FC2ブログ
2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月


関東大学バスケットリーグ戦 9/25〜11/11
関西大学バスケットボールリーグ戦 9/1〜10/28

2018.06.10 (Sun)

【2018西日本インカレ】6/10 決勝 近畿大VS京都産業大

何度もリードが入れ替わる激しい競り合いも
近畿大が振り切り今季2冠目のタイトル奪取


180610KINDAI.jpg
 全関でも決勝を戦った近畿大京都産業大が、この西日本インカレでも最後の舞台まで勝ち進んだ。近畿大はこの大会も制し、関西3冠、そしてインカレでの上位入りへの足がかりとしたい立ち位置。一方の京産大は、全関で押し切られた悔しさを糧に、そして昨年のリーグ王者のプライドにかけて、今回こそは是が非でも勝ちを掴みたいところ。試合は1ヶ月前と同様、終盤まで何度も流れが行き来する白熱した展開が続くこととなった。

写真:優勝を決め、今村と榎田が喜びを噛み締めた。

180610SAMBU.jpg 全関の準決勝では途中から敷いたゾーンで一旦流れを掴んだ京産大。この日は、開始後早い段階からこの形で迎え撃った。ただ、近畿大はそれには動じず#36榎田(2年・PF)の得点で先制、#0パトリック(1年・C・東山)もペイント内で得点し先行。京産大は、立ち上がりからなかなか中にボールを集められず、スタートは確率を上げられない単発なものに。その間にも近畿大は#36榎田の3P、#0パトリックのインサイドが効果的に決まる。京産大はそれでもゾーンを続け、#24大庭(3年・SG)の3Pなどで反撃態勢に。#0パトリックの高さには苦しむが、その中でも#23サンブ(1年・C・沼津中央)、#38リンダー(3年・PF)のリバウンドシュートなどで、1Qのビハインドは2点に止めた。

 2Q、京産大は#10上田(1年・SG・尽誠学園)がいきなり3Pを決めて逆転に成功。だが直後に#24大庭、#10上田が相次いで2回目をコールされてしまう。近畿大は#24今村(3年・PF)、#9濱高(4年・SG)が落ち着いてジャンプシュートを続けて再度リード。京産大はこの間にも#23サンブが2ファウル、#10上田は3ファウルとなってしまい悪い流れを断ち切れない。#0パトリックの連続得点が決まり、近畿大は9点リードとなった。しかし、#3高田(4年・PG)が意地の3Pを決めると、ようやく京産大は息を吹き返した。#14川口(3年・SG)のミドル、#24大庭の3Pも出て詰め寄る。先ほどまでの好ムードから一転、近畿大はバイオレーションも続いて無得点が続く。京産大はなおも攻め立て、#3高田、#14川口の3Pが続きまたも逆転した。ただ、#0パトリックの強さは前半残り僅かのこの時間帯も緩まず、リバウンドシュートを決める。すると最後は#36榎田が大きな3Pを決め、これで前半終了。流れが何度も揺れ動いたが、38−37でこのQも近畿大リードとなった。

180610IMAMURA.jpg 後半もシーソーゲームが続く。近畿大#33濱田(3年・PG)が3Pを決めたのもつかの間、京産大は#23サンブが3連続得点を決め、更に#10上田も3Pも続いてルーキーコンビがチームを盛り上げる。しかしタイムアウトを挟んでまたも近畿大が反撃。次の一本を決められない京産大を尻目に、#33濱田の3Pなどで追いつき、#0パトリックのゴール下で一気にひっくり返した。京産大は#23サンブが3つ目をコールされるも、それをものともせずにバスケットカウントを獲得し、退かない。ただ、このQも最後の流れは近畿大に。#24今村のバスケットカウントと、#36榎田の得点も続いて、結局4点リードでシソーゲームは最終Qを迎えることとなった。

 ここまで何度もリードが入れ替わったこの試合。4Qも#23サンブが得点したことでまたも京産大がリードを奪うかと思われた。近畿大も、#0パトリックが4つ目を吹かれて苦しいが、そのパトリックがこぼれ球を押し込んで、リードを死守。京産大は、ベンチから入った#1永尾(2年・PG)が果敢なドライブで食いさがるが、#0パトリックの高さをどうしても止められず、この時間帯は一時我慢比べの様相を呈した。残り5分を切り、近畿大は#36榎田が3Pのバスケットカウントを獲得し場内を沸かせる。負けじと京産大も#14川口が3Pで返すが、#24今村のドライブにパトリックのゴール下も続いて残り3分で8点差とし、勝利に近づく。全関の悔しさを晴らしたい京産大。タイムアウトを挟んで#23サンブのポストプレー、#3高田のバスケットカウントで、僅かな間でシュート一本差にはこぎつけた。しかし同点を狙った#24大庭の3Pは外れ、続くオフェンスで近畿大は#0パトリックがバスケットカウント。ワンスローも落ち着いて決めた。京産大はまたも#3高田が3Pを決めて場内をどよめかせるが、これも残り32.3秒、#0パトリックのリバウンドシュートに帳消しにされる形となってしまった。京産大はなおも外から狙うが決められず、最後に#38リンダーが意地のシュートを決めるが、その時点で勝負あった。最終的に73−70とした近畿大が、全関に続く関西2冠目を勝ち取った。


180610KAWAGUCHI.jpg 全関決勝戦と同様、シーソーゲームの様相となったこの試合。どちらに転ぶか分からない展開だったが、高田が「ディフェンスからブレイクという形が少なくなってしまった」と話すように、京産大はパトリックのインサイドに苦しみ、思うようなバスケットをなかなか強調出来なかった。高田、川口のアウトサイドが効果的に決まったものの、それは決して自分たち本来の形ではない。昨年は最終的には関西トップの座を掴んだが、今年はここまであと一歩の戦績が続く。夏の期間を使って力の底上げを図り、秋こそはタイトルを奪い返せるか。

 近畿大にとって相手の3Pラッシュは計算外だったようだが、強みのインサイドで最後まで優勢に立ち続け、動揺する表情は見せず。苦手とするゾーンへの対応も、一定のものを見せてくれた。リーグでは3年ぶりの関西3冠をかけることとなるが、これまでより一層包囲網が厳しくなるのは目に見えている。気の抜けない2ヶ月となるが、インカレでの上位進出も狙えるポテンシャルもあるだけに、もう一段上の力を示せるかに注目が集まる。


写真上:京産大サンブは、パトリックに苦しみながらも奮戦。個人としても、秋は巻き返しが期待される選手だ。
写真中:近畿大は下級生のプレーが目立った中、今村も堅実なシュートで貢献を見せた。
写真下:ベンチスタートとなった川口が2本の3Pを決めた京産大。ルーキーの台頭が目を引くが、意地を見せた。

※近畿大・濱田選手、榎田選手、パトリック選手、京都産業大・高田選手のインタビューは「続きを読む」へ。
EDIT  |  23:50  |  2018関西  |  Top↑

2018.06.10 (Sun)

【2018新人戦】最終結果

180610takushoku.jpg
優勝 拓殖大学


180610niitai.jpg
準優勝 日本体育大学


180610tokai.jpg
3位 東海大学


【最終順位】
優勝  拓殖大学(26年ぶり3回目)
準優勝 日本体育大学
3位  東海大学
4位  青山学院大学
5位  筑波大学
6位  法政大学
7位  白鷗大学
8位  順天堂大学


【個人賞】
■新人王 平良陽汰(拓殖大学)
180610sinnjin.jpg


■優秀選手賞
赤穂雷太(青山学院大学)
土居 光(日本体育大学)
ゲイ ドゥドゥ(拓殖大学)
岡田侑大(拓殖大学)
西田優大(東海大学)
180610yusyu.jpg
写真左から赤穂、土居、ドゥドゥ、岡田、西田。


■リバウンド王 バム ジョナサン(日本体育大学)OF22/DF50/TO72
■アシスト王 井手拓実(日本体育大学)22本
■アシスト王 水野幹太(法政大学)22本
■3P王 前田将秀(順天堂大学)20本
■得点王 岩井勇人(順天堂大学)104点
180610kojin.jpg
写真左からバム、井手、前田、岩井。


180610assist.jpg
アシスト王はのちに2人同数であったことが発表された。水野(左)、井手(右)。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:46  |  2018新人戦  |  Top↑

2018.06.10 (Sun)

【2018西日本インカレ】6/10 3位決定戦 関西大VS九州産業大

何度も粘りを見せた九州産業大が3位の座に
関西大は優勢の時間帯を活かし切れず


180610KYUSAN.jpg
 京産大相手に30点差で敗れた九州産業大と、勝利があとわずかに見えながらも近畿大に交わされる形となった関西大。3位決定戦は、それぞれ意味は異なるが準決勝のショックも残る中、それをいかに振り払うかも焦点となる状況で迎えることとなった。

写真:見事なパスを通した上良(左)と、それを決めた宮﨑。最後のプレーも決め手となり、九州産業大が3位をもぎ取った。

180610ANTHONY.jpg 先行したのは九州産業大だった。#32アンソニー(2年・C)のインサイド、#30松川(4年・PG)の3Pと、内外でバランス良く得点する。反面関西大は序盤にネットを揺らせず。じわりと得点が決まり始めるも、出遅れる格好に。しばらくは九州産業大がリードを維持しながら、アップテンポに点を取り合う展開が続いた。すると2Q、九州産業大は#33比嘉(4年・C)が#0足立(3年・PG)に3Pのバスケットカウントを献上。関西大はこれで波に乗り、#17菅原(2年・PF)の速攻、#28中谷の3Pで一挙に逆転に成功。九州産業大は、ファウルも混み始めこの時間帯は苦しい。その後も順調に得点を伸ばした関西大が、9点のリードを掴んで前半終了となった。

 このままで終わりたくない九州産業大。3Q開始すぐに24秒オーバーを誘い、気持ちを見せ、#32アンソニーがインサイドで奮闘を続ける。しかし関西大も慌てず、#0足立の速攻や#7河野(3年・C)のゴール下で決め返し、簡単に点差を詰めさせない。一旦は#47宮﨑(4年・SF)の3P、速攻が飛び出して九州産業大に追いつかれ、柱である#31梶原(4年・C)が負傷で一時交代を強いられるも、#17菅原や#7河野がそれを埋めて得点し、再度リードを得た。

180610SEKINO.jpg しかし九州産業大は切れない。7点ビハインドで迎えた4Q出だしに#58鈴木(4年・SF)の3Pが飛び出す。ミスを犯しつつも#58鈴木が再びのレイアップ、#32アンソニーのゴール下も決まりまたも詰め寄り、#47宮﨑のバスケットカウントで再逆転。関西大もコートに戻った#31梶原がこちらもバスケットカウントを決め、僅かなリードを奪い合う緊迫した時間帯が続く。互いに決めきれないプレーが続いた直後、試合時間30秒を切ったところで九州産業大は#13上良(3年・SG)から#47宮﨑へのアシストが見事に決まり大きな3点差に乗せた。関西大は直後のオフェンスにかけるも、#31梶原に託された形のシュートは落ち、万事休す。最後はフリースローも着実に決めた九州産業大が、77−72で勝利。3位となった。


 関西大が優勢に立とうかという場面も何度か見られた試合だったが、九州産業大が何度も苦しい場面で得点し、粘りに粘った末に勝利を掴んだ。前日の大敗を振り切り、全関でも上位に入った相手に競り勝ったことは、今後への自信にもあったはずだ。一方の関西大は、我慢比べの展開から終盤に足元をすくわれる形となり、全関同様の4位という立場に終わってしまった。ベストの布陣ではなかったとはいえ、苦しい状況でいかに打開していくかは、今後修正しなければいけないポイントになってくる。

写真:荒削りな部分もまだまだ多い九州産業大・アンソニーだが、14得点・14リバウンドのダブルダブル。
写真:ベストメンバーを組めなかった中で、関野も着実に台頭しつつある関西大。

※九州産業大・鈴木選手、関西大・梶原選手のインタビューは「続きを読む」へ。
EDIT  |  23:40  |  2018関西  |  Top↑

2018.06.10 (Sun)

【2018新人戦】6/10結果

■日本体育大学世田谷キャンパス

白鷗大学97(20-23,23-21,28-19,26-19)85順天堂大学(7位決定戦)
筑波大学85(21-18,24-20,23-17,17-19)74法政大学(5位決定戦)
東海大学80(19-15,14-12,27-16,20-15)58青山学院大学(3位決定戦)
拓殖大学64(17-12,12-21,21-11,14-17)61日本体育大学(決勝)


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:46  |  2018新人戦  |  Top↑

2018.06.10 (Sun)

【2013新人戦】決勝展望

180609TENBO.jpg

8年ぶりの拓殖大と17年ぶりの日本体育大
決勝は華やかなオフェンスが一つの見どころ


 決勝の顔合わせは拓殖大日本体育大となった。拓殖大は8年ぶり、日本体育大は17年ぶりの決勝進出であり、17年前、日本体育大が最後に優勝したときのカードと同じだ。

 拓殖大は優勝候補の有力候補だった東海大を破っての決勝進出。昨年からチームの主力であるドゥドゥと岡田を中心にしたゲームは変わらないが、そこに絡むメンバーは試合経験は少ないながらも、リバウンドやアシストなどでの貢献が大きく、エースにボールが集まりつつも、比較的よくバランスよくシェアできているのがチームを勝たせている要因の一つだろう。杉野の献身的なリバウンド、祝や平良のアシストに斎藤のアウトサイドなど、それぞれが持ち味を出している。

 日体大は大会を通してシュートが好調で、早い展開からたたみかけるように仕掛けるオフェンスで相手を圧倒してきた。遠藤・土居のウイングは機動力が高く、井手はアシストやアウトサイドといったプレーだけではなく、熱いハートが見えるプレーに注目だ。準決勝終了時点でリバウンド王のバムはゴール下での力強さが見える。ファウルを我慢できれば勝機は大きくなる。

 スタメンが40分近く出続けるのは両者同じで、近いスタイルのチームの決勝になる。ドゥドゥとバムのインサイド対決、岡田と遠藤・土居、井手と祝・平良といったマッチアップが注目になるが、それぞれ多少持ち味が異なる分、どちらの存在感を出せるかが勝敗を左右しそうだ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  10:51  |  2018新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |