FC2ブログ
2014年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


サイトを移行しました。現サイトはアーカイブとして継続してご覧いただけます。
http://bojweb.com

2014.11.29 (Sat)

【2014インカレ】11/29 準決勝 東海大VS拓殖大

ディフェンスからの流れを作った東海大が
アウトサイドに当たりのきた拓殖大を押さえる


141129bendorame.jpg 準決勝第2試合、3連覇まであと2つの東海大は、拓殖大と対戦。1Qからアウトサイドの当たった拓殖大がリードする入りとなった。

 探りあう序盤からまず流れを掴んだのは拓殖大。最初は外を何本か落としたが、#23バンバ(2年・C)、#14大垣(4年・SF)のミドルで抜け出すと、さらにこのふたりが3Pを続けて沈める。東海大は中では攻めあぐねるが、#10バランスキー(4年・PF)、#0ベンドラメ(3年・PG)のシュートで追いついた。しかし最後は拓殖大#39成田(2年・SG)の速攻がゴールティンディングになり、15-16の拓殖大1点リードで1Q終了。

 2Qの立ち上がりは#35伊藤(2年・PG)、#13中山(2年・SG)のスティールで東海大は機動力を活かした展開に。拓殖大はターンオーバーが続いて得点が止まってしまった。東海大は#7晴山(4年・SF)、#35伊藤の3Pもあって一時9点のリードとなるが、拓殖大は#29岩田(3年・PF)がシュートをねじ込み、またも#14大垣、#33バンバの3Pで追いついていく。東海大がファウルなどで苦しむ間に拓殖大は残り1分半で逆転に成功。東海大は#35伊藤に続き、最後は#0ベンドラメが3Pを決めて再度逆転し、36-32と4点リードで前半を終了した。

 3Q、東海大がここで一気に引き離しにかかった。#45頓宮(3年・C)のシュート、#10バランスキーがリバウンドで粘って最後にゴールを決めると、#33鈴木(2年・SG)のバスケットカウント、#45頓宮のゴール下、さらには#13中山のオフェンスリバウンドからのシュートで3分間に10得点。拓殖大はこの間#99赤石(3年・PF)がフリースローを決めるのがやっととなってしまう。14点もの差が一気についてしまったが、#14大垣の3Pはまだ落ちず、#13阿部(1年・SG・市立船橋)が走って得点し、3P、最後にはバスケットカウントも決めて点差は開いたものの、気持ちは切らさず55-45で3Q終了。

141129abe.jpg 4Q、#1小島(3年・PG)の3Pで幕を明け、その後10点ほどのリードを保っていく東海大。拓殖大が追い上げそうになれば#0ベンドラメ、#10バランスキーが決め返して拓殖大の勢いを削いでいく。しかしこの日は拓殖大も切れずに、このQも#14大垣が2本の3Pを決めると、残り1:43に#13阿部の速攻が再び東海大のティンディング判定となり6点差に。東海大は1分を切って#8藤永(4年・PG)のアシストから#13中山が決めて8点差にするが、粘る拓殖大は最後に#99赤石、#0岡本のドライブが出ると、フリースローで逃げる東海大に対し、最後は#14大垣のこの日6本目の3Pが決まるも、72-68でタイムアップ。東海大が決勝に駒を進めた。

 点差ほどの競り合いがあった試合とは言えない内容だった。東海大のディフェンスは固く、拓殖大はバンバも通常よりはかなり押さえられた。大垣の3Pが6本と当たりを見せたが、池内監督「ガードの得点が足りていない」と、今年ずっと言い続けた課題を乗り越えられなかった点を第一の敗因に挙げた。

 高さのない東海大はチーム事情的に3ガードの布陣による機動力が重要になるが、この試合でもそれが機能した。「平面のバスケ、それを徹底してやるしかない」陸川監督。3連覇に関しては監督も選手たちも「意識はしていない」と言う。3連覇、そして初の3冠を意識せずに決勝に臨む。

写真上:終始抜け目のなさを見せる東海大・ベンドラメ。
写真下:拓殖大・阿部は懸命に走って追い上げに貢献。

※東海大・頓宮選手、拓殖大・岡本選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2014インカレ  |  Top↑

2014.11.29 (Sat)

【2014インカレ】11/29 準決勝 筑波大VS大東文化大

大東大のゾーンに苦しめられながらも
筑波大が決勝進出を果たす


141129SUGIURA.jpg 第3シード筑波大と、勢いに乗って勝ち進む大東文化大。今季の戦績を考えると筑波大優勢と見られた準決勝の戦いは、そうした予想を裏切る逆転に次ぐ逆転の好勝負となった。

 試合序盤は筑波大が実力を発揮。#21笹山(4年・PG)の得点で幸先よく先制、#17杉浦(1年・PF・福大大濠)も内外で得点を重ねていく。大東大はそれとは対照的。筑波大ディフェンスを前に良い攻めの形がなかなか作れず、開始5分で13−4とされた。大東大はこの時間帯から、高い位置での2−2−1のゾーンプレスに切り替え。吉田監督が「ボール運びもさることながら、破った後のオフェンスで足が止まってしまった」という筑波大はここからシュート確率が極端に落ちる。逆に大東大は徐々に#99山崎(3年・F)が奮起、積極的に狙ったシュートが次々とネットを通過。1Q終了間際には連続3Pで二桁開いた点差を逆転してみせた。筑波大は最後のプレーで#21笹山の長距離のシュートが決まったかに見えたが、これはブザー後の判定。19−15の大東大リードで最初の10分が終わった。

141129YAMAZAKI.jpg 2Qも#99山崎のシュートは落ちない。前からのゾーンは続けて筑波大の停滞が続く間に、外のシュートを決め続ける。一方の筑波大は、大東大が#28兒玉(4年・PG)を下げた隙を狙って相手のターンオーバーを誘発。僅かな時間で#17杉浦や#2満田(2年・F)が稼ぎ、ほぼイーブンスコアに戻した。大東大はコートに戻った#28兒玉が悪い流れを断ち切るミドルシュートを決めるが、外に当たりが来なくなる。筑波大は追いついた流れのままに#17杉浦の3Pで再逆転。優位に立ったかに見えた。しかし、大東大は最後のオフェンスで#99山崎が渾身の3Pをブザービーターとし、個人では何と前半で23得点目。35−34と、分からない得点でハーフタイムとなった。

 筑波大は、後半から#99山崎へボールが入らないようディフェンスを強化。山崎が打てなくなり、#20毕(1年・C・中部第一)が3ファウル目となった大東大は得点が伸びなくなった一方、筑波大は#21笹山のフローター、#17杉浦のインサイドで得点を重ねる。そうして筑波大がじわじわ離す様相を見せ始めるも、大東大は#56山岸(1年・C・実践学園)のバスケットカウント、#1高橋(4年・SG)の3Pで粘る。毕が下がったインサイドで#8木林(2年・PF)も確実に得点するが、#7渡部(3年・F)の3Pを許して一気に離せないもどかしい展開が続く。筑波大はリード6点として、このQを終えた。

141129yamagisi.jpg 4Q序盤、筑波大は#92村越がバスケットカウント。ワンスローを決めて9点差とする。だが、この日の大東大は粘りの姿勢を継続。#56山岸がペイント内で得点し、#28兒玉もフリースローを揃える。筑波大は、序盤から大東大が継続するプレスを攻略しきれず、連続性のあるオフェンスが出せずにまたも相手に迫られる。イージーミスが続いて無得点が続き、#56山岸のシュートを許して逆転されてしまう。大東大はその後も好調さを維持し、#28兒玉の3点プレーも飛び出して残り4分で5点をリード。いよいよ勝利が見えた。しかし、筑波大は冷静だった。#8木林のポストを使って手薄な相手インサイドで効果的にフリースローを稼ぐ。大東大はファウルトラブルで温存していた#20毕が5回目を宣告され退場。オフェンスも相手の集中したディフェンスに手を焼き、決定打となる一本を決められない。筑波大は1点を追う場面でことごとくリバウンドを制し続け、#8木林のレイアップで再びの逆転に成功。大東大は最後に#28兒玉に託すが、ジャンプシュートは#17杉浦のブロックに阻まれ、「最後は自分で決めに行こうと。周りもそれを理解してくれていて、絶対に自分が沈めるという意識しかなかった」というドライブも入りきらず、ほんの僅かの差に泣いた。67−65とした筑波大が、手に汗握る戦いを制し、決勝進出を決めた。

 最後まで分からない激闘のポイントとなったのは大東大の高い位置からのゾーンプレスだった。大東大はこれで相手の序盤の勢いを殺すことに成功。これを終盤まで続けて、勝利まであと僅かまでこぎつけた。それを許さなかったのは、筑波大の勝負どころでのディフェンスの良さと、インサイドで確実に得点を稼いだ冷静さだった。今年は強力なメンバーが揃い、結果を出したい年だが、最後にビッグタイトル獲得のチャンスが巡ってきた。吉田監督「ここまで来たら気持ちが大事。決勝も『勝ちたい』という気持ちを出せるか、対戦相手を上回るかにかかると思う。その気持ちを落とさないようにしたい」と、精神的な面を決勝のポイントに挙げた。61年ぶりの大学日本一なるか。

 1部校を次々と沈めてここまで駒を進めた大東大。この試合でも勝利が見えた時間帯があったが「5点リードして、『次へ、次へ』という気持ちが強くなり過ぎた」と、兒玉はコントロールしきれなかったことを逆転負けの敗因に挙げた。若いチームの粗さが、インカレ準決勝という舞台で露呈してしまった。しかし、青学大、慶應大を相次いで破ってベスト4入りを果たしたことは誇っていい。3位決定戦に進むが、これまでの勢いを切らさぬ戦いぶりに期待したい。

写真上:要所で得点していった筑波大・杉浦。チームの決勝進出に大きく貢献した。
写真中:前半に驚異的な確率でアウトサイドを沈めていった大東大・山崎。筑波大・吉田監督は「まさかあれほど入るとは」と驚きを隠さず、チームメイトの兒玉は「本当に助かった」と感謝の念を示した。
写真下:毕のファウルトラブルに伴っての出場となったが、その穴を補って余りある働きを示した大東大・山岸。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2014インカレ  |  Top↑

2014.11.29 (Sat)

【2014インカレ】11/29 順位決定戦レポート

明治大、国士舘大が勝ち抜き5位決定戦へ
慶應大、近畿大は7位決定戦にまわる


 エスフォルタアリーナ八王子で行われた順位決定戦は、互いに最終的に競り合う形となって、明治大と国士舘大が勝ち上がった。関東リーグ戦のプレーオフと同じカードで同じ順位、5位をかけて争うことになった。近畿大は終盤に失速、慶應大も怪我人が多発してリードを守りきれず終わった。


【終盤の逆転劇で明治大が白星をもぎ取る】
141129NAKAHIGASHI.jpg 準々決勝に敗れ、順位決定戦に進んだ明治大近畿大。2年前のインカレでは3位決定戦で対戦した両者が、この段階で対戦することとなった。

 序盤から主導権は近畿大が握った。2年前と比較するとチーム全体のバランスが改善されたとはいえ、#22ソウ(3年・C)のインサイドでの得点が効いてリードを拡大。加えて#16橋本(4年・PG)もリバウンドや速攻を得点につなげる役割を果たす。明治大は、早い段階で#51皆川が2ファウルとなってしまって、#22ソウのディフェンスに手を焼いた。オフェンスのテンポアップもなかなか図れずに、1Qで9点ビハインドを背負った。だが2Qになると明治大にも良さが出始める。#50伊澤(3年・PF)のバスケットカウント、#55吉本のレイアップでじわじわと追い上げ。近畿大の外のシュートが落ち始めるのを尻目に、内外様々な形で得点を伸ばし、ビハインドを4点にして前半終了となった。

 このまま呑まれたくない近畿大は、3Q立ち上がりに#22ソウのゴール下、#16橋本の3Pでリード拡大に成功。対する明治大も、#50伊澤のミドルシュートで息を吹き返し、得ていったフリースローをきっちり決めていく。このままこの10分間は明治大が詰めれば、近畿大が離すという展開が続いた。互いにきっかけとなる得点やプレーが出せないまま迎えた4Q、明治大は序盤に#55吉本の3Pで同点に追いついた。近畿大は明治大ディフェンスを前に苦しいシュートが多くなり、リズムが掴めない。#50伊澤の得点が続いて明治大リードとなり、#55吉本も3Pでこれに続いた。明治大の余裕を持った試合運びに、近畿大はうまく対応できずにフラストレーションを溜める表情。明治大は、最後は二桁点差に乗せ、78—65で勝利し、5位決定戦行きを決めた。

写真:ソウがディフェンスに寄ってきても、それを楽しむようにかわしてシュートを決めていった明治大・中東。25得点をマークした。

※明治大・吉本選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【慶應大の大量リードを国士舘大が覆す】
141129nagayama.jpg 国士舘大慶應義塾大の順位決定戦は、前半で慶應義塾大が大量のリードを奪ったものの、国士舘大が終盤に鮮やかな逆転劇を見せた。

 1Qは慶應大ペース。国士舘大のオフェンスを次々に止めて、逆にディフェンスの甘い状態だった国士舘大に対し、3Pが面白いように決まった。#10大元(3年・G)が3本、#4伊藤(4年・PG)、#19西戸(2年・SG)もそれぞれ1本決めて1Qは13-27。2Qは慶應大のファウルが続き、得点が止まってしまうが、一方の国士舘大もオフェンスのリズムが作れず、互いにターンオーバーが続く。最後まで互いに乗りきれずにこのQは5-9とロースコアに終わった。

 3Q、慶應大は#6権田(4年・CF)のシュート、#4伊藤の3Pもあって一時20点近いリードを得た。しかし国士舘大は#22原(3年・SF)がここから奮起。3Pを次々に沈めて差を詰めていく。慶應大は#10大元が足を痛めてベンチへ下がるが、#22トカチョフ(1年・SF・國學院久我山)、#19西戸らの得点でなんとかつないで33-49でリードを保って終了。

 4Q、国士舘大は激しいディフェンスを仕掛ける。プレスで慶應大の足を止めると途中ベンチに下がっていた#6伊集(4年・G)が3P、スティールなど次々にシュートを決めて、#5永山(4年・SG)も3Pを決めていく。残り3分、#5永山の連続3P、#22原のフリースローで遂に国士舘大が同点に追いつく。慶應大はゴール下では国士舘大の高さを突破できず、外も簡単に打たせてもらえなくなる。国士舘大は#23寺田(3年・PF)のタップで逆転すると、再度#23寺田のミドルがネットに吸い込まれリードを広げる。慶應大はタフショットを決められず、最後に#6権田がゴール下を押し込むも62-60と2点差で軍配は国士舘大に上がった。

 慶應大は終盤プレス突破に苦心し、タフショットとなってシュートの精度を欠いた。黒木、福元が怪我で欠場し、大元も途中でベンチへ。最終盤をしのぎきるには人材が足りなかった面もあるが、大量リードを守りきれなかったのは痛いところ。国士舘大は勝ったものの出だしの悪さが響いた。主力が数人抜けている慶應大に対してこの内容では、と原も反省の弁。順位決定戦というメンタル面で難しいステージだが、残り1試合、それぞれに全力を出してもらいたい。

写真:終盤、追い上げの3Pを決めた永山。確率の高さでいえば、原や伊集をしのぐ精度がある。

※国士舘大・原選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2014インカレ  |  Top↑

2014.11.29 (Sat)

【2014インカレ】11/29結果

11月29日(土)
◆国立代々木競技場第二体育館(準決勝)

筑波大学67(15-19,20-15,19-14,13-17)65大東文化大学
東海大学72(15-16,21-16,19-13,17-23)68拓殖大学

◆エスフォルタアリーナ八王子(順位決定戦)
近畿大学65(27-16,14-21,13-13,11-28)78明治大学
国士舘大学62(13-27,5-9,15-13,29-11)60慶應義塾大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:39  |  2014インカレ  |  Top↑

2014.11.29 (Sat)

【2014インカレ】11/30 試合予定

11月30日(日)
国立代々木競技場第二体育館

11:30 近畿大学 vs 慶應義塾大学(7位決定戦)
13:20 明治大学 vs 国士舘大学(5位決定戦)
15:10 拓殖大学 vs 大東文化大学(3位決定戦)
17:00 東海大学 vs 筑波大学(決勝)

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:31  |  2014インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |