FC2ブログ
2013年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月


サイトを移行しました。現サイトはアーカイブとして継続してご覧いただけます。
http://bojweb.com

2013.10.29 (Tue)

【2013リーグ】第9週(最終週)のPICK UP PLAYER

最終週、リーグ戦を締めくくる注目プレイヤーは
ベンドラメ礼生選手&伊藤良太選手


pic9_1_vendorame.jpg
【1部】◆#0ベンドラメ礼生(東海大・2年・G)
 全勝優勝を成し遂げた東海大。今年は日本代表の田中を筆頭に、U-24の選手も何人も抱えるスター軍団へと確かな成長と遂げている。その中でも司令塔でありながら抜群の瞬発力で軽やかなプレーを見せるベンドラメは、さまざまな場面で起点となる選手だ。攻撃ではアウトサイドやビッグマンそびえるインサイドへのドライブ、守っては鮮やかなスティールはもちろん、抜群のタイミングで飛び込んでくるリバウンド力も侮れない。攻守に優れ、相対する選手にとってこれほど厄介な相手もないだろう。2年生とは思えない落ち着きも見事だ。

 最終戦では26得点のチームハイを記録し、スティールは5。青山学院大の虚を突くプレーを連発し、全勝優勝に貢献した。続くインカレでもどういったパフォーマンスを見せるのか楽しみなプレイヤーだ。

--------------------------------

131027_pic9_ito.jpg
【2部】◆#16伊藤良太(慶應義塾大・3年・G)
 チーム一丸で戦い2部優勝を達成した慶應義塾大の中でも、存在感を発揮し続けた2カ月だった。スタメンガードとしてチームを引っ張りつつ、スティール1位、3P3位、そして最終戦で長らく首位を走っていた日本大のルーキー高橋を抜き去り、得点王の座へと上り詰めた。昨年は孤軍奮闘せざるを得ない状況で負け続けたが、今年は上級生の復帰や下級生の成長を得て自分の持ち味をより発揮したリーグ戦となった。それでも常に上を見て「まだまだ上手くなりたい」と自分を律する強さを持った選手だ。

 チームは悲願の1部復帰を目指し、入れ替え戦へと進んだ。伊藤にとっては一昨年は降格に泣き、昨年は2部残留で踏みとどまった忘れられない空間でもある。三度目となるこの絶対に負けられない場で過去2年の自分自分を乗り越え、成長の証を見せられるか。彼にも、チームにとっても真の勝負はここからだ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:23  |  2013リーグ戦1部  |  Top↑

2013.10.29 (Tue)

【SPECIAL】関西リーグ戦・注目チームを紹介

関西地区もリーグ戦が終了
インカレにおける出場チームの活躍はいかに


131014SOUMA.jpg 近年インカレでの躍進が目覚しい関西勢の各チーム。ベスト8に顔を出すことは以前から時おりあったが、昨年は近畿大がベスト4入りを果たし、また一昨年は天理大が3位に入るなど、次第に関東の各チームを脅かす勢力となってきている。ここでは10月12日、10月14日に取材した関西のリーグ戦を元に、上位チームの顔ぶれを中心にレポートする。

 関西1部リーグには10チームが所属する。まず1回戦総当り制の1次リーグを行い、ここで5位以上の5チームは上位リーグ、6位以下5チームは下位リーグに区分される。上位と下位、それぞれのリーグ内で2次リーグを実施し、順位を決める。なお、上位リーグと下位リーグに区分けされた時点で、下位リーグのチームが上位リーグのチームより上の順位にはならないこととなっており、関東の3部リーグと同じ構造だ。このため今年のインカレ出場枠が5つとなった関西では、下位リーグに回った段階でそのチームはインカレ出場枠を得られるチャンスがなくなってしまうのだ。

 もう一点の関西リーグの特色としては、6部まで存在する2部以下の各部1位チームが、1部5位とインカレ出場をかけたチャレンジマッチを行う点だ。各部1位チームと1部5位チームは変則的なトーナメント形式で試合をこなし、インカレ出場権を争う。このため1部チームは上位リーグに入っても、その時点でインカレ出場が確定するとは限らない。優勝を狙うことはもちろんであるが、どのチームも4位以上のポジションを勝ち取ることが最低目標であり、この辺りは1部リーグにいても関東とはまったく異なる緊張感を持ったシステムといえる。

131012HASHIMOTO.jpg 今年のリーグ優勝は天理大。1次リーグで敗れた近畿大を最終戦で破った。その近畿大は2位に。どちらもここ最近の関西においては切磋琢磨しながら、今年のインカレでも上位進出を狙っている。3位となった京都産業大、4位に滑り込んだ大阪学院大も侮れない存在だ。5位となってしまったのは同志社大。だが、下部チームの挑戦を退けチャレンジマッチを勝ち抜いて、インカレへの出場を決めている。

写真上:リーグMVPを授賞した天理大・相馬。最上級生として、チームに不可欠な存在である。
写真下:攻撃的なディフェンスから橋本らがブレイクに走るのも、近畿大の持ち味。

※上位リーグを中心とした各チームの詳細は「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:53  |  その他の試合  |  Top↑
 | BLOGTOP |