FC2ブログ
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会
筑波大学が3年ぶり5回目の優勝

2017.06.11 (Sun)

【2017新人戦】6/11 決勝 東海大VS日本大

劇的なシュートで東海大が逆転勝利
日本大はわずかワンゴール差に涙を飲む


170611sugimoto.jpg 3年ぶりの王座を目指す東海大と、勝てば2000年以来となる日本大の戦いになった新人戦の決勝は、最後の最後まで競り合う、見ごたえのある試合となった。1Qは互いに3Pを決め合う形で始まり、ブレイクが出た東海大がやや先行。しかし日本大は#10杉本(1年・SG・土浦日大)のバスケットカウントを皮切りに、#0シェイク(1年・C・北陸)の208cmの高さを生かしたゴール下などで逆転。18-19で1Qを終える。2Qも点差はつかず、互いにターンオーバーからの速攻、日本大は#44松脇(2年・G)、東海大は#19西田(1年・SG・福大大濠)といった得点力ある選手が3Pを沈め、激しいルーズボール争いも展開された。終盤に#0シェイクのシュートやオフェンスリバウンドが決まった日本大は、最後にブザーとともに#44松脇が3Pを沈め、激しい競り合いから30-40と抜け出して前半を終えた。

 3Q、立ち上がりでシュートが決まらない日本大に対し、東海大は#25平岩(2年・C)が奮起。フリースロー、#0シェイクをかわしてのゴール下など次々に決めて5連続ゴール。追い上げられる日本大はなんとかこらえ、50-56と6点リードで4Qに入った。

170611hiraiwa.jpg 東海大の4Qは#0寺嶋(2年・PG)が見せた。内外からのシュートを3連続で決めると一気に2点差まで迫った。日本大は決めきれずにリングからこぼれるシュートが続き、得点がストップ。東海大はさらに#0寺嶋のシュートで同点に追いつくと、残り5分で勝負を降り出しに戻す。日本大は#44松脇の3P、#48ジャワラ(2年・CF)のシュートが決まって逃げるが、東海大は#19西田の3Pで残り1分半に1点差に詰める。さらにスローインから#19西田にボールが渡り、これが決まると残り1分に東海大が逆転。ファウルが続いて苦しくなる日本大に対し、東海大は#28津屋(1年・SF・洛南)がフリースローを決めて69-67。勝負は残り27秒に託された。日本大は激しいプレッシャーを受けながら#10杉本のタフショットが見事に決まり残り10.8秒で同点に。しかし最後のオフェンスで東海大はフリーの#22笹倉(2年・PG)のジャンパーがブザーと同時に沈み、71-69。劇的な勝利を納めた。

170611tokai_20170823115754710.jpg 前半、東海大は日本大シェイクの高さに苦しんだが、3Qの平岩の奮闘ぶりで持ち直し、後半の勢いにつなげた。ディフェンスでも松脇、杉本へのディナイは厳しく、簡単にシュートさせる場面は多くはなかった。昨年は不本意な初戦敗退。1部の強豪である東海大のようなチームでもこうしたことが起こるのが、新人戦であり、トーナメント戦の怖さだ。だが、昨年の悔しさを見事に晴らす結果となった。

 日本大は松脇、杉本ら高い得点力を持つシューターに加え、シェイク、ジャワラといったビッグマンの貢献が光る大会だった。勝負強さを見せて勝ち上がったが、それも初戦敗退となってしまったトーナメントの悔しさを晴らそうという思いもあったようだ。昨年のスタメンだった上級生が多く抜けた日本大だが、この下級生たちが持ち味を生かして成長していけば、来年、再来年とますます面白いチームになっていきそうだ。

写真上:ここ一番の強さで何度も見せ場を作った日本大・杉本。
写真中:東海大は3Qの平岩の思い切りのいいプレーが流れを引き寄せた。
写真下:決勝点を決めた笹倉に、寺嶋が抱きつく。

※東海大・笹倉選手、西田選手、日本大・ジャワラ選手、藤井選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2017新人戦  |  Top↑

2017.06.11 (Sun)

【2017新人戦】6/11 3位決定戦 拓殖大VS専修大

「やるべきこと」を徹底した専修大が大勝
拓殖大はファウルトラブルに泣く


170611nishino.jpg 前日の準決勝ではともに好ゲームを演じた専修大拓殖大。悔しさも残る中、3位決定戦は残り6分3-2と静かな開始となる。ここから#2岡田(1年・G・東山)の3ショットフリースローなどで拓殖大が11-2と抜け出したかと思われたが、専修大も#34盛實(2年・G)の連続得点で対抗。その#34盛實が2分半を残して2ファウルとなりベンチに下がらざるを得なくなるも、交代したメンバーが落ち着いてつなぎ、18-16まで追い上げる。

 2Q開始すぐ、拓殖大#23ドゥドゥ(1年・F・八王子)が3ファウルに。交代はしない選択に出るが、次のオフェンスでチャージングを取られてしまい、痛恨の4ファウルで交代となる。この機に専修大はインサイドを攻めるが、拓殖大もそれはわかっており簡単には加点させない。だが残り7分半24-20の場面で専修大#34盛實がコートに戻ると的を絞り切れなくなる。さらに#41杉野(1年・PF・四日市工)も3ファウルでコートを退くと、専修大#30アブ(2年・C)がチームファウルフリースローやダンクで連続得点、38-27と突き放す。さらに#9重冨友希(1年・G・福岡第一)&#88重冨周希(1年・G・福岡第一)が小気味よく速攻を繰り出し、51-32と専修大が大きくリードして前半を終える。

 3Q、拓殖大は前半に続きシュート力のある#2岡田のボールを集めるも、単発になってしまう。専修大はリバウンドから速い展開につなげる形で77-45とついにリードは30点に。4Qに入ると拓殖大はもうなす術がなく、1本決めた後、専修大が得点を100点に乗せるまでの間シャットアウトされてしまう。専修大は#27安部(2年・G)らスタメンはもちろん#17樋口(2年・F)などベンチから出てくるメンバーも最後まで手をゆるめず、115-57と大勝を収めた。

170611okada.jpg 3位を決めた専修大は、#34盛實のリーダーシップも去ることながら各選手が主体的にプレイしていた。の加入により、能力の高い選手たちがコートを広く使えていたのも大きい。それだけに準決勝は悔やまれるが、リーグでリベンジを果たしたい。

 4位の拓殖大はツインタワーのファウルトラブルに泣く試合となった。それでも主将の#58平良(2年・G)ら2年生が声を出してまとめ、チームの結束を見せた。

写真上:専修大は重冨兄弟ほか、西野もルーキーとして大きな存在感を見せた。
写真下:能力の高さを伺わせる拓殖大・岡田もここから楽しみな選手。

※専修大・森實選手、拓殖大・平良選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2017新人戦  |  Top↑

2017.06.11 (Sun)

【2017新人戦】6/11 5位決定戦 青山学院大VS筑波大

筑波大が前半の貯金を守り5位
青山学院大も粘りを見せる


170611morisita.jpg 筑波大の現1・2年生にとってトーナメント方式の大会では初めて5~8位決定戦に回った。そのせいか、この5位決定戦の立ち上がりは今ひとつ集中を欠いてしまう。一方の青山学院大もインサイドにボールを集めるがミスが続き、ロースコアな展開に。これを打開したのは筑波大#11増田(2年・PF)。リバウンドシュートや3Pシュートなどマルチに加点し、残り2分22-13と筑波大が主導権を握る。青学大はタイムアウトの後1ゴール返し、22-15とついていく。

 2Q、筑波大はリバウンドから#10村岸(2年・SF)が速攻につなげ、26-15とリードを2桁に拡げる。青学大は#43渡嘉敷(1年・SG・福大大濠)がバンクで3Pシュートを沈めるなどして追い縋る。その後は膠着状態となるが、Q最後のオフェンスで筑波大#88牧(2年・SG)がきっちりジャンプシュートを決め、40-26の筑波大リードで折り返す。

 3Q、青学大は#52赤穂(1年・G・市立船橋)の3Pシュートで仕切り直したいが、その後が続かない。対照的に筑波大は#88牧がシュート、#15森下(2年・C)へのアシストと畳み掛け、開始3分で51-31とする。だがそこで一息ついてしまい、青学大#21能見(2年・PG)に怒涛の連続得点を許す。残り2分56-43となったところでタイムアウトを請求。だが直後に青学大#52赤穂にスティールからの速攻を決められ、さらにリバウンド時に#15森下が3ファウルとなり交代を余儀なくされる。このチームファウルフリースローをきっちり揃えた青学大がついに1桁差に押し戻す。筑波大は1本返すも58-47と勝負の行方はわからない。

170611uitaka.jpg 4Q、流れを引き寄せたのはこの試合好調の筑波大#11増田。3Pシュートで突き放す。その後は互いに決め合いとなるが、個々の得点力の高い筑波大がじわじわと引き離し、残り5分71-54とする。さらに#88牧の活躍で残り2分には79-58と再び20点差をつける。青学大は諦めずバックコートからディフェンスを仕掛け、#52赤穂、#43渡嘉敷が3Pを決めていくも残り時間は少なく、87-74でタイムアップとなった。

 5位の筑波大が敗れたのは準々決勝の日本大戦のみ。#11増田・#88牧以外の、全体チームではまだプレータイムの少ないメンバーが経験を積めた。相手の戦意を喪失させるところまで突き放しきれない甘さも見られるものの、チーム内競争によって克服していくことだろう。

 6位で終えた青学大はサイズにも機動力にも特化しきれずというところだが、少ない人数にも拘わらず粘りを見せた。この忍耐力がリーグやインカレにおいて実を結ぶことを願う。

写真上:筑波大・森下は高さを生かしたシュートを決めた。
写真下:今シーズンより本格的にプレーしている青山学院大・ウィタカ。今後はさらなる活躍が期待されるが、サイズを生かし、チームを勝利に導けるかどうかが見どころ。

※筑波大・牧選手、青山学院大・納見選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2017新人戦  |  Top↑

2017.06.11 (Sun)

【2017新人戦】7位決定戦 日本体育大VS立教大

日体大が追い上げをかわして7位
立教大は最後まで粘り健闘の見える8位


170611hirosawa.jpg 7位をかける戦いは日本体育大立教大のカードになった。ベスト8に入ったものの、未だ勝利のない両チームは1勝をものにしようと奮闘し、終始目の離せない試合となった。

 第1Q、立教大は#6井関(1年・PF・アレセイア湘南)の3Pで先制すると、その後も持ち味の速い展開で点数を重ねる。日体大は#54津田(2年・C)、#45河野(2年・PF)のセンター陣の高さが有利となり、オフェンスリバウンドでセカンドチャンスをものにし、点差を詰めていくが立教大の2点リード。第2Q、日体大はガード陣が前からタイトにディフェンスを仕掛け、立教大のミスを誘う。さらに#44広沢(2年・F)の3Pとジャンパーが好調。立教大は#20新屋(2年・SG)で踏みとどまるが、44-32と日体大が流れを掴み後半へ。

 3Q立教大は#24木口(1年・PF・福島南)の3Pで先制。早めに追いつきたい立教大は、ディフェンスリバウンドからの速攻で得点。さらに、#18木村(2年・C)のバスケットカウントで勢いに乗せると、残り4分とうとう2点差に迫る。我慢の時間となった日体大は#9武藤(2年・PG)のドライブインに合わせた#45河野と#54津田がシュートを決め、#24土居(1年・F・福岡第一)の1対1が再び流れを引き寄せる。終盤立教大は#2田中(2年・C)のドライブインと#30根本(1年・PG・八王子)のファーストブレイクで持ちこたえるが、日体大が9点のリードで最終ピリオドへ。

170611sinya.jpg 第4Q序盤、立教大は#20田中のファーストブレイクと#24木口のバスケットカウントで流れを作り、点差を詰めていくが日体大#24土居のジャンパーが好調。ディフェンスを緩めることなく再び12点差をつけ立教大はタイムアウトを取る。その後立教大は#6井関と#20新屋の3Pが決まり追い上げへ。残り1分30秒に4点差まで詰め寄るが、日体大#9武藤の冷静なゲームメイクと#24土居の勢いは止まらず一歩上を行き、日体大が逃げ切りの勝利。82-74で両チームの新人戦が幕を閉じた。

写真上:トーナメントは怪我明けで出番の少なかった広沢も新人戦では見どころを作った。
写真下:立教大は新屋が専修大の森實と同数の13本で3P王を獲得。勝負強く決めていった。

※日本体育大・武藤選手、立教大・横地選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:35  |  2017新人戦  |  Top↑

2017.06.11 (Sun)

【2017新人戦】大会結果

優勝  東海大学(4年ぶり5回目)
準優勝 日本大学
3位  専修大学
4位  拓殖大学
5位  筑波大学
6位  青山学院大学
7位  日本体育大学
8位  立教大学

170611tokai.jpg
優勝 東海大学


170611nihon.jpg
準優勝 日本大学


170612sensyu.jpg
3位 専修大学


170611takushoku.jpg
4位 拓殖大学


【個人賞】

■新人王 西田優大(東海大学)
170611shinjino.jpg


■優秀選手賞
170611yusyu
写真左から
寺嶋 良(東海大学)
平岩 玄(東海大学)
松脇圭志(日本大学)
盛實 海翔(専修大学)
岡田侑大(拓殖大学)



■得点王 アブ フィリップ(専修大学)124点
■リバウンド王 アブ フィリップ(専修大学)OF16/DF49/TO65
170611point_ribound.jpg


■3ポイント王 盛實海翔(専修大学)13本
1706113pmorizane.jpg


■3ポイント王 新屋広晃(立教大学)13本
1706113psinya.jpg


■アシスト王 牧 隼利(筑波大学)29本
170611asisst.jpg


170611kojin.jpg


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2017新人戦  |  Top↑

2017.06.11 (Sun)

【2017新人戦】6/11結果

■国立代々木競技場第二体育館

日本体育大学82(17-19,27-13,16-19,22-23)74立教大学(7位決定戦)
青山学院大学74(15-22,11-18,21-18,27-29)87筑波大学(5位決定戦)
拓殖大学57(18-16,14-35,13-26,12-38)115専修大学(3位決定戦)
東海大学71(18-19,12-21,20-16,21-13)69日本大学(決勝)


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:10  |  2017新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |