2014年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2014.03.31 (Mon)

【その他の試合】第10回東京六大学リーグ 結果

メンバーの揃った慶應義塾大が2008年以来の優勝

140323ITO.jpg 10回目の開催となった東京六大学リーグは、慶應義塾大が5勝0敗で2度目の優勝を果たした。

 当初はリーグの入れ替え戦とインカレまでの間に行われていた六大学リーグだが、2011年より3月開催に移行している。既に引退した最上級生以外の1〜3年生をメインに、チームによっては新年度から入学するルーキーもエントリーする変則ルール。そのためにチームのシステムは重視せず選手に比較的自由にやらせている傾向にある。その中で昨年度の主力が残る慶應大が、やや危ない面を見せながらも勝負強さを発揮して優勝を決めた。

 慶應大はルーキーは加えず、1〜3年生のみの布陣。例年チーム作りに時間がかかる傾向にあるが、今年は昨年の主力であるメンバーが多く残るため、6チームの中では最も安定した力を発揮した。とはいえ、今季主将の#4伊藤(3年・G)は「優勝はしたが、ほかのチームはけが人や1年生もいたし、課題がたくさん見えた。今年は全員でやっていかないと1部では戦えない。昨年のいい部分を継続しつつ、チーム全員で言い合いながら新しいオフェンスバリエーションも増やそうとしているところ」と、新年度のチームの目標を語る。「家族のように何でも言い合えるチームに」と、全員バスケを強調しながら、強い責任感を持って最終シーズンに臨む意志が伺えた。

 早稲田大は初日の早慶戦で慶應大に競り負け4勝1敗で準優勝。インサイドでケガ人を抱えるが、昨年全国を沸かせた新規加入のルーキーガードたちが小気味よいバスケットを展開した。明治大は#16安藤(3年・G)と#12中東(3年・SG)を代表合宿で欠く試合もありながら、やはり下級生やルーキーの働きが光り、最終戦では後半途中まで慶應大からリードを奪う展開も見せて3位に食い込んだ。新シーズンに1部昇格の法政大はまだチーム作りの途上とあって、安定感を欠いて4位。昨年の中心メンバーである#16沼田(2年・C)、#24加藤(2年・F)に加え、新シーズンは最上級生となる大黒柱の#5松澤(3年・C)の働きが問われるだろう。2部昇格となる立教大は1勝4敗。やはりシーズン序盤という雰囲気が見えてここからだが、全国区の選手が名を連ねるだけに今季の躍進に期待したい。東京大は上位とは地力で差があり、6位に留まった。

 この後、大学は定期戦や京王電鉄杯、各種プレシーズンマッチをこなして5月後半の関東大学トーナメントでまず最初の山を迎える。この大会だけで今季のチームの全容を伺うことはまだできないが、トーナメントまでの2カ月弱でどのような形を見せていくのか、楽しみな春シーズンがここから始まる。

写真:最終戦となった明治大戦は長くリードを許し、「高校生(新1年)にやられた」という慶應大の伊藤。HCが変わり新体制となったチームをどう導くか。

【結果】
優勝  慶應義塾大学(5勝0敗)
準優勝 早稲田大学(4勝1敗)
3位  明治大学(3勝2敗)
4位  法政大学(2勝3敗)
5位  立教大学(1勝4敗)
6位  東京大学(0勝5敗)


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  18:42  |  その他の試合  |  Top↑

2014.03.30 (Sun)

【SPECIAL】BOJラインvol.23〜白濱僚祐選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.23~白鴎大学・白濱僚祐選手~


shirahama02.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第22回の中央大・山田典政選手からバトンを渡されたのは、白鴎大学・白濱僚祐選手です。

 白鴎大・齊藤監督も大きな期待を寄せるプレイヤーとして、1年生の頃からスタメンを張ってきた白濱選手。4年間でプレー、メンタルの両面で成長を遂げ、1部昇格やインカレベスト8入りなどチームの大躍進の立役者となりました。高い身体能力を持ち、ジャンプ力は大学界屈指。その躍動感あふれるプレーは、多くの観客たちにインパクトを残したことでしょう。卒業後はNBLのアイシンシーホース三河にアーリーエントリー。国内トップクラスのチームの一員となり、また新たな挑戦が始まりました。

 佐賀県出身で、「たくさんの人に佐賀のことを知ってもらいたい」と話す白濱選手。運動能力を見込まれてバスケットを始め、高校時代は佐賀を代表する選手として活躍、大学でも4年間でここまでの選手へと成長したその道のりは、全国のバスケットボールプレイヤーに夢を与えるかもしれません。今シーズンのラストを飾る第23回BOJライン、どうぞお楽しみください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  15:37  |  その他の記事  |  Top↑

2014.03.12 (Wed)

【SPECIAL】BOJラインvol.22〜山田典政選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.22~中央大学・山田典政選手~


yamada7.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第21回の日本大・坂田 央選手からバトンを渡されたのは、中央大・山田典政選手です。

 センターポジションとしては187cmと小柄ながら、アシストや体を上手く使った器用なプレーで中央大のインサイドを支えてきた縁の下の力持ち。ひとつ上の代には佐藤将斗(第10回BOJライン)ら「カルテット」と呼ばれた4人の主力選手がいましたが、下級生の頃から彼らとの連係プレーにも磨きをかけ、中央大のラストピースとして3年時には1部昇格に貢献しました。ラストイヤーとなったリーグ戦では怪我に泣いて悔しい結果となったものの、後輩の育成など数字に現れない部分で残したものは決して小さくなかったでしょう。

 そのほか、はちゃめちゃなチームだったという中学時代や、ライバルたちと切磋琢磨した高校時代のエピソードも詳しく伺いました。そこから見えてくるのは、自分よりも大きい選手を相手に立ち向かっていったその裏に、数々の工夫や自身の意識の変化があったということ。第22回BOJライン、どうぞお楽しみください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:51  |  その他の記事  |  Top↑

2014.03.05 (Wed)

2014六大学リーグ開催のお知らせ

※最終日の試合予定に変更がありました。

東京六大学による六大学リーグ戦が明治大和泉キャンパスで開催されます。

 
震災復興支援チャリティマッチ
第10回六大学リーグ戦

開催場所:明治大学和泉キャンパス 和泉体育館メインホール
開催日時:3月21日(金)~23日(日)
参加校:慶應義塾大学、東京大学、法政大学、明治大学、立教大学、早稲田大学
入場料:無料



■3月21日(金) ※一般開場 12:00
【Aコート】
13:00 法政大学 vs 慶應義塾大学
14:50 明治大学 vs 東京大学
16:40 明治大学 vs 立教大学

【Bコート】
13:00 早稲田大学 vs 東京大学
14:50 法政大学 vs 立教大学
16:40 慶應義塾大学 vs 早稲田大学

-------------------------------

■3月22日(土) ※一般開場 12:00
【Aコート】        
13:00 法政大学 vs 明治大学
14:50 立教大学 vs 早稲田大学
16:40 明治大学 vs 早稲田大学

【Bコート】
13:00 慶應義塾大学 vs 東京大学
14:50 法政大学 vs 東京大学
16:40 立教大学 vs 慶應義塾大学

-------------------------------

■3月23日(日) ※一般開場 10:00
11:00 立教大学 vs 東京大学→法政大学 vs 早稲田大学
12:50 法政大学 vs 早稲田大学→立教大学 vs 東京大学
14:40 明治大学 vs 慶應義塾大学

※体育館は土足禁止です。また、暖房がないため暖かい服装でお越しください。

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:20  |  NEWS・告知  |  Top↑

2014.03.04 (Tue)

「Spring Camp湘南ひらつか2014」開催のお知らせ

 3月はいよいよ大学のプレシーズン。14〜16日、21〜23日の2週に渡って合計14大学が集まるプレシーズンマッチが神奈川大で開催されます。40分のフルゲームと前後半10分ずつのハーフゲームで行われ、中には明治大と立命館大の定期戦も組み込まれた密度の濃いスケジュールとなっています。


Spring Camp湘南ひらつか2014
開催場所:神奈川大学 湘南ひらつかキャンパス(SHC)体育館
開催日時:3月14日(金)~16日(日)、21日(金)〜23日(日)
見学:自由(入場料無料)

●参加校(14~16日):明治大学、専修大学、法政大学、大東文化大学、中京大大学、京都産業大学、立命館大学、新潟医療福祉大学、神奈川大学

●参加校(21~23日):東海大学、明治大学、青山学院大学、白鴎大学、日本体育大学、大阪体育大学、神奈川大学


(F)…フルゲーム
(H)…ハーフゲーム

■3月14日(金)
【Aコート】
10:00 大東文化大 vs 神奈川大(F)
12:00 明治大 vs 新潟医療福祉大(H)
13:10 明治大 vs 中京大(H)
14:20 神奈川大 vs 京都産業大(H)
15:30 明治大 vs 京都産業大(H)
16:40 明治大 vs 大東文化大(H)

【Bコート】
10:00 立命館大 vs 中京大(F)
13:10 新潟医療福祉大 vs 立命館大(H)
14:20 大東文化大 vs 中京大(H)
15:30 大東文化大 vs 新潟医療福祉大(H)
16:40 京都産業大 vs 中京大(H)

【Cコート】
15:30 神奈川大 vs 立命館大(F)


■3月15日(土)
【Aコート】
9:30 神奈川大 vs 中京大(H)
10:40 神奈川大 vs 新潟医療福祉大(H)
11:50 立命館大 vs 新潟医療福祉大(H)
13:00 法政大 vs 専修大(H)
14:10 神奈川大 vs 専修大(H)
16:00 明治大 vs 立命館大(定期戦)

【Bコート】
9:30 京都産業大 vs 立命館大(H)
10:40 京都産業大 vs 大東文化大(H)
11:50 中京大 vs 大東文化大(H)
13:00 神奈川大 vs 明治大(H)
14:10 法政大 vs 京都産業大(H)
15:20 神奈川大 vs 大東文化大(H)
16:30 専修大 vs 新潟医療福祉大(H)
17:40 専修大 vs 中京大(H)

【Cコート】
15:20 京都産業大 vs 新潟医療福祉大(H)
16:30 法政大 vs 中京大(H)
17:40 法政大 vs 大東文化大(H)


■3月16日(日)
【Aコート】
9:30 立命館大 vs 新潟医療福祉大(H)
10:40 中京大 vs 新潟医療福祉大(H)
11:50 中京大 vs 明治大(H)
13:00 法政大 vs 立命館大(H)
14:10 法政大 vs 神奈川大(H)
15:20 立命館大 vs 神奈川大(H)
16:30 専修大 vs 大東文化大(H)

【Bコート】
9:30 京都産業大 vs 大東文化大(H)
10:40 京都産業大 vs 神奈川大(H)
11:50 京都産業大 vs 専修大(H)
13:00 中京大 vs 専修大(H)
14:10 明治大 vs 専修大(H)
15:20 明治大 vs 大東文化大(H)
16:30 明治大 vs 法政大(H)

【Cコート】
10:40 立命館大 vs 大東文化大(H)
11:50 神奈川大 vs 新潟医療福祉大(H)


■3月21日(金)
【Aコート】
10:00 大阪体育大 vs 東海大(H)
11:10 神奈川大 vs 東海大(H)
15:00 大阪体育大 vs 明治大(H)
16:10 日本体育大 vs 明治大(H)
17:20 東海大 vs 明治大(H)

【Bコート】
10:00 神奈川大 vs 日本体育大(H)
11:10 日本体育大 vs 大阪体育大(H)
15:00 東海大 vs 日本体育大(H)
16:10 神奈川大 vs 大阪体育大(H)


■3月22日(土)
【Aコート】
10:00 青山学院大 vs 日本体育大(F)
14:00 青山学院大 vs 白鴎大(H)
15:00 青山学院大 vs 神奈川大(H)
16:00 青山学院大 vs 大阪体育大(H)


【Bコート】
10:00 神奈川大 vs 大阪体育(F)
14:00 大阪体育大 vs 日本体育大(H)
15:00 白鴎大 vs 日本体育(H)
16:00 白鴎大 vs 神奈川大(H)


■3月23日(日)
【Aコート】
9:30 神奈川大 vs 大阪体育大(H)
10:30 神奈川大 vs 青山学院大(H)
11:30 大阪体育大 vs 青山学院大(H)
15:00 東海大 vs 青山学院大(F)

【Bコート】
10:00 白鴎大 vs 東海大(F)
15:00 神奈川大 vs 白鴎大(F)


※ 試合の進行具合によって時間の調整が行われます。
※ スケジュールは予定であり、変更する場合があります。
※平塚キャンパスは一般の方も車での来校は可能です。



テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  03:01  |  NEWS・告知  |  Top↑

2014.03.04 (Tue)

【SPECIAL】BOJラインvol.21〜坂田 央選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.21~日本大学・坂田 央選手~


sakata03_201403032331206d4.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第20回の明治大・森山翔太選手からバトンを渡されたのは、日本大・坂田 央選手です。

 東京出身でバスケットの強豪・梅丘中でバスケットを始め、のびのびと、それでも着実に力をつけていった坂田選手。日大豊山高校から日本大に進学し、サイズに加えて走力を武器にして1年生の頃から出場時間を勝ち取ってきました。3年生の途中からはキャプテンにも就任し、チームの精神的支柱としてもなくてはならない存在に。4年目は2部でプレーすることとなりましたが、リーグ途中で怪我をしてからもそれを押してコートに立ち続ける姿からは、下級生を引っ張る4年生としての責任感が感じられました。

 大学に入学した頃には、まさか自分がこれほど試合に出て活躍し、キャプテンまで務めるとは想像もしていなかったそうです。全国区とはいえなかった選手が強豪大学でどのように自分の道を確立していったのか、インタビューにそのヒントが隠されているかも知れません。第21回BOJライン、どうぞお楽しみください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:12  |  その他の記事  |  Top↑
 | BLOGTOP |