FC2ブログ
2012年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


サイトを移行しました。現サイトはアーカイブとして継続してご覧いただけます。
http://bojweb.com

2012.11.21 (Wed)

【2012インカレ】11/21フォト(代々木第二)

121121kanoya.jpg
鹿屋体育大は女子部が応援に駆けつけ、声援も華やかに。さすがの東海大応援団も押される形だった。終盤の3P攻勢では応援も沸き返った。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  2012インカレ  |  Top↑

2012.11.21 (Wed)

【2012インカレ】11/21フォト(墨田区総合体育館)

121122hw.jpg
青学大・畠山と浜松大・和田は激しくやりあった。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2012インカレ  |  Top↑

2012.11.21 (Wed)

【2012インカレ】11/21レポート(墨田区総合体育館)

関東4チームがベスト8進出を決めた墨田総合体育館
地方校もそれぞれの良さを発揮し奮闘を見せる


 墨田区総合体育館ではベスト8を決める2回戦が4試合が行われた。オールジャパンへの出場、そしてインカレの最終日まで試合を続けられるベスト8はベスト16とは一味違う世界。その壁は地方校にとっては険しく、トーナメント左の山は青山学院大・大東文化大・明治大・専修大と4試合ともに関東1部校が勝ち上がった。それでも地方校も何度も踏ん張りを見せ、それぞれに手応えもあった試合内容となった。


20121121nakahigasi.jpg 白鴎大を破って2回戦に進出した仙台大は、関東7位の明治大と対戦。立ち上がりこそ仙台大も得意のバックドアや#75我妻(4年・CF)のドライブで幸先の良いスタートを切ったが、すぐに明治大の3P攻勢が火を吹いた。1Qだけで#12中東(2年・SF)が4本、#2目(3年・SG)が1本決めると、続く2Qでも#2目は5本を沈めて絶好調。前半だけで合計10本と驚異の3P攻撃が功を奏した明治大は、ディフェンスでもオールコートプレスで仙台大のミスを誘い、大量リードを奪った。仙台大も#20田賀(4年・C)が攻め気を見せ、4Qには#14佐藤(4年・SG)らが連続で3Pを決める見せ場を作るも、明治大を脅かすにはいたらず。64-45で試合終了となった。

 3年連続で1回戦を突破した富山大と関東5位の大東文化大の試合は、互いに華麗な1on1や勝負強い3Pで会場を沸かせる試合となった。立ち上がりで大東大がインサイドの強みを生かし15-4と先行するも、#24志村(4年・G)らが次々3Pを沈めた富山大が怒涛の追い上げを見せて1Qは23-17。続く2Qも#25志村が好調で、#35中村(2年・F)のドライブなどもあって富山大が一時逆転からリードを奪った。しかし大東大も#14岸本(4年・G)が相手の歓声を黙らせるような3Pを決め、#43鎌田(4年・C)のバスケットカウントで再度逆転すると、そこからリバウンドを掌握してじわじわリードを広げていく。12点リードで4Qに入ると、開始早々追い打ちをかけるように#99山崎(1年・G・弘前実業)が1本、#14岸本が2本の3Pを決めてリードを20点に広げ、そのまま89-62で快勝した。富山大は#25志村が32得点と奮闘したが、もう一人の得点源#24湯浅(4年・F)は#41小山らの好守に阻まれなかなか調子が上がらなかった。大東大は高さの強みを生かし、リバウンドで19本の差をつけて快勝した。

121121nagayoshi.jpg 東海地区1位の浜松大は、第一シードの青山学院大にぶつかった。序盤から高い位置でディフェンスを仕掛ける青山学院大がスティールからの速攻でやや先行し1Qは21-14。だが続く2Q、浜松大は#33和田(4年・G)のドライブ、#41戸島(3年・SG)のミドルシュートが軽快に決まって4点差に。しかしフリースローを2投落として勢いにブレーキがかかると、青学大#32畠山(3年・PG)が好守でチャージングを誘い、#56比江島(4年・SG)の3Pが続いて流れが一転した。二桁リード奪って保持する青学大に対し、浜松大も2Q終盤#33和田が青学大のアンスポーツマンライクファウルを誘って流れを作り、#45ジャーラ(4年・C)の得点で再び4点差に詰め寄ったが、後半は立て直しを図って素早い速攻で相手を置き去りにした青学大がリードを広げた。3Qを22-10として差をつけると、最後はベンチメンバーも出場させながら81-57で青学大が快勝した。

写真上:3Pが6/6と絶好調だった明治大・中東。ダンクまで決めた。
写真下:青学大#25永吉と浜松大#45ジャーラは同じ延岡学園高校出身。パワフルな対決を見せてくれた。


※仙台大・我妻選手、田賀選手、浜松大・和田選手、ジャーラ選手のインタビューは続きを読むへ。 

-------------------------------

【大阪学院大が善戦するも専修大はエースが本領発揮】
121122kosaka.jpg 大阪学院大は今季から1部に復帰したばかりではあるが、春の関西学生バスケットボール選手権を2連覇、西日本学生バスケットボール選手権で初優勝を飾り、リーグ戦でも近畿大に続いて2位となった有力チーム。5年ぶりにインカレへの切符を手にし、ベスト8を賭けて関東4位の強豪・専修大とぶつかった。大阪学院大は長くリードを保って善戦したものの、最後は専修大の地力が勝り75-62で専修大がベスト8進出を決めた。

 序盤から互角の戦いが続いた。大阪学院大も専修大の堅い守りになかなか点が伸びないが、専修大もオフェンスリバウンドは取れても197cmの#22小阪(3年・C)を前になかなかシュートを決めきれない。#22小阪のインサイドで加点していく大阪学院大に、専修大は#22樋口(4年・PF)のゴール下、#11宇都(3年・G)の速攻で対抗し、1Qは14-14と同点になった。すると2Q、序盤はシーソーゲームとなるが、専修大はタフショットが続き、ファウルが吹かれずオフェンスが伸び悩む。その間#7石原(4年・PG)が巧みなドライブでディフェンスをかわし大阪学院大がややリード。しかし#11宇都にスティールされて#20合田(1年・G・淀川工)がアンスポーツマンライクファウルを吹かれるなどリードを広げられず、5点以内の僅差で専修大がついて行く形が続いた。そのまま27-32と大阪学院大リードで後半へ。

 3Q、もったいないミスでやや集中を切らす専修大だが、#11宇都が飛び込みリバウンドで気迫を見せ、ディフェンスも高い位置から当たった。大阪学院大はこの苦しい場面で#7石原が2連続でドライブからファウルをもらい7点リードに広げるも、専修大#33館山(4年・G)が3Pを返し、#11宇都のリバウンドシュートで2点差に。すると3Q終盤、大阪学院大は#22小阪が#11宇都を豪快にブロックするが、#11宇都も今度はそれを読んでドライブで引きつけノーマークの#22樋口に上手くアシスト。このゴール下シュートで3Q残り1分逆転すると、#11宇都の1on1は止まらず、わずか1分間の間に3連続得点に成功して逆に7点リードをつき返した。

121121uto.jpg 49-42と専修大リードで入った4Q、大阪学院大は#99藤田(2年・C)が2連続得点に成功し残り4分4点差と迫り勝負はまだ分からず、#10後藤(2年・PG)を起点に息の合ったパス回しから得点していく。しかしこの大事な場面で、#33館山が価値ある3Pを決め、#11宇都もマッチアップしたディフェンスが引いて守っているところで遠目のジャンプシュートを決めて専修大が残り4分9点リードに。その後時間を使いながら要所で攻める専修大は、残り2分、#11宇都がバスケットカウントを獲得して点差を二桁にした。これが決定打となり、大阪学院大は追いつくことができずに75-62で試合終了となった。

 大阪学院大は小阪の存在感や石原を起点とした息の合った素早い展開は十二分に通用していたものの、専修大のエース宇都を止めきれず。高さの部分でリバウンドに苦しんだことも大きかった。しかし終盤まで専修大を苦しめ、関西2位の実力の高さをうかがわせる試合に。3年生以下も多いだけに、来季再びのチャレンジを待ちたい。

 専修大は笛にも悩まされたが、勝負どころでオフェンスリバウンド、堅守からの速攻といい形が出た。その展開へとチームを引っ張った宇都は38得点13リバウンドと2項目でチームハイの活躍。関東上位校のプライドを守り、我慢の試合を勝ちきってのベスト8進出となった。今年は練習からガツガツと本気の姿勢で取り組んできたと言う勝負の年。まだまだ上を狙い続けるだけだろう。

写真上:小阪は22得点12リバウンド4ブロックでチームに貢献。
写真下:38得点13リバウンドの活躍で勝利を引き寄せた専修大・宇都。

※大阪学院大・石原選手のインタビューは「続きを読む」へ。

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2012インカレ  |  Top↑

2012.11.21 (Wed)

【2012インカレ】11/21レポート(代々木第二)

愛知学泉大が早稲田大を下し一回戦突破
地方勢に粘りの見えた一回戦残り6試合


121121kumagae.jpg 代々木第二と墨田総合体育館の2会場に分かれて行われた男子3日目、代々木では一回戦の残り6試合が行われた。この日は差がついたゲームもあったが、地方勢が関東勢に肉薄するゲームも多く、そう大きな実力の差を感じさせない試合も多かった。その中で愛知学泉大早稲田大を下して一回戦突破。また、関西学院大同志社大はあとわずかが届かず初戦で敗退した。

 東北1位の岩手大は、関東10位の日本大と対戦した。チームの最高身長が181cm、スタメンのほとんどが170cm台と高さのない岩手大に対し、日本大は1部の中でも屈指の高さを誇るチーム。岩手大はそれでも激しいディフェンスから#4吉田(4年・G)らがスティールを何本も成功させ食らい付くが、2Q終盤次々3Pを決めた日本大が一歩抜け出し、その後も#24劉(1年・C・北陸)、#1坂田(3年・F)が高さを活かし優位に立った。だが岩手大も、16点ビハインドで入った4Qで再び盛り返す粘りを見せる。前からディフェンスを仕掛けて相手のミスを誘い、#8田中舘(3年・F)のシュート、#4吉田の3Pで残り7分8点差に。しかし追い上げもここまでとなり、#29上原(1年・PG・興南)がディフェンスの穴をついてゴール下を決め、#11飛田(4年・SG)も3Pを決めて突き放し91-73で日本大が勝利した。

 関東9位で出場の日本体育大は東海3位の中京大と対戦。サイズのない中京大はミドルシュートが決まらず1Qから出遅れた。日体大は#11北川(3年・SG)、#21熊谷(4年・PF)を中心に得点し、1Qで23-9と差をつけると終始リードしてゲームを進めた。中京大は後半にディフェンスをゾーンにチェンジ。すると日体大も次々ターンオーバーを犯して追い上げられてしまう場面も。中京大は4Qに#13杉本(2年・G)のバスケットカウントで7点差にまで詰め寄るが、その後は日体大がインサイドの得点と3Pを3連続で沈めて71-54。一回戦を突破した。

 九州3位の鹿屋体育大は関東2位東海大と対戦。鹿屋体育大は前日の女子の試合を男子が応援したように、今度は女子が男子の応援に訪れ、賑やかな声援を送った。声援に後押しされるようにゲームの出足は鹿屋体育大がディフェンスで襲いかかり、ターンオーバーを奪って一気に得点。しかし8点以降は東海大の激しいディフェンスに遭い、東海大の高さもあってシュートがなかなか打てず8-23と離されてしまう。2Qも手を緩めない東海大に対し7点しか奪えず、前半で15-42。しかし後半は#1内村(4年・PG)が1on1で、#17小野(4年・CF)、#88丸山(4年・PF)がアウトサイドで思い切りの良いシュートを放ち、後半だけで6本の3Pを沈めて意地を見せる。後半の点数だけならわずか2点差と頑張りを見せ、50-79で試合終了。東海大が一回戦を突破した。

写真:ダンクに行く日体大・熊谷。

※岩手大・吉田選手のインタビューは「続きを読む」へ。

--------------------------------

【守りに加え積極的なオフェンスで愛知学泉大が勝利】
121121taguti.jpg 関東8位の早稲田大は東海2位の愛知学泉大と対戦。愛知学泉大のディフェンスに苦しんでビハインドを負う展開となり、一時逆転したが愛知学泉大の勢いある攻守に阻まれ、一回戦で敗退した。

 立ち上がりは大きな差はなかったが、じわじわ差をつけたのは愛知学泉大。序盤から#6森川(3年・SF)がドライブを仕掛けていき、#2松元(4年・SG)のアウトサイド、#31井上(4年・C)もタップでシュートを押し込むなど、オフェンスが機能。ディフェンスでは自慢の激しいマンツーマンで簡単に早稲田大に攻撃させない。1Qは16-21とし、2Qの立ち上がりもファウルが続いて波に乗れない早稲田大に対し、#24田口(3年・PG)の3P、バスケットカウントが出てリードを11点に開いた。スロースターター気味の早稲田大はここから#21河上(3年・F)が奮起。ディフェンスを受けながらフェイダウェイでミドルシュートを次々沈め、#6大塚(4年・G)のシュート、#15木村(2年・F)の速攻も出て#21河上の3Pで同点に追いつく。しかし#6大塚が2Q最後に3ファウルとなり、後半に不安を残した。

 3Q、愛知学泉大はディフェンスをゾーンにチェンジ。早稲田大の得点が停滞し、その上#6大塚が4つ目のファウルを吹かれてピンチを迎える。ここがチャンスと見た愛知学泉大は交代した#12武津(2年・G)を囲みターンオーバーを誘うと、そこから再び10点近くリード。早稲田大は#6大塚を戻さざるを得ない状態となるが、ゾーンがなかなか崩せない。愛知学泉大も外が落ちる時間帯に入り、残り3分は無得点となった。早稲田大はオフェンスリバウンドからようやく速攻の形が出かかり、残りわずかになってここまで怪我とファウルで満足な働きのできなかった大塚が、この日最高のパスを出す。ペイント内に切れ込んだところをゴールを背にしてくるりと止まると、ゴール下へ走りこんだ#21河上へ完璧なタイミングで背面パスを出してこれが決まった。大きく会場がどよめく中、53-59と早稲田大が6点差に戻して3Q終了。

121121kawakami.jpg 4Q、追い上げる早稲田大は#34池田(1年・G・京北)がドライブを決め、オフェンスリバウンドからのお家芸、#8玉井(3年・G)、#21河上の連続速攻で流れを作り同点にすると、#21河上の3Pで開始3分についに逆転。しかし愛知学泉大も慌てなかった。#12佐藤(3年・SG)のミドルシュート、#6森川の3P、#31井上のポストプレーが続き、再びリードを奪い返す。早稲田大は#21河上が再度3Pを決めるがその後のオフェンスが続かない。愛知学泉大は最後まで集中を切らさず、71-76で試合終了。2008年以来の一回戦突破を決めた。

 愛知学泉大の山本監督はマンツーマンとゾーンをうまく使って早稲田大を止めた。特に森川のところで木村のディフェンスとのズレを狙い、積極的にドライブを仕掛けたと言う。その他の選手もいつも以上によくシュートを決めたことを評価した。次は東海大が相手。遠征でもよく戦う相手だが、ぶつかっていくだけだろう。

 早稲田大は大塚が本調子ではなかったことが大きいが、木村のところで得点を伸ばせなかった。河上が36点と奮闘したが、その他が少なく、3Pも河上の3本だけに終わってしまった。なんとか1部残留を決めたが、インカレまで短期間しかなかったことも響いたようだ。

写真上:15得点で松元、森川に続いた愛知学泉大の田口。
写真下:早稲田大・河上は36点。内外巧みなバスケットを見せた。

※愛知学泉大・松元選手、森川選手びインタビューは「続きを読む」へ。


【同志社大が追い上げるも拓殖大にわずかに届かず】
121121suzuki.jpg 関東6位の拓殖大と関西4位の同志社大の対戦は、一時突き放した拓殖大に同志社大が追いすがったが拓殖大が逃げ切って勝利した。

 1Qは25-25、2Qも13-13と全く互角。1Qは互いに点を取り合う状態となり、
2Qは互いに速攻のミスやファウルで伸び悩んだ。同志社大は激しいディフェンスで#11佐々木(4年・C)を自由に動かせず、拓殖大は#1鈴木(4年・G)が難しいシュートを決めていく。しかし拓殖大は2Qで#40藤井(3年・G)が3つ目の笛を吹かれてファウルトラブルに。同志社大も#28山本(3年・SG)も同様に4つ目でベンチへ。どちらも主導権をつかめないまま38-38で後半へ。

121121isikawa.jpg しかし、3Qで流れを掴んだのは拓殖大。#11佐々木、#94長谷川の得点で流れを作り、#1鈴木の速攻も出てこのQで16点のリードを奪うことに成功。同志社大は得点が伸びず10点に終わってしまった。しかし4Q、立ち上がりで同志社大は#15谷口(2年・PF)、#2石川(3年・PF)、#28山本らが立て続けに得点を奪い、じわじわ詰め寄っていく。拓殖大はオフェンスリバウンドからの速攻は何本か出るものの、それ以外が続かない。同志社大は#53荒谷(1年・PF・洛南)の2本の3Pとフリースローなどで残り3分で5点差にまで追い上げに成功。しかしこの後の拓殖大もうまかった。ディフェンスで24秒を耐えると、次に#40藤井がテイクチャージの活躍。これで流れが切れた同志社大は外を打っていくが入らない。拓殖大は#14大垣(2年・SF)のシュートで78-70として同志社大のリズムを断ち切る。同志社大は最後に#15谷口が1本決めるが反撃はそこまで。79-72で拓殖大が勝利した。

 拓殖大は3Qで突き放したが最後再び追い上げられてしまった。フリースロー確率も悪く、シュートのタッチに今後はかかってきそうだ。同志社大は3年生以下の下級生がコートに多く出ている状態で、石川を中心に得点を重ねたが惜しくも届かず。しかし成長が期待できるチーム、来期に期待したい。

写真上:鈴木は16得点。苦しい時に欲しいシュートを入れた。
写真下:同志社大は石川を中心に攻めた。まだ3年生、来期に期待したい。


【終盤に流れを掴んだ筑波大が関西学院大に逆転勝利】
121121umetu.jpg 関東4位の筑波大は関西3位の関西学院大と競り合い、終盤まで後手に回ったゲームとなった。

 筑波大はこの日#6西村(3年・G)をスタメンに据え、その西村が序盤に連続得点。関西学院大はミドルシュートを中心に得点を重ね、互角の立ち上がりになった。筑波大は#47砂川(4年・PF)、#32武藤(3年・C)のところが激しいディフェンスを受けて機能しない。1Q終盤にガードを#21笹山(2年・G)にチェンジし、立て直しをはかった。1Qは18-16と関西学院大が2点リードし、2Qに入ったがここから関西学院大はシュートが入らず4分ほど得点がストップ。特にミドルシュートがメインだがこの確率が上がってこない。しかし一方の筑波大もターンオーバーやオフェンスファウルが続き、逆転はしたものの膠着状態に。結局互いに点が取れずに25-26で前半終了。

 3Q、筑波大は#50梅津(4年・C)の3連続得点でやや抜け出したかに見えた。しかし関西学院大も#3川嶋(4年・PG)や#9西(2年・SG)のシュートでついていく。筑波大は一時5点差をつけるが前半で3ファウルになっていた#32武藤に続き、#47砂川が4ファウル。逆に関西学院大の#22源中(4年・PF)にオフェンスリバウンドやミドルシュートを決められ1点差にされると#21笹山までファウル3になる悪循環。ここで関西学院大は#1井上(2年・PG)のスティールで逆転に成功。37-36で4Qに入った。

121121takahashi.jpg 4Q、筑波大が流れを変えられず、関西学院大もファウルが嵩みながらもリードを保っていく。残り5分、ここまで無得点だった筑波大#47砂川がようやくの得点を決めて44-44の同点に戻すと、砂川が大きく声を上げながら拳を振り下ろし、ベンチも喝采。関西学院大はタイムアウトを取ってゲームを整え直そうとするが、#47砂川にフリースローを与えてしまう。ここで筑波は#32武藤、#34池田(3年・SF)の得点で流れを作るが、関西学院大も#3川嶋の3Pで譲らない。さらに筑波大はここでゾーン。関西学院大は3Pを続けて打っていくが当たらず、4点差を追って残り32.5秒でファウルゲームに。残り4秒で3点差にするが、筑波大のスローイン前に#3川嶋がファウルを犯してこれがアンスポーツマンライクファウルとなり万事休す。筑波大は最後を落ち着いて処理し、49-55。苦しみながら初戦を制した。

 筑波大は序盤からの砂川、武藤のファウルトラブルに加え、笹山がベンチスタートだったこと、坂東に打たせる形にできなかったことで苦戦を強いられた。しかも3Pが0本と、外のシュートが悪すぎた。リーグ戦中からインサイドの2人がファウルで苦しい展開になった試合が何度かある。次の相手は高さのある日体大だけに、充分注意が必要だ。

 関西学院大は惜しい試合を落とした。ディフェンスは良く何度も筑波大からターンオーバーを奪ったが、攻撃のほとんどをアウトサイドに頼ってしまい、2点のシュートは20/56と確率が上がらなかったのが痛い。内外バランス良く攻められればまた違った展開だったかもしれない。

写真上:筑波大はスタメンのインサイドが機能しない中、梅津の得点が大きかった。
写真下:センターながら積極的に外を打った関西学院大・高橋。

※関西学院大・川嶋選手のインタビューは追って掲載します。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2012インカレ  |  Top↑

2012.11.21 (Wed)

【2012インカレ】11/22試合予定(2回戦)

◆墨田区総合体育館

13:00 拓殖大学vs日本大学
14:40 日本体育大学vs筑波大学
16:20 近畿大学vs天理大学
18:00 愛知学泉大学vs東海大学

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:37  |  2012インカレ  |  Top↑

2012.11.21 (Wed)

【2012インカレ】11/21結果

◆国立代々木競技場第二体育館(1回戦)

岩手大学 73(18-20,14-22,19-25,22-24)91 日本大学
日本体育大学 71(23-9,20-11,8-17,20-17)54 中京大学
早稲田大学 73(16-21,20-15,17-23,20-19)78 愛知学泉大学
拓殖大学 79(25-25,13-13,26-10,15-24)72 同志社大学
関西学院大学 49(18-16,7-10,12-10,12-19)55 筑波大学
鹿屋体育大学 50(8-23,7-19,21-24,14-13)79 東海大学


◆墨田区総合体育館(2回戦)

富山大学 62(17-23,25-16,12-27,8-23)89 大東文化大学
明治大学 64(19-10,19-11,17-10,9-14)45 仙台大学
大阪学院大学 62(14-14,18-13,10-22,20-26)75 専修大学
青山学院大学 81(21-14,16-19,22-10,22-14)57 浜松大学

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:30  |  2012インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |