FC2ブログ
2012年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


サイトを移行しました。現サイトはアーカイブとして継続してご覧いただけます。
http://bojweb.com

2012.11.01 (Thu)

【2012リーグ1部】10/28 拓殖大VS大東文化大

【同率対決は大東大が勝利し5位に】
121028fujiiyusuke.jpg 勝った方が5位、負ければ6位になるという拓殖大大東文化大の対戦は、2Qに逆転した大東大が勝利し、昨年からひとつ順位は下げたが昨年と同じ5割の勝率で5位を獲得した。

 1Q、大東大は#14岸本(4年・PG)が#1鈴木達也(4年・PG)にマークされ、簡単には動かせてもらえず立ち上がりは重い。しかしインサイドでは拓殖大より優位な高さを活かして#43鎌田(4年・C)が得点。拓殖大は#11佐々木(4年・C)のミドルシュートをはじめ#94長谷川(4年・F)、#40藤井祐眞(3年・G)も得点を続ける。速攻なども出て、1Qは21-16と拓殖大がリードした。しかし2Qになると大東大の攻撃が勢いを増す。#19藤井佑亮(4年・SG)のシュートをはじめ、#14岸本がアシスト、ドライブ、当たられながらのミドルシュートと両名で攻撃を牽引。開始4分半で逆転に成功。拓殖大は#40藤井祐眞が攻撃を仕掛けて再三フリースローを得ていくが、大東大は#30鈴木友貴(3年・SG)のスティール、3Pもあって36-40と4点リードで前半を終えた。

121028fujiiyuma.jpg 勝負は3Qで決した。拓殖大のファウルが続く間に大東大は#30鈴木友貴、#19藤井佑亮の連続3Pで12点のリードをに成功。ファウルが出る時間帯もあったが、3Pのバスケットカウントを含む4本の3Pが効いて、このQで45-61とリードを奪った。拓殖大は#11佐々木が抑えられ、攻撃の攻め手を欠いたままずるずると引き離された。続く4Qも大東大は勢いを切らすことなく攻撃を続け、75-95と大差で勝利。5位を確定した。

 大東大はバランス良く選手が活躍。3Pは9本と好調だった。今大会ではここまで試合経験の少なかった選手も出番を経てそれぞれの役割を果たし、チームとしての成長を感じさせる2ヶ月だった。岸本の存在感が強かったが、それにつられるようにチーム全体が良いプレーを連発。粘り強さも発揮した。

 拓殖大は1部復帰以来5位以下に転落したことはなかったが、思うように白星が伸びず6位。ガード陣の構成は変わらず、オフェンスの破壊力は相変わらずだが、インサイドの人員が減ったことで安定感を欠いた。だがセンターの佐々木は何度もチームを助け、相手に的を絞らせない内外の活躍が印象的だった。

大東文化大:9勝9敗
拓殖大:8勝10敗

写真上:藤井佑亮もオフェンスの要として活躍した大東大。
写真下:長谷川とともにオフェンスを引っ張る拓殖大・藤井祐眞。苦しい時に激しいアタックで相手を崩してくれる強いハートの持ち主。

※大東文化大・岸本選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:56  |  2012リーグ戦1部  |  Top↑

2012.11.01 (Thu)

【2012リーグ1部】10/28 日本大VS専修大

【後半に突き放した専修大が2008年以来の3位に】
121028hiroshima.jpg 勝てば3位を確定できる専修大は10位の日本大との最終戦になった。日本大はこの試合で#1坂田(3年・F)、#11飛田(3年・G)を温存。入れ替え戦前に他の選手を使おうとする意図が見える。立ち上がりは#25菊池(3年・F)のオフェンスリバウンドや#72佐野(1年・G・東山)の得点で先行していく。専修大はフロントランナーとしてである#11宇都(3年・G)の得点が中心。その一方で、、インサイドでは復帰した日本大の#24刘(1年・C・北陸)のサイズもあって、簡単にペイント内では得点ができない状態が続いた。1Qは日本大も#刘、#15栗原(1年・G・前橋育英)らの得点もあり、18-20と専修大のリードは2点。

 2Q、専修大はディフェンスが激しくなる。日本大は厳しく守られながらも#19 浜田(4年・F)のアウトサイドも当たり始めた。専修大はベンチに下がった#11宇都の代わりに#33館山(4年・G)が奮起。このQ16点のうち3Pを始め中へも切れ込み、10点をあげる活躍を見せた。日本大は#15栗原が返していき、前半を終了して33-36で点差は3。接戦の様相を見せたまま終了した。

121028ryu.jpg しかし後半、実力を発揮したのは専修大の方だった。ゾーンを使いながらのディフェンスに日本大の足が止まり、インサイドも簡単には点が入れられなくなってしまう。何度もターンオーバーを繰り返す間に専修大は#11宇都のシュートと#33館山の3Pが続き、3点だった差をこのQで24点にまで一気に広げると、4Qも手を抜かず50-90で試合終了。専修大が後半に本領を発揮し、3位を確定した。

 日本大は前半は機能したが、後半のオフェンスで躓いた。この日温存した選手を入れつつ、入れ替え戦でどう戦うか布陣も含めて見所と言える。

 専修大は宇都が33点。リーグ後半に入って出場時間の増加とともに得点面でもハイスコアを叩きだし、流れを作る形が顕著になってきている。結果、得点王を手に入れ、チームは2008年と同じく3位を獲得。3年前は下級生ばかりで全敗を喫したチームが、主力の成長で見事な結実を見せた。青山学院大にも東海大にも善戦をした今リーグ。まだ上を狙える能力は秘めており、インカレでの戦いも注目だ。

専修大:11勝7敗
日本大:1勝17敗

写真上:セカンドガードとして活躍した専修大・廣島。ディフェンスの強い高橋とは反対にオフェンシブなところが魅力。
写真下:日本大は刘ら2mオーバーの選手たちの働きで簡単に専修大にゴール下を攻めさせなかった。まだまだ荒削りだが、入れ替え戦というメンタルが削られる戦いで実力を発揮できるかが重要だ。

※専修大・高橋選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:53  |  2012リーグ戦1部  |  Top↑

2012.11.01 (Thu)

【2012リーグ1部】10/28 筑波大VS早稲田大

【熱戦の末、筑波大が早稲田大に競り勝つ】
121028bando.jpg 筑波大は4位、早稲田大は8位と、試合前に順位が確定したチーム同士の対戦。モチベーション面での難しさも懸念されたが、両者とも勝利へ執念を見せ、好勝負となった。

 スタートは筑波大のペースだった。#21笹山(2年・PG)、#14坂東(2年・SG)の2年生コンビが3Pを決めて、#47砂川(4年・PF)や#32武藤(3年・C)もインサイドで上手く得点を重ねていく。早稲田大はシュートミスが続き、#12武津(2年・PG)がアンスポーツマンライクファウルを犯すなど、波に乗り切れないまま1Qで早々に二桁を追いかける展開を強いられる。しかし2Qに入ると修正。筑波大にイージーシュートのミスやターンオーバーが出るのを尻目に、#21河上(3年・F)が内外で得点。するとこの日スタメンに抜擢された#27平野(2年・F)もレイアップを決めてチームを盛り上げる。筑波大はこの苦しい時間帯で#34池田龍之介(3年・SF)が活躍。シュートが次々とネットを射抜く。一方の早稲田大も応戦。#34池田慶次郎(1年・G・京北)と#2木澤(1年・G)のルーキー2人が活躍を見せ、背負った10点のビハインドを帳消しにして、前半は35−35となった。

 3Qに入ると早稲田大がリズムを掴んだ。#27平野がバスケットカウントや3Pを決めて勢いに乗り、#34池田慶次郎も好調を持続。筑波大は#14坂東の3Pは出るものの、他で攻め手を欠き追いかける展開に。最後は#15木村のブザービーターで、早稲田大は8点のリードを得て4Qを迎える。この時間になっても早稲田大は流れを渡さない。#27平野、#34池田慶次郎の両名が相変わらず好調で、久々の勝利が見え始める。だが、ここから筑波大は#21笹山、#14坂東の2年生コンビが覚醒。2人とも2本の3Pを決めて3分半を残して4点差に迫る。早稲田大はタイムアウトを使うが、直後に#21河上が#34池田龍之介にフリースローを献上。2本とも揃えられると同時に、河上はこれが4つ目となってしまう。完全に流れを呼び込んだ筑波大は、好ディフェンスから相次いでスティールして得点を決め、一挙に逆転に成功。早稲田大はファウルゲームに出るが、この時点でポイントゲッターの#21河上をファウルアウトで失っており及ばず。83−78で、筑波大に軍配が上がった。

121028HIRANO.jpg 筑波大は4位。一時は3位につけていたがメインガードを務める笹山が欠場した時期もあり、最終的にこの順位に落ち着いた。4位以上に食い込んだのは優勝した2002年以来。リーグ戦の好調を、シーズン最終盤まで持続させたいところだ。

 終盤にまさかの5連敗と失速した早稲田大は8位に沈み、2部3位の国士舘大との入れ替え戦に回ることとなってしまった。絶対的司令塔である大塚の状態は万全ではなく、この点が早稲田大にとっては痛い。しかし、この日はこれまであまり活躍の見られなかった平野や池田慶次郎らが奮闘。最後まで筑波大を苦しめ続けた。1部の舞台には昨年復帰したばかり。易々とその座を明け渡すわけにはいかない。入れ替え戦での戦いぶりを期待したい。

筑波大:11勝7敗
早稲田大:6勝12敗

写真上:大会を通じて安定してシュートを決め続けた筑波大・坂東。
写真:この試合で早稲田大は平野の活躍が光った。入れ替え戦に回るが、1年生の木澤など、控え選手の働きもリーグ後半に好材料が出てきている。

※筑波大・池田龍之介選手のインタビューは「続きを読む」へ。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:16  |  2012リーグ戦1部  |  Top↑

2012.11.01 (Thu)

【2012リーグ1部】10/28 明治大VS日本体育大

【明治大が逃げ切り勝利で1部残留を確定】
121028saaka.jpg 勝てば自力で7位が確定する明治大は、日本体育大との対戦。試合は序盤から明治大の流れ。#16安藤(2年・PG)がいきなりバスケットカウントを獲得すると、#51皆川(2年・C)のゴール下、#12中東(2年・SG)の3Pで早々に抜け出す。出遅れた日体大は#88万(1年・C・中部第一)の高さを活かして粘るも、#12中東に3Pをブザービーターで決められ1Qで5点のリードをつけられた。2Qに入っても明治大は攻め手を緩めず、点差を一気に10点にするが、ここから得点がぴたりと止まってしまう。日体大は堅い明治大のディフェンスを前にしながら、#22水沼(4年・SG)の3P、速攻で#11北川(3年・SG)が決めていきシュート一本差にまで迫る。明治大は、相手がシュートの頂点を越えてボールを触ったとのゴールテンディングで膠着を打開するが、ここからは互いにシュートを決め合う展開となり、38−32と明治大6点リードで前半が終了。

121028KITAGAWA.jpg 3Qも、立ち上がりは明治大が猛攻を仕掛ける。#51皆川がインサイドで、#16安藤や#2目(3年・F)が3Pを沈めていき、この試合最大の15点リードを得る。日体大はここからやや修正して速攻や、セットでは#19中野(3年・SF)の3Pで詰め寄るが、明治大は#51皆川や#16安藤の活躍が顕著だった。11点リードで3Qを終えると、最終4Qも序盤から攻め立て日体大に付け入る隙を与えず。74−62で勝利して7位を決め、昨年から2つ順位を上げてリーグ戦を終えた。

 明治大は下級生が中心のメンバー構成ながら、入れ替え戦に回ることなく1部残留を決めた。ディフェンスについては1部チームの中でもレベルが高く、この試合では5人が二桁得点とオフェンスでも良さが出た。チームは伸びていく途中、インカレでのさらなる成長が見られるか。

 4年ぶりに1部を戦った日体大は故障者が複数出たのが痛かった。それでも東海大に勝利するなど、強みを生かした時は存在感を見せた。最終週には北川が復帰。体勢を立て直し、今年は1部の地位を守る立場で入れ替え戦に臨む。

明治大:7勝11敗
日本体育大:5勝13敗

写真上:今大会は目の働きも重要だった明治大。
写真下:敗れはしたが、前日から北川が復帰した日体大。駒が出揃い、入れ替え戦へ向けて状態は上向いている。

※日体大・熊谷選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:32  |  2012リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |