FC2ブログ
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会
筑波大学が3年ぶり5回目の優勝

2017.06.16 (Fri)

【2017西日本インカレ】6/11 決勝 名古屋学院大VS東海大九州

中盤に驚異的なシュートラッシュを披露
最後は大差で東海大九州が初の西日本王者に


170611TOKAIDAIKYUSHU.jpg ともに、勝てば初優勝。過酷な連戦をものにし続け、なおかつ各地域の強豪が集まる西日本インカレで、今年の決勝を戦うこととなったのは、名古屋学院大東海大九州だった。各地区での上位保持はもちろん、インカレでも存在感を見せている両者。異なるタイプ同士の対戦がどのような展開になるのか、そして2008年以降は関西勢が独占してきた西日本王者をどちらが掴むのかに注目が集まった一戦だった。

 東海大九州にとって、試合の出だしは課題のポイント。だがこの試合ではそれが嘘のように得点が決まった。#8佐竹(4年・CF)が早々にドライブを決めるなど、インサイドを積極的に突いて得点を重ね、僅か3分で11−0とし先制パンチに成功した。ところがここから名古屋学院大がインサイドを固める形にシフトすると、外のシュートが入らずに無得点が続く。出遅れた名古屋学院大だったが、#1王(1年・C・中部大第一)のバスケットカウントでようやく初得点。ここから流れがガラリと変わり、#27鈴木の3Pや#1王のゴール下、#18山田(3年・PF)のリバウンドシュートなどで一気に相手を抜き去る。スタートロスが嘘のように、1Qは名古屋学院大の5点リードで終了した。

170611WANG.jpg 2Q、東海大九州は#20玉井(3年・SG)の3Pで久々の得点をマーク。しかしこの間にも名古屋学院大は#1王がインサイドで奮闘を続け、点差を保つ。このムードを打開したのは東海大九州自慢のインサイド陣。速い展開で#11趙(2年・C)のアシストから#7林(4年・SF)が一本決める。直後に2ファウル目となった林だが、再びゴール下をねじ込むと、#8佐竹も速攻で得点して東海大九州は再逆転に成功。エンジンのかかった形の相手にたじろぎ、名古屋学院大のオフェンスは単発に陥る。なおも東海大九州は#20玉井が3Pを決めて6点差に。最後は#7林が相手シュートを豪快にブロックし、35−29で前半終了となった。

 スコアの上ではまだまだどうなるか分からない状況のこの試合。だが、勝負の分かれ目は後半開始直後にやってきた。#8佐竹がバスケットカウントを獲得し、さらにジャンプシュートを続けると、#7林もミドルシュートを決めて点差は早々に二桁に。名古屋学院大は早々のタイムアウトで打開を図るが、それでも流れは変わらない。#11趙のゴール下が決まった東海大九州は、これがチームとしては後半開始から7連続得点。この時点で点差は19となった。名古屋学院大は#20村鳥(2年・PF)のバスケットカウントをきっかけにオフェンスは再起動の様相を見せるが、東海大九州のペースは落ちず、#7林、#8佐竹、#11趙がバランス良く得点を続けて最後まで全く隙を見せなかった。最後はベンチから送り出した主将#10濱野(4年・SF)が得点を決めていき、盛り上がりが最高潮となった中で試合が終了。88−68で完勝を収めた東海大九州が、初めて西日本の頂点に立った。

170611SATAKE.jpg 出遅れから巻き返し、1Qこそリードで終えた名古屋学院大。しかし、相手の高さとシュートの上手さはやはり強力で、引き離された時間帯はなかなか打開策を見出せなかった。ただ、このチームにとってはここが最大目標ではない。いかにこの負けから学び、糧にしていくかが重要である。

 東海大九州は、前半はリードしたものの重い時間帯もあって100点満点の内容だったとは言えない部分もある。ウォン監督「まだ7割くらいの出来。そこまでいっていないかもしれない」と認めるが、それでも勢いに乗った時の爆発力は驚異的だった。「最終的にはインカレで勝ちたい。もっとディフェンスやシュートの確率は上げていかないといけない。そうした部分をどう修正していくかが課題になる」と既に見据えるのは、まだまだこの先の舞台。選手の口からも、それを意識した言葉が垣間見える。今年こそ、インカレでの上位進出を狙う。

写真上:優勝が決まり、全員で元監督を胴上げし、歓喜に浸る東海大九州。
写真中:王は大会を通じて名古屋学院大のインサイドを支えた。
写真下:リード拡大の火付け役となった東海大九州・佐竹は、チームハイの23得点をマーク。

※東海大九州・長野選手、林選手、名古屋学院大・東 宏輝選手のインタビューは「続きを読む」へ。

西日本学生バスケットボール選手権大会


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  19:31  |  2017関西  |  Top↑
 | BLOGTOP |