2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月


関東大学バスケットボール選手権 〜5/7(日)
筑波大学が白鷗大学を下し2連覇を達成

関西大学バスケットボール選手権は大阪学院大学が優勝

2017.05.07 (Sun)

【2017トーナメント】5/7 3位決定戦 日本体育大VS東海大

日本体育大が集中力を切らさず3位を獲得
東海大は課題の見える敗戦で4位

170507tuda.jpg 決勝進出はならなかった東海大と、今大会、好試合を連発してきた日本体育大の対戦は、日本体育大の良さが終始出る内容となった。

 立ち上がりは日体大。#32フェイ(3年・C)のシュート、#20小田桐(4年・PG)の3P等も決まるとチームも大盛り上がり。日体大がリードする展開となるが、出遅れた東海大もすぐさま追いつくと点の取り合いになる。日体大は#45河野(2年・C)が速攻、ゴール下で活躍。東海大は#11白戸(4年・SG)の3Pや#10鶴田(3年・PF)のジャンパーも確率よく決まっていく。日体大は#19田口、#32フェイが2ファウルとなってベンチに下がるが、その時間帯をよくしのいで19-21で東海大リードで1Q終了。

 2Qの立ち上がり、日体大は外のシュートを打っていくが決まらず。東海大もミスが続き膠着状態となるが、#20小田桐が3Pのファウルをもらい、日体大が逆転する。東海大もすぐさま逆転するが、日体大が残り約6分で#19田口、#32フェイをコートに戻し、#19田口(4年・SF)、#64井手(3年・PG)のドライブ、ジャンパーなどが続き流れが日体大に。タイムアウトで修正をはかる東海大だが、日体大の集中も切れず点差は5のまま試合が進む。最後は#64井手がドライブでゴールを決めると、38-31と7点リードして前半終了。

170507nisida.jpg 3Q、立ち上がりに日体大#4江端(4年・SF)が連続ゴール。10点以上の差をつけるが、ここから東海大がディフェンスで粘り#15内田(3年・SG)、#23佐藤(4年・SF)のアウトサイドが沈んで一気に追い上げた。しかし日体大も#64井手の3P、#45河野のブロックなど好プレーが出て再び東海大の反撃の芽を摘むと、最後は#64井手の1on1から#4江端が押し込み、53-42。東海大はアウトサイドが入らず苦しい展開が続いた。

 4Q、#15内田のスティールで東海大が先制するが、日体大は#4江端のシュート、#45河野のブロックなど好プレーが続く。東海大は高い位置からのディフェンスで日体大からミスを誘っていく。開始3分、#19田口の3Pが沈み日体大のリズムは継続。東海大はノーマークを作って打ってはいくが、この確率が上がらないのが苦しいところ。残り4分、#19田口のドライブがバスケットカウントを獲得するなど日体大は確実に勝利を手繰り寄せ、76-58。日本体育大が20点近い差をつけて東海大を下した。

170507taguchi2.jpg「4Qで10点差だったら危険」と考えていた藤田HC。確かにバスケットではあっという間に追いつける点差だ。だがこれを「約15点差を保って持ちこたえた」ことが勝因と語る。ただし、終盤はノーマークで東海大にアウトサイドを打たれており、これが入っていればまた違っていただろう。そうした甘さは確かにあったが、勢いという点については今大会これ以上のチームはなかった。田口を筆頭とした粘り強いプレーを全員が続けることができた。

 東海大は司令塔に据えていた笹倉が4月頭に負傷。急遽ルーキーの西田をPGとして形にし、大会に臨んだ。一方で西田、寺嶋、笹倉らはいずれも下級生だ。全員が得点できる能力ある選手たちを揃えるチームだけに、司令塔として広い視野でボールを配給できるガードの育成は急務だろう。上級生は危機感を持ってチームの先を見据えている。秋までにそれが結実することを願いたい。

写真上:日体大はベンチから出場した津田も要所のシュートやインサイドでのプレーなどで貢献し、河野と共に2年生コンビの成長は著しかった。
写真下:元々シューターとしての能力はお墨付きだったが、ガードとしてのポテンシャルも感じるプレーぶりを見せた西田。「オールラウンドな選手としての成長を期待する」と陸川監督。

※日本体育大・田口選手、東海大・内田選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2017トーナメント  |  Top↑

2017.05.07 (Sun)

【2017トーナメント】5/7 5位決定戦 大東文化大VS中央大

大東文化大が安定感ある戦いぶりで5位
中央大は最後まで攻め続ける前向きさを見せて6位


190507saito.jpg 5位決定戦に臨んだのは、準々決勝で優勝候補の筑波大に破れて順位決定戦に回った大東文化大と、東海大や拓殖大など1部チームとの戦いを経てきた中央大

 1Qは互いに得点を決め合う形。1〜5番がバランスよく揃う大東大に対し、サイズこそないものの、アグレッシブな中央大のオフェンス力も光って23-20とハイスコアな出だしになった。

 2Qの頭は互いにベンチメンバーを登場させる。中央大は#2大崎(2年・PF)が気を吐き、主力が下がっている間も良いパフォーマンスを見せた。大東大は半ばにスタメンを戻してエンジンをかけると、中央大も#33三上(2年・SG)の3Pが決まり4点差にして大きなダメージにはさせない。だが#15モッチ(2年・C9のゴール下の強さ、#12熊谷(3年・PG)、#11齊藤(3年・SG)、#0葛原(4年・SG)のアウトサイドもこの日は好調。内外の強さを示して大東大が中央大を引き離していく。リバウンドで不利な中央大は持ち味の速いトランジションが出せず、前半は48-34と差をつけられた。

 後半3Q、#23奥住(3年・SG)の3Pを皮切りに大東大が波に乗り、快調に加点。中央大は苦しいところを#13中村(3年・PG)などの個人技もあるが、差は縮まらずに71-51と20点差に。4Qの中央大は#33三上が3Pを狙ってこれを勝負強く沈めていくものの、大東大が99-75と余裕を持って勝利を納め、5位を確定した。

190507nakamura.jpg 大東文化大の山場は準々決勝の筑波大戦に尽きるが、優勝チームに対して粘って見ごたえのある試合を繰り広げた。また、ベスト8がけの青山学院大、順位決定戦の専修大ら1部でビッグマンを揃えたチームいずれにも勝利を納めたのは、秋に向けて期待が高まる部分だ。今年から1部昇格となるが、1部のディフェンス対応や外が当たらない時間帯をどうするか等、細かな部分を詰めて充実のリーグ戦を見たいところだ。

 中央大はアグレッシブな攻守を持ち味として果敢な戦いぶりを見せたが、上位の戦いになると高さの面では苦戦が見えた。今はほとんどの1部チームが2m級の選手を揃える状況にあり、上に行けば行くほどバランス良く戦力を備えたチームとの戦いが待っている。だが、中村、三上、鶴巻といったスコアラーはやはり魅力が大きく、青木、大崎といったフォワード陣もいいプレーがあった。これを良い材料にリーグに向かってもらいたい。

写真上:今大会要所で起用された大東大・齊藤。複数のシューター陣の競争がチームを厚くしていく。
写真下:最後まで三上とともに攻め続け、積極的にパスも供給した結果、中村はアシスト王を獲得。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2017トーナメント  |  Top↑

2017.05.07 (Sun)

【2017トーナメント】5/7 7位決定戦 専修大VS拓殖大

内外で安定を見せた専修大が7位
アウトサイドの不振が響き拓殖大は8位


170507nishino.jpg 7位決定戦は拓殖大専修大の顔合わせに。ともにセンターに留学生を据え、得点力の高いメンバーが揃うチームだ。拓殖大は昨年準優勝だが、主力が抜けて下級生が中心の新チームに。一方の専修大は昨年5位。こちらもガードの層は厚く高さも備えているが、今大会は7位決定戦へと回った。

 展開は1Qから差のない戦いとなり、専修大はインサイドの#30アブ(2年・C)を始めとする高さ、拓殖大は#23ドゥドウ(1年・C・八王子)の内外からの得点も光り17-17で1Qを終了。2Qも拓殖大は#23ドゥドゥ、#16飯田(4年・SG)の3Pなどで得点を重ねるが、専修大は#12西野(1年・F・近大附属)、#34森實(2年・G)のアウトサイドの好調さ光って終盤に最大5点のリード。残り1分半、拓殖大はゾーンでターンオーバーを奪うが、3Pが決まらず。専修大はリバウンドから#27阿部(2年・G)、ルーズボールから#26砥綿(4年・G)のレイアップも決まりリードを広げると前半は39-31の専修大リードで終了。

 後半3Q、追い上げたい拓殖大だが、自慢の3Pが入らない。専修大は10点の差を守っていき、最後は#27阿部のドライブで58-44と14点差にして終えると、4Qは点差の有利も働いてか専修大が29点と大量得点で87-58とし、7位を決めた。

 専修大は荒削りながら重富兄弟、安部、森實といった若いガード陣が頭角を現してきた春だった。インサイドのアブは健闘してはいるが、大東文化大のモッチ、日本体育大のフェイ、そして拓殖大のドゥドゥ等、他チームの留学生も伸びてきており、今後はその競争も見どころになるだろう。柔らかいシュートタッチを見せたルーキー西野の台頭も今後の楽しみだ。

170507dudu.jpg 拓殖大も新チームがまだ形にはなっていない状況。ルーキーの岡田は今後楽しみな逸材だが、まだ大人しい場面も見られた。同じくルーキーのドゥドゥはドリブル、リバウンド、3Pとと入れ替わりに卒業したバンバに遜色ないプレーを見せており、これからが楽しみだ。3、4番のポジションが薄めなところで苦しい場面はあるが、攻撃力はあり、阿部が粘り強くチームを引っ張っている。若いチームだけに秋までの成長ぶりを期待したい。

写真上:17得点をあげた西野。196cmながらアウトサイドのシュートも確率が高い。
写真下:拓殖大・ドゥドゥは15点14リバウンド。3Pは2本。高い機動力、シュートの柔らかさ等、まだまだ伸びしろが期待できる。

※拓殖大・飯田選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2017トーナメント  |  Top↑

2017.05.07 (Sun)

【2017トーナメント】最終結果

優勝  筑波大学(2年連続6回目)
準優勝 白鷗大学
3位  日本体育大学
4位  東海大学
5位  大東文化大学
6位  中央大学
7位  専修大学
8位  拓殖大学
9位  青山学院大学
10位  神奈川大学
11位  明治大学
12位  国士舘大学
13位  駒澤大学
14位  東京成徳大学
15位  法政大学
16位  明星大学


170507tukuba.jpg
優勝  筑波大学



170507hakuo.jpg
準優勝 白鷗大学



170507nihontaiiku.jpg
3位  日本体育大学



170507tokai.jpg
4位  東海大学



【個人賞】
■最優秀選手賞 馬場雄大(筑波大学)
170507mvp_baba.jpg


■敢闘賞 野﨑零也(白鷗大学)
170507kanto_nozaki.jpg


■優秀選手賞 杉浦佑成(筑波大学)
170507yusyu_sugiura.jpg


■優秀選手賞 増田啓介(筑波大学)
170507yusyu_masuda.jpg


■優秀選手賞 ディオップ マムシェッハイブラヒマ(白鷗大学)
170507yusyu_mamu.jpg


■優秀選手賞 田口 航(日本体育大学)
170507yusyu_taguchi.jpg


■優秀選手賞 佐藤卓磨(東海大学)
170507yusyu_sato.jpg


■得点王 ゲイ ドゥドゥ(拓殖大学)92点
170507_rebound.jpg


■3P王 三上侑希(中央大学)14本
170507_3p.jpg


■アシスト王 中村功平(中央大学)14本
170507_assist.jpg


■リバウンド王 ゲイ ドゥドゥ(拓殖大学)(OF19/DF36/TO73)
170507_point.jpg


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2017トーナメント  |  Top↑

2017.05.07 (Sun)

【2017トーナメント】5/7結果

■国立代々木競技場第二体育館

専修大学87(17-17,22-14,19-13,29-14)58拓殖大学(7位決定戦)
大東文化大学 99(23-20,25-14,23-17,28-24)75中央大学(5位決定戦)
日本体育大学76(19-21,19-10,15-11,23-16)58東海大学(3位決定戦)
筑波大学115(24-17,24-11,32-6,35-23)57白鷗大学(決勝)


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:36  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |