FC2ブログ
2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月


サイトを移行しました。現サイトはアーカイブとして継続してご覧いただけます。
http://bojweb.com

2011.05.14 (Sat)

【2011トーナメント】5/14 準決勝 青山学院大vs東海大

リバウンド力で上回った青山学院大が
東海大との接戦を抜け出し決勝進出!


青山学院大学82(17-17,20-17,15-13,30-15)62東海大学
―――――――――――――――――――――――――――――――――
スターティング5
青山学院大 #7伊藤/#8張本/#14辻/#25永吉/#56比江島
東海大 #34三浦/#4森田/#10バランスキー/#16坂本/#24田中
―――――――――――――――――――――――――――――――――

110514TANAKA.jpg 青山学院大対東海大の準決勝は、今大会決勝についで注目の試合となった。ここ数年張りあっている両チームは、大学界を引っ張る2校であり、戦力、厚みも十分。青学大の強さはもちろんのこと、今期日本代表候補でもある#0満原(4年・C)が最上級生になる東海大にとっては勝負の年でもある。

 立ち上がりは東海大が激しいディフェンスからリードを奪った。青学大の攻撃に、ディフェンスではファウルが鳴るが、#34三浦(4年・SG)の3Pも入り、ディフェンスからのターンオーバーを奪う形で得点を重ねる。青学大は#88張本(2年・PF)、#14辻(4年・SG)、#56比江島(3年・F)などこちらもエースが得点を重ねる。東海大は#14辻の3Pのバスケットカウントで逆転されると、ベンチからの出場となっている#0満原を投入。#25永吉(2年・C)をかわして得点する働きを見せ、頼もしさを見せる。1Q最後は#24田中(2年・SF)がスティールから速攻を決めて17-17。互角の立ち上がりとなった。

 2Qは東海大#24田中が攻撃を引っ張る。同じように運動能力の高い#56比江島にマークされながらもドライブ、3Pと次々にシュートを決めて見せ、チームを盛り上げる。青学大はこちらも#14辻が3Pで流れを引き戻し、#88張本も得点、アシストと見せる。内外バランスよく得点して2Qは37-34とリードした。

 後半、ややリードを奪った青学大は#88張本がオフェンスリバウンド、#14辻のアシストからの得点などでリードを広げる。東海大は#16坂本(4年・C)が#25永吉をかわしてゴール下を決めるなど、チームを勇気つけるプレーを見せるが、アウトサイドの確率が悪い。特に体調が万全ではない#0満原のアウトサイドがいつものように決まらないことで、流れが生まれていかない。それでも#24田中の得点や#4森田(4年・PG)がかわりに得点し、森田の3Pで再び東海大が46-47とリード。しかし終盤に再び青学大に盛り返され、52-47で青学リードで4Qへ。

110514NAGAYOSHI.jpg 青学大は#56比江島が3P、バスケットカウントの連続得点で4Q頭に東海大に9点のリードを得ることに成功。東海大はファウル、フリースローのミスが続いて、得点が止まりがちとなり、約3分間無得点となってしまう。反対に青学大は#3小林(2年・G)がバスケットカウントを奪う活躍でチームを盛り上げ、リードを広げる。10点差のついた試合は、東海大が追い上げようとするもの、青学大相手の10点は簡単ではない。最後までファウルゲームで粘りを見せるが、届かず82-62でタイムアップ。青山学院大が東海大を振りきって決勝進出を決めた。

 東海大は#0満原の不調が響いた。体調が万全でない中ここまで戦ってきたが、準々決勝の日大戦ではチームを勝利に導いたシュートが、この試合では外れた。エースの自覚で最後まで戦い抜いたが、チームもそこをカバーしきれなかった。

 青山学院大は「東海大相手には今までのようには攻められない」と長谷川監督。さすがの辻、比江島らもこれまでのように簡単には点を取れなかった。しかし満原以外でもサイズのある東海大に、リバウンドで17本の差をつけたのは大きい。15得点11リバウンドとダブル・ダブルの「天傑のおかげ」と言い、今大会ではキーマンと言える。決勝に関して、拓殖大のトランジションは自チーム以上のことも、と言い警戒が見える長谷川監督。とはいえ青学大はトランジションのみならず多彩なパターンを持ちあわせる。どのように戦うかに注目したい。

写真上:前半はチームを引っ張る活躍の東海大・田中。後半はドライブでいけるという指示も陸川監督から出ていたが、激しいマークもありうまく機能できなかった。
写真下:永吉の強いインサイドに加えて張本の機動力のある動きがあることが、青学大強み。

※青山学院大・張本選手、東海大・三浦選手、森田選手のインタビューは「続きを読む」へ。
EDIT  |  23:59  |  2011トーナメント  |  Top↑

2011.05.14 (Sat)

【2011トーナメント】5/14 レポート

【最初にリードした専修大が日本大を振り切る】
専修大学90(19-16,29-13,17-24,25-19)72日本大学
110514UTO.jpg 専修大日本大の順位決定戦は、2Qで大差をつけた専修大が90-72で逃げ切り勝利した。日本大は専修大の堅守の前に昨日の東海大戦で決まったアウトサイドが序盤から決まらず、ディフェンスでも#11宇都(2年・G)や#33館山(3年・F)を止め切れない。1Qは何とか最後に追い上げ19-16とついていったが、2Qに入ると足が止まってしまう。するとここで専修大はインサイドの高さを武器に、要所でリバウンドを支配。そこから前を走る#11宇都に繋げる形で得点を量産し、前半で48-29と差を付けた。

 後半は日本大も#3石川のドライブ、#37渡部の3P、#24熊吉の機動力を活かした一対一で流れを掴み、追い上げを図って4Q序盤7点差まで詰めるが、アシストのパスが通らないなどミスが続き、再び突き放された。専修大は春まで練習してきたという守りに加え、#11宇都が37得点、#33館山が26得点と両エースが機能しての快勝となった。

写真:専修大の攻撃の先陣を切る宇都。
※専修大・高橋選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【接戦から大東大がリズムをつかみ勝利】
早稲田大学65(23-24,14-12,12-22,16-16)74大東文化大学
110514KAMATA.jpg 早稲田大大東文化大の順位決定戦は、前半こそ互角だったが、後半に大東大が突き放して勝利をあげた。早稲田大はこれまでとスタメンを変えるなど、若いチームならではの不安定な面も見える。それでも前半は接戦。ここまで出番のなかった#27平野なども得点に絡み前の試合よりも足も動いて前半は37-36と互角。

 しかし後半、序盤は入れあいになるも、大東大が息の合った合わせのプレーでややリード。早稲田大のタイムアウト後も、#15遠藤(4年・PG)がバスケットカウントを獲得し、#13小原(4年・SG)がルーズボールに奮闘して流れを渡さない。#14岸本(3年・G)もスピードを活かして果敢にゴールに向かった。早稲田大は#8玉井(2年・G)のシュートで何とか得点するものの、ディフェンスが上手くいかずにこのQは12-22。49-58と大東大の9点リードで4Qに入ると、その後も#19藤井(3年・G)、#13小原が3Pを沈めてリードをを広げた。早稲田も徐々にディフェンスが良くなり、大東大に気持ちよく得点させなかったが自分たちの得点も伸び悩む。互いに我慢の時間帯となり、結局3Qでついた差を守られ65-74でタイムアップ。大東大が早稲田大を下して5位決定戦に進む。

写真:大東大は鎌田の成長でチーム力が更にアップする。
※大東文化大・西尾ヘッドコーチ、遠藤選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【攻撃力を発揮した拓殖大が筑波大を突き放す】
筑波大学74(17-21,16-36,21-20,20-17)94拓殖大学
110514KANOUSASAKI.jpg 準決勝第一試合、筑波大拓殖大の試合は、前半で爆発力を発揮した拓殖大が制した。走り合いに持ち込まれれば、分があるのは拓殖大。1Qは筑波大が拓殖大には走らせず、#15山口(4年・SG)の3Pや#99加納(4年・C)もゴール下で好ディフェンスを見せていく。拓殖大はそれでも前半からシュートタッチはよく、#94長谷川智伸(3年・F)、#40藤井(2年・G)のシュートは好調。守られていても簡単にネットに吸い込まれる。特にこの日好調だったのは#94長谷川智伸。3Pを連発してチームを勢いづけていく。筑波大はオフェンスの形を作れてはいるものの、シュート力の差が響き、フィニッシュが決まらない。1Qこそ17-21としたものの、2Qには拓殖大が#11佐々木(3年・C)のシュートも当たり、33-57となり一気に筑波大を置いていく形となった。

 点差がつけば、乗るタイプの拓殖大にはもうおそれはない。筑波大は後半こそ点差では互角となったが、前半につけられた差を詰めることはできず、94-74で試合終了。昨年に引き続き準決勝で敗れた。一方の拓殖大は、どこかのQで爆発するオフェンス力を生かしきり、決勝進出。2002年以来のトーナメント決勝に進んだ。

写真:インサイドでは拓殖大を簡単にプレーさせなかった筑波大・加納。
※拓殖大学・長谷川智伸選手のインタビューは「続きを読む」へ。

※準決勝・青山学院大対東海大は別途掲載します。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:57  |  2011トーナメント  |  Top↑

2011.05.14 (Sat)

【2011トーナメント】決勝の見どころ

速さを持つ拓殖大か総合力の青学大か
春の頂点を目指す戦いもいよいよ大詰め

110514AOGAKU.jpg 関東大学界三冠の一つ、春のトーナメントもついに決勝を迎える。

 今年は震災の影響で一時練習を中断したチームがかなりあり、チームづくりはどこも遅れている。そんな中でも勝ち上がってきたのは、昨年4冠を達成した優勝候補筆頭・青山学院大。橋本(JBLアイシン)、湊谷(JBL三菱)らが抜けたが、選手の布陣はほとんど変わらない。#14辻(4年・SG)、#56比江島(3年・F)、#25永吉(2年・C)という昨年のスタメンに加え、2年になって成長著しい#88張本(2年・PF)がインサイドで力を発揮し、司令塔#7伊藤(4年・PG)が主将としてこれをまとめる。高さ・強さ・速さどれも揃った大学界のスター軍団だ。準決勝では頂点を狙う力がある東海大相手に接戦を繰り広げたが、そこでようやく本来の力を垣間見せたともいえる。長谷川監督は「まだ全く新しいチーム」と言い、ここからがスタートであることを強調するが、青山学院大の力は大学界の一つの目安だ。決勝でどのような戦いをするかにまず注目したい。

110514TAKUSYOKU.jpg 対戦相手はトランジションに加え、強いオフェンス力を持つ拓殖大。昨年1部に復帰し、勢いあるオフェンスを軸に地歩を固めている。昨年とほぼメンバーが変わらない強みも大きく、安定度は高い。スピードを持つ#1鈴木(3年・G)、#40藤井(2年・G)、#94長谷川智伸(3年・F)の3人がコートを走りまわり、高確率でシュートを決め、#99長谷川技(4年・F)がユーティリティプレイヤーとしてなんでもこなす。インサイドでは高さはないが内外から得点できる#26上杉(4年・PF)が踏ん張り、チームを支える。また、シックスマンの#6長南(4年・SG)はどこで出番を得ても確実にシュートを決めることができる得難い選手だ。

 拓殖大のバスケットはとにかくそのトランジションに加えて高い得点力を持つことにある。相手をイライラさせるような激しいディフェンスの当たりでミスを誘い、一気にスピードで片をつける。速攻をねじ込む藤井、3Pでダメージを与える長谷川智伸の両翼を、鈴木が活かす形は昨年の新人戦決勝に進んだ原動力でもある。その走力はトランジションを基礎に今の青学大を築いた長谷川監督も認めるところ。拓殖大とは昨年のリーグ戦、今年の京王電鉄杯でも競り合っている。拓殖大が得意の足を出して自分たちのリズムに引き込めば、面白い戦いが見えるだろう。一方、近年ではトランジションからその上のバスケットまで視野に入れる青山学院大は、簡単に相手のペースにはさせないだろう。まずは立ち上がりをどのように戦うかに注目したい。それぞれの持ち味をどのように引き出し、あるいは相手の良いところをどう抑えこむか、勝負が始まる瞬間が楽しみだ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:54  |  2011トーナメント  |  Top↑

2011.05.14 (Sat)

【2011トーナメント】5/15試合予定

■国立代々木競技場第二体育館
11:00 日本大学 vs 早稲田大学(7位決定戦)
12:40 専修大学 vs 大東文化大学 (5位決定戦)
14:20 東海大学 vs 筑波大学(3位決定戦)
16:00 青山学院大学 vs 拓殖大学(決勝)

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:48  |  2011トーナメント  |  Top↑

2011.05.14 (Sat)

【2011トーナメント】5/14結果

■国立代々木競技場第二体育館
専修大学90(19-16,29-13,17-24,25-19)72日本大学
早稲田大学65(23-24,14-12,12-22,16-16)74大東文化大学
筑波大学74(17-21,16-36,21-20,20-17)94拓殖大学
青山学院大学82(17-17,20-17,15-13,30-15)62東海大学

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:46  |  2011トーナメント  |  Top↑

2011.05.14 (Sat)

【2011トーナメント】がんばろう日本。

関東大学バスケットボール界より
東日本大震災への支援について


110513GANBAROU.jpg
 この度の東日本大震災に対し、関東大学バスケットボール連盟は、最終日15日の入場料全額を義援金とすることを決定。毎日新聞社会事業団を通じ、日本赤十字社に送られる。また、会場入り口では別途義援金も受付中。訪れた観客に協力をお願いしている。

写真:背中にメッセージの入ったTシャツも各チームに配られている。13日は早稲田大ではベンチの選手たちがこのTシャツを着て試合に臨んでいた。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  03:10  |  2011トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |