2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月


第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 9月2日より2部以下が開幕
1部リーグは9月9日(土)より
2017 年度 関西学生バスケットボールリーグ戦 9月2日より開幕

2017.10.09 (Mon)

【2017関西リーグ1部】中盤戦(9/13〜10/9)レポート

着地点の見えてきたリーグの構図
単独首位には京都産業大が浮上


 関西1部リーグは、全体の3分の2にあたる12日目までの日程を消化した。このリーグ戦は、序盤こそ力関係が見えづらい構図だったものの、残り3週6試合となった中で優勝争い、インカレ出場権争い、残留争いを演じる各チームの立ち位置もはっきりしてきた状況だ。

171010OOBA.jpg まず優勝争いは、3位以下に2勝以上の差をつけた京都産業大大阪学院大の2チームに事実上絞られている。ともに今年の関西で屈指のラインナップを擁し、合わせて内外のバランスも良く、ここまで隙の少ない戦いを続けてきた。ただ両者1巡目を終了した段階では1敗で併走だったが、12日目に大阪学院大が流通科学大に足元を掬われたことで、一歩後退。これにより京都産業大が単独首位に立った。とはいえ、最終日に直接対決が組まれているため、星1つの差では追いかける側もこれ以上離されなければ、自力の逆転優勝は可能。これから終盤にかけては、対戦するチームもインカレ出場や1部残留をかけて必死に立ち向かってくる。実際に首位の京都産業大も、大阪学院大が2敗目を喫した直後のゲームで天理大に苦しめられての辛勝だった。どちらも気は抜けない。最後まで緊迫した争いになることを期待したい。

 3~5位は、関西学院大大阪体育大近畿大の3チームが勝ち点数で並んでいる。この順位争いはここまで星の差がなかなか広がらず、まさに三つ巴。1巡目5位だった関西学院大が、2巡目に入ってから大阪体育大と近畿大を相次いで撃破し3連勝を果たしたことで、一気に分からなくなった。仮に3チームが同率で並べば当該チーム間の対戦で3勝1敗の関西学院大有利だが、この先もし崩れるようなことがあれば途端に苦しくなる。最終的には、最後の大阪体育大と近畿大による直接対決に順位決定が委ねられる可能性もある。自動的にインカレ出場権を手にできる4位以内をめぐる攻防も、最後まで続くことになりそうだ。

171010KIM.jpg 下位5チームは、全て勝ち点差1ずつとなっている。現状では、序盤は黒星が先行していた大阪産業大が勝ち点5の6位とやや抜けた格好となった。3位集団との勝ち点差は3つでインカレ出場はやや苦しいが、1部残留という意味では優位。その大阪産業大を1差で追いかける7位の流通科学大も2巡目で大阪学院大に勝利するなど、一瞬の爆発力は上位チームに引けを取らない。入替え戦回避となる7位以上を確保するためにも、この先の取りこぼしを抑えていきたい。

 それ以下では、天理大がいまだ8位と苦しいポジションにいる。しかし2巡目入ると京都産業大相手にあわやという試合を演じるなど、低迷打破の光が見え始めた。長年関西を牽引してきたプライドにかけて、このままでは終われないだろう。8位では2部3位との入替え戦行きとなるが、それは避けたいところだ。9位の大阪経済大と、最下位の立命館大は厳しい戦いが続いている。最終順位が10位となれば2部への自動降格となるのが関西リーグの過酷な部分。この先は順位で接近しているチームとの対戦が組まれているだけに、そこを一つでも多く制すことが自動降格回避には必須だ。

【第12日目終了時点】
京都産業大学 勝ち点11
大阪学院大学 勝ち点10
関西学院大学 勝ち点8
大阪体育大学 勝ち点8
近畿大学   勝ち点8
大阪産業大学 勝ち点5
流通科学大学 勝ち点4
天理大学   勝ち点3
大阪経済大学 勝ち点2
立命館大学  勝ち点1

写真上:京都産業大は、このリーグでも大庭がコンスタントな活躍を見せる。
写真下:黒星先行の状態から勝率5割にまで戻してきた大阪産業大。金がエースに相応しい活躍を見せている。

※京都産業大・会田選手、大阪学院大・吉井選手、関西学院大・古家選手、大阪体育大・内藤選手、近畿大・今村選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2017関西  |  Top↑

2017.10.09 (Mon)

【2017リーグ】10/9結果

【1部リーグ】
東海大学74(22-12,21-11,14-14,17-19)56青山学院大学
大東文化大学67(18-19,14-15,15-22,20-17)73日本大学
専修大学82(27-19,16-8,19-19,20-19)65早稲田大学
白鴎大学76(22-25,8-21,23-15,23-12)73拓殖大学
筑波大学92(17-14,18-16,27-24,30-29)83明治大学

拓殖大学   9勝3敗
筑波大学   8勝4敗
白鴎大学   7勝5敗
明治大学   6勝6敗
専修大学   6勝6敗
早稲田大学  6勝6敗
大東文化大学 5勝7敗
青山学院大学 5勝7敗
日本大学   4勝8敗
東海大学   4勝8敗

----------------------------------------

【2部リーグ】
江戸川大学88(29-20,20-12,18-24,21-12)68東洋大学
国士舘大学86(12-22,21-18,21-16,32-24)80順天堂大学
神奈川大学89(8-15,31-17,21-7,29-26)65駒澤大学
中央大学84(24-15,19-13,26-21,15-22)71立教大学
日本体育大学63(19-13,8-8,17-17,19-15)53慶應義塾大学

神奈川大学  11勝2敗
中央大学   11勝2敗
日本体育大学 10勝3敗
国士舘大学  8勝5敗
駒澤大学   7勝6敗
江戸川大学  7勝6敗
順天堂大学  4勝9敗
立教大学   4勝9敗
慶應義塾大学 3勝10敗
東洋大学   0勝13敗

----------------------------------------

【3部リーグ】二次ステージ
明星大学88(21-19,19-17,24-9,24-21)66山梨学院大学
國學院大學71(19-21,9-20,17-21,26-18)80学習院大学
法政大学120(34-14,33-19,27-16,26-33)72関東学院大学
玉川大学97(17-20,37-10,23-12,20-18)60文教大学
上武大学89(19-16,21-18,27-15,22-13)62埼玉工業大学
明治学院大学88(28-12,21-18,14-21,25-22)73帝京平成大学

上武大学   12勝0敗
法政大学   10勝2敗
明星大学   9勝3敗
関東学院大学 7勝5敗
山梨学院大学 7勝5敗
埼玉工業大学 7勝5敗
明治学院大学 6勝6敗
玉川大学   6勝6敗
國學院大學  3勝9敗
学習院大学  3勝9敗
文教大学   2勝10敗
帝京平成大学 0勝12敗


1~5部の詳しい予定・スコアは関東大学バスケットボール連盟の公式サイトへ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2017関東リーグ予定・結果  |  Top↑

2017.10.09 (Mon)

【2017リーグ2部】慶應義塾大学ホームゲーム「ARCH」レポート(9/30,10/1)

演出面に大きな進化が見え
さまざまな人たちと作り上げた“架け橋”


171001keio9.jpg

 第3回の開催となった慶應義塾大学のホームゲームが9月30日、10月1日に日吉キャンパスにて開催された。各大学で開催される試合のうち、大規模なホームゲームを開催している大学は東海大、筑波大、そしてこの慶應義塾大といえるが、運営のスタイルはそれぞれ異なる。外部の協賛や学校の支援などを受けずに、バスケットボール部の学生がすべて企画・運営し、資金もホームゲームで販売するTシャツ売上で賄うという単独運営が慶應義塾大のやり方。企画立案から当日の運営まで選手、スタッフに関わりなくすべての部員が協力しあい、作り上げていくが、部だけの活動でこれだけの規模のホームゲームが運営できるという好例でもある。

 今年のテーマは「ARCH」。ホームゲームの運営を行うようになってから体育会、近隣の地域やミニバスケットボールクラブ、そして慶應義塾大の関連校などとこれまで関係づくりを進めてきたが、バスケットボール部とそれ以外の人や場所との「架け橋」を目指して選んだテーマだ。当日は観客席の面々も同じTシャツを来てホームの一体感を煽り、試合後には関連校やクリニックで接しているミニバスケットボールの子どもたちとの懇談や質問の場を設けたり、Tシャツへのサイン、写真撮影などさまざまなふれあいを行った。

171001keio8.jpg ゲームにおける演出は年々ブラッシュアップされているが、今年はより進化した形となった。壇上には大型ビジョンを配し、入場前にオープニング映像を流した。また、試合中の交代等の表示も随時選手の写真付きで画面に映し出す仕様。音楽もNBAやBリーグなどを参考に、観客を乗せる形でオフェンス、ディフェンスコールをMCが主導し、会場一体となった応援が繰り広げられた。曲の使い方や煽り方はプロの試合にかなり近い雰囲気まで近づけていたのが印象的だ。MCを担当したのは学連役員として、1部リーグのアナウンスも担当する服部(4年)。「MCとしてよりお客さまが楽しめ、ホームという一体感を作るためにどうすればいいかが鍵でした。プロの試合を参考にしつつ、学生感も損なわないうよう、どう盛り上げることができるかを考えました」と言う。“プレイヤーズファースト”を心がけたアナウンスや音楽のや盛り上げには当日も苦心したと言うが、試合の流れを見ながら程よいタイミングをはかりつつ行い、自然と良い雰囲気を作り上げていたことは間違いない。

171001keio2.jpg また、ハーフタイムのアトラクションも初めて盛り込み、一般参加者がゲームを行った。4人一組で順次ゴール下、フリースローライン、3Pライン、ハーフラインのシュートを打っていき、早くすべてのシュートを入れたチームの勝ちというもので、勝利したチームの各々には、選手のサイン入りTシャツが送られた。

 こうして部員全員で取り組むホームゲームだが、案は全員で出しつつ演出面は3年の宇野、2年の鈴木の両学生スタッフが中心になり、映像編集等では1年生の津野地など、それぞれが持てるものを発揮。手の空いた部員は合間を見て塾内でのビラ配りやTシャツ予約を受け付けるなど宣伝にも励み、学生としてできることを自ら考え、形にしたホームゲーム。11月には取り壊しが始まる思い出深い記念館での最後を、バスケットボールを楽しめる空間として大いに盛り上げた2日間だった。

写真上:原がシュートを決め、応援席は大盛り上がり。間近でプレーに触れられ、また声援を受けられるのがホームゲームの魅力。
写真中:壇上の大型ビジョンにはオフェンスやディフェンスの文字が表れ、効果音とともに盛り上げた。
写真下:ゴール下、フリースロー、3P、ハーフラインのうち一番難しいのはハーフライン周辺からのシュートだが、これが決まった勝者チームは大喜び。参加者同士が盛り上がれるアトラクションだった。

※その他の写真は「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  08:45  |  2017リーグ戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |