FC2ブログ
2014年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


サイトを移行しました。現サイトはアーカイブとして継続してご覧いただけます。
http://bojweb.com

2014.11.28 (Fri)

【2014インカレ】11/28 準々決勝 東海大VS近畿大

東海大はインサイドで攻めあぐねるが抜け出す

141128itotatuya.jpg #23ソウ(3年・C)を中心にまとまりを見せる近畿大は、ディフェンディングチャンピオン東海大に対して終始激しく戦いを挑んだ。

 インサイドでは#45頓宮(3年・C)が#23ソウをかわし得点する場面もあったが、全体的にアウトサイドを打つ形が多くなる東海大。これが決まってこずに重い立ち上がりになるが、#13中山(2年・SG)がブロック、オフェンスリバウンドで貢献する。一方の近畿大も#23ソウはペイント内では強みを発揮できず、アウトサイドシュートが多くなる。#6保花(4年・SG)、#16橋本(4年・PG)、#33藤田(3年・PF)らポイントゲッターが攻め、最後には#24戸梶(3年・PG)の3Pで15-13と2点差に肉薄して1Q終了。

 2Q、近畿大は#5山本(3年・PF)のミドルシュートが2本決まる。東海大は#3大矢(2年・PF)のフローター、#8藤永(4年・PG)の3Pで対抗する。東海大は開始4分でスタメンをほぼコートに戻すと、#0ベンドラメ(3年・PG)が2本の3Pを沈め、#33鈴木(2年・SG)の3Pが入って一気に10点以上のリードを奪った。近畿大はシュートが落ちてターンオーバーが多くなり、前半は37-28で終了。

 3Qの立ち上がり、近畿大は#22ソウにボールが入って2連続得点。しかしオフェンスリバウンドに何度も絡むも、東海大との競り合いが激しく、また#16橋本が速攻に走るが阻まれてターンオーバーになってしまう。逆に#10バランスキー(4年・PF)の速攻、#35伊藤(2年・PG)のボールカット、アシストなどで東海大がさらにリードを広げると、3Qは53-36とリードを広げ、攻め続ける近畿大に対して手を緩めず、68-55としてベスト4へと駒を進めた。

141128hasimoto.jpg ゴール下でのプレーはやや苦戦したが、ガード陣の機動力は東海大の貴重な武器。固いディフェンスも「(初戦の)大阪学院大に気づかせてもらった」(陸川監督)と、2戦目からは気を引き締め直した様子が見える。ただしターンオーバーの多さには修正をはかりたいとしている。バランスキー「外のシュートが多くなってしまったけれど、試合全体を見ればファウルをたくさんもらってフリースローをもらえたのは良かった」と、流れを持ってこられた面を評価。近畿大は関西1位のプライドをもって挑んだが、2Q以降についていくことができなかった。

写真上:ベンチスタートで確実に仕事をこなす東海大・伊藤。
写真下:近畿大・橋本は最後までアグレッシブに攻め続けた。

※近畿大・保花選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2014インカレ  |  Top↑

2014.11.28 (Fri)

【インカレ2014】11/28 準々決勝 筑波大VS国士舘大

筑波大が国士舘大に点を取らせずシャットアウト

141128baba.jpg 筑波大国士舘大の対戦は、筑波大が得点源をしっかり押さえて国士舘大の展開にはさせなかった。

 国士舘大は立ち上がりに#22原(3年・SF)がミドル、3Pと連続で決める。しかし#66馬(2年・C)が立て続けに2ファウルとなってしまう。筑波大は#8木林(2年・PF)のインサイド、#6馬場(1年・SF・富山第一)の速攻で流れを作ると、#14坂東(4年・SG)が3連続の3Pを決めてみせた。国士舘大は#22原の3P、バスケットカウントで対抗し、#5永山(4年・SG)、#6伊集(4年・PG)の3Pなど、得意のアウトサイド攻勢が決まるが、#9新田(4年・CF)も2ファウルとなってしまい、1Qは22-19と筑波大3点リード。

 2Q立ち上がり、#92村越(3年・PF)が2ゴールするが、2ファウルも続けて犯してしまう。ここからややファウルが続く筑波大だが、国士舘大はなかなか外のシュートが決まらなくなる。それでも#66馬のフリースローに続き#68藤井(2年・G)の3P、#22原の得点で持ち直すと、#23寺田(3年・PF)のシュートで9点差を同点にまで戻した。筑波大は合わせのミスなどもあるが、#14坂東の3Pもあって39-36と1Q同様3点リードで前半を終了。

 3Qが勝負の肝になった。筑波大が立ち上がりからシュートを沈めたのに対し、国士舘大はいい形で打たせてもらえず3Pが入らない。ターンオーバーも連続し、開始3分で再び大きく差を開かれた。#14坂東がルーズボール、3Pでチームを盛り上げると、前半は不調だった#17杉浦(1年・PF・福大大濠)が得点に絡み出す。そこに#6馬場の走るプレーが加わって20点近いリードを奪うことに成功した。#6馬場、#8木林が終盤に4ファウルになってしまうが、大きなリードで余裕は失わず、4Qもそのリードを保つ。国士舘大はファウルトラブルが厳しくなり、攻撃もアウトサイド一辺倒に。しかし#6馬場に激しくチェックされる#22原は当たらず、代わりに#6伊集が4本の3Pを決めていくものの、引き離されて94-67で試合終了。筑波大が昨年越えとなるベスト4の壁を突破した。

141128IJYU.jpg 得点の押さえどころを押さえての筑波大の勝利。最初は原にやられたが、吉田監督はマークする馬場には「最初はディフェンスが甘かったので、もっと激しくいけ」と指示した。馬場がそれによく応えたのは、後半の原がほぼ外を入れられなかったことからも分かる。昨年は明治大に前半大量リードを得ながら、大逆転でベスト4へ進めなかった。それを振り返るモチベーションビデオを学生が作成し、チーム一丸となれたと言う。インカレベスト4は吉田監督にも未知の世界。どのような戦いになるか。

 国士舘大は後半はあまりいい形で打てなかった。インサイド陣もファウルトラブルで思うようにリバウンドに絡めなかったのは厳しいところ。強みを生かすことができなかった。

写真上:攻守で活躍を見せた筑波大・馬場。
写真下:終盤、国士舘大は伊集が何本も3Pを決めていった。

※筑波大・坂東選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2014インカレ  |  Top↑

2014.11.28 (Fri)

【2014インカレ】11/28 準々決勝 慶應義塾大VS大東文化大

ノーシード同士の激闘を制した大東文化大が準決勝へ

141128KODAMAITO.jpg シード校を破って準々決勝へ駒を進めた慶應義塾大大東文化大。慶應大は4年ぶり、大東大は7年ぶりとなるベスト4を目指し、両者白熱の攻防を演じた。

 まず先にペースを掴んだのは慶應大だった。#10大元(3年・G)のタップで先制すると、#4伊藤(4年・PG)も奮起。内外で難しいシュートを決める。大東大は、リバウンド面での優位性を示せず、シュートがアウトサイド中心となって点が伸びない。しかし、最後は#4伊藤のブザービーターが決まった慶應大の1Qのリードは6点止まり。リズムが良い中でもターンオーバーも目立ち、完璧な内容とはならなかった。2Qも、ミスが出ながらも慶應大が試合を優位に運ぶ。ベンチスタートの#19西戸(2年・G)が2連続得点で仕事人ぶりを披露し、同じく交代出場となった#22トカチョフ(1年・CF・國學院久我山)の豪快なリバウンドシュートが決まった。苦しい大東大はこの局面で、#99山崎(3年・F)が単発ながらも外寄りのミドルシュートを次々と決めて、チームを救う。慶應大は、#10大元の4点プレーが飛び出すが、その前後にバイオレーションを犯してしまい、5点リードと若干詰め寄られて前半を終えた。

 迎えた3Qは、互いに難しい内容となった。マークは厳しくなり、ボールへのプレッシャーも増してファウルが頻発。早い段階で両者ともチームファウルが5つとなり、フリースローを決め合う展開となった。大東大はこの状況下で#99山崎と#28兒玉(4年・PG)が積極性を示して一時同点に追いついたが、慶應大も終盤に#10大元の速攻、#4伊藤のバスケットカウントが炸裂。スコア上はほぼ相殺し合う10分間となったが、慶應大が流れを掴んだかに思われた。だが、大東大はしぶとい。#99山崎が4Q開始すぐに連続得点。総じて好調だった慶應大のオフェンスが、この時間帯で停滞する。大東大にも決めきれない場面はあったが、#28兒玉も連続得点、#99山崎の3Pで残り5分40秒で遂に逆転。慶應大はすかさず#13福元(3年・G)のドライブ、速攻を#10大元が決めて再逆転するが、大東大も#99山崎、#28兒玉の両輪でまたも逆転。予断を許さない攻防が続く。残り2分40秒、大東大は#99山崎の3Pでこの試合6度目の逆転。ここで決め返されずに#7渡部(3年・F)がフリースローを2本揃える。大東大がファウルを修正したのに対し、慶應大は不運な形もあったがファウル数を抑えられずに次々とフリースローを献上。じわじわと点差を離される展開となってしまった。やむなく最後はファウルゲーム気味に仕掛けて勝利への可能性を残し続けるが、大東大はタイムアウトを上手く使ってかわし、ゲームセット。70—65で大東大が勝利し、準決勝進出となった。

141128BI.jpg 両者ともにミスを犯し、それを相殺し合うような大味な内容でもあったが、試合の中で修正する力を示した大東大が僅かに上回った。近年稀に見る混戦だった関東2部リーグからの挑戦という立場にいるが、その立場に恥じない戦いぶりを演じてとうとう準決勝にまで到達。筑波大を突破するのは容易ではないが、「トップ4のチームで、今日の相手よりもチャレンジ精神を持ちやすい。しっかり自分たちのバスケットをやりたい」と、西尾コーチは前を向く。果たしてどこまで通用するか。

 慶應大は終盤までリードし続けたが、終盤に失速。4年ぶりのベスト4入りは果たせなかった。それでも現メンバーにとっては翌日からの順位決定戦も新鮮な舞台である。今年はコーチが代わり、スタイルに変化を見せつつある。それを少しでも来年以降の自信に繋げられる内容としたいところだ。

写真上:18得点の慶應大・伊藤と17得点の大東大・兒玉。白熱のマッチアップだった。
写真下:疲労もあるようだが、それでも誰もが絶大な存在だと認める大東文化大・毕。

※大東文化大・山崎選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2014インカレ  |  Top↑

2014.11.28 (Fri)

【2014インカレ】11/28 準々決勝 明治大VS拓殖大

劇的なブザービーターで拓殖大がベスト4へ

141128OGAKI.jpg 準々決勝第一試合、明治大拓殖大によるゲームは、終盤までもつれ、タイムアップまで行方の分からないものとなった。

 前半は、完全に拓殖大の流れだった。序盤こそ外の確率は上がらなかったが、#23バンバ(2年・C)という強力なインサイドを軸に、#99赤石(3年・C)や#14大垣(4年・SF)もコンスタントにシュートを決めていく。立ち後れた明治大は、早くも1Qで二桁の点差を追いかけることに。2Q序盤に#50伊澤(3年・PF)の連続3Pで迫るかと思われたが、この日の拓殖大は相手の反撃の都度、#14大垣がその気勢を削ぐように得点を決め返した。明治大に糸口を見出させず、15点リードでハーフタイムを迎えた。

 明治大は、3Qからゾーンを開始。しかしこれは有効に機能せず、#29岩田(3年・F)、#99赤石といった面々が次々と得点を決めて点差は4分過ぎに21点に。ここから明治大は反発力を発揮した。#22宮本(1年・PF・明成)が得点を重ね、これをきっかけにプレスが面白いように決まり始める。拓殖大はそれまでの好調さがすっかり影をひそめ、イージーミスが増加。10点差で迎えた4Q、明治大は#50伊澤の3P、#22宮本のゴール下、#55吉本(3年・SG)の3Pはバンクで決まり、2点差に。実に8分弱で大量ビハインドをほぼ帳消しにしてみせた。しかし、ここから一気に逆転ができない。#23バンバに3Pを許すと、ここからはどちらかと言うと守り合いながら僅かに拓殖大がリードし続ける。要所で#14大垣が得点する拓殖大に必死に食らいつく明治大は、残り2分28秒で#22宮本のフリースローでようやく逆転。すぐに返されるも、#55吉本の3Pで再びのリードとなる。お互いにシュートミスが出て、決定打が出ない攻防は、37.7秒を残した場面で#23バンバがバスケットカウントを獲得した拓殖大が再度リード。明治大は直後のオフェンスで#12中東(4年・SG)に合わせにいった#22宮本が決めきれず、ファウルゲームに移る。3点を追う最後のオフェンス、ボールを受けた#2齋藤(1年・PG・桐光学園)が値千金の3Pを決めて土壇場で同点となる。拓殖大の池内監督でさえも「延長になると思っていた」勝負だったが、ボールを受けた#14大垣が僅かの間にドライブのコースを見つけた。鋭い動きでアタックし、レイアップがネットを通過した直後にタイムアップ。拓殖大が歓喜を爆発させる劇的な勝利で、見事に準決勝進出を果たした。

 薄氷を踏む内容での勝利となった拓殖大。池内監督はいくつかの課題を口にしつつも、大垣の復調やチームディフェンス面での良さには自信を深めている。チームの調子は上向きだ。このところは勝てていない東海大に一泡吹かせ、勢いを増した状態で決勝進出を果たせるか。

141128SAITO.jpg 拓大に対してはさまざまな準備をしてきたという塚本HC。主力が抜けた夏以降は特にガードをいかに育てるかにも苦心した。「ナイスゲームとは言えないが、4年にはこの悔しさを残りの試合に持っていって欲しいし、3年には来年以降のために頑張って欲しい」と言う。試合前には「完璧は求めない、コミュニケーションをすることを求める」と伝えたと言う。残りの順位決定戦でそうしたチームでの一体感を示せるか。


写真上:決勝点となるブザービーターを決め大垣は渾身のガッツポーズ。この日19得点と奮起し、リーグ戦後半の不調を見事に払拭した。
写真下:明治大・齋藤も良さを発揮。持ち前のクイックネスで追い上げに一役買った。

※拓殖大・大垣選手、明治大・宮本選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2014インカレ  |  Top↑

2014.11.28 (Fri)

【2014インカレ】11/29 試合予定

11月29日(土)
国立代々木競技場第二体育館(準決勝)

16:20 筑波大学 vs 大東文化大学
18:00 東海大学 vs 拓殖大学

エスフォルタアリーナ八王子(順位決定戦)
◇Aコート

12:30 近畿大学 vs 明治大学
◇Bコート
12:30 国士舘大学 vs 慶應義塾大学


 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:59  |  2014インカレ  |  Top↑

2014.11.28 (Fri)

【2014インカレ】11/28結果(準々決勝)

11月28日(金)
◆国立代々木競技場第二体育館(準々決勝)

明治大学75(12-24,17-20,22-17,24-16)77拓殖大学
筑波大学94(22-19,17-17,30-15,25-16)67国士舘大学
慶應義塾大学65(20-14,12-13,19-17,14-26)70大東文化大学
東海大学68(15-13,22-15,16-8,15-19)55近畿大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:30  |  2014インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |