FC2ブログ
2015年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10
※台風の影響による延期試合があります。常に最新の情報を関東大学バスケットボール連盟の公式サイトでご確認ください。
関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3

2015.09.26 (Sat)

【2015リーグ1部】9/26レポート(第7戦)

上位陣が確実に勝利した第7戦
中盤位も混戦状態は変わらず


 関東大学リーグ、第4週の第7戦は国士舘大と東海大の2会場に分かれて試合が行われた。

◆東海大会場
 前の週で激闘を繰り広げ首位に立った拓殖大は、前半こそ慶應大に迫られたが後半は実力を発揮してこれを退け、ホームの東海大も明治大を下して勝利。上位陣に大きな変動なく日程を終えた。


【立ち上がりで慶應大が奮闘するが拓殖大が断ち切る】
150926takahashi.jpg 拓殖大慶應義塾大は1Q、拓殖大が#99赤石(4年・PF)を中心に得点を重ねリードを奪う。一方の慶應義塾大はベンチスタートの#18高橋(2年・CF)がコートに立つと、攻守で活躍。オフェンスではシュートを着実に沈め、互角の展開に持ち込む。勢いそのままに2Q序盤、#5大元(4年・SG)の連続得点で一気に逆転。その後、一進一退の攻防が続くがリズムを掴んだのは拓殖大。#23バンバ(3年・C)のフリースローと#39成田(3年・SG)の3Pなどで残り2分で10点を開く。慶應義塾大はリングに嫌われ、更にリバウンドも拓殖大に許し苦しい展開となる。

 後半、慶應義塾大は積極的にリバウンドに飛び込んで流れを呼びこみ、一時は9点差とするが、拓殖大は#23バンバのダンクや#99赤石の得点が目立って徐々に点差は離れていく。終盤、慶應義塾大は#13西戸(3年・SG)が果敢に攻めるも、拓殖大が安定した試合運びを見せて85-70で勝利した。

写真:慶應大・高橋はチームハイの16得点。好守での活躍が期待される。


【ホームの東海大が終始リードで勝利】
150926yosikawa.jpg 東海大明治大は、序盤こそ点の奪い合いとなるが、1Q終盤になると東海大の堅いディフェンスを前に明治大はシュートまで持っていくことができず、10点ビハインド。2Qに入ると明治大は#20秋葉(4年・SF)の3Pを皮切りに#55吉本(4年・SF)の連続得点が決まって一気に詰め寄り、東海大にタイムアウトを取らせる。明治大はその後も外角シュートが高確率で決まり、食らいついていく。一方の東海大も#19三ツ井(3年・SF)、#35伊藤(3年・PG)#の得点で譲らず。リードは東海大が保ったまま後半へ。

 後半、多彩なオフェンスを展開する東海大に対し、明治大は#55吉本、#50伊澤(4年・PF)が奮闘。なんとか東海大を捕えたいがあと一歩が出ない。対する東海大もこれ以上は突き放せず、点差は10点前後を行き来。結局、終盤まで展開は変わらず79-64で東海大が勝利した。

写真:得点源としての役目を担う明治大・吉川。同じく2年の齋藤とともにチームを支える選手となれるか。


◆国士舘会場
 国士舘大会場では3試合が行われた。国士舘大はセンターの馬が欠場。ハイスコアリングゲームを仕掛ける専修大に対して2Qで8点と失速が響き、90-68で専修大が勝利。法政大筑波大の試合はどちらも互いに抜け出せないまま終盤までほぼ互角の点数で競り合ったが、筑波大が67-66とからくも1点差で勝利。法政大は昨年筑波大を倒した再現とはならず。しかし、筑波大にも課題の残る試合となった。


【堅い守りからの速攻で青山学院大が勝利】
150926kawabe.jpg 2勝4敗の青山学院大と5敗中の白鷗大との一戦。青山学院大がいかに白鷗大のサイズに対抗できるか、また、白鷗大は選手たちがどれくらいハッスルできるか、という点が見どころであった。立ち上がりは点の取り合いになり、白鷗大#21高麗(3年・C)が3Pを決めたと思えば、青山学院大#18笠井(4年・PG)も3Pで対抗し同点。動きがあったのは後半から。#18笠井に続いて#24安藤(3年・SF)が3Pを決めると、そこから青山学院大は順調に得点していく。一方で白鷗大はトラベリングやシュートミスで無得点の時間が続き、20-12で終えると2Qは完全に青山学院大のペースになり、39-19でハーフタイムへ。

 3Q序盤、青山学院大は中盤から得点が止まり、徐々に白鷗大の流れに。#12川邊(3年・PF)のバスケットカウント、#13野崎(2年・SG)の3P、#23ジャニのインサイドでの得点で一気に追い上げていく。しかし青山学院大もタイムアウトで立て直し、結局差を詰めさせず、53-35で終了。4Qは主力を下げた青山学院大に対して白鴎大が追い上げ、残りの2分間で白鷗大は4連続得点するものの、開いた差は大きく66-51で試合は終了した。青山学院大はこれで3勝目となり明治大、法政大と並ぶ位置に付け、中盤位の混戦エリアで一歩前進。白鴎大は早く1勝が欲しいところ。

写真:オフェンスには課題が見える白鴎大。勝つには川邊の活躍が必要不可欠。

※青山学院大・安藤選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2015リーグ戦1部  |  Top↑

2015.09.26 (Sat)

【2015リーグ2部】9/26レポート(第7戦)

東洋大が日体大に迫るが惜しくも届かず
上位に大きな変動無しの4週目


150926kumagai.jpg 1敗で3チームが並ぶ2部リーグ。目立った競り合いがない週となったが、その中でもどうなるかわからなかったのが日本体育大と東洋大の第7戦。前週に#75赤土(3年・PF)が怪我で欠場した日本体育大に対し、東洋大が1Qからアグレッシブに攻めてリードを奪う展開も見せた。また、下位チームがそれぞれ勝ち星を伸ばせない中、じわじわと白星を重ねている立教大が、江戸川大との激しい競り合いを最後に7点差で制して上位を狙う位置につけた。日本大、早稲田大、大東文化大の上位校は余裕で勝利し、白星を付け加えた。

写真:大東大はこの日ガードの吉山が欠場。竹内がスタメンに入り、ルーキーの熊谷(1年・PG・前橋育英)も多くの出番を得て17分の出場で3P2本を含む6得点5アシストを記録。スピードある動きからシュート、パスともに魅せた。


【GAME REPORT】
東洋大が最後まで諦めずに攻めていくが
リードを握った日体大は簡単に逆転を許さず

150926fei.jpg 1敗で同率首位につける日本体育大は、勝率5割ながら上位の大東文化大にも勝利している東洋大と激しい勝負を繰り広げた。1Qを支配したのは東洋大。立ち上がりは#2山口(3年・SG)、#88山本(3年・PF)らが中距離シュートを続けて決めて、守りで#25島崎(3年・G)が日体大の速攻阻止を阻止、さらには鋭いドライブで加点していく。日体大はこの東洋大の勢いに押されたかミスが続き1Qは14-25と出遅れた。しかし2Qに入るとやや落ち着き、互いにボールを奪い合う中から#4江端(2年・SF)のオフェンスリバウンド、#20小田桐(2年・PG)の3Pに続いて#34加藤(4年・G)が1on1から3Pを決めると2点差に。東洋大はフリースローをもらうものの、あまり確率よく決められず、今度は日体大の勢いに押されて残り5分で逆転されてしまうと、そこからも#34加藤を起点にした日体大が快調に得点を重ねて41-31と10点リード。東洋大はこのQ6点しか決められず失速してしまった。

150926yamaguchi.jpg 3Q、10点を追う東洋大はゾーンで日体大の足を止め、リバウンドを粘ってからの#25島崎のシュートや#54マッカーサーJr.(1年・PF・デイナ)のフックシュート、#11中村(3年・PG)の3Pで点差を詰める。しかし日体大も#39松田(4年・SG)の3Pで追撃の芽を摘み、#19田口(2年・SG)の速攻や#32フェイ(1年・C・大分明豊)のゴール下で57-51と3Qを乗り切ると、4Qも必死に追う東洋大に対し逆転はさせない。東洋大は#20岩淵(2年・PG)のフリースローで残り6分で同点にし、果敢にシュートを打っていくが日体大の守りの前にタフショットも多く、逆転には至らないままゲームは終盤へ。点数は1点差、2点差と僅差で推移するものの逆転の一手が決まらない東洋大に対し、日体大はフリースローを確実に決めてリードを守りきり80-76で日体大が逆転してからは終始リードして勝利を決めた。

 東洋大は2Qで失速するものの、再度追い上げて4Qはずっと数点差の追う展開。執念深さは見せたがあと1本が決まらなかった。日体大は出遅れはしたものの、競り合う場面も焦った様子は見せず、全員バスケで手堅く1勝を守った。

写真上:ゴール下で得点する日体大・万。赤土がいない中、高さで優位を示した。
写真下:東洋大のポイントゲッターのひとりとして最後の最後まで粘った山口。昨年は怪我に泣いたが今年は好調だ。

※日本体育大・長谷川選手、東洋大・島崎選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:39  |  2015リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑

2015.09.26 (Sat)

【2015リーグ】9/26結果

■関東大学1部リーグ
9月26日(土)
◇国士舘大学多摩キャンパス

白鴎大学51(12-20,7-19,16-14,16-13)66青山学院大学
筑波大学67(16-18,14-12,21-21,16-15)66法政大学
専修大学90(19-17,21-8,28-24,22-19)68国士舘大学
◇東海大学(湘南キャンパス)
拓殖大学85(23-25,22-9,22-13,18-23)70慶應義塾大学
東海大学79(23-13,19-21,15-13,22-17)64明治大学

拓殖大学   7勝0敗
東海大学   6勝1敗
専修大学   5勝2敗
筑波大学   5勝2敗
明治大学   3勝4敗
法政大学   3勝4敗
青山学院大学 3勝4敗
慶應義塾大学 2勝4敗 ※
白鴎大学   0勝6敗 ※
国士舘大学  0勝7敗

※慶應義塾大学vs白鴎大学の試合は9/30実施予定

--------------------------------

■関東大学2部リーグ
9月26日(土)日本体育大学世田谷キャンパス

立教大学77(19-19,13-15,20-17,25-19)70江戸川大学
日本体育大学80(14-25,27-6,16-20,23-25)76東洋大学
早稲田大学74(14-8,22-17,19-8,19-19)52神奈川大学
日本大学81(18-12,24-10,18-14,21-19)55中央大学
大東文化大学105(28-19,24-13,23-16,30-10)58関東学院大学

早稲田大学  6勝1敗
日本大学   6勝1敗
日本体育大学 6勝1敗
大東文化大学 5勝2敗
立教大学   4勝3敗
中央大学   3勝4敗
東洋大学   3勝4敗
神奈川大学  1勝6敗
江戸川大学  1勝6敗
関東学院大学 0勝7敗

--------------------------------

■関東大学3部リーグ1次ステージ
9月26日(土)
◇駒澤大学玉川キャンパス

山梨学院大学103(32-15,32-19,14-15,25-14)63関東学園大学
東京成徳大学77(12-18,14-12,20-16,23-23,8-16*)85明治学院大学 *OT
駒澤大学74(20-2,19-21,16-13,19-17)53順天堂大学
◇東京経済大学(武蔵村山キャンパス)
東京経済大学73(21-17,15-11,15-13,22-12)53東京農業大学
埼玉工業大学69(12-24,22-0,12-43,23-12)55玉川大学
学習院大学88(19-11,28-15,19-17,22-19)62西武文理大学

駒澤大学   8勝0敗
順天堂大学  6勝2敗
埼玉工業大学 5勝3敗
玉川大学   5勝3敗
東京経済大学 5勝3敗
山梨学院大学 5勝3敗
東京成徳大学 4勝4敗
学習院大学  4勝4敗
西部文理大学 2勝6敗
東京農業大学 2勝6敗
明治学院大学 1勝7敗
関東学園大学 0勝8敗

4部以下は関東大学バスケットボール連盟のサイトでご確認ください。


 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2015関東リーグ予定・結果  |  Top↑
 | BLOGTOP |