2017年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第69回全日本大学バスケットボール選手権大会
大東文化大が筑波大の4連覇を阻止して初優勝

2017.12.03 (Sun)

【2017インカレ】11/26 決勝 筑波大VS大東文化大

ディフェンスが機能した大東文化大が初優勝
筑波大は大記録となる4連覇の実現は叶わず


171126daitou2.jpg

 第69回目のインカレ決勝は4連覇に挑む筑波大と、2003年以来にこの舞台へと進んだ大東文化大が激突。大東文化大が優勝すれば初優勝、筑波大が勝利すれば1996年から1999年まで史上初の4連覇を達成した日本体育大に次ぐ偉業となる。インカレ1週間前に「決勝でなければ当たらないから」と練習試合を敢行し、互いの戦法もわかった同士での戦いは、知られているはずの手の内が機能したところが勝負の分かれ目になった。


互いにベンチメンバーも活躍
一時筑波大がリードするが前半は互角


171126masuda1.jpg 1Qから大東大のディフェンスが抜け目なく筑波大のボールを狙い、#23奥住(3年・SG)のスティール、3Pのほか、#15モッチ(2年・C)がゴール下でも得点。筑波大は出遅れるが#88牧(2年・SG)の3P、#11増田(2年・PF)のバスケットカウント、#65玉木(3年・C)へのゴール下へのパスも通る。大東大はファウルが続き、#91ビリシベ(3年・PF)、#0葛原(4年・SG)が2ファウルでベンチに追いやられるが、筑波大もゴール下の要である#65玉木が2ファウルでベンチへ。1Qは19-20と大東大が1点リードで終了。

 2Q、大東大は#0葛原、#91ビリシベをベンチに置くが、ベンチメンバーの働きが目立った。#81後藤(2年・SG)、#56山岸(4年・PF)らのオフェンスリバウンドが続き、ディフェンスはゾーンプレスに切り替える。筑波大は#27山口(1年・SF・正智深谷)がタップを押し込み、#8菅原(1年・PG・土浦日大)の3Pと、こちらもベンチから出場したルーキーが貢献し、逆転。大東大は#15モッチをコートに戻して対応し、ルーズボール争いで粘って#34中村(2年・PG)のシュートにつなげ、#12熊谷(3年・PG)のジャンパーが沈むと5点のビハインドも帳消しの同点に。終盤、#15モッチのアシストから#56山岸へのゴール下、#15モッチの連続シュートが決まる。残り13.4秒でタイムアウトを取った大東大は、ここでコートに送り込んだ#90小川(3年・SG)のジャンパーが決まり、前半は38-42とリードして終了。


4Q、大東文化大のゾーンディフェンスが機能
筑波大はターンオーバー、ファウルが続く


 3Q、互いにメンバーをスタメンに戻し、互いにゾーンディフェンスを使いながらの対応に。ここを筑波大は#4青木(4年・PG)のスティールからの速攻などで隙を突くが、大東大はオフェンスリバウンド、#23奥住の2本目の3P、2つ目のスティールが出て10点のリードに成功。筑波大はゴール下に攻め込めず#65玉木のファウルが3つ目、#11増田もオフェンスファウルを取られてしまい、我慢の時間帯に。しかし残り2分から、#17杉浦(4年・PF)の3P、#11増田のシュート、#27山口の3Pと、最大12点あった差をみるみる縮め、最後は#17杉浦の3Pがブザーとともに沈み、57-60と3点差に追い上げて終了。

171126MOCHI.jpg 4Q、大東大が#15モッチが声を出し、チームメイトを鼓舞。立ち上がりは#12熊谷のドライブからバスケットカウントが決まるが、筑波大も#88牧がオフェンスリバウンドからのバスケットカウントで返し、#15モッチを3ファウルでベンチへ追いやる。しかし、ここで大東大は#20毕(4年・PF)を真ん中に据える3-2ゾーンを展開。筑波大はこれを攻略できず、ターンオーバーを連発。大東大はこれを機に#0葛原の持ち味である速攻を出すことに成功するなど、流れを握る。残り4分、ゾーンで十分に役目を果たした#20毕は#15モッチに交代。ここからは2-3ゾーンとなるが、こうなるとインサイドが強くなりやはり筑波大が対応できず、その上#11増田が5つ目を吹かれて痛いファウルアウト。大東大は#12熊谷の3Pで10点差にすると点差を維持。筑波大はファウルゲームを仕掛けるが外が決まらない。大東大は終盤には#56山岸、#30島元(4年・PF)、#20毕、そして#0葛原というメンバー入りしている4人の4年生をコートに立たせ、終演を迎える。タイムアップとともに金のテープが舞い上がり、68-87で大東文化大が初となるインカレの栄冠を掴み取った。


夏以降は大東文化大が対戦成績では圧倒
筑波大はコンディショニングに苦心した1年


171126kuzuhara.jpg 数字で見れば大東大がリバウンドは合計14本、オフェンスリバウンドでは8本の差をつけ、スティールも4つ差と圧倒的。インサイドの強みを発揮できたのは言うまでもないが、大きいのはベンチメンバーが出番でその都度役割を果たしたことだ。山岸のオフェンスリバウンド4、中村のスティール2は見逃せず、前半終了間際に14秒の出場時間で1本のシュートを決めた小川も見事だった。

 また、直前の練習試合でも使ったゾーンを「出すかどうか迷った」という西尾HC。だが、それを使う決断が流れを引き寄せた。4Qは3-2は機動力の高い毕を真ん中に据え、モッチは2-3で稼働。ここで筑波大を停滞させることに成功。このゾーン、練習試合では「控えメンバーもいろいろ使いながら」(西尾HC)の試用であり、このインカレでこそ真価を発揮したといえる。大東大は今年は春こそ筑波大に敗れた。しかし筑波大のメンバーが完全に揃っていなかったとはいえ、夏の「埼玉BBドリームカップ」のエキシビションマッチ、秋のリーグ戦、そして最後のインカレにも筑波大に勝利してこの1年を締めくくった。1部リーグでは序盤こそ不安定だったが、西尾HC「選手たちは自信を持っているんですよ」と、根拠を提示する以前に前向きな選手たちの個性を買っていた。決勝のプレッシャー以前に、賑やかでノリのいい、大東文化大らしいカラーこそが大きな勝因になったであろうことが感じられる。

171126sugiura1.jpg 4連覇が絶たれた筑波大だが、今シーズンは大きな変化に直面した。馬場が春シーズンで部を離脱してBリーグという先のステージに進み、増田や杉浦、玉木たち代表選手はチームとあまり一緒に練習しないままの春・夏を過ごし、秋は怪我人が相次いだ。それでも決勝までこぎつけたのはやはりそれだけ力のある選手を揃えていてこそ。リーダーシップを取った主将の青木、インカレでようやく本来の得点力を見せた杉浦の4年生がよくチームを牽引した。難しいチャレンジの中で決勝まで来たことは大きい。また、控えがどこまで伸びるかは重要だったが、インカレでは山口、菅原といったルーキーが将来を期待させる働きを見せた。有力選手が安定して入ってくるようになっただけに、この後も筑波大は強豪校として続いていくはずだ。同時に、代表として選ばれる選手たちは今後も常にチームにいる存在ではない状態が続くだろう。そういう環境でどうやってチームとしての力を高めていくか、さまざまな意味で今後もチャレンジが続く。

写真上:ユーティリティプレイヤーである増田はファウルをもらうのが上手く、バスケットカウントでチームを乗せた。
写真中上:モッチは30点16リバウンド。フックシュートの精度もこの2年で向上している。
写真中下:HCによれば「彼は走らせた方がいい」という評価だったが、後半の葛原の速攻はチームにとっても胸のすくような瞬間だと言えるだろう。
写真下:15得点の筑波大のエース杉浦。チームの誰よりも練習しているというその努力こそが、クラッチシュートを次々に沈める高いシュート力を支えている。

※決勝の記者会見は「続きを読む」へ。インタビューは別途掲載します。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:35  |  2017インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |