FC2ブログ
2016年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会
筑波大学が3年ぶり5回目の優勝

2016.11.22 (Tue)

【2016インカレ】11/22レポート(1回戦)

明治大は天理大をワンゴール差で下し2回戦へ
地方校同士の対戦は新潟経営大、関西学院大が勝利


161122kagawa.jpg インカレ2日目、1回戦6試合は初のインカレに挑む江戸川大、関西リーグ1位の関西学院大などが登場した。関東勢はわずか2点差だった明治大のように追い込まれた試合もあったが、全チームが勝利。また、地方同士の対戦は2回戦への望みも大きいため、互いに熾烈な勝負となり、会場も大きな盛り上がりとなった。新潟経営大は広島大と激しい接戦を繰り広げた上に勝利、関西学院大も関西1位の貫禄を見せて香川大を下した。

写真:終始追う形だったが、ベンチも応援席も一生懸命だった香川大。


161122isikawa.jpg 2部2位、12位でインカレに初出場の江戸川大は、2年ぶりにインカレ出場を決めた愛知学泉大と対戦。1Qから徐々に江戸川大の高さ、オフェンス力が愛知学院大を凌駕したが、愛知学泉大も持ち味であるディフェンス力を発揮して2Qにじりじりと追い上げ、前半は33-28の5点差。後半も愛知学泉大のディフェンスは激しく当たり、シュートでは3Pの確率も上がると、3Qは53-47で食い下がった。しかし、4Qの頭に10点差にされると江戸川大のペースに。ただ、愛知学泉大は最後まであきらめずに執拗なディフェンスを敢行。一桁差で粘りに粘って、最後は退場者も出したが76-67。信条であるディフェンスで、ひたむきに戦い抜いた。一方の江戸川大はインカレ初勝利。2回戦に挑む。

161122tei.jpg 九州3位の日本経済大と関東5位の早稲田大は昨年の1回戦と同じカード。1Q、2Qとも互いに得点が伸びず、早稲田大は残り3分からプレスを開始。ターンオーバーを奪って日本経済大のオフェンスを止めに行く。しかし、自分たちも加点できずに両者20点台で前半を終えるが、後半も得点面では同様の展開。ただ、3Qに10点ほどの差をつけた早稲田大がそれを維持し、日本経済大は4Qも8点から先が縮まらない。終盤はリバウンド争いでファウルが続いてしまってリズムを掴むことは叶わず38-50で試合終了。3P王のガードを欠いてロースコアは計算のうちだったという日本経済大は、早稲田大の得点も止めはしたが、自身も相手の得点を越えることは叶わず幕となった。

 九州2位の鹿屋体育大も、第4シードの専修大に相手に外角が当たった。前半は良い時間帯もあったものの、専修大の高さにやられた。しかし3Qに#17土器手(4年・PF)の3Pの当たりが来て、一気に差を一桁に。専修大もそこから持ち直して再び20点の差をつけると、一気に専修大が駆け抜けた。

161122kimura.jpg また、この日は地方校同士の対戦が2カードあった。北信越1位の新潟経営大と中国1位の広島大は、立ち上がりから点差のつかない激しい接戦。前半を終えて20-21となり、3Qに入っても互いに点を取り合い譲らない。ここまでは広島大の方がやや勢いに勝り、残り4分半に6点のリードに成功。しかし新潟経営大はそこから#13木村(3年・SG)の3Pが連続で沈み、逆転。ここから広島大はオフェンスがうまく展開できず、41-32と新潟経営大リードで3Q終了すると、4Qは勢いのついた新潟経営大が快調に得点して1回戦を突破した。

 もう一つの地方同士のカード、関西1位の関西学院大vs四国1位の香川大は、終始関西学院大がリードして97-66で2回戦に進んだ。

写真上:愛知学泉大は石井の3Pが続けて決まり、後半も踏ん張れた。
写真中:シュートを放つ日本経済大・鄭。若いチームだけに来年に期待。
写真下:新潟経営大はシーソーゲームの中、#13木村の3Pで一気に抜け出し、1回戦突破。

※愛知学泉大・中堀選手、日本経済大・大城選手、鹿屋体育大・野村HCのインタビューは「続きを読む」へ。


◆PICK UP
最後まで激しいデッドヒートはわずかワンゴール差
明治大が天理大の追撃を振り切る


161122saito.jpg 関西2位の天理大は入りがよく、関東9位の明治大に1Qから22-10と差をつけた。明治大は2Qにゾーンを敷き、#2齋藤(3年・PG)の3Pなどもあって追い上げ。天理大は得点がストップして31-29と明治大が一気に差を詰めて前半終了。

 3Q、明治大が逆転に成功するが、今度は天理大がゾーンで明治大を封じにかかり、残り3分にはシーソーゲームに突入。天理大は#56川田(4年・C)がこの時点で4つ、明治大も残り2分に#28今川(2年・SF)が4つのファウルで互いにインサイドの重要選手がコートに不在。3Qは44-47と明治大3点リードとなった。

 4Q、明治大が5点前後のリードを保って試合は進む。譲らない状態が長く続いたが、残り3分、明治大は天理からルーズボールを奪い、リバウンド争いも1本獲得して得点につなげ、8点にまでリードを広げた。しかし天理大もディフェンスで粘って明治大からターンオーバー奪い、#15イーヴィ(4年・C)のインサイドプレーで残り1分を切ってから2点差に迫った。しかし天理大はファウルゲームには出ず、時間を止められたのは残り1.4秒になってから。ここから自分たちのシュートにはつなげられず、明治大が57-59と2点差の辛勝で逃げ切り。天理大は惜しいゲームを落とした。

写真:明治大は2Q、齋藤の3Pも追い上げに一役かった。


「コミュニケーションが何よりも大切」
日本の文化に触れ、天理大を支えたセンター

◆#15イーヴィ ニヨキゼラ(天理大・4年・C)
161122ibis_20161122230240638.jpg

ケニアからの留学生として、日本にやってきたのは4年前。そこから天理大ではなくてはならないインサイド選手として存在してきた。この試合でも終盤の追い上げは、彼の高さと力強さあってこそだ。
日本に来た当初は言葉も分からず、コミュニケーションがうまくいかずに、バスケットもうまくいかなかったことが多かったと言う。しかし、最終学年となるにつれて語学力も上がり、コミュニケーションも改善。自身でも良いと思える状態にまで高めることができた。


―すごく惜しかったですね。
「はい、残念ながら負けました」

―明治大の22番(宮本)などのディフェンスはどうでしたか?
「うちのチームも、明治大学もディフェンスを頑張ったと思います。22番もいいプレーをして、いい勝負でした」

―1Q、チームで22点取りました。
「そうですね。気合が入っていました。緊張もぜんぜんなかったし、この試合は最後まで勝てる試合だと思っていました。僕は関西から来て優勝するつもりでした。でももう関西に帰るしかありません(笑)。残っているチームは頑張って欲しいです」

―相手のゾーンはどうでしたか?
「そんなに難しくはなかったんですけど、ルーズボールやオフェンスリバウンドを、明治大の方が取ったと思うんですけど(ORは天理大4、明治大5)、そういうものに影響されました」

―今年は4回生で最後の年でしたが、どんな1年でしたか?
「今年は1、2、3年のときに比べたら、プレー的に日本人と私のプレーがうまく合ったと思います」

―インカレを見る限り、イーヴィ選手も年々良くなってきた印象です。
「それはやっぱりコミュニケーションのおかげです。うちのチームはそれを大事にしているんですけど、私は1年、2年のときは日本語もあまりできずに、日本人とうまくコミュニケーションを取れなかったんです。でも今年はトークコミュニケーションが取れるようになりました。だからここまで来られました」

161122ibis.jpg―大学から日本に来た訳ですが、慣れないことも多かったのでは。大変だったことは?
「ありましたね。バスケットは国際的なスポーツで、私もケニアでバスケをやっていましたが、日本でも同じようなバスケをしていると思っていました。でも日本に来て環境が変わって、言葉もわからない、日本の文化もわからない状態で、バスケも急に難しくなりました。スポーツと文化って一体とならないといけないけれど、最初は日本人と日本の文化を学ばなければなりませんでした」

―新しい文化に馴染むまでに苦労したんですね。日本に来て良かったことはどんなことですか?
「たくさんあります。18歳で日本に来たので、23歳の今までいろいろな経験をしました。良かったことは自分の人生と自分の生き方に影響があったこと。人生は良くなったと思います。母国にいても同じようにいい経験ができたかもしれないけど、日本が育ててくれてそれはありがたいと思っています」

―後輩にはどういうことを期待しますか?
「天理大学のバスケットのやり方を守ること、それを続けてもっともっとコミュニケーションを徹底することです。それを一番覚えないといけないと思うので、やり続けて欲しいと思います」

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:08  |  2016インカレ  |  Top↑

2016.11.22 (Tue)

【2016インカレ】CLOSEUP 東海イズムを土台に据える、若きコーチの船出

161121kawase2.jpg

「“東海イズム”をベースに1年やってきた」
コーチ1年生としてインカレに帰還


 インカレ初日、中国地方2位で出場した徳山大は1回戦で日本大と対戦し、出だしに良いゲームを見せた。今季より指揮を執っているのは、2012年に東海大を卒業した川瀬秀太コーチだ。「指導者への道は社会人としての経験を積んでから」と考えていたところ、3年目に父親と妹の母校でもあった徳山大の佐藤氏(部長・監督)から声が掛かり、コーチへの縁がつながった。

 徳山大は沖縄出身の選手が多く、これまでどちらかといえば個人技が目立っていたチーム。川瀬コーチはそれとは全く異なる、ディフェンス主体の東海大の文化で育ってきた。だからこそ、自身が指導者として目指すのは、やはりその色を残すものだ。「個人技は中国地方では通用するかもしれないけど、関東勢相手だと個々のスキルで劣るところがあります。僕は陸さん(陸川監督)のバスケットを見て学んできたので、とにかくみんなで攻めて、人とボールを流動的に動かして、ディフェンスはみんなで守ってリバウンドを取るという、“東海イズム”をベースに1年間やってきました」と1年の取り組みを語る。それが発揮できた日本大戦の前半は、勢いを見せられて点数的にも互角だった。ただ、元々持っている選手の良さも消したくはない。最後には誰かが点を取らねばならないのだから、「楽しんで、積極的に打てるときは打ちなさい、と言っています。それはこの試合ではできたので良かったと思う」とアグレッシブに攻めた試合を振り返った。


東海大での恵まれていた時間に感謝するとともに
今ある環境の中で学び、工夫することが命題


 自らは日本でもトップクラスの東海大で4年間を過ごしたが、地方の大学で指導して初めて、自分が享受していた環境が恵まれていたことも分かった。「徳山大には十分な施設がないので、トレーニングも外に行ってやっているけれど、いろんな面を工夫していかないといけません。特にフィジカル面、体づくりはもっとやっていかないと関東には通用しない。それと同時に、自分が学んだバスケットの精度も高めていかないと」。

 目標はインカレで勝つことだったが、まだ就任1年目。自分の思うようなバスケットはまだまだチームに浸透させられていないし、自分自身も勉強不足であると認める。特にリーグ1回戦で思わぬ敗戦を喫し、結果的に2位でインカレに来たのは、自分のミスだと深く反省もしている。だからこそ、地道に努力と学びを重ね、「いろんな人に話を聞いて、試行錯誤して、ときには失敗もしながら全国で勝てるようなチームに育てる」のが、目下の目標だ。徳山大で指導ができるのも、「チームにずっと携わってきた、佐藤先生に声を掛けていただいたおかげ。徳山大は全国でまだ勝ったことはないので、1勝を目標にここで頑張りたい」と決意を述べる。

161121kawase1.jpg 現在、チームは2、3年生が主力。自分も指導者としてスタートしたばかりだ。選手も自分もともに成長していき、「充実してきた2、3年目に勝負できれば」とのこと。ここから数年先の進化を楽しみにしたい。

 指導者として再び踏んだ慣れ親しんだコートとは、ひとまず1回戦でお別れとなったが、「代々木は楽しかった。戻ってこられて良かった」。学生時代を思い出すように、そしてまた次にこの地を踏むことを目指し、最後にそう締めくくった。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:49  |  NEWS・告知  |  Top↑

2016.11.22 (Tue)

【2016インカレ】11/23試合予定

◆国立代々木競技場第二体育館

10:00 名古屋学院大学 vs 札幌大学
11:40 東北学院大学 vs 東海大学九州
13:20 名古屋経済大学 vs 拓殖大学
15:00 青山学院大学 vs 仙台大学
16:40 大東文化大学 vs 東海大学
18:20 筑波大学 vs 日本大学

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:00  |  2016インカレ  |  Top↑

2016.11.22 (Tue)

【2016インカレ】11/22結果

◆国立代々木競技場第二体育館

江戸川大学76(20-12,13-16,20-19,23-20)67愛知学泉大学
天理大学57(22-10,9-19,13-18,13-12)59明治大学
新潟経営大学68(12-8,8013,21-13,27-10)44広島大学
日本経済大学38(9-12,11-14,12-13,6-11)50早稲田大学
関西学院大学97(32-15,20-19,26-13,19-19)66香川大学
鹿屋体育大学62(17-27,17-24,13-25,15-19)95専修大学


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:25  |  2016インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |