2015年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2015.04.29 (Wed)

第50回 日本体育大学 vs 筑波大学バスケットボール定期戦レポート

筑波大が王者らしい貫禄の勝利
日体大は終盤に気を吐くも届かず


150426BABA.jpg 大学バスケのシーズン開幕の風物詩である、日本体育大学筑波大による日筑定期戦。日体大を会場に設定した今年は、節目となる50回目。両校の名だたるOB、OGを迎え、普段とは趣の異なる特別な空気感の中での試合となった。

 Bチーム戦や女子戦に続いて最後に実施されるのが男子戦。昨年念願の学生最高のタイトルを手にした筑波大相手に、2部に留まっている日体大がどこまでの戦いを見せるかに注目が集まった。

 立ち上がりは、実力で勝る筑波大にファウルやターンオーバーが頻発し、拮抗したゲームだった。しかし、#16小松(4年・SG)の3Pを皮切りに筑波大にリズムが生まれ、#6馬場(2年・SF)がフィニッシュ役となって本来の速くて多彩なオフェンスが展開される。日体大は単発なオフェンスが続き、早々に追いかける苦しい展開となってしまった。この状況で、更に日体大をアクシデントが襲う。ブロックに行った#35佐々木(4年・SF)が転倒して昏倒。脳震盪のため動かす措置は取らず、一旦試合は中断となった。

 約30分ののち、試合は1Q残り5分14秒から再開。このアクシデントを逆にバネにしたい日体大だが筑波大の集中は続き、点差は広がる。インサイド固めに重きを置いたゾーンで筑波大のオフェンスの足を止めるが、打たされた形での外のシュートがなかなか落ちない。日体大は#88万(4年・C)が早い段階で2ファウルとなり、インサイドでの起点が作れない。イージーシュートもこぼしてしまう場面が続き、前半だけで20点差をつけられた。

150426SEKIDO.jpg 後半、日体大はどうにか追い上げたいが、前半に鳴りを潜めていた#17杉浦(2年・PF)のミドルが続いてきっかけを作れない。筑波大は、#6馬場が代名詞の豪快なスラムダンクを沈めて勢いに乗り、点差に余裕も出て繰り出されたベンチメンバーも良い働きを見せ、早い段階で勝利を確実なものとした。日体大は、終盤に出番を得た#39松田(4年・SG)の意地の3Pが2本決まるが、差が大きく試合を動かすまではいかず。最終的には82−59とし、筑波大が貫禄の勝利で記念の定期戦を飾ることに成功した。

 勝負を分けたのは1Q終盤から2Qにかけてだろう。日体大がゾーンを敷いたこの場面、筑波大はオフェンスが重たくなったが、その中でも放つシュート率は高かった。内容面は決して良いものとは言えず、主将の小松は反省をのぞかせていたが、それでも勝ちきれる強さが今の筑波大には備わっている。この日見つかった課題を修正していけば、トーナメント優勝の可能性はグッと近づくはずだ。

 日体大は、ゾーンを敷いた布陣とした状況で、相手のシュート率の良さはもちろん、自らのシュート率が悪化し、ずるずると差を離されていった。それでもゾーンが筑波大のインサイドを封じることには一定の成果があった。トーナメントでは、序盤でいきなり青学大とぶつかるが、インサイドでの戦いには日体大に優位性がある。策がはまれば、勝機は見えそうだ。

150426NITTSUKU.jpg

写真上:序盤から高い集中力で得点を量産した筑波大・馬場。17分余りの出場で15得点は、さすがの一言。
写真中:筑波大に実力差を見せつけられた日体大だが、赤土の奮戦が光った。3年目の今季は、主軸としてより一層の活躍が求められる。
写真下:恒例の両校混じっての記念撮影。来年以降も、大学バスケシーズンのプロローグを告げるに相応しい伝統の定期戦として、その役割は続いていくだろう。

※筑波大・小松選手、日本体育大・松田選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:54  |  その他の試合  |  Top↑

2015.04.22 (Wed)

【その他の試合】第31回京王電鉄杯結果

150422takusyoku.jpg

優勝  拓殖大学
準優勝 青山学院大学
3位  明治大学
4位  早稲田大学
5位  日本大学
6位  法政大学
7位  専修大学
8位  中央大学
9位  慶應義塾大学
10位  東京大学

MVP 岡本飛竜(拓殖大・4年・G)

拓殖大が前半のビハインドをはねのけ優勝

150422okamoto.jpg 2週間に渡って分散開催された第31回の京王電鉄杯。春の前哨戦とも言える戦いだが、新入生を交えての練習期間はまだわずか。昨シーズンが終了してから久しぶりの試合だったというチームもあり、コミュニケーションやチームケミストリーはまだまだこれからといった段階でもある。そうした状態ではあるが、決勝では締まった試合が見られ、拓殖大学が逆転で青山学院大学を下し、2012年以来の優勝を収めた。

 前半は青山学院大学のシュートが好調で1−3−1のディフェンスも機能し、拓殖大は思うように攻められず20点を追う展開。しかし後半に「スイッチアップでタフショットを打たせようとした」(拓殖大・岡本)と、切り替えがうまくいき、青山学院大学を60点台に抑えて勝利。試合を振り返った主将の#0岡本(4年・G)は、「かなり荒削りで20点が開いてしまって、そこがダメなところなんですが、それでも勝ち切れたのは良かった」と、内容に問題はあるが勝ったことを評価。前半の重苦しい展開の中でも「しっかり声をかけて、皆も立ち直ってくれた」と、チームメイトをねぎらった。この京王電鉄杯では普段出られない控えも使いながら、フリーランスで前から仕掛けるスタイルを意識していたと言う。激しいプレッシャーから速い展開を見せてまさに拓殖、といったスタイルを見せた一方、やや大人しい展開の試合もあった。「まだ相手に合わせてしまうのが自分たちのダメなところ。トーナメントでそれをやると食われてしまうので、気をつけないといけない」と、間近に迫った大会に向けて気を引き締める。今年の拓殖大は昨年とほぼメンバーも変わらない。「やんちゃで個性豊か。そういったメンバーを生かしてあげたい」と岡本。メンバーの個性を発揮できるようにするのがリーダーとしての目標だ。今回の反省を踏まえてセットプレーなどもまだまだ考えたいという。春の最初の大会でどのような戦いを見せるか、今大会で得た好材料を結果につなげたい。

写真:果敢にゴール下へと攻めこむ拓殖大・岡本。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  16:49  |  その他の試合  |  Top↑

2015.04.19 (Sun)

【告知】京王電鉄杯最終日組み合わせ

■4月19日(日)順位決定戦
【メインコート】
10:30 東京大学 vs 慶應義塾大学
12:00 中央大学 vs 専修大学
13:30 法政大学 vs 日本大学
15:00 早稲田大学 vs 明治大学
16:30 拓殖大学 vs 青山学院大学


EDIT  |  00:12  |  NEWS・告知  |  Top↑

2015.04.10 (Fri)

【告知】第31回 京王電鉄杯組み合わせ

■4月12日(日)
【Aコート】
10:30 明治大学 vs 日本大学
12:00 青山学院大学 vs 慶應義塾大学
13:30 専修大学 vs 明治大学
15:00 日本大学 vs 青山学院大学
16:30 慶應義塾大学 vs 専修大学

【Bコート】
10:30 拓殖大学 vs 東京大学
12:00 早稲田大学 vs 法政大学
13:30 中央大学 vs 拓殖大学
15:00 東京大学 vs 早稲田大学
16:30 法政大学 vs 中央大学


■4月18日(土)
【Aコート】
10:30 専修大学 vs 日本大学
12:00 慶應義塾大学 vs 明治大学
13:30 青山学院大学 vs 専修大学
15:00 日本大学 vs 慶應義塾大学
16:30 明治大学 vs 青山学院大学

【Bコート】
10:30 中央大学 vs 東京大学
12:00 法政大学 vs 拓殖大学
13:30 早稲田大学 vs 中央大学
15:00 東京大学 vs 法政大学
16:30 拓殖大学 vs 早稲田大学


■4月19日(日)順位決定戦
【メインコート】
10:30 B5位 vs A5位
12:00 B4位 vs A4位
13:30 B3位 vs A3位
15:00 B2位 vs A2位
16:30 B1位 vs A1位

会場:トヨタ府中スポーツセンター(土足禁止)
入場:無料

・JR中央線「西国分寺」駅より徒歩15分
・京王線「府中」駅より第七小学校循環バス約10分「JAマインズ北山支店前」下車徒歩5分
・ちゅうばす北山町循環「療育センター前」または「武蔵台文化センター西」下車目の前


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  15:20  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |