FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2019.06.08 (Sat)

【2019新人戦】6/9試合予定(最終日)

■日本体育大学世田谷キャンパス

11:00 青山学院大学 vs 関東学院大学(7位決定戦)
12:40 日本大学 vs 白鴎大学(5位決定戦)
14:20 筑波大学 vs 日本体育大学(3位決定戦)
16:00 専修大学 vs 東海大学(決勝)


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  2019新人戦  |  Top↑

2019.06.08 (Sat)

【2019新人戦】6/8レポート

決勝は東海大VS専修大
専修大は2002年以来の決勝進出!


 頂点まであと2つ。新人戦準決勝は、2試合とも互いに譲らない好勝負となった。東海大は2年生を中心とした層の厚みを活かし、日本体育大を後半振り切った。一方、専修大はビハインドから入り、得意の走力を活かしての逆転勝利。2002年に優勝して以来の決勝進出となった。また、順位決定戦は日本大と白鴎大が勝ち上がった。



◆順位決定戦・関東学院大VS白鴎大
190608hakuo.jpg

2Qで白鴎大が関東学院大を突き放す

190608sumida.jpg 関東学院大は立ち上がり、#33鈴木(2年・F)、#26菅澤(2年・F)のシュートなどで先行。白鴎大も#25角田(2年・SG)のスリーで追いつき、そこからは接戦となる。関東学院大は内外バランス良くボールが回り、#26菅澤の3Pが決まると盛り上がる。しかし白鴎大も#52ブラ(2年・C)、#0関屋(1年・PG・飛龍)の外が決まって1Qは20―26。関東学院大は2Qに入るが点差を詰められない。白鴎大はベンチメンバー主体で少しずつ関東学院大を引き離していき、最後は#0関屋のスリーがブザーと共に沈み45―75。後半、白鴎大は関東学院大のディフェンスを突破し、#56小室(2年・SG)や#25角田(2年・SG)も次々と得点。3Qで31点の猛攻を見せる。関東学院大は4Qに入ると持ち直して互角の戦いとなるが、最後は69―97。白鴎大が5位決定戦へと進んだ。

写真:白鴎大・角田は15点。3Pは3/4。



◆順位決定戦・日本大VS青山学院大
S__438198280.jpg

日本大がシュートを決めきり勝利をもぎ取る

190608kuroda.jpg シュートが持ち味の日本大と、ディフェンスがディフェンスに定評のある青山学院大の対戦。前半は32-41で青学大が9点のリード。日本大は#11高原(2年・SG)、#22飯尾(1年・SG・洛南)を中心に3Pが当たり、ディフェンスではダブルチームを仕掛けて足を動かす。青学大はスティールからブレイクで加点。#3山崎(1年・F・土浦日大)の3Pを中心に点取り合戦にもついていき、2Q終盤に#24永野(2年・PG)が連続得点で突き放した。

 3Qは日本大のペースで始まった。#22飯尾が果敢に攻めテンポアップ。#11高原の3Pは好調で開始5分で逆転に成功し、一気に加速。青学大は一時得点が止まるもディフェンスで我慢し、リバウンドから連続ブレイクで食らいつき、56-56と同点で最終Qへ。4Q終盤まで両チーム点をとっては取り返す展開に。日本大は#11高原がシュートでもルーズボールでもチームを鼓舞する。青学大は#17保泉(2年・SG)、#13才藤(2年・SG)が3P、#24永野が得意のドライブで一歩リードするも、日本大#60黒田(2年・F)のドライブ、#22飯尾がオフェンスリバウンドからシュートで残り21.8秒で逆転。青学大は攻撃のチャンスを得るも生かしきれず72-70と日本大が5位決定戦に進んだ。

写真:日本大はコートに出る選手がそう多くない中、黒田も地道に貢献している。

※日本大・高原選手のインタビューは「続きを読む」へ。



◆準決勝・東海大VS日本体育大
190608tokai.jpg

日本体育大が持ち味を出すも
ハイスコア展開を東海大が制す


 準決勝第2試合は昨年準優勝の日本体育大と昨年3位の東海大の戦いとなった。日本体育大は走力のある選手の速い展開を得意とし、東海大は総合力では今大会屈指。前半は点の取り合いとなった。

190608matumoto.jpg 先に抜け出したのは日体大。開始早々この日1本目の速攻を#31青木(1年・SG・中部第一)が決めると、#21クリスティン(1年・C・東山)のシュート、#28井手(2年・PG)の3P、速攻もあって一気に引き離し2-12。東海大はファウルが続く中で#31松本(2年・SG)がアウトサイドを決め、次第に落ち着きを取り戻し、得点を返していく。終盤に#23佐土原(2年・PF)の3Pで逆転するとここからはシーソーゲームとなり、最後は東海大#86八村(2年・PF)のバスケットカウントで24-20とリード。2Q、追う形になった日体大はじわじわファウルがかさんで苦しい中、#21クリスティンのオフェンスリバウンドやダンク、#31青木の3Pで逆転する。東海大はスタメンに戻して対応するが、#86八村がオフェンスファウルで3つとなり、交代せざるを得ない。しかし日体大もウイングの一翼を担う#1古橋(1年・SG・福岡第一)が開始5分で4ファウルとなってしまい、こちらも苦しい。それでも#28井手が気を吐き、アシスト、3P、ジャンパーと3連続。しかし東海大はこの日#28井手に対して好ディフェンスを見せている#60坂本のシュートも好調。東海大は最後に速攻などを出して44-41と再度逆転して前半終了。

190608bam.jpg 3Qの立ち上がり、東海大がゾーンを仕掛けると日体大にターンオーバーが続いて失速。東海大に速攻が連続し、一気に13点差となる。日体大はオフェンスでも苦しいが、ファウルがいよいよ深刻になり、開始5分に#21クリスティンが4つとなると、ここで#50バム(2年・C)が満を持して登場すると、ゴール下で存在感を発揮する。東海大も終盤はファウルが続いてしまうが点差は維持して70-58で4Qへ入った。日体大はバムが次々とゴール。ゾーンを展開しつつ必死に粘り、#31青木の3Pで6点差にまで追い上げ、#1古橋もルーズボールに突っ込むなどファイトを見せる。しかし東海大もそれ以上の追い上げは許さず、#23佐土原がミドルシュートで流れを断ち切るなど、確実さを見せて最後は93-78。東海大が昨年の壁を破って決勝進出を決めた。

 前半の日体大の立ち上がりは、ベスト8以上の試合では最高の出来栄えだった。膝の怪我もあってバムを簡単には出せない中、クリスティンは長時間タフに働いた。また井手が強い気持ちを見せて得点を決め続け、青木や古橋もそれに続くように試合を重ねるごとによくなっている。惜しまれるのは3Q。東海大のディフェンスを破れずにできた差を最後まで詰めきれなかった。

 東海大は立ち上がりやや出遅れ、その後はファウルトラブルもあったが、選手層の厚さもあって安定して乗り越えた。松本、坂本のオフェンスが当たったのも大きい。また、日体大の起点となる井手に対しては「このチームではディフェンスが自分の仕事。つくなら青木ではなくキーマンの井手」と、坂本が半ば志願する形でマッチアップ。10cmの身長差を活かし、かつガッツあふれる守りで攻撃の勢いを削いだことも勝利を引き寄せるポイントとなった。

写真上:東海大・松本は今大会安定して外角のシュートを決め続けている。この試合はチームハイの21点。
写真下:バムは10分の出場で12点・8リバウンド。万全でなかったことが惜しまれる。

※東海大・佐土原選手のインタビューは「続きを読む」へ。



◆準決勝・筑波大VS専修大
190608 senshu2

専修大が走るバスケットで逆転勝ち
筑波大は1Qで勢いが失速


 この日の最終試合となった専修大筑波大の対戦。筑波大のリードを専修大が追いかける展開で、最後までどっちに転ぶかわからない試合となった。

190608 kishinaga 1Qは筑波大が13-24で大きくリード。速攻で加点し、まんべんなく点数を重ねていく。専修大は走りきれず、点が伸び悩むが、#21遠藤(1年・F・八王子)がタップで押し込み、#46寺澤(2年・PF)のバスケットカウントでしのぐ。2Q序盤、#95齋藤(2年・G)が3Pやドライブで抜群の能力を発揮し、徐々にリズムを掴む。ここから3P合戦となり、筑波大は#7浅井(1年・PF・福大大濠)と#21笹山(1年・G・洛南)、専修大は#28野﨑(2年・G)、#1山本(2年・F)がそれぞれ連続で決め合う展開に。専修大がわずかに点差を詰め32-47で折り返す。

 3Qは出だしから専修大が一気に点差を詰めた。#10喜志永(1年・G・豊浦)、#23キング(2年・G)のドライブで流れを掴む。さらにゾーンを仕掛け筑波大の足を止めにかかり、リバウンドから速攻で逆転。筑波大はシュートが入らずミスが続くが、#23半澤(2年・SG)がゴール下をねじ込みしのぐ。終盤、専修大#23野﨑が難しい体勢の3Pを沈め59-57と2点リードで最終Qへ。4Q序盤も専修大は#23キングが合わせ、#46寺澤がジャンパーを決め勢いを保ち、ディフェンスではゾーンを継続。リバウンドでも粘りをみせる。筑波大は#92中田(1年・PG・福大大濠)が切り崩しながら攻め込み、残り4分#7浅井の3Pで同点に。しかし専修大#28野﨑がこの試合5本目の3Pを決めベンチを沸かし一歩リード。残り1分半、筑波大#23半澤がレイアップをねじ込み食らいつくも追いつかず。73-68で専修大が決勝へ進んだ。

190608sasayama.jpg 専修大は序盤で走れなかったが2Qからはシュートの当たりも良く、ブレイクも多発した。野﨑、山本はシックスマンながらチームに流れを引き寄せ、寺澤はリバウンドで粘り、キングも速攻の先陣を切った。筑波大はゾーンを仕掛けられてから足が止まり、思うようなリズムで展開ができなかった。だがルーキーの浅井や笹山の3P、中田のリーダーシップは目を引くものがあり、今後の伸びしろとなりそうだ。

写真:フォワードの選手が多い中、専修大・喜志永の1番としての役割は大きい。
写真:筑波大はベンチスタートで笹山も後半大事なシュートを入れていった。

※専修大・野﨑選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2019新人戦  |  Top↑

2019.06.08 (Sat)

【2019新人戦】6/8結果(準決勝・順位決定戦)

■日本体育大学世田谷キャンパス

関東学院大学69(20-26,13-18,12-31,24-22)97白鴎大学(順位決定戦)
日本大学72(17-17,15-24,24-15,16-14)70青山学院大学(順位決定戦)
東海大学93(24-20,20-21,26-17,23-20)78日本体育大学(準決勝)
専修大学73(13-24,26-23,20-10,14-11)68筑波大学(準決勝)


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2019新人戦  |  Top↑

2019.06.08 (Sat)

【2019西日本インカレ】6/8 準決勝

西日本インカレは佳境に突入
京産大の関西二冠か、近畿大の連覇か


190608THUMB.jpg 九州、中国、四国、関西、東海、北信越の各校が参加し、エディオンアリーナ大阪をメイン会場に行われる西日本インカレが今年も行われている。休みなく日程が消化される過酷さ、教育実習などで不在となる選手も出るなどの不確定要素も多い一方で、普段は対戦機会の少ないチーム同士での対戦も多く組まれることとなり、各チームの力関係を推し量る意味でも貴重な機会である。この日で大会は準決勝までを終え、残すは最終日の決勝と3位決定戦を残すのみとなった。


 準決勝にまず登場したのは、第2シードの京都産業大と、春の北信越リーグを制し、準々決勝では関西学院大に競り勝った新潟経営大だった。ゲームは立ち上がりから京産大ペース。#24大庭(4年・SG)が3Pやバスケットカウントで攻め立て、#23サンブ(2年・C)の高さも活きてつけ入る隙を与えない。新潟経営大は序盤からタフショットを強いられる場面も多く、単発な得点が続いてしまった。京産大はベンチメンバーも繰り出しながら余裕ある試合運び。新潟経営大は、4Qにはラッシュを見せたものの、点差を覆すには至らなかった。76−57で勝利の京産大が、全関に続く優勝に王手をかけた。

写真:24得点22リバウンドと、さすがの働きを示した京産大・サンブ。

※京都産業大・田中選手のインタビューは「続きを読む」へ。

粘る中京大を、近畿大が振り切る

 全関で敗れ、この大会こそ優勝で締めくくりたい近畿大。対する中京大は、2年前の西日本インカレ3位を足がかりに、その年のインカレではベスト8入りを経験。準決勝2試合目は、経験値の高いチーム同士の対戦となった。

190608WATANABE.jpg 開始直後から、中京大はゾーンを披露。近畿大は、どうにかボールを受けた#9パトリック(2年・C)が得点するが、ペースが上がらない。その間に中京大は、#6林(4年・SF)、#34長谷川(3年・PF)の3P、#30中崎(2年・PF)のミドルシュートなどで、リズム良く得点する。開始後に失点した#9パトリックに対しても粘り強いディフェンスを見せ、その後は思うようにシュートを打たせない。ここで近畿大は#24今村が奮起。外からのシュートが立て続けにネットを揺らし、1Q途中で7点あったビハインドから、逆転に成功。逆に序盤はシュート好調だった中京大は、単発な得点が続く。しかし#34長谷川の3P、#6林はツースローを揃え、12点差を7点差に戻して前半を終えた。

 3Qになると#36榎田(3年・PF)が奮起。ドライブに、3Pも決め、2桁の点差に戻す。しかし、それでも中京大は集中を切らさない。#3内山(4年・SF)の得点が続き、およそ10点の差から離されない。だが、相手ディフェンスに苦しんでいた#9パトリックのバスケットカウント、#3内山もフリースローを落とさず、3Qの後半はじわじわと点差が拡大。さしもの中京大もこれで万事休すかと思われたが、4Qに至っても粘る。#32山路(2年・PG)、#30中崎の3Pが連続で決まり、近畿大もメンバーを落とすわけにはいかない展開が長く続いた。最後は#33濱田(4年・PG)の得点や#24今村の3Pで88−70と差が開き、近畿大が勝負をものにしたが、中京大の粘りが最後まで光った好ゲームでもあった。

写真:この春からスタメンとなっている近畿大・渡辺。この日は10得点のみならず、印象的なリバウンドを何本ももぎ取った。

※近畿大・今村選手のインタビューは「続きを読む」へ。
EDIT  |  22:00  |  2019関西  |  Top↑
 | BLOGTOP |