください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:28  |  2019関東リーグ予定・結果  |  Top↑

2019.08.21 (Wed)

【2019リーグ】8/24試合予定(1部・2部/第1戦)

■8月24日(土)

【1部】駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場aコート

10:00 東海大学 vs 早稲田大学
11:40 日本体育大学 vs 神奈川大学
13:20 専修大学 vs 日本大学
15:00 大東文化大学 vs 青山学院大学
16:40 筑波大学 vs 明治大学
18:20 白鴎大学 vs 法政大学

----------------------------------------

【2部】駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場bコート
10:00 江戸川大学 vs 上武大学
11:40 慶應義塾大学 vs 明星大学
13:20 国士舘大学 vs 順天堂大学
15:00 駒澤大学 vs 東洋大学
16:40 中央大学 vs 関東学院大学
18:20 拓殖大学 vs 山梨学院大学


※入場料(1・2部有料)や最新ニュースについては関東大学バスケットボール連盟の公式サイトを参照ください。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:18  |  2019関東リーグ予定・結果  |  Top↑
 | BLOGTOP |