FC2ブログ
2016年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会
筑波大学が3年ぶり5回目の優勝

2016.11.21 (Mon)

【2016インカレ】11/21レポート(1回戦)

第68回全日本大学バスケットボール選手権が開幕
初日は大東文化大が立命館大相手に苦戦する展開も


 インカレ初日、男子は国立競技場代々木第二体育館で6試合が行われた。この日の試合はすべて関東VS地方の組み合わせ。大学バスケットの世界では実力的には上位に位置する関東勢に対し、地方校がどう戦うのかが注目となったが、結果的に関東のチームがすべて勝利した。ただ、いずれの大学も関東のチームに一矢報いようとする姿が見えた。


地方校はいずれも前半は良い面が見え、後半の出来が課題に

161121tokuyama.jpg 中国2位の徳山大と北海道2位の東海大学札幌は、それぞれ日本大白鷗大相手に最後までアグレッシブなプレーを見せた。東海大学札幌はサイズがない中、留学生のいる白鷗大を早い展開でゆさぶった。徳山大は今季から就任した川瀬コーチによって、ディフェンスでも粘る新たなフィロソフィーが持ち込まれ、今後の進化が楽しみだ。

 大阪学院大は、前半こそ慶應義塾大相手に2点差で粘ったが、後半の失速が惜しまれる。京都産業大は1年トリオのプレーが注目だったが、初戦の相手が東海大。ディフェンスの厳しさに苦しみ、持ち味であるアウトサイドが決まらずに引き離された。一方、第1シードの筑波大と対戦した富山大は、1Qはシュートがよく入って善戦した。ただし、3Qで力尽きこのQは42-8。動きも鈍って後半は退場者も3人出てしまった。

161121linder.jpg この日白眉だったのが、第2試合の立命館大。関西3位で4年ぶりにインカレの舞台に挑んだが、2部全勝、1部昇格を決めた大東文化大を最後まで脅かした。前半はリードし、一度逆転されてから4Qには再び1点差にまで迫り、逆転も視野に入った。しかし、最後は大東大のアウトサイドシュートが入ったところで再び引き離された。勝利まであと僅かという、素晴らしいゲームを見せた。

写真上: 徳山大は奥野航平(#51)・奥野友章(#19)の兄弟コンビが積極的オフェンスで得点を重ねた。
写真下:京都産業大・リンダーライアンは10点11リバウンド。東海大相手にボールを激しく競り合った。成長が期待される京都産業大ルーキートリオの一人。

※大阪学院大・澤邊選手、京都産業大・勝又選手のインタビューは「続きを読む」へ。


◆PICK UP
大東文化大を追い詰める好勝負を見せた立命館大
惜しい幕切れながら学生主体で成果を見せる

161121hanai.jpg インカレの初戦はどこも難しいものだが、この日、圧倒的な力で2部リーグ戦、入替え戦を制した大東文化大の調子が上がらない中、関西3位で4年ぶりの出場となった立命館大があわやという好勝負を見せた。

 前半からミスの続く大東大に対し、立命館大は立ち上がりから快調に得点を重ねて1Qで14-20と6点のリード。簡単にリバウンドを取らせず、ルーズボールにも機敏に反応。大東大はスタメンの調子が上がらず、さまざまな選手を使っていくが、シュートの精度、そして#15モッチ(1年・C・桜丘)や#20毕(3年・PF)の高さもあまり生かせない。立命館大は2Qに9点と失速するものの、前半を2点リードで折り返した。

161121haxtutori.jpg 後半、立命館大はインサイドでのファウルトラブルで#35福永(4年・PF)がベンチへ下がる時間が長くなる。大東大は3Qに逆転するが、立命館大は4Qに3-2のゾーンで迎え撃ち、オフェンスでは#3服部(2年・SF)が次々に個人技で得点を決めて4Qの残り4分、1点差にまで迫った。この勝負どころ、大東大は#12熊谷(2年・PG)、#36園田(2年・SF)のアウトサイドが立て続けに入ったのをきっかけに再び突き放し、74-63で逃げ切った。

写真下:大東大は全体の調子が上がらない中、花井がシュートを決めていった。
写真下:立命館大・服部は23点。大東大ディフェンスをかいくぐり、次々にレイアップを決めた。


「ぶつかりあいながら、いいチームを作ってこられた」
学生コーチとしてチームを牽引下1年間

◆松浦拓哉コーチ(立命館大・4年)
161121matuura1.jpg
高校のコーチを経験したあと、最終学年は学生コーチとして立命館大のコーチの任に就いた。同じ4回生、同世代同士、言い合うこともぶつかりあうこともあったと言う。それでも、地道な練習を4回生たちが引っ張ってくれた、と試合後は目をうるませながら仲間に話しかけていった。このコーチングの経験は、決して小さなものではないだろう。関西ではまだ新人戦が残るが、最後までの全うを誓う。


―惜しい試合でした。大東大についてはどのような対策をしてきましたか?
「夏に練習ゲームをさせていただいていたので、そのときのイメージではかなり強いという印象で、この試合以上に離されました。大東さんはリバウンドとルーズボール、勝負に対する気持ちが強いので、そこに負けないようにと。周りの人には大東は強いのでいいゲームをするように、と言われていたんですが、スカウティングもしっかりしましたし、そうじゃなくて泥臭く、粘って勝ちにいこうとしていました。下のチームのメンバーが仮想大東として練習の相手をしてくれて、そこも助かりました。優勝候補であるとは思うんですが、ここまでロースコアに抑えることができました」

161121matuura2.jpg―リバウンドやルーズボールでは決定的なもの以外は簡単には取らせていなかったし、その点で取り組みの成果はあったのでは。
「そこはキャプテンの西岡(#13)がチームで派手にならないような部分を引っ張ってくれる存在で、彼が背中で見せてみんながついていったと思います」

―4Qのゾーンも効果的でした。
「中央大とのゲームでゾーンをあまり攻められていないというのを見ていたので、準備をしておきました。うちは福永(#35)のファウルトラブルでビッグマンがいなくなってしまったので、出すことになりました。うちもゾーンディフェンスはあまり得意ではないので、ここまでやれるとは思っていませんでした」

―満足はいかないと思いますが、夏の練習ゲームでは大東大にかなり離されたということを考えると、成果のあった試合ということでしょうか?
「リーグ戦を通じて成長できたし、4回生がチームを引っ張って支えてくれたので、その力が発揮されたと思います」

―松浦コーチも4年生として学生コーチを努め、周りの4年生も高校時代はそこまで知られていない人もいます。そういう4年生が頑張った年だったと言えるのでは。
「コーチといっても僕が全権を握っている訳ではないので、ぶつかってしんどいこともありました。でも最終目標がリーグを勝ってインカレにいくということだったので、喧嘩もしながら、いいチームを作ってこられたと思います。うちは練習をほとんどディフェンスに割いてきたんですけど、4年生が地味な練習を引っ張ってくれました」

161121nisioka.jpg―松浦コーチは高校の指導を経験して、今年は大学のコーチとしても活動しました。良い経験ができた4年間だったのでは。
「インカレで入賞するというようなチームで学生コーチをやっているのもうらやましいとは思うんですが、自分は自分で監督の北場さんだったり、前の浅村さんから教わったこと、自分で勉強したことをしっかりチームに伝えることができました。それが練習内容や試合の結果に反映されました。負けて悔しいのはありますが、それでも充実したバスケットボール生活ができたと思います。来年はこれを生かして、来年もここに来てバスケットをして欲しいなと思います」

写真下:主将としてともに頑張った西岡。このゲームでは18得点、11リバウンドのダブル・ダブルでチームを牽引した。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2016インカレ  |  Top↑

2016.11.21 (Mon)

【2016インカレ】11/22試合予定

◆国立代々木競技場第二体育館

10:00 江戸川大学 vs 愛知学泉大学
11:40 天理大学 vs 明治大学
13:20 新潟経営大学 vs 広島大学
15:00 日本経済大学 vs 早稲田大学
16:40 関西学院大学 vs 香川大学
18:20 鹿屋体育大学 vs 専修大学





テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:00  |  2016インカレ  |  Top↑

2016.11.21 (Mon)

【2016インカレ】11/21結果

◆国立代々木競技場第二体育館

大阪学院大学55(11-19,18-13,13-24,13-24)80慶應義塾大学
大東文化大学74(14-20,17-9,21-16,22-18)63立命館大学
徳山大学62(16-15,13-16,15-29,18-19)79日本大学
白鷗大学114(24-16,25-13,29-10,36-26)65東海大学札幌
京都産業大学43(8-19,13-15,13-27,9-22)83東海大学
筑波大学116(24-17,24-13,42-8,26-18)56富山大学


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:18  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |