2014年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2014.04.27 (Sun)

【その他の試合】4/27 第49回 日本体育大学 筑波大学定期戦レポート

伝統の日筑戦はホームの筑波大が逆転勝利
速攻で攻め立てた日体大も前半リードで可能性を示す


140427KOMATSU.jpg 今年で49回目の開催となる、日本体育大と筑波大による伝統の日筑戦。日筑(にっつく)の愛称にちなみ29日に行うのが通例とされてきたが、今年は例年と異なる4月27日実施。しかし会場となった筑波大学中央体育館には熱心なファンや、ホームとなった筑波大の学生ら、大勢が駆けつける盛況となった。

 男子ジュニア戦、女子ジュニア戦、女子本戦はいずれも筑波大が勝利。徐々に会場が盛り上がる中でこの日最後に設定された男子本戦も、ホーム開催となった筑波大と、何としても存在感を見せたい日体大による白熱のゲームとなった。

 最初の10分間は一進一退の攻防となった。筑波大が#92村越(3年・PF)のインサイドで稼げば、日体大も2mの長身を生かして#12周(4年・C)が応戦。外回りでも日体大#1本間(4年・G)、筑波大#21笹山(4年・PG)が3Pを決め合う。#2満田(2年・SG)のセカンドショットから筑波大の時間帯となるが、直後に#21笹山が不運なファウルを吹かれてしまい、掴みかけた流れは日体大へ。交代出場の#34加藤(3年・G)の3Pに、#12周と#75赤土(2年・C)の速攻が続いて押し戻し、1Qは1点のリード。日体大は2Qもこの勢いが持続。#34加藤が2本の3Pを決め、執拗なディフェンスからルーズボールに飛び込むなど、チームをもり立てる活躍を見せる。筑波大はインサイドで起点を作れず、ディフェンスでは相手のトランジションに手を焼いて、#16小松(3年・PG)の3Pでなんとか追いすがる苦しい展開となった。#1本間のドライブと3Pが続き、8点差となって筑波大はたまらずにタイムアウト。直後はインサイドで#15石亀(3年・PF)の得点が続き、#14坂東(4年・SG)の外のシュートもあって挽回するが、日体大も黙らず#75赤土がペイント内でスコアを重ね、40−35と日体大リードのまま、勝負は後半に入る。

140427KATO.jpg 3Qも、2Qの立ち上がり同様に日体大ペースだった。#12周のインサイドを強調する一方、#9出羽(4年・F)のジャンプシュートで、無得点の続く筑波大を尻目に、遂に二桁の点差となる。だが、ここで相手の流れを断ち切ったのは#14坂東の3P。#21笹山にもバスケットカウントが飛び出す。日体大は#9出羽がひとり気を吐くが、筑波大はここから、前半にあまり活躍が見られなかったルーキー2名が大きな存在感を示した。#17杉浦(1年・PF・福大大濠)の3P、#6馬場(1年・SF・富山第一)のジャンプシュートが決まり、これに刺激されたかのように#21笹山が再びバスケットカウントを獲得。#92村越(3年・PF)もリバウンドシュートを決めて1点差に詰め寄る。日体大はトラベリングやターンオーバーが頻発して完全に流れにブレーキがかかってしまった。残り1分45秒には#21笹山からの完璧なパスを受けた#6馬場が豪快なアリウープを決めて、筑波大はとうとう逆転に成功。その後も#6馬場と#17杉浦という今期期待のルーキーたちによる両輪の活躍が続き、更には#16小松が終了間際にスクープショットを決めて筑波大6点リードで3Qが終了。最終4Qも、日体大が#9出羽の孤軍奮闘に陥ったのをよそに、筑波大は#17杉浦の外角、#6馬場のインサイドを中心とした攻めが止まらない。また、要所で#16小松がリバウンドに絡み、それを得点に重ね、日体大に付け入る隙を与えなかった。最終盤は、主力を下げた筑波大に対し、日体大も反撃攻勢に出るが、ビハインドを覆すには至らず。結局85−76とした筑波大が、日筑戦の連勝を3に伸ばした。

 筑波大は、前半は後手にまわり、主将の笹山はこの点に反省の表情をのぞかせていたが、後半からは期待のルーキーコンビの杉浦と馬場が存分に力を発揮。また、前半の苦しい時間帯に2本の3Pを決め、終盤の猛攻時にはリバウンド面での頑張りを得点につなげた小松の活躍もあり、力強い内容での逆転勝利となった。約1か月後に控えたトーナメントまでの期間中には代表活動で練習を離れる選手もいるが、控え選手を中心に勝ち取ったこの日の勝利は、大きな自信になったはずだ。

 日体大は、前半こそリードで終えたものの、後半は筑波大の勢いに飲まれて失速。勝利も見える展開だったが、悔しい逆転負けとなった。それでも、前半に発揮したトランジションは、1部の筑波大にも充分に通用することを証明することはできた。「1部復帰」という至上命題の達成のため、まずはトーナメントに向けて継続と修正を図っていく構えだ。

写真上:ベンチスタートながら15得点の小松。ルーキーへの期待が大きい筑波大だが、彼の活躍もこの日の勝利に欠かせなかった。
写真下:これまで決して出場機会に恵まれていなかった加藤は、攻守両面において効いていた。

※筑波大・笹山選手、日本体育大・本間選手のインタビュー、当日の様子や試合の写真は「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  その他の試合  |  Top↑

2014.04.26 (Sat)

【告知】第30回京王電鉄杯組み合わせ

第30回京王電鉄杯

開催日:5月4日(日)〜6日(火・祝)
会場:早稲田大学記念会堂(4・5日)、明治大学和泉キャンパス(6日)
入場料:無料
参加校:
Aブロック…青山学院大、拓殖大、専修大、日本大、慶應義塾大
Bブロック…早稲田大、中央大、明治大、法政大、東京大



■5月4日(日)早稲田大学記念会堂
【Aコート】
10:30 拓殖大学vs慶應義塾大学
12:00 青山学院大学vs日本大学
13:30 専修大学vs拓殖大学
15:00 慶應義塾大学vs青山学院大学
16:30 日本大学vs専修大学

【Bコート】
10:30 中央大学vs東京大学
12:00 早稲田大学vs法政大学
13:30 明治大学vs中央大学
15:00 東京大学vs早稲田大学
16:30 法政大学vs明治大学

-------------------------------

■5月5日(月・祝)早稲田大学記念会堂
【Aコート】
10:30 専修大学vs慶應義塾大学
12:00 日本大学vs拓殖大学
13:30 青山学院大学vs専修大学
15:00 慶應義塾大学vs日本大学
16:30 拓殖大学vs青山学院大学

【Bコート】
10:30 明治大学vs東京大学
12:00 法政大学vs中央大学
13:30 早稲田大学vs明治大学
15:00 東京大学vs法政大学
16:30 中央大学vs早稲田大学

-------------------------------

■5月6日(火・祝)明治大学和泉キャンパス
10:30 B5位 vs A5位
12:00 B4位 vs A4位
13:30 B3位 vs A3位
15:00 B2位 vs A2位
16:30 B1位 vs A1位

※最終日はA、Bブロックの順位による順位決定戦となります。組み合わせは決定次第あらためて掲載します。
※明治大学和泉キャンパスは土足禁止です。


 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:54  |  NEWS・告知  |  Top↑

2014.04.09 (Wed)

【その他の試合】東京六大学リーグ 被災地復興支援募金のご報告

3月21日〜23日まで行われた六大学リーグの募金総額と寄付先が決定しました。
主催スタッフからの報告を、下記に掲載致します。

--------------------------------

第10回東京六大学
被災地復興支援募金のご報告と御礼


六大学チャリティー合計金額は、170,572円となりました。

内訳
記念Tシャツ売上収益 132,000円
パンフレット、募金 38,572円

集まった募金は岩手県、宮城県、福島県、茨城県の各バスケットボール協会に寄付致します。
ご協力いただきました皆様に、心から厚くお礼申し上げます。


 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:23  |  その他の試合  |  Top↑

2014.04.03 (Thu)

「2014 Preseason Match in Hiratuka」開催のお知らせ

3月末にスプリングキャンプを開催した神奈川大で、今度はプレシーズンマッチが開催されます。前回参加していない筑波大や愛知学泉大、近畿大など、今回も関東、地方から注目の大学が参加します。


2014 Preseason Match in Hiratuka
開催場所:神奈川大学 湘南ひらつかキャンパス(SHC)体育館
開催日時:4月12日(土)~13日(日)
見学:自由



■4月12日(土)
【Aコート】
9:30 愛知学泉大学‐大阪産業大学(H)
10:40 神奈川大学‐東海大学(H)
11:50 愛知学泉大学‐東海大学(H)
14:30 愛知学泉大学‐近畿大学(H)
15:40 東海大学‐近畿大学(H)
16:50 東海大学‐筑波大学(H)

【Bコート】
9:30 近畿大学‐筑波大学(H)
10:40 大阪産業大学‐筑波大学(H)
11:50 近畿大学‐神奈川大学(H)
15:40 愛知学泉大学‐筑波大学(H)
16:50 大阪産業大学‐神奈川大学(F)


■4月13日(日)
【Aコート】
9:30 東海大学‐大阪産業大学(H)
10:40 筑波大学‐愛知学泉大学(H)
11:50 筑波大学‐近畿大学(H)
13:00 大阪産業大学‐近畿大学(H)
14:30 東海大学‐筑波大学(F)

【Bコート】
9:30 神奈川大学‐近畿大学(H)
10:40 神奈川大学‐大阪産業大学(H)
11:50 愛知学泉大学‐東海大学(H)
14:30 神奈川大学‐愛知学泉大学(F)


*13日(土)試合時間…60分間/14日(日)試合時間…70分間  
*H…ハーフゲーム (14日はゲーム間休憩5分間で10分を3本出来るように70分間。3本目は各チームによる)   
*F…フルゲーム   
*関係者、見学の方の車両の学内乗り入れは可能ですが、必ず指定された駐車場に停めて下さい。     


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  12:10  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |