FC2ブログ
2013年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会
筑波大学が3年ぶり5回目の優勝

2013.09.04 (Wed)

【2013リーグ1部】9/4レポート

拓殖大が最後のプレーを決めて明治大相手に全勝を死守
全勝は青山学院大、東海大、拓殖大の3チームに


130904suda.jpg 日曜の試合から中2日、1部リーグは2週目に突入した。1週目を終了して全勝は青山学院大、東海大、拓殖大、明治大の4校。そのうち全勝同士の拓殖大と明治大がこの日4試合目で対戦し、最初は差をつけられた明治大が追い上げ、最後まで分からない緊迫した試合展開となった。結果、拓殖大が勝利し全勝は青山学院大、東海大、拓殖大の3校に。また、いまだ勝ち星がないのは早稲田大、白鴎大、中央大の3校。上位下位ともにどこが抜けだしていくのかが1部リーグの注目点だ。

 早稲田大大東文化大の試合は、チームで噛み合った大東大が後半引き離した。早稲田大はこの日#21河上(4年・F)や#8玉井(4年・G)がスターターに復帰。序盤はファウルを次々もらってリードしたが、#28児玉(3年・PG)を起点に内外で得点する大東大にディフェンスが締まらず、逆転からじわじわ離された。3Qは#86小野寺(4年・C)らがオフェンスリバウンドを掌握し、完全に大東大ペース。早稲田大はオフェンスも噛み合わずにミスが重なり、立て直しに時間がかかった。4Qは#4二宮(4年・C)のインサイドプレーなどでやや持ち直したものの、86−55で大東大が2勝目をあげた。

 1勝2敗と黒星先行の筑波大はまだ勝ち星のない中央大と対戦。序盤から#35池田(4年・SF)が立て続けに得点すると、#14坂東(3年・SG)のアウトサイドも連続で決まった。流れに乗った筑波大が29-14と1Qで大きくリード。中央大は#5谷口(3年・F)の3Pもあったが、ゴール下で決めきれない部分も目立つ。結局1Qでつけられた差が大きかった。2Qでは善戦するものの、後半は筑波大が控えを使いつつも再び中央大を引き離していき、94-59で試合終了。筑波大は2勝2敗と5割に戻した。

 全勝の東海大の相手は1勝2敗の専修大。序盤から激しいディフェンスで専修大のエース#11宇都(4年・G)から次々ターンオーバーを奪うと、得点でも相手を圧倒。3Qまで一桁ずつしか失点せず余裕の戦いとなった。専修大はメンバーを入れ替えながらの戦いとなるが、シュート確率も上がって来ず得点が伸びない。前節で青山学院大に善戦したが、この試合ではその再現とはならず99-41で東海大が全勝を守った。専修大は1勝3敗。宇都が膝を痛めており本来のパフォーマンスとはいかなかったが、9月の過密スケジュールを無理をさせずに乗り切りたいところだ。

写真:東海大は春からスタメン定着の須田が安定した働きでチームに貢献している。

※大東文化大・小野寺選手、筑波大・西村選手のインタビューは「続きを読む」へ。

--------------------------------

【明治大の追い上げを拓殖大が1ゴール差でかわす】
130904izawa.jpg 未だ負けなしの、3勝同士の対決となった明治大拓殖大の対戦。前半は拓殖大が大きくリードしたが、明治大もあと1歩のところまで拓殖大を追いつめた。

 1Qから拓殖大の猛攻が火を吹いた。#23バンバ(1年・C・延岡学園)が中を攻めてマッチアップする#22西川(4年・PF)からファウルをもらい、外から#14大垣(3年・F)も果敢にリングに向かう。明治大は持ち味のディフェンスが機能せず、#12中東(3年・SG)、#2目(4年・F)の3Pでなんとか食らいつく形となった。1Qを終えて拓殖大が10点リードすると、3Qも依然として拓殖大ペース。#23バンバも2本の3Pを決め、拓殖大が前半だけで50点の大台に乗せて50−35で試合を折り返す。

 後半は明治大が追い上げを図る。3Pがエアーボールとなり攻撃が単発に終わる拓殖大を尻目に、明治大は#16安藤(3年・G)のターンシュートや#22西川の3Pで点差を縮めた。拓殖大も#22西川の4つ目のファウルを誘い、#14大垣の速攻や#39成田(1年・G・藤枝明誠)の3Pで再び点差を押し戻すものの、明治大は#22西川の2本の3Pが効いて食らいついた。10点差で入った4Q、序盤は点の取り合いとなり、点差変わらず残り5分を切る。ここで明治大は#50伊澤(2年・PF)が攻守で活躍。高確率で外からシュートを射抜き、守っては#23バンバに簡単にボールを入れさせなかった。終盤#22西川、#50伊澤の3Pが決まり、残り1分ついに同点に。しかし逆転を狙った明治大の速攻は#40藤井がうまく止めてマイボールとし、残り4.2秒で拓殖大のオフェンス。するとスローインから#23バンバがトップの位置でボールをもらい、一対一をしかけてブザーギリギリでバスケットカウント獲得。1ショットは外したが、84−82で辛くも逃げ切った。

 勝負は最後まで分からなかったが、最後はボールを託された#23バンバが見事に期待に応え、勝利を引き寄せた。#44バンバの44得点はもちろん、#14大垣の19得点も効いた。接戦の末に4連勝。土日も星をこぼせない戦いが続く。一方の明治大は後半ディフェンスも激しくなりオフェンスでは外のシュートが快調に決まったものの、勝利まではあと一歩及ばず。リーグ戦初の黒星となった。次戦は全勝中の東海大と対戦。明治大と東海大は過去何度も熱戦を繰り広げている因縁の対決なだけに、注目が集まる。

写真:明治大・伊澤は高確率でシュートを射抜き、追い上げに大きく貢献した。

※拓殖大・バンバ選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【白鴎大が食らいつくも勝負強さで青学大が上回る】
130904nomoto.jpg 未だ勝ち星のない白鴎大は全勝中の青学大に挑んだ。序盤から#9安藤(1年・SF・四日市工)の2本の3Pもあって青学大が主導権を握る。白鴎大は開始5分で4得点と苦しい立ち上がりとなるが、#15白濱(4年・F)が積極的にリングに向い、この日スタメン起用となった#23イッサ(1年・C・八王子)も2本のダンクを決めてやや持ち直した。25−17で2Qに入ると、青学大は#7野本(3年・F)のバスケットカウントなどで再びリードを広げにかかる。前半残り3分、その差は大きく20点に。それでも白鴎大は終盤#1大釜(3年・G)が3Pや速攻で強気を見せて粘り、12点差に縮めて前半を終えた。

 後半も、青学大が引き離しては白鴎大が追い上げる展開が続いた。#28川邉(1年・F・高岡工芸)の3P、#15白濱のドライブ、#23イッサのインサイドと内外バランス良く得点を重ねる白鴎大は、残り7分で69−60と点差を一桁に。しかしこの勝負所で青学大はリバウンドから速攻に走って#5高橋(3年・PG)がフリースローを獲得し、シュートが好調の#9安藤も3Pを決めて白鴎大にそれ以上は縮めさせなかった。結局85−72と青学大が点差を保ち、白鴎大の挑戦を退けた。

 白鴎大は苦しい展開の中でも我慢し、果敢に攻める#15白濱らの活躍で食らいついたが、その都度、速攻や#9安藤のアウトサイドが決まった青学大に反撃の芽を摘まれた。白鴎大は上位チームとの対戦が続いて4連敗。次戦は初白星をかけ、同じく2部から昇格して来た中央大との負けられない戦いが待つ。一方の青学大は、メンバーを様々入れ替えながら、点差を保って勝利。大事な場面でのミスの少なさ、確実にシュートを決めてくる部分は試合巧者ぶりを発揮した。余力を残したまま、無傷の4連勝を飾った。

写真:留学生のイッサ相手にも強気で攻めた野本は21得点。

※白鴎大・白濱選手のインタビューは「続きを読む」へ。

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2013リーグ戦1部  |  Top↑

2013.09.04 (Wed)

【2013リーグ】9/4結果

■関東大学1部リーグ
◇青山学院大学 相模原キャンパス

早稲田大学55(14-18,12-16,7-23,22-29)86大東文化大学
筑波大学94(29-14,15-14,26-13,24-18)59中央大学
拓殖大学84(27-17,23-18,16-21,18-26)82明治大学
東海大学99(26-6,18-5,22-9,33-21)41専修大学
青山学院大学85(25-14,20-19,22-21,18-18)72白鴎大学

青山学院大学 4勝0敗
東海大学   4勝0敗
拓殖大学   4勝0敗
明治大学   3勝1敗
筑波大学   2勝2敗
大東文化大学 2勝2敗
専修大学   1勝3敗
早稲田大学  0勝4敗
白鴎大学   0勝4敗
中央大学   0勝4敗

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:10  |  2013関東リーグ予定・結果  |  Top↑
 | BLOGTOP |