2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


関東大学バスケットボール新人戦 拓殖大が1992年以来の優勝
西日本インカレは近畿大が優勝

2017.11.20 (Mon)

【2017インカレ】11/20レポート(1回戦)

学生の総決算となるインカレが開幕
初日は1回戦16試合を消化


171120takushoku.jpg

 大学生にとって最大の、そしてシーズン最後の大会となるインカレが幕を開けた。今年は代々木第二体育館が工事中で使えないこともあり、大田区総合体育館が平日のメイン会場になり、ベスト4以上の25日、26日の試合は青山学院大学青山キャンパスにて行われる。初日は港区スポーツセンターと大田区総合体育館をそれぞれ2面ずつ使い、一気に1回戦16試合を消化した。

 関東勢に挑んだ地方校はすべて勝ち上がることができずに敗退。地方校同士の対戦となった4カードからは新潟経営大、関西学院大、東海大学九州、中京大が勝ち上がった。16チームは21日以降ベスト8入りをかけて戦う。

写真:第一シードの拓殖大は新しいユニフォームで大会に登場。関西4位の近畿大相手に余裕を持って1回戦突破。


【大田区総合体育館】

九州産業大が後半に追い上げるが
明治大が勝負どころを押さえて逃げ切る


171120kikuyama.jpg 関東7位の明治大は九州3位の九州産業大にやや苦戦した。サイズと機動力のある九州産業大は前半こそ持ち味が出ず、1Qは明治大も29得点でリードを得た。28-41と明治大リードで後半に入るが、九州産業大のセンター、205cmの#32ラングストン(1年・C)の前に簡単には攻められず、停滞。その間に九州産業大が得点を縮めるが、その都度明治大が引き離して10点差に戻すという展開に。4Qには九州産業大が#62喜久山(4年・SF)のバスケットカウントなどを皮切りに、6点差にまで迫る。しかしファウルも続き追いつくまでにはいたらず。76-67と明治大が追い上げられる展開になるも1回戦を勝利した。

写真:齋藤をブロックする九州産業大の喜久山。身体能力の高さが目立った。


名古屋学院大は関東2位の専修大に対し
アグレッシブなプレーで迫る


171120suzuki.jpg 関東2位の専修大は、東海地区を2位で突破した名古屋学院大と見どころある試合を繰り広げた。名古屋学院大は1Qから内外からアグレッシブに攻めて15-20と5点差で終えると、2Qでは同点に追いつく。しかし専修大も慌てず#30アブ(2年・C)のゴール下などを生かして再び差を開き前半は44-31。3Q、名古屋学院大は#31東宏輝(4年・PG)を起点に、#27鈴木(2年・SG)のシュートもよく決まり盛り返して差を一桁に。しかし専修大は#10大澤(3年・F)が連続でアウトサイドを決めてリズムを断ち切る。名古屋学院大は4Q、#14東克弥(4年・SG)がバスケットカウント、ドライブとアグレッシブに攻めてチームを盛り上げるが、痛いファウルアウト。専修大も得点は伸びなかったが#30アブがゴール下で存在感を見せ、最後は71-83で勝負を決めた。

写真:高い得点能力を発揮した名古屋学院大・鈴木。

※九州産業大・金丸選手、名古屋学院大・東宏輝選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【港区スポーツセンター】

12年ぶりにインカレ出場の神奈川大が
関西1位の京都産業大に勝利し1回戦突破


171120kouno.jpg リーグ戦を勝ち抜き久しぶりのインカレ出場となった神奈川大は、関西1位の京都産業大とロースコアなゲーム展開に。ゲームの立ち上がりは互いに固いが、神奈川大のディフェンスに京都産業大も攻めあぐねて得点に続かず。2Qになり#30大庭(2年・SG)の外のシュートが決まり始めるが、神奈川大も得点を重ねてリードを守り前半は34-24。後半も開いては詰めるという形で10点差が大きく動くことはなかったが4Q残り3分、京都産業大#7辻(4年・PG)のジャンパーで京都産業大が3点差に迫った。さらに残り1分半で#14川口(2年・SG)の3Pが沈み2点差に。しかしここで神奈川大は#24河野(4年・SG)の3Pが決まり相手の流れを断ち切ると、64-55。1回戦を突破した。

写真:終盤、河野のシュートが勝負の鍵を握った。


早稲田大は大阪学院大と競り合うが
4Qの勝負どころをきっちり抑える

171120kinoshita.jpg 関東8位と関西2位、1Qからあまり点差のつかなかった両者は、前半は31-28と早稲田大がわずかにリード。3Qの立ち上がりに#27濱田(3年・F)の3Pなどで早稲田大が突き放しにかかるが、大阪学院大も#8吉井(1年・SF・大阪学院)などが積極的に攻め、#45藤井(3年・PG)の3P、#31福田(4年・C)のジャンパーが続いて迫ると、#30木下(3年・PG)の3Pで48-49と逆転して3Qを終了。この勢いを持続したいところだったが、早稲田大はここでプレスからミスを誘い、大阪学院大はターンオーバーを頻発。#7石原(4年・G)のシュート、#27濱田の3Pで一気に突き放されてしまうと勝負あり。72-58で早稲田大が4Qに相手を圧倒して勝利した。

写真:再三、チャンスを作ったのが大阪学院大の木下だった。

※京都産業大・辻選手、大阪学院大・福田選手のインタビューは「続きを読む」へ。

EDIT  |  23:05  |  2017インカレ  |  Top↑

2017.11.20 (Mon)

【2017インカレ】11/21試合予定

◆大田区総合体育館
12:00 日本大学 vs 神奈川大学
13:40 白鴎大学 vs 中央大学
15:20 早稲田大学 vs 中京大学
17:00 筑波大学 vs 新潟経営大学


【当日券】一般・大学 2Fスタンド席 1,000円

※22日までは2Fスタンド席のみ。23日以降は座席の種別によって料金が変わります。前売り券はチケットぴあにて。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:44  |  2017インカレ  |  Top↑

2017.11.20 (Mon)

【2017インカレ】11/20結果

【港区スポーツセンター】
◆Aコート

神奈川大学64(15-11,19-13,12-15,18-16)55京都産業大学
白鴎大学92(24-17,24-15,24-13,20-23)68徳山大学
岩手大学69(10-16,17-19,20-29,22-21)85中京大学
筑波大学109(33-14,25-27,18-21,33-20)82大阪体育大学

◆Bコート
早稲田大学72(16-15,15-13,17-21,24-9)58大阪学院大学
東北学院大学51(7-19,7-12,11-22,26-27)80新潟経営大学
日本大学79(24-20,14-16,20-10,21-12)58日本経済大学
静岡産業大学54(13-13,13-22,14-27,14-23)85中央大学


【大田区総合体育館】
◆Aコート

松山大学53(19-35,8-25,12-26,14-26)112青山学院大学
大東文化大学99(24-16,27-15,27-19,21-18)68富山大学
名古屋学院大学71(15-20,16-24,29-29,11-10)83専修大学
拓殖大学81(17-9,19-15,22-13,23-13)50近畿大学

◆Bコート
東海大学83(19-6,23-12,18-12,23-16)46広島大学
九州産業大学67(13-29,15-12,18-15,21-20)76明治大学
東海大学札幌65(15-15,17-13,19-16,14-34)78関西学院大学
北海道教育大学岩見沢校47(7-20,10-16,14-19,16-16)71東海大学九州


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:33  |  2017インカレ  |  Top↑

2017.11.20 (Mon)

【2017インカレ】11/20試合予定

【港区スポーツセンター】
◆Aコート

11:00 神奈川大学 vs 京都産業大学
12:40 白鴎大学 vs 徳山大学
14:20 岩手大学 vs 中京大学
16:00 筑波大学 vs 大阪体育大学

◆Bコート
11:00 早稲田大学 vs 大阪学院大学
12:40 東北学院大学 vs 新潟経営大学
14:20 日本大学 vs 日本経済大学
16:00 静岡産業大学 vs 中央大学


【大田区総合体育館】
◆Aコート

12:00 松山大学 vs 青山学院大学
13:40 大東文化大学 vs 富山大学
15:20 名古屋学院大学 vs 専修大学
17:00 拓殖大学 vs 近畿大学

◆Bコート
12:00 東海大学 vs 広島大学
13:40 九州産業大学 vs 明治大学
15:20 東海大学札幌 vs 関西学院大学
17:00 北海道教育大学岩見沢校 vs 東海大学九州


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  14:34  |  2017インカレ  |  Top↑

2017.11.20 (Mon)

【2017リーグ】11/8順位決定戦レポート

1部の日本大が2戦連続快勝を納める
東海大は3点差で神奈川大を下し2連勝


 1~3部の順位決定戦の2戦目は、初戦に勝ったチームがいずれも勝利し、2戦先勝方式によってこの日で対戦がすべて終了した。

FP9A0259.jpg 1部10位日本大は2部1位の中央大相手に100-74と100点ゲーム。3Pを中央大5本に対し12本沈め、自慢の攻撃力を遺憾なく発揮した。苦労はしたが日本大はこれでリーグ戦から3連勝で秋を締めくくった。5人が2桁得点した日本大に対し、中央大は#28鶴巻(3年・SF)が25点、#2大﨑(2年・CF)の15点以外は伸びなかった。

 1部9位の東海大は初戦こそ気持ちよく勝利したが、2戦目は2部2位の神奈川大に前半はリードされ、終盤は1点を争う攻防となった。前半は神奈川大のディフェンスが機能して32-39と7点の神奈川大リード。しかし3Qになると一転、得点がストップしてしまい、その間に東海大が一気に追い上げ逆転に成功する。東海大4点リードで入った4Qは何度も神奈川大が追いつきそうになるが、その度に#23佐藤(4年・SF)の3P、#22笹倉(2年・SG)のバスケットカウントなど、東海大が引き離すという形になる。神奈川大は最後の3Pにかけたいが打つ形を作れず73-70で幕。東海大がなんとか逃げ切り、2連勝で順位決定戦を終えた。

写真:東海大は笹倉が22得点。勝負どころで次々に得点していった。

※神奈川大・阿達選手のインタビューは「続きを読む」へ。


3部の上武大・法政大も2連勝

161107materu.jpg 3部1位の上武大は1Qで15-23と2部10位の東洋大にリードすると、そのままその差を守った。エースの#11マーテル(3年・C)がダブル・ダブル。高さと上手さを活かしたプレーでチームを牽引すると、#49味戸(3年・F)も24得点と続き、4人が2桁得点。東洋大は2Q以降反撃し、#11村上(2年・SG)が3P6本の22点、#50唐澤(4年・SG)も3P3本の25点と奮闘し、1Q以外の各Qの点数はほとんど互角だったが、最後は86-103と引き離された。

 3部2位の法政大は豊富な戦力がこの日もまんべんなく得点。2部9位の立教大は#73吉田(4年・PF)が40分出場して24点と気を吐くが、総合力では法政大の方が上回り、70-96。シーズンを締めくくった。

写真:攻守で大きな存在感を放った上武大・マーテルは25得点13リバウンドの活躍。

※東洋大・岩淵選手、立教大・武田選手、法政大・植村選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:15  |  2017リーグ戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |