2013年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.06.22 (Sat)

リンク栃木ブレックス写真展2012-2013開催

JBLリンク栃木ブレックスオフィシャルカメラマン、中村斗音氏の写真展が今年も渋谷で開催されます。毎年打ち出されるチームのメインテーマに沿って選ばれた貴重な写真の数々をぜひご覧ください。

TOCHIGI2013.jpg

[中村斗音写真展 vol,5]
ONE TEAM,ONE SPIRIT[リンク栃木ブレックス JBL 2012-2013]

日程 2013年6月25日(火)~6月30日(日)
時間 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
場所 ギャラリー・ルデコ 6F
   東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル6F
   JRほか渋谷駅東口より徒歩5分
主催 中村斗音
後援 リンク栃木ブレックス
入場 無料

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  14:51  |  NEWS・告知  |  Top↑

2013.06.16 (Sun)

【2013新人戦】6/16 決勝 東海大VS青山学院大

2Qで流れを掴んだ東海大がリードを守り
大会2連覇を達成!


130616hasimoto.jpg 新人戦決勝の組み合わせは2連覇を目指す東海大と、少数精鋭ながら能力の高い選手たちが揃う青山学院大の対戦となった。2mのインサイドを擁しバランス良く層の厚い東海大に対し、高さがなく平面での展開で勝ち進んできた青山学院大は対照的なチーム構成。1Qは互角の展開となったが、次第に東海大がリードする形となった。

 1Q、青山学院大は立ち上がりで幸先良く#9安藤(1年・SF・四日市工)の3Pが決まり、相手のファウルによりフリースローを次々得てリードに成功する。東海大は#45頓宮(2年・C)のシュート、アシストに続いて#33鈴木(1年・F・山形南)、#21橋本(2年・C)が2本の3Pを決めると逆転。しかし青学大も#13鵤(2年・PG)がタップ、ミドルシュートと厳しいディフェンスをかいくぐって得点に絡み、1Qは17-16と互角の勝負だった。

 しかし2Qになると均衡が崩れ始める。開始早々東海大は#35伊藤(1年・PG・洛南)が#0ベンドラメ(2年・G)へとアリウープパスを出し、会場の度肝を抜く。この後なかなか得点が伸びない時間帯になるが、一方の青学大は激しいディフェンスにあってタフショット、24秒オーバーとオフェンスでリズムを作れない。交代要員の少ない青学大は少しずつ選手を入れ替えて流れを変えようとするが、外のシュートが入らなくなり、引き離されていく。東海大はベンチから入った#1小島(2年・G)がバスケットカウント、3Pを決めるなど流れをぐっと引き寄せる活躍を見せ、36-25とリードして前半を終えた。

 3Qも流れは大きく変わらない。青学大はプレスで上から当たったりさまざまな手法を試み、オフェンスでは#13鵤が奮起してこのQは9得点を奪うが、簡単に中に仕掛けられないのは前半と変わらない。東海大も得点が取れない時間帯があるなど、波もあるが要所で#21橋本、#0ベンドラメといったチームの要が得点し、55-44と東海大リードで3Q終了。4Qも余裕を持って試合を進めた東海大が77-59で試合終了。2連覇を達成した。

130616funyuu.jpg 勝負のポイントはディフェンスのいい東海大相手に青学大がどこまで平面で攻めていけるかだった。鵤、船生といったドライブを得意とする選手がその能力を発揮してディフェンスを割っていったが、それでも簡単には守りを突破できず、2Q以降に外の確率が落ちると青学大は苦戦。一方の東海大は橋本のアウトサイドが好調で、ルーキーやベンチメンバーもそれぞれ活躍。相手に的を絞らせなかった。新人戦で主将を務めたベンドラメ「1年生のときは思いっきりやるだけだったんですけど、今年はキャプテンで責任感も感じたし、今回の優勝は少しホッとした」と言う。試合前は笑顔で話しかけて皆をリラックスさせ、プレーで引っ張るだけではなく、チームをまとめた。

 結果的には下馬評の高かった東海大が2連覇を果たした。2年生の安定感は頼もしく、1年生たちもハッスルプレーでチームを鼓舞。陸川監督「1年生は本当にがむしゃらにやってくれて、良いんじゃないかなと思います。東海として、もう少し質を上げないといけないところはあるんだけど、果敢に守るところ、果敢にアタックしなきゃいけないところでみんなに良い影響を与えていた」と評価。「『誰がスターターか』というのは今は無い。ユニバに行った選手が経験を積んだりして、合宿でも強化をしてみんなで良いチームを作りたい」と秋への抱負を語った。それと同時に2年後、3年後を占う意味では期待できる人材が数多く見られた新人戦だった。青学大は準優勝となったが8人でここまで上りつめたことは見事だ。サイズ的に平面バスケに特化せざるを得ない状況だったが、鵤、船生を中心に全員が積極的にプレーし、ディフェンスも好守を見せて勝ち進んだ。秋のリーグ戦は今まで以上に多くの選手が試合に絡んでいくことが大事だろう。

写真上:東海大・橋本は4本の3Pを含む27得点。このアウトサイドが高確率だったことで青学大はディフェンスにも手を焼いた。
写真下:青山学院大・船生は鵤とともにチームを牽引してきたが、決勝は激しいディフェンスで簡単には得点させてもらえなかった。

※東海大・ベンドラメ選手、中山選手、鈴木隆史選手、伊藤選手、青山学院大・鵤選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.16 (Sun)

【2013新人戦】6/16 5位決定戦 大東文化大VS法政大

最終盤まで競り合う緊迫の展開を
最後に流れを掴んだ法政大が制す


130616hosei.jpg 大東文化大法政大の5位決定戦は最後まで僅差で競り合うゲームが繰り広げられた。立ち上がりは大東文化大が# 25小松(1年・PG・沼津中央)のバスケットカウント、# 68花井( 1年・SG・東海大三)の3Pが2本決まるなど悪くない立ち上がり。法政大は#16沼田(2年・C)、#24加藤(2年・F)で返していく形になる。大東大は#68花井がこのQだけで3本の3Pを沈めてリードを保つ。法政大は#16沼田がディフェンスされて得点が伸びず2ファウルでベンチへ。しかし#24加藤のミドルレンジが冴え10得点。21-18で1Qを終えた。2Qも大東大がややリードしたまま試合が進んだ。法政大は#16沼田がバスケットカウント、アシストにと徐々にオフェンスでリズムを掴む。大東大はベンチから入った#87波多(1年・PG・正智深谷)が得点で貢献。#68花井も3Pを決めて流れを渡しきることはしない。前半は43-39と大東大リードで終了した。

 3Qに入り、ここまで離されずについてきた法政大は外がやや落ち始めるものの、開始6分、#1神津(2年・F)の得点で1点差に迫った。しかし大東大はここで#99山崎(2年・F)の3Pが入ってそれ以上の追撃はさせない。再び6点差をつけた大東大だが、法政大も最後に#7藤井(1年・G・厚木東)の3Pが決まり62-61と再び1点差にして最終Qへ入った。そして4Qの頭に法政大は#7藤井の2本目の3Pでこの試合初めて逆転に成功。大東大はファウルが込み始め、ここまで#16沼田に好ディフェンスを仕掛けていた#37澤口(2年・F)が5ファウル退場。法政大は#16沼田のバスケットカウントなどで6点のリードを広げることに成功した。ここから大東大#99山崎、法政大#35山岸(2年・G)、大東大#68花井と3Pの入れ合いとなると残り2分を切って#68花井の3Pで大東大が78-78の同点に追いつく。ともにチームファウルも5となり、どちらに転んでも分からない状態になる。残り13.4秒で大東大は#7渡部(2年・F)のシュートで80-80とし、最後の攻防で法政大はペイントに切り込んだ#35山岸が走りこんできた#16沼田にボールをつなぎ、これがギリギリ決まって80-82。残り時間で大東大はシュートまで行けずタイムアップ。法政大が最後の最後で貴重な決勝点をあげ、5位の座を手にした。

130616sawaguti.jpg 最後まで勝敗の分からない展開だったが、ゲーム終盤で流れを掴んだ法政大が最後のチャンスもものにした。沼田が守られた前半は加藤が得点を引っ張り、沼田も次第にディフェンスをものともせずに攻めて32得点。山岸が終盤の3Pと最後のアシストパスで仕事を果たした。人材豊富とはいえない布陣だったが、試合に出た選手たちがそれぞれの役割を十分果たした上での5位獲得となった。沼田は得点王にわずか9点及ばず2位だったが、この新人戦でクレバーな能力を遺憾なく発揮。試合を引っ張った。主力の面々は全体チームにも絡む選手が多く、秋のリーグ戦でも彼らの活躍が楽しみとなる。

 大東文化大はわずかに及ばず6位。しかし人材は豊富で、個々の能力も高い。3P王を獲得した花井や能力の高い山崎、渡部、インサイドで期待される北村などバランスも良く、まさにこれからの成長が楽しみな選手が目白押しだ。今期は全体でも若いチームになるため、春の経験を秋にどうつなげるか、成長力が問われる1年となるだろう。

写真上:決勝点を決めて笑顔の法政大。
写真下:沼田へのディフェンスで貢献した澤口。5ファウルは惜しかったが、必要な働きは見せた。

※法政大・山岸選手、加藤選手、大東文化大・花井選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.16 (Sun)

【2013新人戦】6/16 3位決定戦 拓殖大VS日本大

バランスよく得点を重ねた拓殖大が勝利
日本大はツインタワーとルーキーの活躍が光る


130616NARITA.jpg 前日の準決勝、ともに点差をつけられて敗れた拓殖大と日本大による3位決定戦。両者とも強いインサイドとシュート力の高い選手が揃うが、立ち上がりから拓殖大がリードを保ち続ける試合となった。開始すぐに#99赤石(2年・C)の3点プレー、#39成田(1年・G・藤枝明誠)の3Pも決まり拓殖大が先行。日本大は#24刘(2年・C)がひとり得点をするも#23バンバ(1年・C・延岡学園)がそびえ立つインサイドでは自由な動きが出ずに手詰まりに。#39成田を中心にシュートラッシュを浴びせた拓殖大が1Qだけで18点差をつける。日本大は#14高橋(1年・SG・札幌日大)の得点で停滞は打開するが、拓殖大の猛攻は防ぎきれない。#31江本(1年・F・市川)の3Pをバスケットカウントで許すなどで点差を詰められず、53—36と拓殖大大量リードのまま前半終了。

 3Qに入ると拓殖大は#23バンバが本領発揮。フックシュートや速攻でのダンク、ドライブからねじ込むなどでこのQ10得点。センター2人の布陣に変えた日本大は#20舘(2年・C)の活躍が光るがビハインドを埋められない。終盤にはメンバーを1年生メインにし、#14高橋の活躍に加えて#19石川(1年・SG・沼津中央)の3Pも出るが都度拓殖大に押し戻された。最終的には92—74とした拓殖大が勝利。昨年からひとつ順位を上げて3位で大会を終えた。

130616RYU.jpg 拓殖大は3位で大会終了。日本大の高さにはバンバがやや苦しんだ感もあるが、赤石が21得点、成田が15得点を決めて、決してワンマンチームではないことを示した。新人王を獲得したバンバは納得の活躍。全体チームとなる秋のリーグ戦で上位争いをする『台風の目』となりうるかが楽しみだ。

 全体チームでも主力の選手を多く抱えた日本大は、最後は連敗で大会を終えた。しかし刘や高橋の安定した活躍が光り、ベンチスタートの舘や石川らも可能性を感じさせる存在。厳しい2部を勝ち抜き、1年での1部復帰を果たしたい。

写真上:外のシュートを打ち続けた成田。今後どれだけ確率を上げられるか。
写真下:バンバとのマッチアップに見応えがあった刘。2m級センターの多い2部を戦う上で、日本大の浮沈を左右する。

※拓殖大・バンバ選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.16 (Sun)

【2013新人戦】6/16 7位決定戦 明治大VS順天堂大

2桁点差を覆した順天堂大が貴重な勝ち星
クロスゲームを落とした明治大は8位に


130616YANAGISAWA.jpg 新人戦も大会最終日。この日の一試合目は明治大順天堂大による7位決定戦となった。試合は終盤まで1部所属の明治大が、今年は3部リーグ所属の順天堂大相手に優勢を保った。#50伊澤(2年・PF)のバスケットカウント、#55吉本(2年・SG)のターンシュートなどで早々にリードを得た。順天堂大はベンチスタートの#17小鮒(1年・F・前橋商業)の3Pや#14柳澤(2年・F)の速攻などが出るが、明治大はインサイドでの得点を中心に詰められてもその都度離し、前半は11点のリード。3Qも同様の展開が続いて明治大の2桁点差のまま4Qに入る。

 だが、ここから順天堂大が猛攻に出る。#14柳澤が攻め気を見せ、#1中島(1年・C・幕張総合)もジャンプシュートを沈める。外の確率が上がらない明治大はインサイドでも停滞し4分間無得点。#94平川(2年・G)の得点で同点となり、#0舟木(1年・F・常磐大学高)のシュートが決まって逆転。明治大は下げていた#50伊澤を戻して停滞こそ打開するが、試合はここから勢いに乗る順天堂大との競り合いに。明治大は#55吉本が気を吐く一方、順天堂大は#13八代(1年・C・清陵情報)のゴール下、#14柳澤がタフショットを入れて1点リード。次のオフェンスでも#14柳澤が決めて最終盤で大きな3点差。明治大は残り1分を切ったオフェンスで、ルーズボール争いで#50伊澤が手痛いファウルでチャンスを逸する。しかし得意のディフェンスで凌ぐと#99平佐田(1年・SG・美濃加茂)のリバウンドシュートで12.8秒を残して1点差に迫る。ここから明治大はファウルゲームを仕掛けるが、#0舟木にフリースローを2投揃えられ、勝つには3Pを決めるしかない。ボールを托された#55吉本だったが、ここは決めきれずにタイムアップ。68—65で、順天堂大が7位の座を手にした。

130616IZAWA2.jpg 順天堂大は劣勢を強いられながらも見事にそれを打ち破ってみせた。明治大インサイドには手を焼いたが、ディフェンスからの速攻やルーキー小鮒の3Pなど良さを示して実りのある勝利を飾った。大会を最終日まで戦い、最後にタフな試合を制したことは新人チームとはいえ、秋以降にも大きな自信になっただろう。

 8位で大会を終えた明治大。大会終盤は塚本HC不在もあったが吉本「塚さんがいないことは理由にならない。やるのは自分たち」と選手自らで流れを取り戻せなかったことを反省していた。それでもこちらも最終日まで戦い有意義な大会になったと言える。収穫と課題を、秋のシーズンに繋げられるか。

写真上:前半、ビハインドを背負う展開で果敢にドライブを仕掛けていった順天堂大・柳澤。
写真下:明治大の新人戦チームでは大黒柱の役割を担った伊澤。28得点・14リバウンドと絶対的な活躍だった。

※順天堂大・込山選手、明治大・吉本選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.16 (Sun)

【2013新人戦】最終結果

優勝 東海大学(2年連続4回目)
準優勝 青山学院大学
第3位 拓殖大学
第4位 日本大学
第5位 法政大学
第6位 大東文化大学
第7位 順天堂大学
第8位 明治大学
130616tokai.jpg
優勝 東海大学


130616aogaku.jpg
準優勝 青山学院大学


130616takushoku.jpg
3位 拓殖大学


【個人賞】

■新人賞 ジョフ・チェイカ・アハマド バンバ(拓殖大学)
130616sinjinou.jpg


■得点王 ジョフ・チェイカ・アハマド バンバ(拓殖大学)118得点
■リバウンド王 ジョフ・チェイカ・アハマド バンバ(拓殖大学)54本(OF-19 DF-35)
130616rebound:point


■優秀選手賞 ベンドラメ礼生(東海大学)
130616yusyu_b.jpg


■優秀選手賞 橋本晃佑(東海大学)
130616yusyu_h.jpg


■優秀選手賞 鵤 誠司(青山学院大学)
130616assist.jpg


■優秀選手賞 船生誠也(青山学院大学)
130616yusyu_f.jpg


■優秀選手賞 高橋耕陽(日本大学)
130616yusyu_t.jpg


■3ポイント王 花井大悟(大東文化大学)16本
130616hanai.jpg


■アシスト王 鵤 誠司(青山学院大学)17本
130616yusyu_i.jpg

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:27  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.16 (Sun)

【2013新人戦】6/16結果

■日本体育大学世田谷キャンパス
明治大学65(21-15,20-15,13-14,11-24)68順天堂大学(7位決定戦)
大東文化大学80(21-18,22-21,19-22,18-21)82法政大学(5位決定戦)
拓殖大学92(29-11,24-25,17-18,22-20)74日本大学(3位決定戦)
東海大学77(17-16,19-9,19-19,22-15)59青山学院大学(決勝)

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:48  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.15 (Sat)

【2013新人戦】6/15レポート

決勝の組み合わせは東海大VS青山学院大
大学界を代表するチームが頂点をかけて戦う


130615NUMATA.jpg この日から日本体育大学深沢校舎のアリーナに場所を移した新人戦は、準決勝2試合と順位決定戦が行われた。

 まだ荒削りな新人戦チームは、勝負どころで一気に片がつくパターンが多い。ゲームの流れの掴み方を経験の中から学んでいく過程にあるとも言える。結果だけ見れば大きな差がついている試合が多いが、実際に勝負を決しているのは場面場面のちょっとした部分だ。

 こうした戦いを経て、決勝進出を果たしたのは固いディフェンスで相手を押さえた前年覇者東海大と、平面バスケと優れた機動力で攻撃を仕掛ける青山学院大。大学を代表する2校が、新人戦でも決勝で対決することとなった。

 法政大順天堂大による順位決定戦は、#20込山(2年・G)と#94平川(2年・G)が立て続けに3Pを沈めた順天堂大がリードを得る。しかし、2Q以降は法政大#16沼田(2年・C)の独壇場に。ゴール下の得点はもちろん、ドライブやミドルシュートを随所に見せてチームを牽引。順天堂大のゾーンも#35山岸(2年・G)の3Pなどであっさりと崩し、一方的にペースを握る。立ち上がりこそ好調だった順天堂大は、3Qで僅か2得点に終わるなどで地力の差を見せつけられた。101—60とした法政大が、5位決定戦に進むこととなった。

130615yamasaki.jpg 明治大大東文化大の試合は、前半は大東大が主導権を握った。#99山崎(2年・F)の多彩なシュートを中心にスコアを伸ばし、#7渡部(2年・F)のダンクなども出て前半だけで23点差をつける。3Q、ややシュート率は落ちるが、リバウンド面で優位に立ち2、3回目のチャンスを活かし続けた大東大は更に追い打ちをかける。明治大はフルコートのプレスを長時間継続して打開を図り、#13三井(1年・PF・札幌日大)の3Pのバスケットカウントなどが飛び出して追い上げ、残り4分で点差を10までに縮める。だが、大東大は下げていた#99山崎をコートに戻すとすぐに3Pを決めて起用に貢献。山崎の活躍で再度点差を広げ、86—66で勝利を収めた。

 ここまでの試合、あまり調子が上がらず「自分でもどうしていいかよく分からなかった」という大東大のエース山崎は、5本の3Pを含む39得点。「ボールを持ちすぎるところがあるので、どんどんさばいて周りにやらせて、スペースが開いた時で自分にいいタイミングがあればやろうかなと思っていたら、いい感じになった」とようやくの復調にホッとした様子。ここまではディフェンスが来ていた中で無理に打っていたが、この試合では判断も良かった。エースの復活で最後を気持ちよく締めくくっていきたいところだ。

写真上:法政大・沼田はこの日35得点と大車輪の活躍だった。
写真下:大東大は追いつかれかけたところでも山崎の3Pが相手を黙らせた。

※大東文化大・渡部選手、法政大・神津選手のインタビューは「続きを読む」へ。

-------------------------------

【3Pが高確率で決まった青学大が2年ぶりに決勝進出】
130615ANDO.jpg 準決勝第一試合は、少数精鋭の青山学院大とベンチメンバー豊富な日本大という対照的なチームの対戦となった。選手層はもちろんサイズ面でも日本大が優位だが、試合は序盤から拮抗した。日本大が#18伊藤(2年・F)のシュートで抜け出すかに見えたが、青学大は#11田中(2年・SF)や#9安藤(1年・SF・四日市工)のミドルで返していき、#13鵤(2年・PG)の活躍ですぐに逆転する。日本大も切れずに#14高橋(1年・SG・札幌日大)の3P、#24刘(2年・C)のバスケットカウントが飛び出し、互いに譲らない。日本大1点リードで1Qが終了。

 2Qに入ると、まずは日本大ペース。#14高橋のジャンパー、#24刘のゴール下でやや点数を離す。だが3分半に#24刘が#13鵤にバスケットカウントを献上。2つ目となってベンチに下がらざるを得ない。#19石川(1年・SG・沼津中央)が孤軍奮闘するがチームではオフェンスが単発となり、青学大は#14柏倉(1年・PG・山形南)の3Pで再逆転に成功。36—32の青学大リードとなって後半を迎える。

 3Q、青学大は#9安藤が3ショットのフリースローを獲得し2投を沈めると、#0船生(2年・F)と#18笠井(2年・PG)が3Pを決め、#11田中が積極的なペネトレイトで得点を続けて一挙に突き放す。日本大はこの重要な場面で#24刘が3ファウル目。タイムアウトを挟んで#20舘と#24刘のツインタワーに布陣を変えるが、#15栗原(2年・SG)がテクニカルファウルを吹かれるなど流れを戻せない。日本大がまごつく間、青学大は#9安藤を中心に3Pを集中して浴びせてこのQ終わってリードを14点に。最終4Qはアウトサイドに加えてバランス良くインサイドでの得点も続いて、後半は一方的に試合を支配。前半こそ競り合ったものの、終わってみれば98—67で完勝し、2年ぶりに決勝へ駒を進めた。

130615ishikawa.jpg「日大が勝つと思っている人の方が多かったと思うし、自分自身も選手層やサイズから見たらタフなゲームになるとは思ってた」船生。ベンチメンバーの豊富さやサイズの面では確かに青学大は劣っていた。しかし、ここまでさほど良くはなかった3Pが安藤を中心に高確率で決まり、オフェンスのバランスが良化。インサイドでの得点や、速攻でのオフェンスも増えていった。決勝で対戦する東海大には、去年は準決勝で敗れた。悔しさを知る2年生が経験の少ない1年生を引っ張り、ライバルに相対したい。

 日本大は刘のファウルトラブルが響き、青学大のシュート率向上でリバウンドでの優位性を強調できない戦いを強いられてしまった。大会成績は3位か4位となるが、しかし明確に「優勝すること」を目標とし、それに着実に接近していることを予感させたことは、リーグ戦で1部復帰を目指す日本大には大きな収穫になるはず。まずは翌日の3位決定戦を勝って、大会を終えたいところだ。

写真:高確率の3Pやドライブなど、多彩なオフェンスで青学大を牽引した安藤。
写真:ベンチ出場ながら3本の3Pでゲームをつないだ日本大・石川。

※青山学院大・船生選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【固いディフェンスの東海大が1Qで大量リード】
130615suzuki.jpg 準決勝第二試合の東海大拓殖大の対戦は、序盤から東海大が大量得点を奪う展開となった。

 ここまで準々決勝の明治大では競り合ったものの、それ以外の試合は#23バンバ(1年・C・延岡学園)の高い得点能力もあって、大きく相手を突き放す試合をしてきた拓殖大。しかしチームディフェンスが固く、高さもある東海大相手にはそう簡単にはいかない。インサイドで簡単に勝負させてもらえず立ち上がりから3P攻勢となるが、なかなか決まってこない。一方、東海大は1年生が躍動。#13中山(1年・G・東海大相模)がレイアップ、スティールにと思い切りの良いプレーを見せ、#33鈴木(1年・F・山形南)もシュートに、ブロックにと攻守に活躍。さらにはチームの牽引役である#0ベンドラメ(2年・PG)が速攻、アシスト、シュートと安定した働きを見せる。オフェンスの重い拓殖大は#24満島(2年・G)を入れて流れを変えようとするが、残り3分で#23バンバのバスケットカウントが決まった後は無得点。反対に東海大は#0ベンドラメが相手スローインをカットして#45頓宮(2年・C)につなぐ好ディフェンスを見せると、最後は3Pで閉めて1Qで29-12とリードを奪った。

130615akaishi.jpg 2Qも拓殖大は得点が取れない時間帯が続いた。東海大は#19三ッ井(1年・PF・東海大三)の3Pで幕を開けると、#21橋本(2年・C)が軽やかなターンシュートでバスケットカウントを奪い、着々とリードを広げる。拓殖大は#23バンバが3P中心で攻撃し、2Q後半になってこれが決まり始め#0岡本のダブルクラッチや#99赤石の3Pが続くが、追い上げとまではいかず45-27で前半終了。

 3Qの序盤、東海大は#21橋本が3ファウルになってベンチへ。ここで拓殖大が#99赤石のミドルシュートを皮切りに、ディフェンスを引きつけてからのアシストなどが出始め、残り約4分で点差を10に縮めた。東海大は#21橋本をコートに戻し、ここから#21橋本、#0ベンドラメといった主力がきっちり得点して再び20点差に戻して3Q終了。4Qもゲームの流れは変わらず、77-60で試合終了。東海大が2年連続決勝へと進んだ。

 強いディフェンスで相手を止めた東海大。バンバに29点を献上したが、それ以外は赤石にアウトサイドを決められたほかは得点を取らせなかった。また、スタメン全員の2桁得点も見事。拓殖大はどうしても外中心になったが、3Pは35本のうち9本しか決められず。リバウンド争いでも東海大に12本差をつけられた。バンバが自由なオフェンスを展開する中、周囲がどう合わせていくのかも今後の課題だろう。

写真上:14得点の東海大・鈴木。中山とともにルーキーでスタメン出場しており、アグレッシブなプレーを見せている。
写真下:3本の3Pを決めた拓殖大・赤石。

※東海大・橋本選手、拓殖大・岡本選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.15 (Sat)

【2013新人戦】6/16試合予定

■日本体育大学世田谷キャンパス
11:00 明治大学 vs 順天堂大学(7位決定戦)
12:40 大東文化大学 vs 法政大学(5位決定戦)
14:20 拓殖大学 vs 日本大学(3位決定戦)
16:00 東海大学 vs 青山学院大学(決勝)

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:52  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.15 (Sat)

【2013新人戦】6/15結果

■日本体育大学世田谷キャンパス
順天堂大学60(21-20,14-29,2-32,23-20)101法政大学(順位決定戦)
大東文化大学86(23-11,24-13,17-16,22-26)66明治大学(順位決定戦)
青山学院大学98(19-20,17-12,28-18,34-17)67日本大学(準決勝)
東海大学77(29-12,16-15,14-12,18-21)60拓殖大学(準決勝)

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:51  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.14 (Fri)

【2013新人戦】6/14レポート

東海大・拓殖大・青学大・日本大が
準々決勝を制してベスト4進出


130614ikaruga.jpg 江戸川区スポーツセンターで準々決勝が行われた大会5日目、昨年大会のベスト3に日本大を加えた4チームがベスト4に進んだ。拓殖大と明治大の対戦以外の試合は点差が開く結果となり、ベスト4以上の実力はベスト8からさらに別次元と言えそうだ。敗れた明治大・順天堂大・法政大・大東文化大は順位決定戦に回る。2連勝で5位を勝ち取るのはどこか、こちらも見逃せない勝負となる。

 国士館大に勝利しベスト8進出を果たした順天堂大青山学院大にぶつかったが、今度は思うようなバスケットはさせてもらえなかった。立ち上がり、順天堂大のゾーンにも#0船生(2年・F)が内外で得点を伸ばし、速い展開でリズムに乗った。順天堂大も#20込山(2年・G)や#94平川(2年・G)の3Pで食い下がるが、2プラトン方式でメンバーをフルチェンジしても青学大の勢いは止まらず、状況を打開できない。その後も#13鵤(2年・PG)らがテンポ良く攻めた青学大が108-49で勝利した。青学大は続く準決勝では日本大と対戦する。高さで不利になる部分を平面バスケットでカバーできるか、成り行きに注目したい。

写真:青学大・鵤は、23分間の出場で26得点6スティール5アシストとさすがの活躍。

-------------------------------

【拓殖大対明治大は白熱したシーソーゲームに】
130614yoshimoto.jpg 専修大に逆転勝利を飾ってベスト8に進んだ明治大は、ここまで危なげなく勝ち進んで来た拓殖大と対戦。試合は終始接戦となったが、拓殖大が苦しい展開の中でも最後に流れを掴んで勝利を手にした。

 序盤はどちらも守り合いとなり、ロースコアな立ち上がり。拓殖大は#23バンバ(1年・C・延岡学園)中心に得点を伸ばすが、明治大も要所で3Pが決まって食らいつく。#26小谷(1年・SG・育英)のブザービーターもあり、16-15と明治大が1点リードで2Qに入った。明治大は#23バンバにダブルチームを仕掛けてボールを奪うなどディフェンスで激しさを増す。残り5分半で明治大が5点リードを奪ったが、拓殖大はここから#39成田(1年・G・藤枝明誠)が2本の3Pを含む連続得点に成功し逆転。そこから一進一退が続き、#55吉本(2年・SG)の3Pが決まった明治大が2点リードで試合を折り返す。

 3Q、#55吉本の3Pや速攻、#99平佐田(1年・SG・美濃加茂)のドライブで明治大が勢いに乗り、開始5分で7点差をつけて拓殖大にタイムアウトを取らせる。だが拓殖大も#23バンバがワンマン速攻を決め、さらに#39成田のアシストから#23バンバのダンクが決まって同点に。48−48と同点のまま勝負は最終Qに持ち越された。

130614takusyoku.jpg 4Q、#50伊澤(2年・PF)がターンやジャンプシュートでディフェンスをかわし、果敢に攻めて明治大が勢いに乗る。しかし拓殖大も#0岡本(2年・G)、#24満島(2年・G)の2ガードでトランジションゲームを展開し、ロングパスから#0岡本が決めて残り6分逆転した。そこから白熱したシーソーゲームが続き、残り1分61-61の同点。すると残り56.7秒、際どい判定で#23バンバがフリースローをもらって拓殖大が2点先行。さらに続くオフェンスで明治大はターンオーバーとなり、残り22.7秒で決定打となる#99赤石(2年・C)のミドルシュートが決まって拓殖大が4点差をつけた。ファウルゲームで得たフリースローも#0岡本が落ち着いて2本決め、61−67で拓殖大が競り合いを制した。

 拓殖大は明治大に長く流れを奪われ苦しい時間帯も長かったが、速い展開や#23バンバの奮闘でなんとか粘って並走し、残り1分の攻防で大きな白星を手にした。続く対戦相手は東海大。前大会覇者をやぶって、3年ぶりの決勝進出なるか。対する明治大は逆転負けにはなったものの、ダブルチームも機能し3Pの思いきりの良さも光ってあと一歩のところだった。大黒柱の#50伊澤「チーム全員で守れていた」と手応えも感じた様子。順位決定戦でさらなる経験を積みたい。

写真上:明治大・吉本は3P5本を含む23得点でオフェンスを引っ張った。
写真下:決勝点となるシュートを#99赤石が決め、#23バンバと喜びあう。

※明治大・伊澤選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【勝負どころの3Pで日本大が法政大を振り切る】
130614ryu.jpg 法政大日本大の一戦は、立ち上がりで#24刘の高さを生かした攻撃で日本大が優位に立った。法政大は外からの攻撃が中心になるが確率が悪く、攻めあぐねる。しかし残り3分で#24刘が2ファウルになりベンチへ下がると#16沼田(2年・C)が連続でフリースローを獲得。しかし日本大は#14高橋(1年・SG・札幌日大)が連続得点で8-21と大きくリードして1Qを終えた。

 2Qも日本大は#24刘を下げたまま戦う。法政大はようやくシュートのリズムがよくなり、#1神津(2年・F)の3Pとミドルシュートが続けて決まると、#24加藤(2年・F)も外から2連続。日本大は内外のシュートが決まらない時間帯に7点差にまで追い上げられた。それでも#14高橋や#15栗原(2年・SG)の速攻、Qの終わりにはブザービーターで#14高橋の3Pが決まり、22-33で前半終了。

 3Qの立ち上がり、法政大は#1神津、#15沼田、#加藤の2年生が4連続得点。日本大は開始2分で#15栗原の3Pが決まったあと、外を打っていくも決まらず、残り2分半まで5分以上無得点となってしまう。法政大はその後も#16沼田、#24加藤で得点をつなぎ、残り約1分にディフェンスリバウンドを粘って#7藤井(1年・G・厚木東)から#35山岸(2年・G)へ速攻をつないで遂に39-39の同点に戻した。しかし日本大は#24刘がシュートを返し、交代した#6志貴(2年・PG)の3Pが決まって39-44と逆転を防いで3Q終了。

130614kouzu.jpg 勝負はまだ分からないかと思われたが、4Qの立ち上がりに流れを掴んだのは日本大だった。#15栗原の3Pを幕開けに#29上原(2年・PG)のミドルシュートで点差を10に開いた。法政大の攻撃が単発になる中、日本大はさらに#15栗原、#14高橋の3Pが続き、波に乗った。法政大は外を打っていくが入らず、残り2分になって3Pが3連続で入るが時既に遅し。55-69で日本大が勝利した。

 日本大は刘がベンチへ下がっている間に追い上げられたが、高橋の要所の3Pを始めとする活躍もあって逆転されずに試合を乗り切った。法政大は沼田が20点14リバウンドと攻守でこれまで同様見事な活躍。神津、加藤といったフォワード陣も奮起した。しかしここまで得点源としてチームを助けてきた藤井、山岸のアウトサイドが決まらなかったのが痛い。順位決定戦に回るがそれぞれがここまでいい仕事をしているだけに、仕切り直したい。

写真上:ベンチへ下がる時間帯もあったが、やはりここぞというときのリバウンドでは強かった日本大・刘。
写真下:2本の3Pで見せた法政大・神津。神津兄弟の三男坊。

※日本大・高橋選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【高さ、確実さと固い守りで東海大が強さを見せる】
130614nakayama.jpg 東海大大東文化大のベスト4争いは、終始東海大がリードして進める展開となった。ゲームの序盤は東海大#21橋本(2年・C)のミドルシュートに#0ベンドラメ(2年・G)から#45頓宮(2年・C)へのアシスト、#13中山(1年・G・東海大相模)のシュートなどで一気に得点し、波に乗る。大東大はこうした攻撃にディフェンスが対処しきれないうえに#99山崎(2年・F)が3ファウルとなった痛手もあって出遅れるが、少しずつシュートを決めて追い上げ、1Qは21-15の東海大6点リード。

 2Qになると東海大は#19三ッ井(1年・PF・東海大三)のオフェンスリバウンド、#20今野(2年・SG)の3Pが出るとベンチも応援団も大盛り上がり。しかし大東大は#68花井(1年・SG・東海大三)の3Pが2本決まり、追い上げ開始。#25小松(1年・PG・沼津中央)も小気味よいリードでシュートにアシストにと活躍した。東海大は#13中山のファウルが込んでくるが、ここぞというときには#0ベンドラメが確実にシュートを決めて大東大を黙らせる。大東大はインサイドの大きな東海大相手ではどうしても外中心になり#17寺崎(2年・PG)、#7渡部(2年・F)の3Pもあるが、東海大も#45頓宮がゴール下で得点して39-32と東海大リードのまま前半を終えた。

130614hanai.jpg 3Qは#45頓宮のオフェンスリバウンド、ターンシュートなどが光り、#0ベンドラメも3Pで援護射撃すると一気に差が開いた。大東大はファウルトラブルが厳しくなり得点が伸ばせない。東海大は3Qで62-46と大きな差をつけると4Qも余裕を持ってゲームを進めると86-63で勝負を決め、準決勝に進出した。

 東海大は橋本、ベンドラメの主力が別格の存在感を見せる。ビッグマンでありながら外のシュートを鮮やかに決めてくる橋本に、高い運動能力で攻守に非凡なプレーを連発するベンドラメは簡単に止められない。そこに頓宮や1年生たちが絡んで得点するバリエーションも多い。固いディフェンスも見どころだ。

 大東大は花井が6本の3Pを決め、#7渡部が果敢に攻撃したがなかなかそれ以外の反撃ポイントを作れなかった。北村や吉田といったセンター陣は東海大相手に苦心した。1年生だけにまだこれからだが、内外が噛み合えば大きく成長できそうなチームだけに残りの順位決定戦に期待したい。

写真上:勢いある攻撃を見せる東海大・中山。1年生の#33鈴木とともにスタメンで活躍している。
写真下:見事な3Pを次々沈めた大東大・花井。東海大三出身のため、東海大応援団からも声がかかっていた。

※東海大・頓宮選手、三ツ井選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.14 (Fri)

【2013新人戦】6/15試合予定

■日本体育大学世田谷キャンパス
13:00 順天堂大学 vs 法政大学(順位決定戦)
14:40 大東文化大学 vs 明治大学(順位決定戦)
16:20 青山学院大学 vs 日本大学(準決勝)
18:00 東海大学 vs 拓殖大学(準決勝)

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:37  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.14 (Fri)

【2013新人戦】6/14結果

■江戸川区スポーツセンター
明治大学61(16-15,16-15,16-18,13-19)67拓殖大学
青山学院大学108(36-16,27-12,30-13,15-8)49順天堂大学
法政大学55(8-21,14-12,17-11,16-25)69日本大学
東海大学86(21-15,18-17,23-14,24-17)63大東文化大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:30  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.13 (Thu)

【2013新人戦】6/13レポート

大会はいよいよベスト8が決定
順天堂大、日本大はシード校の壁を破る


130613banba.jpg 6試合が行われた大会4日目のこの日は、ベスト8のうちの残りの6チームが決定した。昨年に引き続きその座を守った明治大、拓殖大、青山学院大、東海大の4チームのほか、順天堂大と日本大は、それぞれ国士館大・筑波大を破ってベスト8に入った。各チームの実力が未知数である新人戦は、勝敗の予想がし難いことも大会の魅力のひとつ。さらなる高みへ上り詰めるのはどのチームか、大会終盤の争いも見逃せない。

 昨年4位の拓殖大玉川大の対戦は、開始直後に拓殖大が#23バンバ(1年・C・延岡学園)がアリウープダンクを披露して会場のどよめきを誘うと、その後も#23バンバの高さを生かして優位に立った。玉川大は攻撃の端緒が開けず、立ち上がりに苦心。1Q終盤になって速攻なども出て、1Qは13-20と拓殖大の7点リード。2Q以降も拓殖大はリードしたまま試合を進め、差を広げていく。1年生メンバーの多い玉川大はこれに追いつくことができず、3Q終了時には30点近く離されてしまった。4Q頭に#14石田(1年・PF・富田)の3Pが2本続けて出るなど少しいい部分も見えたが、その後が続かず65-83で試合終了。拓殖大は全員出場でベスト8出場を決めた。

写真:注目ルーキーの拓殖大・バンバはまだ余裕あるプレーぶり。

-------------------------------

【4Qに流れを掴んだ明治大が専修大に逆転勝利】
130613izawa.jpg 初戦の接戦を制した専修大は、昨年5位の明治大と対戦した。専修大は序盤、明治大の大黒柱である#50伊澤(2年・PF)に仕事をさせず、17-16とほぼ同点で1Qを終える。すると2Q、#6渡辺(1年・F・福岡第一)のバスケットカウントやフリースローで専修大が勢いに乗った。#50伊澤のバスケットカウントで#6渡辺が2ファウルとなって下がるが、#24田代(2年・F)が3Pや速攻でリードを保ち続ける。しかし明治大もタイムアウトで流れを変え、#55吉本(2年・SG)の3Pや#5會田(1年・PG・市立柏)と#50伊澤の連携プレーなどで追い上げて33-35と2点差に留めて試合を折り返した。

 3Q、専修大は下がっていた#6渡辺がコートに戻りオフェンスリバウンドに躍動するが、開始2分で#50伊澤に対して3つ目のファウルを吹かれ再びベンチに。伊澤のこのフリースローで明治大が同点に追いつき、その後も#5會田の速攻などでリズムを掴んだ。それでも専修大も悪い流れの中で#13石上(2年・G)がドライブを決め、ディフェンスでも踏ん張って一進一退。49-50とほぼ点差のないまま最終Qに入る。

130613iwano.jpg 4Qは、明治大に流れが傾いた。開始30秒、#26小谷(1年・SG・育英)のバスケットカウントで#6渡辺を4ファウルに追いやると、さらに#50伊澤がインサイドで粘って先行。専修大も#6渡辺のドライブなどでついていくが、エース#24田代にマークが二人寄ってターンオーバーを誘われる。終盤は#55吉本や#20秋葉の3Pが追い討ちをかけるように決まり、83-62で明治大が逆転勝利を飾った。

 専修大は良い活躍をしていた#6渡辺のファウルトラブルが手痛く、「気持ちで負けていた」(#13石上)と終盤は明治大の勢いに呑まれてしまった様子。3Qまでほぼ互角だっただけに、惜しい試合となった。対する明治大は我慢して食らいつき、4Qで34得点と爆発。仕掛けどころを抑えた試合運びがうまく働いた。次の相手は拓殖大。「伊澤がバンバ(拓殖大#23)につく経験をできることは大きい」と塚本HCは選手の経験を重視している。大物ルーキー#23バンバにどう対抗するか、要注目だ。

写真上:明治大・伊澤は徐々に調子を上げて31得点18リバウンドの活躍。
写真下:専修大の司令塔・岩野はシックスマンながら長く出番を得た。

※専修大・石上選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【4Qに爆発した順天堂大がベスト8へ】
130613yanagisawa.jpg 順天堂大国士舘大の一戦は大いに盛り上がりを見せた。順天堂大は立ち上がりに#20込山(2年・G)の3P、#38中村(2年・F)のシュートでまずまずの出足。しかしその後ファウルや相手のブロックで流れが止まってしまうと、一気に5人をメンバーチェンジ。ディフェンスに奮闘するものの立て続けにファウルしてしまうとスタメンに戻して仕切り直し。だが、これが切り替えになったか#20込山、#38中村が連続得点。国士舘大はインサイドの#9馬(1年・C・日本航空)が1Qでファウル3となってしまい、なかなか思うような展開にならない。順天堂大は終盤に3本の3Pで26-17とリードして1Qを終えた。

 2Q、国士舘大が#13笵(1年・C・美濃加茂)のゴール下や#4石井(2年・F)の3Pで追い上げる。順天堂は点が止まるが、またも5人をセカンドメンバーに替え、ディフェンスで粘って同点にされるのは阻止。国士舘大はポイントゲッター#22原(2年・F)のアウトサイドがなかなか決まらず、反撃しきれないまま33-31と順天堂大がリードを守って前半終了。

130613hara.jpg 3Qは互いに点を取り合うシーソーゲームとなった。順天堂大は#38中村が中心。ゴール下でターンなどを使って相手をうまくかわしてシュート。国士舘大は#22原がドライブでペイントを割り、交代した#18知花(1年・G・小禄)や#4石井の3Pで反撃。最後には#18知花が一対一から切れ込んでシュートを決め、47-52と国士舘大が逆転して4Qへ。

 勝負の4Q、オフェンスに火が付いたのは順天堂大だった。ほとんどミスをせずシュートを決め続けて逆転に成功。国士舘大は開始3分で逆転されるとこの点の取り合いについていくことができず、失速。順天堂大が4Qに33点を稼ぐ猛攻で見事なベスト8進出を果たした。

 順天堂大はシュートが好調で1Qから着実に決めていった。流れが止まる時間もあったが、ツープラトンでそれをしのぎ、うまく勝利の流れを掴み切ったうれしいベスト8。一方の国士舘大は全体的に外のシュートが悪すぎた。普段ほとんど波のない原のアウトサイドがなかなか決まらず、全員のシュートが低調。サイズは勝っていたがインサイドでも勝負できなかった。ここしばらくベスト8の座を守っていたが、これで陥落することとなってしまった。

写真上:シックスマンとしていい活躍を見せた順天堂大・柳澤。
写真下:国士舘大・原はドライブを中心に得点を稼いだが、得意の外をなかなか決められず、流れを引き寄せられなかった。

※順天堂大・中村選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【青山学院大が慶應義塾大を平面の攻守で圧倒】
130613kasai.jpg 昨年3位の青山学院大慶應義塾大との対戦。後半になって青山学院大が一気に突き放し、91-49の大差でベスト8進出を決めた。

 立ち上がり、慶應義塾大はファウルが続いてしまい、青山学院大にフリースローを次々に与えてしまう。最大14点まで離されてしまうが、#5大元(2年・G)、#13真木(2年・G)のシュートでやや持ち直し、1Qは22-14と8点差に詰めると2Qの頭に#5大元の2本の3Pで点差は2。青山学院大はターンオーバーが続くが#0船生(2年・F)が攻め込みバスケットカウントなどで再び差を開いた。慶應大はインサイドの#7黒木(2年・C)がファウル3となりベンチへ。交代した#8清家(2年・F)がふんばりを見せるがオフェンス面では青学大のディフェンスを破れず前半は31-24と青山学院大が7点リードで終えた。

 後半、ここから追い上げたい慶應大だったがシュートが入らずターンオーバーから一気に差をつけられてしまう。青山学院大は速攻を何度も出して慶應大を引き離し、3Q終了時には53-38と点差が15になると、4Qもそのままの勢いで得点を重ね、91-49で勝利した。

 今年のチームは高さがなく、平面での勝負をしているという青山学院大。足を使った攻撃で後半一気に慶應大を突き放した。船生、鵤、安藤といった機動力ある選手たちが躍動し、ディフェンス面では慶應大のポイントゲッター大元を笠井がしっかりとマーク。真木も安藤がしっかり押さえ、何度もターンオーバーを奪う活躍だった。慶應大は1対1を主体にしたオフェンスだったが、「1対1でそれぞれが孤立してしまった」(大元)と、青学大のディフェンスを突破できず多量のターンオーバーを犯す形で大差をつけられた。

写真:初戦のコメント通り、好ディフェンスで大元を押さえた笠井。

※青山学院大・安藤選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【序盤から勢いを見せつけた日本大が筑波大を下す】
130613kurihara.jpg 昨年準優勝の筑波大日本大と対戦したが、1Qから大きく差をつけられる展開となった。ゲームの立ち上がり、日本大は#18伊藤(2年・F)の連続得点に#14高橋(1年・SG・札幌日大)のシュートで波に乗ると、#24刘(2年・C)の高さもあって一気にゲームを支配。筑波大は#92村越(2年・PF)が3P、ミドルシュートなどで得点するのがやっと、ゴール下での勝負ができず1Qは19-6と13点の日本大リード。2Qも日本大の勢いは止まらず、#20舘(2年・C)が連続得点でチームを更に盛り上げて37-19とリードして前半終了。

 3Qの立ち上がり、筑波大は#16小松(2年・SG)が攻めて得点していくものの、中盤以降は#24刘、#20舘のツインタワーがそびえるインサイドを攻略できず#16小松以外が決まらない。日本大はミスも出るが余裕ある戦いは変わらず4Qも筑波大を圧倒して66-46で勝利。ベスト8へ進出した。

 筑波大は1Qが一桁に終わってしまった出だしが響き、リバウンドでも日本大に22本の大差をつけられてしまった。小松が積極的に攻めたが、それ以外の選手が一桁得点に終わってしまったのも痛い。日本大はリバウンドの強さに加え、全員の攻め気が良い方向に現れた。メインガードの佐野がケガで欠場しているが、豊富なタレントがそれをカバー。新人戦は全体チームでも主力であるメンバーたちで戦っているが、トーナメントは接戦をすべて落としてしまった。ぜひともここで結果を出したいところだろう。

写真:日本大・栗原は16得点でチームハイ。高橋、伊藤といった面々も2桁得点でこれに続いた。

※日本大・舘選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【注目の一戦は東海大が早稲田大を圧倒】
130613hashimoto.jpg 前大会覇者の東海大と、タレント豊富な早稲田大の対戦は、予想以上に大きく明暗が分かれる結果となった。

 東海大はエース#0ベンドラメ(2年・PG)が試合の入りから全開。強気にリングにアタックして次々得点をさらうと、#21橋本(2年・C)の3Pも続いて東海大が主導権を握った。早稲田大は#36澁田(1年・G・京北)の3P、#11河合(1年・G・洛南)のミドルシュートでなんとか食らいつこうとするが、速攻を決められず、東海大の好守を前に攻め手に欠く。失点もこのQ26得点と、#0ベンドラメを起点とする東海大の攻撃を止められなかった。2Q、3Qも東海大はディフェンスがよく機能し、3Qが終わって60-30と大差がつく。4Qも危なげない試合運びで早稲田大の追撃を許さず、74-53で試合終了となった。

 早慶戦からすぐ大会に入った早稲田大は「疲れもあったかも知れない」と主将の#2木澤。いつもは決まるようなシュートもこの日は入らず、攻守で圧倒される形となった。一方の東海大は新人戦チームでもディフェンスのうまさを発揮。ターンオーバーも多かったがそれを失点につなげず、オフェンスでは#0ベンドラメが23得点でチームを牽引して#21橋本も3Pやミドルシュートが好調だった。次はベスト4をかけて大東大と対戦する。

写真:東海大の大黒柱、橋本はベンドラメに次ぐ16得点9リバウンド。

※東海大・ベンドラメ選手、早稲田大・木澤選手のインタビューは「続きを読む」へ。
 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.13 (Thu)

【2013新人戦】6/14試合予定

■江戸川区スポーツセンター
11:00 明治大学 vs 拓殖大学
12:40 青山学院大学 vs 順天堂大学
14:20 法政大学 vs 日本大学
16:00 東海大学 vs 大東文化大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:09  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.13 (Thu)

【2013新人戦】6/13結果

■国立代々木競技場第二体育館
明治大学83(17-16,16-19,16-15,34-12)62専修大学
順天堂大学80(26-17,7-14,14-21,33-16)68国士舘大学
玉川大学65(13-20,11-21,18-29,23-13)83拓殖大学
青山学院大学91(22-14,9-10,22-14,38-11)49慶應義塾大学
日本大学66(19-6,18-13,15-16,14-11)46筑波大学
東海大学74(26-10,17-9,17-11,14-23)53早稲田大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:06  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.12 (Wed)

【2013新人戦】6/12レポート

すべてのチームが出揃った本戦3日目
ベスト8にまず名乗りを上げたのは大東大と法政大


130612ogino.jpg 大会3日目のこの日は4試合が行われた。第1試合と第2試合で明治大と国士館大が登場し、これで本戦出場の全40チームが初戦を終えた。また第3試合、第4試合はベスト8入りをかけた戦いとなった。順位決定戦を含めて最終日まで残ることができるベスト8は、経験の浅い新人戦チームにとってなんとしても破りたい壁だ。またベスト8に入れば、来年の新人戦もシード権を獲得することができて戦いがぐっと有利になる。初戦よりまた一段階レベルが上った戦いは、大東文化大と法政大がまずポジションを確保した。この先も、よりハイレベルで熾烈な戦いが繰り広げられるだろう。

-------------------------------

 昨年5位の明治大は、4部の学習院大と対戦。1Qは明治大も動きが固く、学習院大のディフェンスも機能して12-11とほぼ互角だったが、2Q以降#55吉本(2年・SG)らの3Pが決まり、インサイドでも#50伊澤(2年・PF)らが奮起した明治大が引き離して89-58で初戦を突破した。しかし学習院大も#23鈴木(2年・G)らが声を出して引っぱり、1年生も#14荻野(1年・G・世田谷学園)や中で体をはった#9小宮(1年・C・西武文理)、積極的に速攻に走った#17安藤(1年・PF・世田谷学園)など、試合に絡む選手が6、7人と少ない中でも奮闘が見られた。予選から5試合、貴重な経験ができたと言えるだろう。

130612ito.jpg 3部の山梨学院大は、昨年6位の国士館大にぶつかった。ディフェンスでよく粘るものの、オフェンスが国士館大の高さと運動量を前にうまくいかない。その間に国士館大は#9馬(1年・日本航空・C)のゴール下や#22原(2年・F)のミドルシュートで引き離した。37-26で入った3Q、山梨学院大は#45伊藤(2年・G)のドリブルや#2森(1年・F・佐久長聖)のシュートで国士館大のゾーンを崩していったが国士館大も攻撃の手を緩めず、#6寺田(2年・C)らののびのびとしたプレーも出て82-41で試合終了となった。国士館大は2m級の留学生インサイドを2名擁し、フォワードも185cm前後の高さが揃っている。その強みを生かせれば、上位進出も見えてくるだろう。

写真上:スティールからワンマン速攻を決める見せ場もあった学習院大#14荻野。期待の1年生だ。
写真下:司令塔を担った山梨学院大#45伊藤。国士館大の#5伊藤雄太は兄。

-------------------------------

【総合力で上回る大東大が東洋大の粘りを振り切る】
130612kitamura.jpg ベスト8を懸け、大東文化大東洋大がぶつかった。試合の入り、どちらもファウルやシュートミスなど慌ただしい展開で落ち着かないが、大東大は#13北村(2年・C)がインサイドで次々ファウルをもらい一歩リードする。対する東洋大は途中からコートの全員が1年生という布陣。#88山本(1年・C・市立船橋)が#13北村を前に中を攻められず、思うように得点が伸びない。このQ10得点に終わって追う展開になると、2Qも大東大ペースで試合は進んだ。東洋大は#2山口(1年・F・桐光学園)が高確率でシュートを決め、#12古賀(1年・G・前橋育英)もロールターンから鮮やかにゴール下にパスを通して得点を演出するが、大東大もルーズボールのこぼれ球から#5佐藤(2年・SG)が3Pを決めて味方を盛り上げるなど譲らない。#68花井(1年・SG・東海大三)の3P、#99山崎(2年・F)のバスケットカウントで39-21とさらに引き離して後半へ。
 
130612yamaguchi.jpg 3Qは東洋大も粘った。大東大の得点が停滞する間に、#13小川(1年・PF・都立高島)がうまいフェイクでディフェンスをかわし、#2山口も2本の3Pを決めて残り5分半9点差に。しかしこの苦しい場面でも#7渡部(2年・F)や#13北村のシュートで大東大はそれ以上詰めさせず、56-41と点差を保って4Qに入ると、Qの出だしで2本の速攻を決めて流れを完全に取り戻した。前から激しく当たる東洋大に対しても、#25小松らが落ち着いて運び、#13北村が確実に加点。#7渡部のダンクまで飛び出し、終わってみれば85-62と大東大が快勝でベスト8に駒を進めた。

 交代要員もスタメンに見劣りすることないプレーを見せ、内外バランス良く攻めた大東大。この日は特に#13北村がシックスマンながら22得点12リバウンドと頼もしい活躍だった。次はベスト4をかけて東海大と早稲田大の勝者と戦う。どちらにせよ手強い相手だが、チーム力で突破なるか。
 
 東洋大は「まだ“1年生”という感じでまとまれなかった」(#12古賀)と言うよう、粘っても勝負所でもう一踏ん張りできない脆さがあった。それでも能力の高さを感じさせたルーキーも多く、まだまだこれからというところだろう。試合後は監督や上級生たちからの反省のあとも、1・2年生だけでずっと話し合っていた。見つかった課題を、一人一人これからの成長につなげたい。

写真上:インサイドで体を張った大東大・北村はミドルシュートも積極的に打った。
写真下:ドライブや3本の3Pで23得点のチームハイを稼いだルーキー山口。まわりに声もよくかけていた。

※東洋大・古賀選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【勝負どころで落ち着いて対処した法政大が勝利】
130612yamagishi.jpg 初戦で白鴎大と対戦し、接戦を勝ち切った法政大。この日は昨年7位の日本体育大との対戦になった。1Qは点を取り合う形。法政大は立ち上がりに#24加藤寿一(2年・F)の3Pバスケットカウントで波に乗った。日体大は序盤で点が取れず出遅れるが、徐々に追い上げ1Qは16-21の法政大リード。

2Qは17-16と点差では互角。法政大は開始2分で得点源の#16沼田(2年・C)を一度ベンチに下げるが、日体大はこの間に#14大城(1年・G・福岡第一)の3Pや#75赤土(1年・C・美濃加茂)のバスケットカウントなどもあって、じわじわ点差を詰める。残り3分には#34加藤 慧(2年・G)の3Pで2点差にまで迫るが、続く攻撃で#88万(2年・C)がダンクを失敗して同点ならず。逆に法政大は#1神津(2年・F)のオフェンスリバウンドや#16沼田のバスケットカウントを含む連続得点で再び10点近く引き離した。だが日体大も#35佐々木(2年・F)がバスケットカウントを返し、#34加藤慧がスティールから速攻に走り33-37と4点差にして前半終了。

130612matuda.jpg3Q、立ち上がりはスティールや3P、リスタートからの速攻など、互いにいい部分を出しあうが、法政大は#7藤井(1年・G・厚木東)や#16沼田のシュートで再び10点近く差を広げた。タイムアウトで仕切り直す日体大は#99打江(2年・G)の3P、#14大城のシュートなどで食らいつく。法政大はオフェンスが停滞し、残り約4分、日体大#85赤土のシュートで49-49と遂に同点に追いつかれてしまう。しかし直後に得点源の一人である#75赤土がファウル3でベンチへ。しばらくシーソーゲームとなるが、法政大は#7藤井の3Pを始め、残り2分で一気に12得点を奪い51-61と10点リードすることに成功。4Q、日体大は#39松田(2年・F)のシュートなどで反撃の口火を切るが、法政大も#7藤井のシュートが落ちない。日体大は得点差を詰めるまでには至らず、最後は66-77で法政大が逃げ切って勝利した。

法政大は沼田と加藤の2本柱がダブル・ダブル。速攻や3Pでチームを引っ張る山岸も19得点をあげ、ルーキー藤井もシュートが好調で15点と4人が2桁得点。全員バスケでの勝利だ。一戦目は沼田のファウルトラブルで危うい場面もあったが、この試合ではそうした不安もなく、落ち着いてゲームを進めた。

日体大はアウトサイドを打つ攻撃が目立ったが、3Pを法政大より10本多く打ちながら、確率が上がらなかった。万の高さをあまり生かせず、相手にフリースローを多く与えてしまったのも惜しい。大城や赤土といった1年生は思い切りの良いオフェンスを続けた。能力のある選手たちだけに、今後の成長に期待したい。

写真上:速攻や3Pなど、攻撃の先頭を切る場面が多い法政大の主将・山岸。プレーでチームをしっかりと牽引している。
写真下:日体大の主将・松田は声を出してチームを鼓舞するが、思うように結果が出ず。秋に期待したい。

※法政大・沼田選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.12 (Wed)

【2013新人戦】6/13試合予定

■国立代々木競技場第二体育館
10:00 明治大学 vs 専修大学
11:40 順天堂大学 vs 国士舘大学
13:20 玉川大学 vs 拓殖大学
15:00 青山学院大学 vs 慶應義塾大学
16:40 日本大学 vs 筑波大学
18:20 東海大学 vs 早稲田大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:48  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.12 (Wed)

【2013新人戦】6/12結果

■国立代々木競技場第二体育館
明治大学89(12-11,26-11,19-13,32-23)58学習院大学
山梨学院大学41(8-14,18-23,10-24,5-21)82国士舘大学
大東文化大学85(17-10,22-11,17-20,29-21)62東洋大学
日本体育大学66(16-21,17-16,18-24,15-16)77法政大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:44  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.11 (Tue)

【2013新人戦】6/11レポート

第1〜第4シードが登場しいよいよ新人戦も本格化
いずれも相手を圧倒し、初戦を突破


130612bendorame.jpg 本戦2日目、上位シード校が初戦を迎え、それぞれ初戦を突破した。今年の新人戦は各有力校にタレントも豊富で、どのチームにも注目点がある。どこがベスト8に進むか、次戦以降が最大の見どころになるだろう。また、予選から勝ち上がったチームはここで大会終了となったが、合計5戦をこなし、実戦経験を積めた実のある大会になっただろう。

-------------------------------

 昨年7位の日本体育大は、4部の上武大と対戦。激しいディフェンスで1Qの失点を6点に抑え優位に立った。上武大も#2下宮(2年・F)や#34新保(2年・F)の3P、#17八木澤(2年・F)の速攻で2Q以降は日体大とほぼ同じ点数を稼ぐが、序盤のつまずきが響いて88-69で試合終了。控えも使いながら危なげない試合運びだった日本体育大。次は法政大と対戦する。

120611ishida.jpg 昨年4位の拓殖大は、能代工の元監督・加藤三彦氏が指揮をとり近年力をつけつつある西武文理大と対戦。1Q、中を固めたディフェンスを見せる西武文理大に対し、拓殖大は序盤から大物ルーキー#23バンバ(1年・C・延岡学園)が3本の3Pを決めて相手の勢いを削いだ。西武文理大も#1田中(2年・PG)を起点に#2石田(2年・SG)、#3新井(1年・SF・西武文理)の両ウイングが高確率でシュートを決めて食い下がるが、#39成田(1年・G・藤枝明誠)のシュートや#23バンバのバスケットカウントでのダンクで拓殖大がじわじわ点差を広げていった。98-68で試合終了となったが、予選からの勝ち上がりである西武文理大も70点近い点数を取るだけの力を見せた。今後も注目のチームだ。拓殖大は余力を残しながら初戦突破。次は3部の玉川大と対戦する。

 昨年3位の青山学院大は予選から勝ち上がった明治学院大と対戦。ゲーム序盤から#0船生(2年・F)が積極的に攻め、春はケガをしていたという#9安藤(1年・SF・四日市工)も伸びやかなプレーを披露し、相手を引き離した。明治学院大は#43呉(2年・F)を中心に攻め、最後まで奮闘するが129-63で青山学院大が初戦突破。次は慶應義塾大学とベスト8をかけて対戦する。

 昨年準優勝、筑波大は予選勝ち上がりの埼玉大との対戦になったが、高さで勝る筑波大が1Qから39得点と一気に突き放す形となった。埼玉大は2Qになって持ち直すが、残りのQで一桁の得点で終わってしまい38-118で筑波大が勝利。筑波大はゴール下で安定した活躍の#92村越(2年・PF)や、思い切りのいいオフェンスの目立った満田(1年・SF・北陸)ほか、今期の新人戦もタレント揃い。次戦はやはりタレント豊富な日本大学との対戦になり、注目の一戦になる。

 ディフェンディングチャンピオン・東海大は予選勝ち上がりの国際武道大と対戦。激しいディフェンス・オフェンスで序盤からリードを奪った。国際武道大は#5大蔵(2年・G)のシュートなどで反撃するが、差は大きく116-48で試合終了。#0ベンドラメ(2年・G)や#21橋本(2年・C)を序盤でベンチへ下げての余裕を見せた。次は早稲田大との対戦になるが、こちらも見逃せない試合となろう。

写真上:東海大の主将はベンドラメが務める。ユニバーシアードメンバーとしての合宿もある中、どのようにチームに影響を与えるかが見どころだ。
写真下:西武文理大の石田はシュートのうまさが光る。

※青山学院大・笠井選手、筑波大・小松選手、国際武道大・大滝選手のインタビューは「続きを読む」へ。

-------------------------------

【東京経済大が善戦するも東洋大が3Qを制す】
130611yoshikawa.jpg 昨年の新人戦でベスト8入りを果たした東洋大は、3部の東京経済大と対戦した。前半まで勝負はほぼ拮抗していたものの、要所の決定力で勝る東洋大が東京経済大を退けた。
 
 1Q、東京経済大は出だしから#2狩野(2年・F)の3本のミドルシュートが決まり幸先の良い立ち上がり。だが東洋大も途中からコートに入れた#12古賀(1年・G・前橋育英)がアシストで得点を演出し、並走した。互いに速攻を出し合うトランジションゲームとなるが、#34内田充洋(1年・G)のバスケットカウントや#81安孫子(1年・SF)のドライブで東京経済大が一歩抜け出す。東洋大はフリースローを得るも確率が悪く、追う展開となった。だが23-19で入った2Q、東洋大の変則的なディフェンスを前に得点が停滞する東京経済大に対し、東洋大は#13小川(1年・PF・都立高島)の速攻や#11中村(1年・PG・幕張総合)の2連続3Pで逆転。しかし東京経済大も#13内田竜之介(1年・G)のバスケットカウント、#33脇黒丸(1年・F)と#19平野(2年・C)の3Pで一気に巻き返し、そう簡単にリードを渡さない。一進一退が続き、46-46と同点で3Qへ。

120611toyodai.jpg 試合が動いたのは3Q。序盤は東洋大もターンーオーバーが出るが、#88山本(1年・C・市立船橋)や#55井上(2年・F)がオフェンスリバウンドに飛び込み、#52浅井(2年・F)や#11中村、#2山口(1年・F・桐光学園)が3Pを決めて東洋大が一気に抜け出す。東京経済大はジャンプシュートがリングに弾かれオフェンスが単発に終わってこのQ11得点。一気に17点のビハインドを負って4Qに入った。4Qも東京経済大は#19平野や#22櫛田がリバウンドに粘るも、なかなか決めきれずに点差を縮められない。そのまま東洋大が3Qでつけた点差を保ち、98-80で勝利した。

 勝負所で「2部との差を見せつけられた」と東京経済大#19平野。高さのない中でも粘りを見せたものの、3Qの失速が惜しかった。しかしトーナメントに続いて、2部のチームとも戦える実力は発揮している。熾烈な3部リーグでもこの春の経験を生かしたい。一方の東洋大は、190cm台が2枚と高さもあり、シュート力もある。昨年に引き続いてのベスト8進出をかけ、次は大東文化大との対戦になる。

写真上:東京経済大、主将の吉川。声を出して1年生を引っ張った。
写真下:東洋大は#55井上以外が全員1年生という時間帯も長かった。

※東京経済大・平野選手のインタビューは「続きを読む」へ。
 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.11 (Tue)

【2013新人戦】6/12試合予定

■国立代々木競技場第二体育館
13:00 明治大学 vs 学習院大学
14:40 山梨学院大学 vs 国士舘大学
16:20 大東文化大学 vs 東洋大学
18:00 日本体育大学 vs 法政大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:53  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.11 (Tue)

【2013新人戦】6/11結果

■国立代々木競技場第二体育館
日本体育大学88(23-6,23-18,17-20,25-25)69上武大学
東京経済大学80(23-19,23-27,11-28,23-24)98東洋大学
西武文理大学68(18-27,13-23,18-28,19-20)98拓殖大学
青山学院大学129(26-15,30-13,34-19,39-16)63明治学院大学
埼玉大学38(10-39,15-25,7-30,6-24)118筑波大学
東海大学116(37-10,23-13,32-11,24-14)48国際武道大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:49  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.10 (Mon)

【2013新人戦】6/10レポート(代々木第二体育館)

新人戦本戦がスタート!
延長戦や逆転勝利に沸いた代々木第二


130610okura.jpg 新人戦の本戦がいよいよ開幕した。新人戦は経験の浅い1・2年生にとってはゲームを経験する絶好の機会であり、2年生のリーダーシップやルーキーたちの物怖じしない思いきりの良さなど、全体チームの試合とはまた違う見所がある。この日は代々木第二体育館と大田区総合体育館の二会場で行われ、代々木第二では6試合が行われたが、第一試合からオーバータイムにもつれる展開に。その後も逆転勝利や接戦のゲームが見られ、初日から白熱した。

-------------------------------

 第一試合、国際武道大明星大の試合は、勝負所で流れが二転三転する試合となった。序盤から#4大滝(2年・G)や#5大蔵(2年・G)のシュートで長く国際武道大が先行していたが、ディフェンスからブレイクで流れを掴んだ明星大が逆転し、#4鈴木(2年・SG)の活躍もあって残り2分6点リード。しかしここから国際武道大が巻き返し、逆に3点のリードを奪い返した。このまま試合を終えるかと思われたが、残り6秒スローインから明星大#29藤由(2年・SF)が勝負強い3Pを沈めて同点に。試合は延長戦に突入した。延長戦も接戦が続くが、終盤の勝負強さでは国際武道大が一歩上手。ノーマークや1on1を確実に決め、87−82で明星大を下した。

130610tanaka.jpg 第四試合、予選から勝ち上がった千葉大は3部の東京経済大と対戦。#0佐藤(2年・PF)のバスケットカウントなどで序盤は食らいついたが徐々に引き離され、94−65で東京経済大が勝利した。第五試合の玉川大神奈川大の試合は、なかなか点の伸びない神奈川大を尻目にリバウンドやルーズボールに飛び込んだ玉川大がブレイクを連続で出して勢いに乗り、80−49で快勝。最終試合の西武文理大成城大の対戦は、高さや選手層で上回る西武文理大がハイスコアを叩き出して128−48で圧倒した。

写真上:国際武道大#5大蔵。プレーや声で味方を引っ張った。
写真下:ゲームをコントロールする#1田中(2年・PG)。西武文理大は選手それぞれの役割が確立されている。

※明星大・藤由選手のインタビューは「続きを読む」へ。

-------------------------------

【後半勢いに乗った早稲田大が中央大に逆転勝利】
130610yamamoto.jpg 本戦初日でいきなり1部同士のぶつかり合いとなった注目の一戦は、中央大が前半リードするが早稲田大が3Qから巻き返す展開となった。

 序盤は両者ロースコアな立ち上がりとなるが、先に主導権を握ったのはインサイドで#27宍倉(2年・C)が奮起した中央大。体の強さを生かしてゴール下を着実に決めていき中央大がリードを広げた。早稲田大はブロックに遭うなどペイントエリア内で決めきれず、外のシュートも確率が落ちる。#16山本(2年・F)が速攻に走り、#11河合(1年・G・洛南)も#27宍倉にぶつかって反り返りながらもシュートを決めて会場をどよめかせるなど要所で点を伸ばして食らいつくが、2Qも依然として流れは中央大に傾いた。パスランの形で#18國政(2年・F)が決め、#10渡部(2年・SG)もきれいな3Pを決める。さらには#25森(1年・PF・明成)がタップでねじ込み中央大が2Q開始3分半で10点差をつけた。しかし早稲田大もタイムアウトを挟んで流れを変え、#36澁田(1年・G・京北)が走り込んでリバウンドシュートや#34池田(2年・G)の3Pなどもあり、3点差に留めて前半を終えた。
 
130610yagihashi.jpg すると3Q、ここから早稲田大が挽回。開始早々#11河合が後半の先制点を奪い、#36澁田の速攻も続いて開始1分と経たずに逆転。早稲田はディフェンスも冴え、中央大の24秒オーバータイムを誘うなど攻守で勢いに乗った。中央大は開始3分近く得点を奪えず、#27宍倉がファウルトラブルに陥るなど不穏な空気が流れる。#32水江のフックシュートで味方がひと際沸くが、#38宮脇のフリースローや#34池田のジャンプシュートでじわじわと早稲田大がリードを広げていった。結局中央大はこのQで6点しか奪えず、10点差で最終Qへ。4Q、早稲田大は#16山本のリバウンドシュートや#11河合の1on1が光りさらに点差を広げていく。中央大は3Pを打っていくが一矢報いることは叶わず、66-54でタイムアップとなった。

 後半失速する形となってしまった中央大。しかし「そこまで力の差はなかった」(#18國政)と言うよう、前半まで主導権を握る時間帯も長かった。あとはディフェンスに煽られた時のオフェンスや、ファウルトラブルなど見えて来た課題を、成長の鍵とできるか。早稲田大は序盤なかなかリズムに乗れなかったが、徐々に本来の力を発揮していった。早慶戦から中1日という過酷なスケジュールの中、コンディショニングの難しさもあっただろう。次の対戦相手としては前回大会覇者の東海大の可能性が高い。ひとつの山場を超えられるか。

写真上:機動力を生かした早稲田大#16山本。
写真下:中央大は1年生の八木橋がゲームメイク。全体チームでも控えの司令塔として期待したい。

※中央大・國政選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【大東文化大が粘って立教大を接戦で下す】
130610morikawa.jpg大東文化大立教大の対戦は、1年生の思い切りの良さも光った立教大が先行したが、たびたび引き離されても食らいついた大東大が逆転に成功して勝利を手にした。

 開始から怒濤の猛攻を見せたのは立教大。インサイドの要である#9阿部(2年・C)を起点に、#15三上(1年・G・北陸)らがシュートを決めて開始3分半で一気に12得点を積み上げる。大東大も#99山崎(2年・F)のシュートで対抗するが、なかなかリズムをつかめない。しかし立教大は1Q終盤に#9阿部が3つ目のファウルを吹かれてベンチへ下がり、1Qを終えて14-23とリードしながらもやや暗雲がたちこめる。すると2Q、ここから大東大は#68花井(1年・SG・東海大三)が3P、バスケットカウントを決めて一気に差を縮めた。しかしあと2点という場面で立教大の激しいディフェンスを前にミスが重なり、その間に#17森川(1年・G・札幌日大)らの速い攻撃で立教大が10点リードに押し戻す。それでも大東大は#25小松(1年・PG・沼津中央)が森川へのディフェンスで粘り、前半終了間際にブレイクを連続で出して結局2点差で後半へ。

130610watanabe.jpg 3Q、開始7秒で立教大は#14望月(1年・G・沼津中央)がバスケットカウントを獲得する活躍を見せるが、大東大も#7渡部(2年・F)のシュートが好調。互いに決め合い試合は拮抗した。残り5分、大東大は#7渡部の2本のリバウンドシュートもあって逆転からリード。しかしその後すぐさまその#7渡部が4つ目のファウルでベンチに下がり、その後も大東大は連続でファウルを吹かれて勢いにブレーキがかかった。その間に立教大はフリースローでコツコツ点を重ね追いつき、2点差で3Qを終える。

 4Qも2点差以内の白熱した展開が続いた。互いにシュートがこぼれて我慢の時間帯となるが、#13北村(2年・C)がリバウンドに奮闘し、#68花井が2本のシュートを沈めた大東大がやや優位に立つ。立教大も#9阿部のシュートで1点差に詰め寄るが、大東大は#99山崎、#13北村がシュートを決めて譲らない。さらには残り1分半、決定打となる#68花井の3Pが決まり6点差をつけて勝負を大きく引き寄せた。立教大はファウルゲームから#17森川が決めていくものの、73-67で大東大が接戦をものにした。

 大東大は相手の勢いに飲まれる場面もあったが、粘り強さを発揮。立教大のセンターのファウルトラブルに乗じて、リバウンドで主導権を握ったことも大きかった。まだまだ荒削りな部分はあるものの、ベンチメンバーも人材抱負で伸びしろが楽しみなチームだ。一方の立教大は、悔しい逆転負けとなった。しかし力の差はほぼなく、激しいディフェンスや素早い展開はらしさが見られる。試合後はうつむく1年生に2年生たちが「来年は勝てよ」と声をかけていた。この悔しさをリーグ戦でメンバーに入り返すことができるか。

写真上:立教大#17森川は圧倒的なスピードを披露した。
写真下:大東文化大・渡部はリバウントと得点で勝利に大きく貢献。

※大東文化大・山崎選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.10 (Mon)

【2013新人戦】6/10レポート(大田区総合体育館)

接戦に沸いた本戦初日は
延長戦や僅差の試合の続く緊張感ある展開に


130610numata.jpg関東大学トーナメントより約1ヶ月、1、2年生のみで戦う関東大学新人戦の本戦が幕を開けた。大田区総合体育館では10試合が行われ、序盤戦ながら延長戦にもつれる熱い戦いも見られた。

-------------------------------

aコート第一試合、慶應義塾大東京成徳大と対戦。立ち上がりこそもたついたが、リバウンドとディフェンスから得意の速いスタイルに持ち込み、#13真木(2年・G)、#5大元(2年・G)らが次々と得点を重ねて105-58で勝利を納めた。早慶戦の翌々日ということもあって楽ではないスケジュールだが、次の相手は強豪・青山学院大。ベスト8をかけた戦いに挑む。

aコート第三試合、法政大白鴎大の戦いは、一時逆転されるものの法政大が逃げ切った。1Qはファウルトラブルで白鴎大が苦しんだ。法政大は#16沼田(2年・C)が好ディフェンスで白鴎大の#23ジャニ(1年・C・八王子)へボールが入るのを阻止。早々にベンチへ送り返すことに成功する。しかし2Qになると今度は法政大がターンオーバーを連発し、得点がストップし、ファウルも続いた。白鴎大は#7川島(1年・SF・若松商)の3Pで逆転すると、一気に10点の差をつける。しかし法政大も3Qにはいると持ち直し、#7藤井(1年・G・厚木東)の連続3Pや#35山岸(2年・G)のスティールなども出て逆転。これで焦ってしまったか、白鴎大はオフェンスの攻め手に欠き、徐々に引き離されて84-67で法政大が勝利した。

aコート第四試合は、全体メンバーでも主力メンバーで構成された日本大関東学院大が対戦。前半は日本大が優位を保ってややリード。3Qになって10点以上のリードを奪った日本大だったが、やや集中力を欠いた時間帯に、関東学院大がディフェンスから反撃。何度もターンオーバーを奪ってQ終了のブザーとともに放った#45大熊(2年・G)のシュートが決まり、関東学院大が点差を6点に詰めて終了。しかし4Qの立ち上がりに日大が畳み掛けて再び10点差。関東学院大も#38蜂谷(2年・G)を中心にトランジションで粘って再度点差を詰めていくが、残り3:42、#38蜂谷とともに中心的な活躍をしていた#24高橋(2年・C)がファウルアウト。そして2:35、エース#38蜂谷が1on1でオフェンスファウルを取られ、続けて退場に。2本の柱を失った関東学院大は追い上げ叶わず、71-55で日本大が勝利を収めた。

bコートでは3部以下同士の戦いが続いたが、山梨学院大に加え、予選から勝ち上がった学習院大埼玉大上武大明治学院大の5校が勝利し、次戦へ進出した。

写真:法政大・沼田はファウルトラブルで苦しくなりながらも攻守で活躍。

※慶應義塾大・福元選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【延長戦の末、順天堂大が1点差で駒澤大を下す】
130610komiyama.jpgaコート第二試合、順天堂大駒澤大の2部対決は高さで勝る順天堂大が互角の点差からじわじわ引き離すが、駒澤大も粘って追い上げ、前半は30-26の順天堂大リードで終了。しかし3Qに#20込山(2年・G)の3Pなども決まった順天堂大が10点近くのリードを得る展開に。駒澤大は持ち味であるトランジションで追い上げをはかるが、勝負どころで決定力を欠く場面が続いた。それでも激しいディフェンスからターンオーバーを奪っていった駒澤大が、#11中野(2年・G)、#1井野(2年・PG)などのガード陣の牽引により4Q残り3分で4点差にまで詰め寄るふんばり。突き放したい順天堂大だがシュートが決まらず、残り1分で同点にされてしまう。しかし駒澤大も最後のシュートを決められず試合は延長戦へ。

 延長戦は互いにゴール下を決めあった後、膠着状態が続いた。均衡を破ったのは順天堂大#20込山の3P。続けて#14柳澤(2年・F)のドライブ、#20込山のミドルシュートで順天堂大が優位に立った。3点差を追う駒澤大の最後の攻撃は、3Pが打てず2点シュートにとどまり70-69で試合終了。順天堂大がベスト16へと進んだ。

写真:勝負どころでのシュートが大きかった順天堂大・込山。


【江戸川大の追い上げをかわし、専修大が初戦突破】
130610watanabe_20130611123411.jpgaコート最終戦の江戸川大専修大は、最後までわからない緊迫感のある試合となった。前半は専修大のペースだった。江戸川大が緊張感もあったかシュートが決まらず、リバウンドも取れないのに対し、専修大は立ち上がりでフリースローを連続でもらい、アウトサイドも決まって波に乗った。江戸川大は2Qに入りやや持ち直すし、ゾーンで専修大を止めるが前半は29-38と追い上げられず。

3Qも専修大ペース。#6渡辺(1年・F・福岡第一)や#7國分(1年・F・名古屋大谷)らの得点で最大18点差をつけた。しかし残り4分にリバウンドやオフェンスの柱となっていた#6渡辺が4ファウルになってベンチへ下がると流れが江戸川大に傾く。#3王(2年・C)のオフェンスリバウンドを支配し、ガード陣が鋭いドライブで得点を重ねて49-55。専修大は残り4分ノーゴールに終わった。

4Q、勢いを得た江戸川大は開始2分半で遂に追いつくと、5分で逆転。専修大は#6渡辺をコートに戻し、ここからは互いに意地のシーソーゲームとなった。専修大はエース#24田代がオフェンスの主軸として奮闘。相手に守られながらも得点していく。残り1:19、専修大は#6渡辺がファウルアウト。その直後に江戸川大#3王がミドルシュートを決めて64-64と気迫を見せる。しかし専修大は#24田代が決め返し、次の江戸川大のオフェンスがミスになると再び#24田代のシュートで64-68と残り14.5秒で4点リードに成功。江戸川大はファウルゲームを仕掛けるも時間が足りず、最後は64-69で専修大が逃げ切った。

江戸川大は高さや人数では優位にありながら、試合序盤のシュートとリバウンドでゲームを支配するきっかけを失った。後半になって得意のトランジションが機能したが、勝負どころで専修大に屈した。専修大はスタメンの3人が1年生で、人数も少ない中、立ち上がりで流れを掴み、後半のファウルトラブルを我慢して最後はエースがきっちりと仕事を果たした。次の戦いも自分たちの流れにできるかどうかが大事だろう。

写真:ファウルトラブルで退場したが、専修大・渡辺の存在感は大きかった。

※専修大・田代選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.10 (Mon)

【2013新人戦】6/11試合予定

■国立代々木競技場第二体育館
10:00 日本体育大学 vs 上武大学
11:40 東京経済大学 vs 東洋大学
13:20 西武文理大学 vs 拓殖大学
15:00 青山学院大学 vs 明治学院大学
16:40 埼玉大学 vs 筑波大学
18:20 東海大学 vs 国際武道大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:12  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.10 (Mon)

【2013新人戦】6/10結果

■国立代々木競技場第二体育館
国際武道大学87(24-13,20-26,14-11,14-22,*15-10)82明星大学 *OT
早稲田大学66(14-18,17-16,19-6,16-14)54中央大学
大東文化大学73(14-23,19-12,22-18,18-14)67立教大学
東京経済大学94(22-17,23-17,22-12,27-19)65千葉大学
神奈川大学49(11-19,16-22,11-17,11-22)80玉川大学
成城大学48(14-26,14-30,8-35,12-37)128西武文理大学

-------------------------------

■大田区総合体育館
・aコート
明治学院大学103(22-20,22-23,26-15,33-19)77東京学芸大学
山梨学院大学90(25-10,22-15,30-11,13-21)57首都大学東京
上武大学81(14-9,17-12,25-9,25-23)53國學院大學
埼玉工業大学62(16-14,12-32,12-19,22-21)86埼玉大学
学習院大学71(25-15,14-15,17-18,15-10)58東京農業大学

・bコート
慶應義塾大学105(20-6,29-7,27-22,29-23)58東京成徳大学
順天堂大学70(14-11,16-15,21-12,10-23,*9-8)69駒澤大学 *OT
法政大学84(22-14,14-31,33-10,15-12)67白鴎大学
関東学院大学55(10-16,12-22,18-8,15-25)71日本大学
江戸川大学64(10-21,19-17,20-17,15-14)69専修大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:08  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.10 (Mon)

【2013新人戦】6/10試合予定

■国立代々木競技場第二体育館
10:00 国際武道大学 vs 明星大学
11:40 早稲田大学 vs 中央大学
13:20 大東文化大学 vs 立教大学
15:00 東京経済大学 vs 千葉大学
16:40 神奈川大学 vs 玉川大学
18:20 成城大学 vs 西武文理大学

-------------------------------

■大田区総合体育館
・aコート
11:00 明治学院大学 vs 東京学芸大学
12:40 山梨学院大学 vs 首都大学東京
14:20 上武大学 vs 國學院大學
16:00 埼玉工業大学 vs 埼玉大学
17:40 学習院大学 vs 東京農業大学

・bコート
11:00 慶應義塾大学 vs 東京成徳大学
12:40 順天堂大学 vs 駒澤大学
14:20 法政大学 vs 白鴎大学
16:00 関東学院大学 vs 日本大学
17:40 江戸川大学 vs 専修大学

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  05:10  |  2013新人戦  |  Top↑

2013.06.07 (Fri)

【告知】第71回早慶バスケットボール定期戦

第71回早慶バスケットボール定期戦

開催:2013/06/8(土)
会場:国立代々木第二体育館
時間:
9:00~開場
9:15~男子Bチーム戦(7分4Q)
10:30~OG戦(7分スルー4Q)
11:30~OB戦(7分スルー4Q)
12:30~開会式
13:00~女子戦(10分4Q)
14:50~男子戦(10分4Q)
16:30~閉会式

当日券/1,000円
※小学生以下は入場料無料

試合当日、ジェイネットTVで有料ライブ配信を予定。 試合のDVD(男子・女子)も同サイトで販売されます。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:43  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |